メニューを開く

鼻の角質も原因?鼻の角栓ができる4つの原因と対策をご紹介

鼻の角質
鼻の古い角質に悩んでいる方は、実は主に、「鼻の角栓」のほうに悩んでいる方もいるのではないでしょうか?

角栓とは、古い角質や、皮脂などが毛穴に詰まっているもののことです。

鼻がブツブツしているのが目立ってしまうと、メイクもなかなか楽しめず憂鬱ですよね…。

気が付くとできてしまっている悩ましい鼻の角栓…一体、どんなことが原因でできてしまうのでしょうか。

今回は鼻の角栓について、その原因やお手入れの注意点についてご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね。


1.鼻の角栓4つの原因とは

鼻の角質

はじめに、鼻の角栓の原因についてご紹介します。

鼻の角栓とは、皮脂汚れや古くなった角質が毛穴に詰まっているもののことを言います。

①過剰な皮脂

鼻に角栓ができる原因のひとつとして、皮脂量が多いことがあげられます。

食生活やストレス、肌の乾燥など、何らかの理由によって皮脂量が増えると、毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、角栓に繋がると言われているのです。

②肌の乾燥

鼻に角栓ができる原因のひとつとして、肌の乾燥も考えられます。

肌は乾燥すると、毛穴部分の皮膚も固くなると言われています。

それによって、皮脂がうまく排出されにくくなってしまい、毛穴に詰まってしまうとされているのです。

また、肌の乾燥は、先ほどご紹介した角栓の原因、「過剰な皮脂」にも繋がりやすいと考えられています。

肌は乾燥すると、それ以上水分を蒸散しないよう、皮脂量が増えるとされているためです。

③肌リズムの乱れ

鼻に角栓ができる原因のひとつとして、肌リズムの乱れも考えられます。

肌リズムが乱れていると、肌の代謝がスムーズに行われないため、古い角質が肌に残リやすくなったり、毛穴の周りの皮膚が硬くなったりすると言われています。

その結果、毛穴が狭くなり、汚れや皮脂などがそこから排出されにくくなると考えられているのです。

④メイク汚れ

鼻に角栓ができる原因のひとつとして、メイク汚れも考えられます。

メイク汚れは、皮脂や古い角質と混ざって毛穴に詰まり、角栓の原因になると言われているのです。

メイクオフが不十分であることが考えられます。

2.鼻の角栓・お手入れの注意点

鼻の角質

ここでは、鼻の角栓をお手入れする際に注意してほしい点についてご紹介します。

意識していないこともあるかもしれないので、ぜひチェックしてくださいね。

①角質を無理に出さない

鼻の角栓を、無理に出さないようにしましょう。

鼻の角栓に悩む方は、爪やピンセットで肌に圧をかけて、無理に出そうとすることもあるでしょう。

しかし、爪から雑菌が入って肌が腫れてしまったり、肌に傷や赤みが残ってしまったりする可能性も考えられます。

肌の負担となってしまうため、控えるようにしましょう。

②毛穴パックは頻繁に行わない

毛穴パックは、あまり頻繁には行わないようにしましょう。

あまり頻繁に行うと、肌の負担となってしまう可能性もあると言われているためです。

だいたい、月に2回くらいまでを目安にしましょう。

3.鼻の角質・お手入れ方法

鼻の角質

次に、鼻の角質のお手入れ方法をご紹介します。

基本的なことに思えますが、できていないこともあるはずなので、チェックしてみてくださいね。

①メイクに合ったクレンジング料を使用する

自分のメイクに合ったクレンジング料を使用しましょう。

そうすることで、鼻の角栓の原因とされているメイク汚れを防ぐことが期待できます。

例えば、ナチュラルメイクの方がしっかりメイクに向いているクレンジング料を使うと、肌の乾燥を招きやすいと言われています。

その逆で、しっかりメイクの方がナチュラルメイクに向いているタイプのクレンジング料を使用すると、メイクがキレイに落とし切れなかったり、肌を擦ってしまい乾燥に繋がったりする可能性も考えられるでしょう。

以下の表を参考にしてみてくださいね。

鼻 角質

②丁寧に洗顔を行う

丁寧に洗顔を行うようにしましょう。

洗顔のポイントについてお伝えするので、洗顔の際に取り入れてみてください。

【正しい洗顔方法】
1・洗顔は1日2回
2・たっぷりの泡をクッションにして、皮脂の多い部分から洗う(TゾーンやUゾーン)
3・指の腹でくるくると洗う
4・すすぎ残しが無いよう、ぬるま湯で丁寧にすすぐ
5・清潔なタオルを顔にあてて水分を吸収する

強く擦らず、たっぷりの泡で優しい力加減で洗顔を行いましょう。

また、他にも酵素洗顔、蒸しタオル洗顔、ピーリング洗顔などの洗顔方法もあるので、取り入れてみてくださいね。

③保湿のお手入れを行う

洗顔後は保湿のお手入れを行いましょう。

化粧水だけでスキンケアを終えると肌の乾燥に繋がりやすく、皮脂量が増えることにも繋がるとされています。

そのため、化粧水の後は乳液や保湿ジェルを使うことで、肌のうるおいを補い保ちましょう。

4.鼻の角質を防ぎたい!生活習慣について

鼻の角質

鼻の角質を防ぐために、生活習慣を整えましょう。

鼻の角栓の原因となる皮脂や、肌のターンオーバーは、生活習慣とは切り離せない関係にあるとされています。

①食生活を見直す

食生活を見直しましょう。

まずは主食、主菜、副菜をバランスよく食べることを心掛けてください。

甘いものや油っこいものは、角栓の原因となる皮脂量が増えやすいと言われているため、できる限り控えるようにしましょう。

②質の良い睡眠をとる

質の良い睡眠をとりましょう。

睡眠中は、肌の代謝がおこなわれるといわれており、その時間は肌のゴールデンタイムと呼ばれています。

肌のゴールデンタイムは、入眠後3時間から4時間といわれていますので、そこで熟睡することが大切です。

そのため、できれば布団に入ったらスマートフォンを触らないようにしましょう。
スマートフォンから出る光は、神経を興奮させるといわれています。

また、就寝前にアルコールやカフェインの含まれたドリンクは控えるようにしましょう。

③ストレスを緩和する

自分なりのストレスを緩和する方法を見つけましょう。

運動をして汗をかいたり、読書をして本の世界にひたったりするのも気分が変わるかもしれません。

気持ちが苦しくなったら、大きく深呼吸をしてみるのも良いでしょう。

自分なりのストレスを緩和する方法を見つけて、実践してみてくださいね。

5.まとめ

今回は、鼻の角栓についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

スキンケアだけではなく、生活習慣から整えることも大切ですね。

また、指で角栓を押し出すような、強引なお手入れは我慢をすることも忘れないでくださいね。

この記事は2017年2月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る