メニューを開く

吹き出物ができやすい肌のお手入れ!すこやか肌を保つ方法とは

吹き出物 治し方 TOP
「吹き出物ができやすい肌のお手入れ方法が知りたいけど、どうしたら良いのかな…」とお悩みではありませんか?

吹き出物は、一般的に20代以降にできるニキビを指し、ちまたでは「大人ニキビ」なんて呼ばれることもありますよね。

「吹き出物」は、どんな方もできる可能性がある肌悩みのひとつですが、原因が複数あると考えられているため、丁寧なお手入れで普段からすこやかな肌を保っておくことが大切です。

今回は、吹き出物ができやすい肌のお手入れ方法と対策方法をお伝えします。



1.吹き出物の主な原因

ニキビ 吹き出物 違い
吹き出物対策を行うためにも、まずは原因を知っておきましょう。

吹き出物ができる主な原因は「古い角質の蓄積」、うるおい不足による「肌の乾燥」、生理周期などによる「ホルモンバランスの影響」だといわれています。

これらが複合的に繋がって吹き出物ができることがあるため、吹き出物の原因の特定は難しくなると言われています。

そのため、吹き出物ができやすいという方も、日頃から肌をすこやかに保つお手入れが大切なのです。

2.吹き出物ができやすい肌のお手入れ方法

オールインワンゲル ランキング 40代
吹き出物ができやすい肌をお手入れするためには、「丁寧なスキンケア」と「生活習慣を整えるセルフコントロール」を行い、すこやかな肌を保ちましょう。

2-1.丁寧なスキンケア

吹き出物ができやすいという方は、毎日しっかりスキンケア化粧品で肌のお手入れを行いましょう。

例えば、すこやかな肌を保つお手入れの1つとして、肌の水分や油分を補い保つお手入れを意識してみましょう。
肌の乾燥を防ぎ、肌の柔らかさを保つことが大切です。

【肌らぶ編集部おすすめスキンケア化粧品】
今回ご紹介するスキンケア化粧品はトライアルキットがあり、うるおいを与えるお手入れが行える商品を選びました。

トライアルキットはシリーズのアイテムを一度に一通り使用することができるので、まずはトライアルキットから試してみるのもおすすめです。

ノブ ACアクティブトライアルセット※すべて医薬部外品
ノブACアクティブトライアルセット

トライアルセット:「クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液」
価格: 1500円(+税)

特徴:肌にうるおいを与える薬用化粧品です。

化粧水や乳液には、保湿成分として「セラミド」・「ヒアルロン酸」・「リピジュア」などを配合。肌にうるおいを与えて、肌荒れを防ぎます。みずみずしいテクスチャーも魅力です。

公式HP

2-2.生活習慣を整えるセルフコントロール

生活習慣の乱れは、吹き出物の原因にもなると言われている「古い角質の蓄積」「肌の乾燥」「ホルモンバランスの乱れ」すべてに関わってくると考えられています。

日頃から生活習慣を整えて、すこやかな肌を保ちやすくしましょう。

■質の良い睡眠を6時間以上とる

睡眠のリズム
美容と健康には6時間以上の睡眠が理想的だと言われています。

また睡眠時間だけではなく、「睡眠の質」を意識することも大切です。

質の良い睡眠をとることは、ホルモンバランスを整えることにつながるとされているため、対策としても意識しておきたいポイントだとお分かりいただけると思います。

そのためにも、就寝前にはスマートフォンやパソコン、テレビなどは控えて、なるべく気持ちを落ち着けておきましょう。温かいハーブティーを飲んだり、ゆっくりとストレッチをしたりしてみるのもおすすめです。

■ビタミンを摂取できる食事をとる

野菜
食生活を見直して、不足しがちなビタミンを摂取し、肌を作っている体をすこやかに保てるようにしましょう。

食生活が偏ると、すこやかな肌にも欠かせないビタミンが不足しがちになると言われています。

ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEなどを積極的に取り入れられるようなメニューを選んでみて下さいね。

3.吹き出物対策

敏感肌
吹き出物は、繰り返しできてしまうことが多いので、日頃から対策していくことが大切です。

■肌を清潔に保つ

ニキビ跡 薬
吹き出物を対策するうえで、常に肌を清潔に保つことは重要だとされています。

洗顔・クレンジングは丁寧に行い、洗い残しがないように行いましょう。

洗顔料などのすすぎ残しは、吹き出物の原因となり得ると言われているため、よく洗い流すようにしましょう。

肌に触れるものを清潔に保つこともポイントです。

■ストレス解消法をつくる

加齢臭 女性
吹き出物の原因にもなってしまうストレスは、ため込まないよう適度に気分転換のできるストレス解消法をつくりましょう。

自分の好きなことをして気分転換をしたり、運動をして身体を動かすなど、自分なりのストレス解消法をつくってストレスをため込まないように心がけましょう。

4.まとめ

敏感肌
吹き出物は、原因を理解したうえでお手入れと対策を行うことが大切です。

すこやかな肌を維持するためにも日頃から意識してスキンケアを行い、生活習慣を整えましょう。

※この記事は2017年3月9日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る