メニューを開く
アスタリフト;

ホットカーラーの使い方♡不器用さんも簡単に巻き髪できちゃう!

ホットカーラー 使い方
ホットカーラーの使い方でお困りではないですか?

「ホットカーラーを買ってみたけれど、上手に巻けない!」「カールがすぐにとれちゃうな・・・」と思い、コテやアイロンばかり使っている方もいるのではないでしょうか。

ホットカーラーは使い方のコツがわかれば、短い時間で簡単にボリュームのあるふんわりしたヘアスタイルや、オシャレなカール・ウェーブヘアが作れる、便利で素敵なアイテムです♪

その上、髪の毛が傷みにくいと言われているのですから、ホットカーラーを使わない手はありません!

そこで今回は、ホットカーラーの使い方や、ホットカーラーで仕上がった素敵なヘアスタイルを長持ちさせる方法など、詳しくご紹介します♡

ホットカーラーの使い方をマスターして、美容院に行った後みたいな、いろんなヘアスタイルを楽しみましょう!


astalift
astalift

1.ホットカーラーを使う4つのメリット

ホットカーラー 使い方 ⑫

はじめに、ホットカーラーを使うメリットをご紹介します♪

ホットカーラーのメリットを知った上で使った方が、その良さを実感し、活かしながら使用することができるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

①弾むような大きめカールができる

ホットカーラー 使い方⑬

ホットカーラーは、コテやヘアアイロンとはまた違う、弾むような印象の大きめのカールが作れます。

グラマラスなイメージのウェーブがお好みの方にはピッタリです。

また、前髪やトップにボリュームをもたせたい方にも、ホットカーラーの大きめカールはおすすめですよ♪

②髪の毛への負担が少ない

ホットカーラー 使い方⑭

ホットカーラーは、コテやヘアアイロンに比べると温度が低いため、髪の毛への負担が少ないと言われています。

それでいて、カールをしっかりつけられるのが嬉しいですよね。

毎日のようにコテやヘアアイロンを使用しているようでしたら、ホットカーラーにチャレンジしてみるのをおすすめします。

③髪の毛を巻いている間に他のことができる

ホットカーラー 使い方⑮

ホットカーラーは、髪の毛にカールをつけている間に他のことができるというのも、メリットのひとつです。

まずは髪の毛をホットカーラーで巻いて、ホットカーラーが冷めてカールがつくまでの10分間ほどで、メイクをしたりヘアアイロンをかけたりできるので、効率良く支度ができます。

これも、ホットカーラーならではの良さでしょう。

④髪の毛を巻きやすい

⑬ホットカーラー 使い方 .jpg 

ホットカーラーは、髪の毛をカーラーに巻きつける際に、両手でカーラーを掴みながら髪の毛を巻き込んでいくことができます。

両手を使って髪の毛を巻けるのは、コテやアイロンより火傷しにくいホットカーラーならではの良さです。

少し不器用だけれど、髪の毛のアレンジにチャレンジしたい方には、ホットカーラーはピッタリでしょう。

ただ、ホットカーラーの両サイドの部分のどちらかには金属部分があり、その部分は熱いため、触れないよう気をつけましょう。

その部分以外に関しても、熱く感じないかなど、念のために確認しながら進めていくことをおすすめします。

2.ホットカーラーの使い方

ホットカーラー 使い方⑯

それでは、ホットカーラーの使い方をご紹介します。

ロングヘアバージョンとショートヘアバージョンで、上手に巻くポイントやコツもお伝えするので、ぜひチェックしてくださいね!

ホットカーラーは、使い方のコツがわかれば、簡単に自然なウェーブヘアをつくることができますよ♪

2-1.ホットカーラーの使い方♡ロングヘアバージョン

まずはロングヘアの中間から毛先をゆるく巻く際の、ホットカーラーの使い方をご紹介します。

ランダムでキレイなカールができるのでご注目です♪

①くしで髪の毛を良くとかす

ホットカーラー 使い方⑯

一気に髪の毛をとってもホットカーラーで巻ききれないので、くしで髪の毛をとかしながら、巻く量を調節します。

髪の毛は少なめにとった方が、キレイに巻きやすいです。

ホットカーラーで上の方からボリュームを出したい時は、髪の毛をきちんとブロッキングすることで、キレイにホットカーラーで巻くことができます。

耳の前と耳の後ろで髪の毛を分けたら、耳より後ろの髪の毛を真ん中で分けます。さらにトップの髪の毛もブロッキングをして、5分割にするとキレイに仕上がりやすいです。

②髪の毛をホットカーラーに巻きつけていく

ホットカーラー 使い方

ホットカーラーに巻きつけていく際に、はじめは短い髪の毛がピンピン出てくることがあります。

そんな時は、くしの柄で髪の毛をホットカーラーに巻き込みながら進めていくとやりやすいです。

③両手でホットカーラーを引っ張りながら巻いていく

ホットカーラー 使い方②
ホットカーラーごと、両手で髪の毛を引っ張りながら巻いていきます。

この時、親指で髪の毛が両サイドから落ちないよう押さえて巻くことができるのが、ホットカーラーの良いところです。

④ホットカーラーをクリップで止める

ホットカーラー 使い方③

ホットカーラーで髪の毛を巻いては、クリップで止めていきましょう。

外巻き、内巻きで交互に巻いていくと、自然なMIX巻きに仕上がります。

⑤5分から10分ほど時間をおく

ホットカーラー 使い方④

ホットカーラーが冷めるまで、5分から10分ほど時間をおきます。

時間がないようでしたら、ドライヤーの冷風をあてることでホットカーラーが早く冷めて、巻いている時間が短縮できます。

⑥できあがり

ホットカーラー使い方⑤

ゆる巻きにするため、ホットカーラーを5分間おいてできあがったカールです。

ナチュラルでエレガントな仕上がりです。

ホットカーラーを外す際は、ホットカーラーの方をクルクルと回しながら外すのがポイントです!

ホットカーラーごと髪の毛を引っ張って外すと、せっかくついたカールが伸びてしまいます。

2-2.ホットカーラーの使い方♡ショートヘアバージョン

次に、ショートヘアのトップから後頭部にボリュームを出す際のホットカーラーの使い方をご紹介します。

①髪の毛をとる

ホットカーラー 使い方⑥

トップの髪の毛をとります。
ホットカーラーを髪にあてて、そのサイズの分だけ四角く髪の毛をとるのがポイントです。

ホットカーラーは、そのカーラーのサイズの量を意識すると、キレイに髪の毛を巻くことができます。

トップにボリュームを持たせたい時は、髪の毛を額の方に引っ張りながら巻くと、ちょうどボリュームを出したい部分にまっすぐホットカーラーがおさまります。

②クリップで止めて2か所目を巻く

ホットカーラー 使い方⑦

ホットカーラーをクリップで止めて、2か所目を巻いていきます。

ポイントは、1つ目を巻き終わったすぐ下から、ホットカーラーの幅分の髪の毛をとって巻くということです。

③5分から10分ほど時間をおく

⑧ホットカーラー 使い方

ホットカーラーは、ショートヘアでしたら、2か所から3か所巻けば十分です。

④できあがり

⑨ホットカーラー使い方

ホットカーラーを巻いて5分ほどで、トップも後頭部もふんわりとキレイなボリュームが出ました。

これだけで華やかな印象になりますね!

≪ホットカーラーでカールが強くつきすぎた時の対処法≫
ホットカーラー 使い方

ホットカーラーでカールが強くつきすぎてしまったら、あせらずドライヤーで伸ばしましょう。

直したい部分の髪の毛を引っ張って、ドライヤーをあてます。ある程度あてたら、ドライヤーを冷風に切り替えて引き続き風をあてましょう。

これで、1度ついたカールを伸ばすことができます。

3.ホットカーラーの使い方♡カールを長持ちさせる6つのポイント

せっかくホットカーラーを使って素敵なヘアスタイルが完成したら、できれば1日中、そのヘアスタイルで楽しく過ごしたいですよね?

ここでは、ホットカーラーを使ってキレイに巻いたヘアスタイルを、長持ちさせやすくするためのポイントをご紹介します♡

ぜひ、おでかけの際に実践してみてくださいね!

①髪の毛を良く乾かす

ホットカーラー 使い方⑳

髪の毛が濡れていたら、ドライヤーで良く乾かします。

ホットカーラーは、髪の毛が濡れている状態だとカールがちゃんとつきません。

必ず、髪の毛がしっかり乾いた状態で巻きましょう。

②髪の毛を良くとかす

ホットカーラー 使い方⑱

髪の毛はしっかりブラシでとかしましょう。

ホットカーラーでキレイなカールを作るための基本です。

これを怠ると、まとまりのないカールがついてしまいます。

③巻き髪用のヘアミストをつける

ホットカーラー 使い方⑲

ホットカーラーで巻く前に、巻き髪用のヘアミストを髪全体につけます。

乾燥やぱさつきがある髪の毛をケアしてくれるのと同時に、カールを長持ちしやすくしてくれますよ♪

巻き髪用のヘアミストをつけた後も、必ずドライヤーで髪の毛を良く乾かしてください。

④ホットカーラーはドライヤーの冷風で一気に冷ます

ホットカーラー 使い方21

ホットカーラーを巻き終わったら、一気にドライヤーの冷風で冷ましましょう。

実は、その方が強いカールがしっかり髪の毛につき、長持ちしやすくなるといわれています。

ホットカーラーは、髪の毛に巻いた状態で、冷めるまで5分から10分ほど待つのが一般的な使い方ですよね。

もちろんその間に他の用事がこなせますが、カールを長持ちさせたい方にはこの方法がおすすめです♡

⑤カールが弱い部分は巻きなおす

ホットカーラー 使い方

ホットカーラーを外した時に、思ったよりもカールが弱かったら巻きなおしましょう。

ホットカーラーは外すまでイメージがつきづらいですが、カールが弱い場合は再度巻きなおせば、強く巻きなすことができます。

⑥ホットカーラーで巻いた部分にスプレーをつける

ホットカーラー 使い方 

最後に、巻き髪をキープするタイプのスタイリングスプレーを、ホットカーラーでカールした部分につけます。

カールがとれやすい部分や、毛先の方は少し多めにスプレーすると、より長持ちしやすくなりますよ♪
スプレーは、必ず髪の毛から20㎝程離してつけましょう。

近距離でスプレーをつけると、髪の毛が重くなり、逆にカールが落ちやすくなってしまいます。

4.不器用さんにおすすめ♡ホットカーラーの使い方

ホットカーラー 使い方

ここでは、ホットカーラーで作った巻き髪をまとめるヘアアレンジの裏ワザをご紹介します。不器用さんも簡単にヘアアレンジができますよ♪

ぜひチェックして、ホットカーラーでのヘアアレンジに生かしてくださいね♪

ホットカーラーを使った簡単にできるヘアアレンジとして、髪を結んでからホットカーラーを巻く、という方法をおすすめします!

ホットカーラー 使い方⑩

ホットカーラー 使い方⑪

先に髪の毛を1つに束ねて、髪の毛に手が届きやすい状態でホットカーラーを巻いていくと、とってもラクチンにニュアンスのあるヘアスタイルが完成し、カールも長持ちますよ♪

ホットカーラーを使う方の中には、巻いた後に髪の毛を結んで、ストレートヘアにはないニュアンスのあるポニーテールにしている方も多いのではないでしょうか。

しかし、髪の毛をブロッキングするのは少し手間ですし、ロングヘアだとトップの髪の毛を巻くのに腕の長さが足りないことも・・・。

さらに、結ぶために手ぐしで髪の毛をまとめているうちに、せっかくのカールがとれてきてしまうこともあるでしょう。

ぜひ、「結んでからホットカーラー」♪試してみてくださいね!

5.まとめ

今回は、ホットカーラーの使い方についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ホットカーラーは、コツがわかれば簡単に素敵なヘアスタイルを作ることができる、魅力的なアイテムです。

ホットカーラーで、ふんわりした前髪、キュートなカーリーヘアなど、憧れのヘアスタイルを叶えましょう。

お気に入りのヘアアイテムをつけても可愛いかもしれません♡

今回ご紹介した内容を参考にして、ホットカーラーの使い方をマスターしてくださいね!

この記事は2016年10月24日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る