メニューを開く
アスタリフト;

髪をストレートにする7つの方法!簡単に憧れさらさらヘアに

髪をストレートにする方法

髪を簡単にさらさらストレートにする良い方法をお探しではありませんか?

くせ毛だったり髪がうねりやすかったり、自分で髪をキレイなストレートにするのに苦労している方も多いと思います。

女性は憧れる人の多いさらさらストレートヘアは、男性からの支持も高く人気の髪型です!

そこで今回は、今すぐにでも始められる、髪を簡単にストレートにする方法をご紹介します。

その中でも、今すぐ髪をストレートにする方法4つと、髪をストレートに整えやすくするためのヘアケア方法3つ、合わせて7つの方法をご紹介します。

自分に合いそうなもの、できそうなものから、ぜひひとつずつ試してみてください♡



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.髪をストレートにする方法

髪をストレートにする方法

まずは、今すぐ髪をストレートにしたい!という時におすすめの、髪をストレートにする方法を4つご紹介します。

①から④まで、ナチュラルなストレートに仕上がるものから、すとんとまっすぐなストレートヘアに仕上がるものまで順番にご紹介していきますので、自分に合う方法を探してみてください♡

①スタイリング料を使って髪をストレートにする方法

まず1つ目の自分で髪をストレートにする方法は、ストレートヘア用のスタイリング料を使うことです。
ストレートヘア用のスタイリング料とは、髪になじませることで乾燥によるパサつきを抑え、まとまりのあるナチュラルなストレートヘアに仕上げてくれるアイテムです。

手のひらにスタイリング料をなじませ、髪につけていきます。

両手で髪をはさんでプレスしながら毛先までなじませることが、髪のうねりやハネを目立ちにくくするコツです!

髪をストレートにする方法

乾いた状態の髪に使用して、ドライヤーやアイロンなどを使わずさらさらストレートヘアに仕上げることができるので、忙しい朝におすすめの方法です。

ドライヤーやアイロンの使い方がよくわからないという方は、まずこの方法から始めてみてはいかがでしょうか。

おすすめのストレートヘア用のスタイリング料は、この後の第3章でご紹介します。

②ブローで髪をストレートにする方法

髪をストレートにする方法

2つ目の自分で髪をストレートにする方法は、ドライヤーでストレートブローをすることです。

ドライヤーの熱を使うことによって、根元がふんわりとナチュラルなボリュームのあるストレートヘアにすることができます!

ストレートブローに必要なものは次の3つだけです。

・ドライヤー(冷風機能があるもの)
・ロールブラシ(毛の密度がしっかりしているもの)
・ストレートローション(ドライヤーの熱から髪を守るスタイリング料)

最初にストレートローションで髪を全体的に湿らせましょう。

次に、利き手にロールブラシを、反対の手にドライヤーを持ちます。
ロールブラシを髪の内側に添え、ロールブラシの毛の間に髪の毛を挟み込むようにして密着させます。

ロールブラシに乗っている髪の部分に向かって、ドライヤーの温風を斜め上から当てましょう。

髪をストレートにする方法

その状態のままロールブラシを毛先まですべらせ、ドライヤーもブラシの動きに合わせて動かします。

この工程を髪全体に行ったら、最後に表面の髪だけをすくってもう一度ブローすることで、より髪の表面にツヤを出すことができます。

髪がさらさらでツヤのある手触りを感じられるようになったら、全体的に冷風を当てましょう。

最後に冷風を髪全体に当てることによって、ストレートヘアを長時間キープしやすくなります。

このとき冷風も斜め上から下に向かって当てるようにしてくださいね。

この方法でストレートブローをすることによって、さらさらとツヤツヤの両方を兼ね備えたストレートヘアに仕上がるでしょう。

③ストレートアイロンを使って髪をストレートにする方法

髪をストレートにする方法 

3つ目の自分で髪をストレートにする方法は、ストレートアイロンを使うことです。

上手にストレートアイロンを使いこなすことで、毛先まですとんとまっすぐなストレートヘアを作り上げることができるでしょう。

ストレートアイロンで髪をストレートにするために必要な道具は、次の3つだけです。

・ストレートアイロン
・コーム(くし)
・ストレートローション(アイロンの熱から髪を守るスタイリング料)

最初に髪の毛の絡まっている部分が無いように、コームでしっかりと髪を梳かしましょう。

利き手にストレートアイロンを、反対の手にコームを持ちます。

内側から髪にコームをひっかけ、コームの上の位置でストレートアイロンをはさみましょう。

髪をストレートにする方法

その状態のまま、コームとストレートアイロンを同時に毛先に向かってすべらせていきます。

全体的にこの工程を行いましょう。

何度も同じ場所にストレートアイロンをかけると、髪に負担がかかりやすくなってしまう場合があるので、一か所ずつサッと熱を通すイメージでかけていってください。

⇒ストレートアイロンの使い方をもっと詳しく知りたい方はこちら

④縮毛矯正で髪をストレートにする方法

髪をストレートにする方法

4つ目の髪をストレートにする方法は、美容院で縮毛矯正をかけてもらうことです。

縮毛矯正とは、専用の溶液とストレートアイロンの熱を使うことでくせ毛を矯正し、髪をさらさらストレートな状態に持続させてくれる方法です。

ブローやストレートアイロンではなかなかストレートにならない、時間がたつとクセが出てくるなど、頑固なくせ毛や天然パーマの方には、こちらの方法がおすすめです!

しかし縮毛矯正は、メリットとデメリットの両面がある方法です。

メリット

・さらさらストレートの髪が長期間持続する。
・毎朝のドライヤーやストレートアイロンなどの手間が無くなる。

デメリット

・髪が伸びた部分にはかけ直しが必要
・お金がかかる(相場は約20,000円くらいから)
・時間がかかる(約3時間以上)

メリットとデメリットの両面を見て、縮毛矯正を髪をストレートにする方法のひとつとして取り入れてみてはいかがでしょうか?

2.髪をストレートにする方法|ヘアケア編

髪をストレートにする方法

続いて、髪をストレートに整えやすくするためのヘアケア方法をご紹介します!

牛乳やはちみつを使った、髪をストレートにするためのヘアケア方法を耳にすることがありますが、まずは基本的なヘアケアを正しい方法で行うことが大切です。

今回は、基本的なことだけれど意識しないとつい忘れてしまいがちな、自宅でできる髪をストレートにするためのヘアケア方法を3つピックアップしたので、参考にしてみてください。

①髪の保湿ケアを徹底する

髪をストレートにする方法
髪をストレートに近づけるために、髪の保湿ケアを徹底するようにしましょう。

くせ毛の方は、雨の日に髪のクセが出てきやすいと感じることが多いのではないでしょうか?

実は髪のクセは、髪の毛の内部に水分が入り込むときに出やすくなると言われています。

髪の内部の水分が常に満たされているときは、それ以上髪に水分が入らないので、湿気などの影響をあまり受けません。

しかし髪が乾燥していると大量に水分を取り込もうとするため、髪がうねったりはねたりとクセが出てきてしまうのです。

そのため、しっかりヘアケアをして髪のうるおいを保つことで、クセの出にくいストレートヘアに仕上げることができるでしょう♪

シャンプー・コンディショナーの他に洗い流さないトリートメントを取り入れる、自然乾燥させないようにするなど乾燥を防ぐための基本のヘアケアを心がけて、髪の保湿対策を徹底しましょう!

②しっとり系のシャンプーを選ぶ

髪をストレートにする方法
髪をストレートにするためには、しっとり系のシャンプーやコンディショナーを選ぶことも方法のひとつです。
シャンプーやコンディショナーは、「さっぱりタイプ」「しっとりタイプ」などに分けられている商品が多いと思います。

しっとりタイプを使用した時に、さっぱりタイプに比べて髪に重さを感じたことがあるという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しっとりタイプは髪にうるおいを与え、水分や油分を保持しやすいことから、髪の水分によって重くなる傾向があります。

そのため重みで髪が下に引っ張られやすくなるので、左右に波打つようなくせ毛もまっすぐストレートになりやすくなるとされています。

特に髪にボリュームが出やすいタイプのくせ毛の方におすすめの方法です。

③頭皮を綺麗に保つ

髪をストレートにする方法
髪をストレートにするためには、頭皮を清潔に保つということも大切なポイントのひとつです。
髪の毛は、毛根から健やかにまっすぐに生えることによって、さらさらストレートの状態なります。

しかし毛根に汚れなどがたまっていると、汚れがジャマになり髪がまっすぐ生えてくることができず、うねりやくせ毛の原因になります。

新しく生まれてくる髪の毛をまっすぐストレートにするためにも、頭皮に汚れをためず洗い流して清潔に保つことが大切になります。

この毛根の詰まりによって起きるくせ毛は、ショートヘアの方や男性の方に起こりやすいとされています。

シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが無いように気を付けるなど、簡単なところから意識して、頭皮を清潔に保つように気を付けましょう。

3.髪をストレートにする方法|スタイリング料

 


髪をストレートにする方法

こちらでは、髪をストレートにするために役立つスタイリング料をご紹介します。

今回は1章の①で使えるストレートヘア用スタイリング料と、1章の②③で使えるストレートローションをそれぞれ3つずつご紹介していきます。

髪をさらさらなストレートヘアにするために便利なアイテムばかりなので、ぜひ参考にしてみてください!

①ストレートヘア用スタイリング料

まずは、ストレートヘア用のスタイリング料を3つご紹介します。

こちらは乾いた髪に直接つけて伸ばすだけで、くせやうねりを目立たなくして、髪をストレートに仕上げてくれるアイテムです。

テクニックいらずなので、不器用さんにもおすすめできるスタイリング料です!

◆マシェリ(MA CHERIE) ヘアジュレ (つるつるストレート) EX◆

髪をストレートにする方法

販売会社:株式会社資生堂
容量:100g
価格:740円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分としてヒアルロン酸などを配合。パサついた髪にうるおいを与え、しっとりとまとまったストレートヘアに導きます。
手のひらに乗せると液状になり、髪になじませやすいジュレタイプのストレートヘア用スタイリング料です。

⇒マシェリ公式HPはこちら

◆ラックス(LUX) 美容液スタイリング まとまるスタイリング クリーム◆

髪をストレートにする方法

販売会社: ユニリーバジャパン株式会社
容量:130g
価格:オープン価格

【肌らぶ編集部コメント】
乾燥してパサついた髪にうるおいを与えて補修しながら、ストレートヘアにスタイリングする、クリームタイプのスタイリング料です。
毛先までしっとりとまとまります。
ブローの前のストレートローションの代わりとしても使えるアイテムです。

⇒ラックス公式HPはこちら

◆リーゼ(Liese) 軽やかストレート オイルミスト◆

髪をストレートにする方法

販売会社: 花王株式会社
容量:88ml
価格:オープン価格

【肌らぶ編集部コメント】
乾いた髪に直接スプレーし、くしや手ぐしで梳かして整えることでストレートヘアに仕上げる、オイルミストタイプのスタイリング料です。
べたつかずさらさらな手触りで、簡単に使えるのにしっかりつやつやストレートヘアを演出できるアイテムです。

⇒リーゼ公式HPはこちら

②ストレートローション

続いて、ドライヤーやストレートアイロンの前に下地として使いたい、ストレートローションを3つご紹介します。

ストレートローションは、ドライヤーやストレートアイロンの熱から髪を守り、しっとりとしたストレートヘアに仕上げてくれるアイテムです。

ドライヤーやストレートアイロンを使う前に、髪全体にスプレーしてなじませて使いましょう。

◆マシェリ(MA CHERIE) パーフェクトシャワー(しっとり) EX◆

髪をストレートにする方法

販売会社: 株式会社資生堂
容量:250ml
価格:690円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分としてヒアルロン酸などを配合。
ドライヤーなどの熱から髪を守りつつ、しっとりしなやかなストレートヘアに仕上げる、ブロー前の使用におすすめのストレートローションです。

⇒マシェリ公式HPはこちら

◆スティーブンノル(STEPHEN KNOLL) プレミアムスリーク ハイドロリニュー ミスト リッチモイスト(しっとりタイプ)◆

髪をストレートにする方法

販売会社: 株式会社コーセー
容量:250ml
価格:オープン価格

【肌らぶ編集部コメント】
洗い流さないトリートメントとしての役割を持つ、ブロー前の使用におすすめのストレートローションです。
ドライヤーの熱を加えることによってより髪の傷んだ部分が補修されやすくなるため、ブローによってうるおったつややかなストレートヘアに仕上げてくれます。

⇒スティーブンノル公式HPはこちら

◆プロスタイル(Prostyle) フワリエ ストレートスタイルミスト◆

髪をストレートにする方法

販売会社: クラシエホールディングズ株式会社
容量:150ml
価格:オープン価格

【肌らぶ編集部コメント】
指どおりの良いさらさらなストレートヘアに仕上げる、ストレートアイロン前の使用におすすめのストレートローションです。
毛先まですっとまとまり、ツヤ感のあふれる髪を演出します。

⇒プロスタイル公式HPはこちら

4.髪をストレートにする方法のまとめ

髪をストレートにする方法

今回は髪をストレートにする方法についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

くせ毛のせいでなかなか髪がストレートにならず、悩んでいる方も多くいらっしゃることでしょう。

でも髪をストレートにするための方法はこんなにもたくさんあります!

くせ毛の度合いによって合う方法と合わない方法もあるかもしれませんが、試してみる価値のあるものばかりです。

男性からの人気も高いさらさらストレートヘアを目指して、ぜひひとつずつ取り入れてみてください♡

この記事は2016年11月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る