メニューを開く

はちみつパックの魅力と正しい方法!美肌を手に入れたいならコレ♡

はちみつパック

「美容通の間で、はちみつパックが人気あるって聞いたけど、どんな魅力があるの?」と気になっていませんか?

はちみつには、美容と健康に欠かせない豊富な栄養素が含まれ、食べるだけでなく、スキンケアに使用しても効果が期待できると美意識の高い女性たちから注目されています。

そこで今回は、はちみつパックの魅力と、顔と髪の毛、唇に行う基本的なはちみつパックの方法をご紹介します。

さらに、はちみつパックに使用するはちみつの選び方や知っておきたいはちみつの性質もお伝えします。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.はちみつパックの魅力

はちみつパック

はちみつパックの方法をご紹介する前に、はちみつパックの魅力を簡単にご紹介していきます。

1‐1.肌を保湿する働き

はちみつパックの最大の魅力は、肌を保湿する働きが期待できることです。

はちみつは、肌の水分を逃さないようにしたり、空気中の湿度を取り込んだりする働きがあると言われています。

そのため、はちみつパックをすることで、肌に潤いが与えられ、やわらかな肌を保つことができるのです。

このことから、化粧品メーカーもはちみつの働きに注目していて、はちみつの性質を活かした化粧品が多く販売されています。

1‐2.肌荒れ対策

はちみつパックは、ニキビや吹き出物などの肌荒れ対策にも効果的だと言われています。

はちみつには、ビタミンC、ビタミンB群、アミノ酸、酵素、ミネラルなど肌を健やかに保つために必要な栄養素が豊富に含まれます。

そのため、はちみつパックを行うことで肌荒れ対策が期待できます。

1‐3.頭皮や髪の毛を健やかにする働き

はちみつパックは、頭皮や髪の毛を健やかにする効果も期待できると言われています。

はちみつに含まれる栄養素が髪の毛を保護し、髪の毛がまとまりやすくなります。

また、はちみつは頭皮の乾燥を防ぐことが期待できるので、頭皮の乾燥が原因で起こるフケなどが気になる方にもおすすめです。

2.はちみつパック方法【基本編】

それでは、はちみつパックを行う方法【基本編】をご紹介していきます。
顔・髪・唇の順にはちみつパックの方法をご紹介していきます。

2‐1.はちみつパック【顔】

はちみつパック

はちみつパックを顔に行うことで、角層に潤いが与えられ、やわらかな肌を保つ効果が期待できると言われています。

■必要なもの

・はちみつ:大さじ1杯程度
・息ができるように鼻と口に穴をあけたラップ

■やり方

① 洗顔後、顔を拭いてから大さじ1杯程度のはちみつを顔全体に馴染ませる

② 息ができるように穴をあけたラップを顔にのせる

③ 5分ほど経ったら、ぬるま湯ですすぐ(洗顔料は不要です)

あとは、いつものスキンケアを行いましょう。

2‐2.はちみつパック【髪】

はちみつパック

はちみつパックを髪に行うことで、髪の毛のまとまりがよくなったり、頭皮の乾燥を防いだりする効果が期待できます。

パックといっても、シャンプー後に行うのではなく、シャンプーの前に行います。

■必要なもの

・はちみつ 大さじ2~3杯程度
・ホットタオル

■やり方

① シャワーのお湯で髪をよくすすぐ

② はちみつを髪や頭皮になじませる

③ ホットタオルを頭と髪全体にまいて10分~15分ほど時間を置く

④ はちみつをしっかり流して、いつも通りシャンプー・リンスをする

2‐3.はちみつパック【唇】

はちみつパック

はちみつパックを唇に行うことで、唇に潤いを与えたり、はちみつに含まれる栄養素が唇のコンディションを整えたりする効果が期待できます。

■必要なもの

・はちみつ 小さじ1杯程度
・ラップ
・コットン

■やり方

① はちみつを唇の上に置くようにつける

② ラップをのせ、5分ほど待つ

③ 5分ほど経ったら、水で湿らせたコットンで優しい力加減でふき取る

3.はちみつパック方法【応用編】

続いて、はちみつパック応用編として、髪と唇に行うはちみつパックの方法をご紹介します。

はちみつパックのやり方が多様化し、さまざまな食材などを混ぜてはちみつパックを行う方も多いようです。

ただ、実際には根拠のないものも多く、いろいろなものを混ぜて使用することで、肌に負担がかかってしまうことも考えられます。

そのため、顔の場合は、はちみつのみでパックを行うことをおすすめします。

一方、髪や唇の場合は、はちみつにオリーブオイルやワセリンを混ぜることで、はちみつパックの伸びが良くなり、よりなじませやすくなるようです。

はちみつのみでパックを行うのが苦手な方は、ぜひ試してみてください。

はちみつパック【応用編】を実践する際は、はちみつパックを行う直前にはちみつと材料を混ぜるようにしましょう。

3‐1.はちみつパック応用編【髪】

はちみつパック

ここでは、はちみつとオリーブオイルを使う髪用のはちみつパックをご紹介します。

はちみつにオリーブオイルを混ぜることで、はちみつの粘度が低くなり、髪になじませやすくなります。

■必要なもの

・はちみつ 大さじ2~3杯程度
・ホットタオル
・オリーブオイル 小さじ1杯~2杯程度

■作り方

①容器にはちみつを入れる

②はちみつの固さを見ながらオリーブオイルを少量ずつ入れ混ぜる

■やり方

① シャワーのお湯で髪をよくすすぐ

② はちみつオリーブオイルパックを髪や頭皮になじませる

③ ホットタオルを頭と髪全体にまいて10分~15分ほど時間を置く

④ パックをしっかり流して、いつも通りシャンプー・リンスをする

※やり方は、はちみつパック【基本編】と同じやり方です。

3‐2.はちみつパック応用編【唇】

はちみつパック

続いて、はちみつとワセリンを使う唇用のはちみつパックをご紹介します。

はちみつとワセリンを混ぜることで、塗りやすい固さになるだけでなく、唇のうるおいをより閉じ込めやすくなることも期待できます。

■必要なもの

・はちみつ 小さじ1杯程度
・ワセリン 小さじ1杯程度
・ラップ
・コットン

■作り方

①容器にはちみつとワセリンを入れる

②よく混ぜる

■やり方

① はちみつを唇の上に置くようにつける

② ラップをのせ、5分ほど待つ

③ 5分ほど経ったら、水で湿らせたコットンで優しい力加減でふき取る

※やり方は、はちみつパック【基本編】と同じやり方です。

4.はちみつパックを行う時に気をつけたいこと

はちみつパックの良さを実感して頂くためにも、はちみつパックを行う際に、気をつけたい2つのポイントをご紹介します。

4‐1.はちみつパックを行う前にパッチテストを行う

はちみつパック

はちみつパックをする前に、はちみつが肌に合うかパッチテストを行うようにしましょう。

パッチテストはあくまでも目安ではありますが、かゆみや痛み、赤みなどが見られたら、パッチテストを中断し、はちみつパックはやめておきましょう。

肌に異変を感じたら、病院を受診し、医師に相談することをおすすめします。

簡単なパッチテストのやり方は次の通りです。

◆パッチテストのやり方

【準備するもの】
・はちみつ(適量)
・絆創膏かコットン

【やり方】
① 二の腕の内側にはちみつを塗る
② その上に、絆創膏かコットンを貼る
③ 約24時間後、はちみつを塗った部分に赤みやかぶれがないか確認する

4‐2.はちみつパックは「純粋」はちみつで行う

はちみつパック

はちみつパックに使用するはちみつは「純粋」のものを選びましょう!

「精製」や「加糖」と書かれているものの方が安価で手に入りますが、はちみつ以外の成分も含まれていたり、加熱処理をしていたりする場合もあると言われています。

それにより、栄養価は「純粋」に比べると劣ってしまうため、はちみつパックに期待できる効果を感じにくくなってしまうことも考えられます。

また、国産だけでなく、ドイツ産を始めヨーロッパ諸国、ニュージーランド産やオーストラリア産などのはちみつは厳しい品質基準が定められていて、栄養価が高いと言われているためおすすめです。

5.はちみつを使用する際の注意点

最後に、はちみつパックでカギとなる「はちみつ」の知っておきたい性質を2つご紹介していきます。

5‐1.はちみつが金属に触れないようにする

はちみつパック

はちみつは金属に触れないようにしましょう。
はちみつには金属を溶かす性質があると言われているためです。

はちみつを金属の容器に移して保管したり、金属のスプーンですくったりしないように気をつけましょう。

はちみつは、購入した時のビンなどの容器で保管するようにし、木のスプーンやはちみつディッパーなどですくうようにするのがおすすめです。

5‐2.はちみつは常温で保管する

はちみつパック

はちみつは、15℃を下回ると結晶化し、固まりやすくなるため、常温で保管するようにしましょう。

はちみつには殺菌作用があり、細菌などが繁殖しにくいため、常温で保管できると言われています。

はちみつが結晶化しても品質に問題はありませんが、もしも固まってしまったものを溶かしたい場合は、加熱する温度に気をつけましょう。

はちみつは、ビタミンなどの栄養素を多く含んでいるため、熱に弱く、加熱し過ぎることで栄養素が変化してしまう可能性もあります。

結晶化してしまったはちみつは、湯煎して徐々に溶かしていくとよいでしょう。
お湯の温度は約50度~60℃を目安にしてください。

6.まとめ

いかがでしたか?

身近にあるはちみつですが、美しくなるための魅力がたっぷりです♡

顔だけでなく、唇や髪の毛にもはちみつパックは活用できます。

ぜひ、美容法のひとつとしてはちみつパックも取り入れてみてくださいね!

この記事は2016年10月27日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る

みんなが読んでいるオススメ記事