メニューを開く
アスタリフト;

冷えるのに、のぼせやすい「冷えのぼせ」は冷え性の重度版!3つの原因と今すぐ自分でできる対策!

冷えのぼせ 対策 「冷えのぼせ」という言葉だけ見る限り、一見、〔冷え〕よりも、軽度な〔冷え〕に捉えがちですが、実は普通の〔冷え〕よりも重度な状態を表します。

「冷えのぼせ」は上半身に大きく負担をかる場合があります。

「冷えのぼせ」対策する為に、今回は「冷えのぼせ」の原因~対策~までをご紹介していきます!

まずは自分できる「冷えのぼせ」対策をしっかりと行っていきましょう。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.「冷えのぼせ」とは

ココア 効果 冷え解消

「冷えのぼせ」とは上半身に熱がこもりやすくなり、下半身が冷えてしまう状態にある種の〔冷え〕を表します。

通常の冷え気味の方は手足を始め、様々な一部だけが冷たくなります。「冷えのぼせ」の場合は下半身を中心に冷えが気になり、上半身には熱がこもったような感じになります。

上半身が熱く、下半身が冷えている状態の体は、上半身と下半身に極度な温度差が発生した状態が続いています。

上半身が熱くて下半身のみが、冷たくなるこの温度差は、体にとってはあまりよい状態とはいえません。

「冷えのぼせ」になってしまうと、頭痛が頻繁に生じる・頭がボーッとするなどの体の不調を引き起こしやすくなります。

これは、「冷えのぼせ」によって上半身のみ血行(熱)がよくなる事によって、脳を圧迫しまうことが原因といわれています。

このように、温度差が発生している状態の体内は、上半身に血液が集中している為もいわれており、さまざまな注意も必要となってきます。原因を知って早めに対策することをおすすめします。

2.「冷えのぼせ」を招く3つの原因

冬 洗顔⑤

「冷えのぼせ」はもともと、冷えやすいことが特徴です。

更に、冷えから「冷えのぼせ」を招くとして、挙げられる3つの原因があります。

① おしりの筋肉が硬くなる
仕事上、長時間座っている事が多い方や、運動不足・加齢によって筋力が低下している方は、おしりの筋肉が硬くなってしまいます。

通常、血行の流れはスムーズに隅々まで行き渡りますが、おしりの筋肉が固まってしまうと、おしりのすぐ下に存在する坐骨神経(ざこつしんけい)を圧迫しやすいといわれています。

坐骨神経を圧迫してしまうと、血行が下半身にうまく流れにくくなくなってしまい、下半身冷えへと繋がってしまいます。

② 骨盤のゆがみ
姿勢が悪い・いつも右か左に重心をかけて立ってしまう方は、全体的に歪みやすくなってしまうといわれています。

骨盤には、上半身と下半身をつなぐ大切な役割があります。

歪みやすくなってしまうと、下半身の血行は更に圧迫されやすくなります。

血行が圧迫されやすくなってしまうと、血行が上半身から下半身へとスムーズに流れにくくなり、下半身自体の熱を作る事ができにくくなってしまいます。

③ ストレスなどによるの乱れ
自律神経などストレスや日常生活の影響を受けやすい為に、ストレスなどの影響によってはバランスを崩しやすくなってしまうことがあります。

私たちの体は日頃、自律神経の働きにより、一定の体温を保ちながら、血行の流れをコントロールしています。

この自律神経が何らかの影響を受けて、バランスを崩しやすくなってしまうと、血行の流れをコントロールする事が出来にきくなり、冷えへと繋がってしまいます。

自律神経が乱れやすくなってしまう原因として、まず日常生活で挙げられるのが、冷房や暖房による影響です。

例えば、夏場の場合、冷房の効いた空間だと外との温度差はとても大きくなります。

仕事で冷房の効いたオフィスにて長時間体を冷やした後、暑い外へ出る・・これを繰り返すことによって、自律神経はバランスを崩しやすくなります。

この逆で暖房も同じことが言えます。

3.「冷えのぼせ」の対策

冷え性 食べ物

冷えのぼせの対策には、「体を冷やさない事」は大前提です。

これに加えて「冷えのぼせ」を招きやすい3つの原因を防ぐ事が重要です。3つの原因の中から自分に当てはまる原因がないか確認して、対策をしていきましょう!

3-1.おしりの筋肉をほぐす

はじめに、おしりの筋肉をほぐして下半身冷えを防いでいきましょう。

~おしりの筋肉を柔らかくする為に行うストレッチ方法~

おしりの筋肉を柔らかくする為に、今からご紹介するストレッチを行っていただく事をおすすめします。

★簡単!ストレッチ方法★
おしりの筋肉を柔らかくほぐすには、簡単ストレッチがおすすめです!
① 仰向けになって、ヒザを立てる
冷えのぼせ ヒザの角度も辛くない程度で構いません。

② おしりを触って、痛みを感じる部分を見つけてその下に軟式ボールを置く
冷えのぼせ② ※この部分にボールを置くという決まりはなく、触って痛いと感じる部分にボールが当たるように置けば大丈夫です。

③ 痛い部分のコリをほぐすように、軟式ボールをグリグリと当てる
冷えのぼせ③ ボールが、痛い部分を刺激してくれるように、体を動かして痛い部分にぐりぐりと当てていきましょう。

★日常でも体を動かす
ストレッチに加えて、日常でもしっかりとおしりの筋肉を刺激する事が大切です。

運動不足だと感じている方は、いつもより多く歩く事を心がけて行動しましょう。

ランニングは着地の際、過度な負担をかけやすいので、きちんとランニングシューズを履くなどして、対策しましょう。

激しい運動も逆効果になってしまいますので注意が必要です。

3-2.日常生活の中で骨盤のゆがませないよう気をつける

骨盤をこれ以上ゆがませない為には、ご自身で姿勢を正しくして、まっすぐ立つ・どちらかの脚に重心をかけたりせずに、バランスよく立つ事を意識しましょう。

そこで、自宅で簡単にできる骨盤ストレッチを、継続的に行っていくと良いでしょう。

★簡単!骨盤のゆがみ対策ストレッチ★

① 前を向いて立ったまま、足を肩幅くらいまで開く
冷えのぼせ1
② 両腕を体につけたまま、腰をひねる
冷えのぼせ2
この時、足は前を向いたままにして、体だけをゆっくりとひねってください。

このストレッチを継続的に行っていきましょう。
※腰に痛みがある方はおすすめできません。
しかし、骨盤のゆがみがひどいなと思う方や、すでに腰に痛みを伴っている方、一度接骨院・整骨院にて診てもらう事をおすすめします。

自分の骨盤の状態をチェックする良いきっかけにもなります。

3-3.精神的なバランスを整える

神経を乱れやすくしてしまう原因となる、ストレスや環境によっての負担を少しでも軽減していく事が必要です。

★ストレスをためない
誰にでも少なからずストレスは付きものです。ですが、そのストレスとうまく付き合っていく事も大切なことです。

ストレスを発散するには普段頑張っている分、どこかで息抜きする時間が必要です。

頑張りすぎてしまうとストレスはたまってしまう一方ですので、ストレス発散時間をうまく見つけて、少しずつ負担を軽減し、自分を癒やせることをしましょう!

リラックス感を高める入浴剤を入れて、心身共に落ち着かせる時間を1日の終わりに設ける・好きな音楽を聴いてパワーをもらう・信頼できる人に話を聞いてもらう・・などなど、少しの工夫でだいぶ心境は癒やすことができるものです。

自分にとって心を落ち着かせる事ができる空間や時間を作り、心を休ませてあげましょう。

★自分で温度調節する
冷え3 オフィスが寒い・温度差が激しい場所を行き来する事が多い方は、体に負担をかけない為にも自ら温度調節を行う意識をし、体を守りましょう。

例えば寒い環境にいる事が多い場合は、羽織を常備していつでも対応できるようにしておく、冷えやすい下半身は常にひざ掛けを使って冷やさない工夫をする等、日頃から対策して行っていくと良いでしょう。

4.まとめ

「冷えのぼせ」の対策をするには、下半身の血行が大きなポイントだという事が分かりました。

また、身体を冷やさないように環境に対応できる服装等もしっかりと工夫する事が大切です!

それに加えて、「冷えのぼせ」3つのポイントを抑えて、しっかりと対策をとっていきましょう。冷えに悩まない、快適な生活を目指していきましょう。

この記事は2016年5月7日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る