メニューを開く

まつげパーマのもちはお手入れ次第!メリット・デメリットも

まつげパーマ 持ち憧れの“くるんとしたまつげ”をナチュラルに実現してくれるまつげパーマは、朝のメイク時間の短縮にもなるし、忙しい現代女性にとってとても魅力的ですよね。

せっかくやるのなら、より長く“くるんとしたまつげ”を楽しみたい!という方に、今回はまつげパーマのもちを良くするお手入れ方法をご紹介します。

また、これからやってみたいという方にも、まつげパーマの特徴やまつげエクステやつけまつげとの違いなど、まつげパーマの魅力をあらためてまとめてみたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

まつげパーマのもちは、正しいケアをすることでグッと良くなります。

まつげパーマを味方につけて、いつも魅力的なパッチリアイをキープしましょう♡



astalift
astalift

1.まつげパーマはもちがいい!?まつげパーマのメリット・デメリット

まつげパーマ 持ち1まつげパーマとは、まつげに専用の液体をつけ、ロットやビューラーの形にそってまつげのカールをキープするというものです。

ビューラーだとまつげが上がりにくい、すっぴんのとき目元をもっと明るくしたいという方におすすめです。

1-1.まつげパーマの特徴

まつげパーマは、個人差や日頃のお手入れ状況にもよりますが、1~1ヶ月半程度と持つと言われています。
初めての場合はかかりにくいときもあるようなので、もちがもう少し短く感じる方もいるかもしれません。

まつげエクステは3週間から1ヶ月、つけまつげは当日のみですので、まつげパーマは比較的長く、カールしたまつげを楽しむことができると言えそうです。

【まつげパーマの特徴】

■まつげパーマの種類

まつげパーマには、専用のロットから自分のイメージに合うものを選んで、ロットにまつげを巻きつけてカールをつけるロット式専用のビューラーで挟んでカールをつけるビューラー式の2種類があります。

■まつげパーマの費用

サロンによって大きく違いがありますが、だいたい3,000円~1万円のサロンが多いようです。
費用はサロン選びの重要なポイントですが、ちゃんとカウンセリングをしてくれるか、口コミはどうかなどを確認してからサロンを選ぶようにしてください。

■まつげパーマの所要時間
サロンによって違いはありますが、上まつげだけの場合は1時間程度が多いようです。
初回はカウンセリングがあるところが多いので、その場合は1時間半程度みておくといいでしょう。

1-2.まつげパーマのメリット・デメリット

次に、気になるまつげパーマのメリットとデメリットをご紹介します。

まつげパーマの主なメリットは、自まつげをカールしているだけというナチュラルさ、自分でカールする必要がないのでメイク時間を短縮できるということでしょう。

一方で、自まつげ以上にボリュームや長さを変えることはできないという点は、デメリットと言えそうです。

■まつげパーマの主なメリット
①メイクの時間が短縮できる
②カールが長期的に続く
③ナチュラルにカールしたまつげになる
④まぶたの違和感が少ない
⑤まぶたが持ち上がって目元が明るくなる

■まつげパーマの主なデメリット
①理想の目元に必ずなるわけではない
②自まつげが少ない・短い場合はすっぴんだと少し物足りないときがある
③肌がデリケートになりがちな方・アレルギーがある方は注意が必要

2.まつげパーマのもちを良くする方法!3つのNG行動

「まつげパーマをかけたのにすぐに取れてしまった・・・」となってしまっては残念ですよね。

せっかくなら、少しでも長くまつげパーマのもちを良くして“くるんとまつげ”をキープしたい!

ここからはまつげパーマのもちを良くするために意識したいことをご紹介します。
まつげのパーマのもちが悪い気がする・・・という方は、要チェックです!

NG行動①ビューラーをしない

まつげパーマ 持ち まつげパーマをしたあとも、「もっとまつげを上げたい!」とビューラーをしてしまう方がいると思いますが、まつげパーマのもちを良くしたいのであれば避けましょう。

ビューラーはまつげに負担がかかりやすくなる行為です。
ビューラーをするとまつげが傷みやすくなり、まつげパーマのもちが悪くなってしまいます。

【まつげパーマが落ちてきたときは】
まつげパーマが落ちてきたときは、ホットビューラーがおすすめです。
ホットビューラーで根元を上げるようにしてみてください。
じっくり時間をかけてあててしまうと、まつげにとって負担が大きくなってしまいますので気を付けてください。

NG行動②目元やまつげをゴシゴシこすらない

まつげパーマ 持ち 顔を洗ったときや眠いとき、目が疲れたときなどは特に目をこすりやすいですが、ゴシゴシこすってしまうとまつげを傷めやすく、パーマのもちが悪くなる原因になります。

まつげパーマをかけた当日から翌日は特に、まつげがデリケートになっているので注意してください。

また、アイメイクを落とすときもゴシゴシこすって落とすのはNGです。

できるだけ負担をかけないように、優しく落としましょう。

【まつげパーマをしているときのクレンジング】
まつげエクステとは異なり、使ってはいけない種類は特にないとされています。
しかし、コットンで目元を挟んでのクレンジングはまつげに刺激を与えるので、避けた方がいいでしょう。
まつげになじみやすいものを使って、こすらずに洗い流すようにしてください。
事前にまつげパーマをしたサロンの方におすすめのクレンジングを聞いておくと安心ですね。

NG行動③うつぶせで寝ない

まつげパーマ 持ち うつぶせで寝てしまうと、まつげが押しつぶされたり知らず知らずのうちにこすれて、まつげが傷んだり抜ける原因になってしまう可能性があります。

まつげパーマのもちをキープしたいときは、うつぶせで寝るなどまつげに負担がかかる寝方は避けるようにしましょう。

寝るとき以外でも、たとえば泣いたときにハンカチを強く押し付けるなど、まつげに摩擦を与えるようなことはできるだけしないようにしてください。

もちろん、まつげをひっぱったり不必要に触ったりするのもNGですよ。

【参考】セルフでのまつげパーマ

最近では、セルフでまつげパーマができるキットもあり、自分でまつげパーマをしている方もいると思いますが、目元はとてもデリケートです。

自宅で1人で行う場合、何かあったときにすぐに対処することが難しくなってしまうこともありますよね。

そうした不安がある方は、プロの方におまかせすることをおすすめします。

3.まつげパーマのもちを良くするお手入れ方法

まつげパーマのもちを良くするために、2章ではNG行動をご紹介しましたが、ここからは、もっともちを良くするお手入れ方法を3つご紹介します。

このお手入れを行えば、きっと前よりまつげパーマを長く楽しむことができるはずですよ。

①まつげ美容液を使う

まつげパーマ 持ち まつげパーマのもちを良くしたいのであれば、まつげ美容液を使うことはとても大切です。

まつげに限らず、パーマのもちを良くするには、毛自体を健やかな状態に保つことが大切です。

髪の毛で考えてみると、パーマが取れかかっているときに美容液で栄養を与えてあげると、パーマが復活することもありますよね。

まつげパーマのもちが悪い、もしくは悪くなってきたという方はまつげ自体が傷んでいる可能性があります。

髪の毛にヘアオイルやトリートメントをつけてケアするように、まつげ美容液を使ってまつげもしっかりケアしてあげましょう。

②落としやすいアイメイクを使う

まつげパーマ 持ち 2章でもご紹介したように、マスカラなどを落とすときには少なからずまつげにダメージを与えてしまいます。

そうはいっても、マスカラをしないと目力が物足りなかったり、ばっちりアイメイクをしたいときもありますよね。

そんなときは、できるだけ落としやすいマスカラやアイシャドウを使うようにしましょう。

③“濡れること”は当日は避ける

まつげパーマ 持ち まつげパーマは濡れたからと言って、すぐに落ちてしまうものではありません。

しかし、まつげパーマをした当日はまつげがデリケートな状態なので、サウナやプールに行くなどしてまつげを濡らすのは避けた方がいいでしょう。

どうしても当日行きたい、日常的に通っていて気になるという方は、まつげパーマを行ったサロンに確認してみてください。

4.まつげエクステやつけまつげとの違い

まつげパーマ 持ちまつげパーマには魅力がたくさんありますが、長さを変えたり、目元の雰囲気を大きく変えたりすることはできません。

もっとまつげを長くしたい!雰囲気を大きく変えたい!という方には、まつげパーマよりもまつげエクステやつけまつげの方が希望の目元に近づけるでしょう。

■まつげエクステの特徴

まつげエクステとは、自まつげ1本1本にまつげエクステを専用のグルーでつけていくものです。

長さや本数(ボリューム)はもちろん、カールの種類も選ぶことができるので、自分のイメージに合わせたまつげでいられることは大きな魅力です。

お手入れが大変なことや、メンテナンスの頻度が多く費用がかさむといった点はデメリットと言えます。

■つけまつげの特徴

つけまつげは、人工のまつげを自まつげの上につけるというものです。

最近はたくさんの種類のつけまつげが販売されていますので、いろいろなタイプのものを試せますし、すぐに取り外しができるので、イベントのときだけつけたい方やイメージをいろいろ変えたいという方にはおすすめです。

急に取れてしまったり、つけまつげの「のり」が見えて不自然になったりするという点や、すっぴんは変わらないというデメリットもあります。

5.これでまつげパーマのもちはばっちり♡まとめ

まつげパーマ 持ち2 まつげパーマの特徴とメリット・デメリット、そしてまつげパーマのもちを良くする方法をご紹介しました。

小さなことを意識するだけで、くるんとしたまつげパーマのもちは、グッと良くなるはずです。

まつげパーマのもちをもっと良くしたい・・・と思っていた方は、ぜひできるものから始めてみてください。

ケアをすればするだけ、あなたのまつげはちゃんと思いに応えてくれるはずですよ。

まつげパーマのもちを良くして、魅力的なパッチリアイを毎日楽しみましょう♪

この記事は2016年12月2日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る