メニューを開く
2017年5月2日 更新

時間が無い朝でも簡単可愛い♡ロングヘア向け髪のまとめ方

髪 まとめ方

今すぐ自分でもできる、簡単な髪のまとめ方をお探しではありませんか?

仕事上、毎日髪をまとめないといけないという方もいらっしゃるでしょう。
朝は時間が無いからと、適当に後ろで髪をひとつに結ぶだけでは飽きてしまいますよね。

そんな時にいろんな髪のまとめ方ができると、毎朝のヘアアレンジが楽しくなるのではないでしょうか!

そこで今回は、簡単にできるロングヘア向けの髪のまとめ方と、まとめ髪を上手に作るポイントを合わせてご紹介します!

たくさんの髪のまとめ方を覚えて、毎日おしゃれな髪型を目指しましょう♪




肌らぶセレクション

◆ルシードエル #ジューシーモイストワックス◆
髪 まとめ方

販売会社: 株式会社マンダム
容量: 60g/20g
価格:700円/330円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】

保湿成分ヒアルロン酸配合。髪のうるおいを保ちつつ髪をまとめてくれます。
軽いつけ心地で、ペタッと髪がつぶれにくいアイテムです。

⇒ルシードエル公式HPはこちら

1.上手な髪のまとめ方

髪 まとめ方まずは最初に確認していただきたい、上手に髪をまとめるためのポイントを3つご紹介します。

可愛くまとめ髪を仕上げるためにも、せっかく作ったまとめ髪を長持ちさせるためにもチェックしてみましょう♪

髪のまとめ方|ポイント①最初に髪を巻く

髪 まとめ方髪をまとめる前に、まず全体的に髪を巻くようにしましょう。

髪を巻く時間が無い時は、そのままでもできるヘアスタイルもありますが、最初に髪を巻いてからまとめ髪をすることで、髪どうしがうまく絡まり合ってくれるため、ぽろぽろと余計な後れ毛が落ちてきにくくなります。

また最初に髪を巻いておくと、ふわふわなヘアスタイルを作りやすくなるので、より可愛いヘアアレンジができあがります!

⇒巻き髪がうまくできない方はこちら♡

髪のまとめ方|ポイント②ワックスを馴染ませる

髪 まとめ方髪を全体的に巻いた後、髪をまとめる前にワックスを馴染ませましょう。

髪がまとまりやすくなるので、ヘアアレンジをする時も、何も付けないでやるより作りやすくなります。

また全体的にワックスを馴染ませることで、できあがりの髪型を固定して崩れにくくしてくれます。

髪のまとめ方|ポイント③軽めにスプレーで固定する

髪 まとめ方髪をまとめ終わったら、軽く表面だけ固めるようにスプレーをかけましょう。

時間がたつとぽろぽろ落ちてくる後れ毛を防ぎやすくなります。

スプレーを多くかけすぎると、ふわっと作ったまとめ髪がパリパリになってしまうので、かけすぎには注意しましょう。

2.2分でできる!簡単な髪のまとめ方

髪 まとめ方まずはたった2分でできる、簡単な髪のまとめ方を3つご紹介します!

♡シンプルだけどオシャレなポニーテール♡

髪 まとめ方ただのポニーテールでも、ひと手間加えるだけでシンプルオシャレなポニーテールができあがります!

髪 まとめ方 好きな位置でポニーテールをします。
頭の表面の髪を少しずつ引っ張って緩めます。
ポニーテールの毛束から、ひとつまみ分の髪を分け取ってゴムの周りに巻きつけます。
③を毛先まで巻きつけたらピンで固定して完成です♪。

★ポイント★
②で表面の髪を緩める時は、結び目のゴムが動かないようにもう片方の手でおさえながら緩めるようにしましょう。
また、ゴムで結んだままではなく髪でゴム隠しをすることで、少し手の込んだ髪型に見せることができます♡

♡ふんわりくるりんぱのポニーテール♡

髪 まとめ方くるりんぱを一回入れるだけで、また雰囲気の違ったポニーテールを作ることができます!

髪 まとめ方 緩めにポニーテールを作ります。
くるりんぱをしましょう。
くるりんぱや頭の表面部分の髪を少しずつ引っ張って緩めます。
髪を巻きつけてゴム隠しをしたら完成です♪

★ポイント★
③で髪を緩めるときは、くるりんぱで通した穴を隠すように意識しながら緩めてみましょう。
穴が開いたままだと不自然に見えてしまう部分を隠し、バランスよく仕上げることができます。

♡簡単なお団子でまとめ髪♡

髪 まとめ方簡単に手早くできるお団子の作り方で、スッキリまとめ髪ができます!

髪 まとめ方 好きな位置で髪をアップにしてひとつに束ね、ポニーテールの途中に輪っかを作ります。
輪っかの周りに、毛先を巻きつけていきます。
結んだゴムが見えなくなるように毛先まで巻き付けましょう。
ピンで固定したら完成です♪

★ポイント★
輪っかを大きく作ってしまうと、縦長シルエットになりすぎて変な形になってしまいます。
① で輪っかを作るときは、小さめに作るように心がけましょう。

3.5分でできる!簡単な髪のまとめ方

髪 まとめ方次に5分あれば十分にできる、簡単可愛い髪のまとめ方を3つご紹介します!

ここからは三つ編みや編み込みも入った、さらに可愛いヘアスタイルになります♪

⇒三つ編みや編み込みが苦手な方はこちら♡

♡大きい三つ編みでポニーテール♡

髪 まとめ方大きな三つ編みを一本編みながらポニーテールをすることで、華やかなまとめ髪ができあがります!

髪 まとめ方 頭のトップ部分の髪をすくい取ります。
①の髪をスタートにして、首元に向かって編み込みをします。
首元まで編めたら、ゴムで結びます。
髪を巻きつけてゴム隠しをしたら完成です♪

★ポイント★
髪を編みこんでいる間に巻き髪が取れてしまいやすいので、最後にポニーテールの毛先部分だけ巻きなおしてあげた方が、キレイな仕上がりになります!

♡三つ編みお団子でまとめ髪♡

髪 まとめ方三つ編みができれば簡単に作れるまとめ髪です。

髪 まとめ方 髪を後ろで2つに分け、ツインテールを作ります。
ツインテールの毛先を三つ編みにしてください。
結んだゴムを中心にして、三つ編みをくるくるまとめピンで固定します。
もう一本の三つ編みも同じようにまとめて固定したら完成です♪

★ポイント★
2つのお団子がくっつきやすいように、①の2本のツインテールの間を狭く結ぶのがコツです。
②で三つ編みを緩めて幅を広げてからまとめると、お団子部分のボリュームをもっと出すことができます。

♡ゆるふわお団子でまとめ髪♡

髪 まとめ方低い位置にお団子を作ってまとめる、大人っぽい印象になるスタイルです。

髪 まとめ方 後れ毛を残して、低い位置でポニーテールを作ります。
ポニーテールの毛束を右向きにくるくるねじります。
ポニーテールの結び目を中心にして、ねじった毛束を時計回りに巻きつけていきます。
お団子の形にできたら、ピンで固定します。
髪を少しずつ引っ張り、お団子をゆるめていきます。
後れ毛をふんわりと巻いたら完成です♪

★ポイント★
まとめた髪の毛を少しずつ引っ張り出して緩めることで、ふんわり可愛いヘアスタイルになります。
後れ毛を出す時は、顔回りや耳後ろから髪の毛を取ると、バランスが良くなります。
また、お団子の位置をサイドにずらして作っても可愛いヘアスタイルになるでしょう♡

4.10分でできる!簡単な髪のまとめ方

髪 まとめ方最後に、見た目はすごく華やかなのにたった10分でできてしまう、パーティーの時にも使える髪のまとめ方をご紹介します。

♡三つ編みを使ったギブソンタックのまとめ髪♡

髪 まとめ方首元にボリュームを持たせる「ギブソンタック」と呼ばれるヘアアレンジです。

三つ編みを使うと簡単にできます!

髪 まとめ方 耳よりも前の髪を、左右ともに分け取ります
分け取った髪を、頭の後ろで結びます。
結んだ髪をくるりんぱします。
下りている髪を3等分して、3本の三つ編みを作ります
三つ編みをくるくると毛先から丸めていき、後頭部とくるりんぱの間に挟んでピンで固定します。
残り2本の三つ編みも同じようにまとめて完成です♪

★ポイント★
3本の三つ編みを丸めて固定するとき、左右の2本の三つ編みを固定してから最後に真ん中の三つ編みを丸めていきましょう。
そうすることで3本の三つ編みが繋がりやすくなり、バランスよくできあがります。

♡くるりんぱと三つ編みでスッキリまとめ髪♡

髪 まとめ方三つ編みとくるりんぱでできる、縦長シルエットのスッキリとしたまとめ髪です。

髪 まとめ方 耳より前の髪(A)と耳後ろから首のラインより前の髪(B)を左右ともに分け取ります。
A同士B同士それぞれを頭の後ろで結び、くるりんぱします。
AB2本のくるりんぱを引っ張って少し緩めます。
下りている髪を1本の三つ編みにします。
三つ編みを毛先からくるくると丸めていきます。
⑤を2本のくるりんぱの辺りまで巻き上げて、ピンで固定すると完成です♪

★ポイント★
⑤で作る三つ編みは、編み始めの幅に合わせて毛先の方の三つ編みを緩めて広げましょう。
1本の三つ編みを均等な太さに揃えることで、くるくる巻き上げた時にキレイな形になりやすくなります。

♡三つ編みが可愛いふんわりまとめ髪♡

髪 まとめ方三つ編みがはっきりと見えて可愛らしいまとめ髪スタイルです。

華やかになるため、お祭りで浴衣を着るときやパーティーにもピッタリでしょう♡

髪 まとめ方 耳よりも前の髪を、左右ともに分け取り編み込みをします。今回はより華やかに見える「裏編み」を使いました。
後ろの髪を耳くらいの高さで結び、輪っかのお団子を作ります。
輪っかの部分だけをくるりんぱします。
飛び出た毛先はくるくる丸めてピンで留めておきます。
④で留めた毛先を隠すように、三つ編みをかぶせてピンで固定します。
もう一本の三つ編みも⑤と同じようにかぶせて固定したら完成です♪

★ポイント★
②の三つ編みを大きめに広げておくと⑤の部分を隠しやすく、さらに華やかさが増して見えます。

5.まとめ髪に便利!スタイリング料の種類

髪 まとめ方前章でもお伝えしたように、まとめ髪をキレイに仕上げるためには、スタイリング料の使用が大切なポイントのひとつになります。

そこで、髪をまとめる際に使いたいスタイリング料の種類と特徴をご紹介します。

ワックス

ワックスといえば固形のものをまず想像する方が多いかもしれませんが、実は様々なテクスチャーのものが存在します。

もちろん固形のワックスでも髪をまとめやすくなりますが、他のテクスチャーでもまとめ髪におすすめなワックスもあります。

ワックスには、主に4つのタイプがあります。

・クリームタイプのワックス

髪になじませやすく、うるおいを与えながら髪をまとめてくれます。

種類も多いので、希望の仕上がりに合わせて好みのアイテムを使ってみるとよいでしょう。

・ミルクタイプのワックス

クリームタイプ同様に、髪にうるおいを与えつつ髪をまとめてくれるアイテムです。

ミルクタイプのワックスなら、整髪料によるベタツキがきになる方にも使いやすいアイテムでしょう。

・スプレータイプのワックス

スプレー状になっているワックスで、髪全体に吹きかけることができるため、均等にワックスを馴染ませやすいです。

また直接髪にかけるので、手が汚れにくいのもポイントです。

・スティックタイプのワックス

一般的に直接髪になでつけるようにして使うタイプが多く、まとめ髪から落ちてきてしまう後れ毛やあほ毛を押さえてくれます。

完成したヘアアレンジの上からでも使用でき、小さいサイズなので、お直し用に持ち運びにも便利です。

ヘアスプレー

まとめ髪を崩れにくくするために使うヘアスプレーは、水分が多すぎるものを使うと重さでふわっとセットした髪がつぶれてしまうことがあります。

そのため、スタイリングのあとに、ふんわり感を残したままセットしたい場合は、水分が少なめの軽い付け心地のヘアスプレーを選ぶことをおすすめします♪

6.まとめ

今回はロングヘア向けの髪のまとめ方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
お気に入りヘアスタイルは見つかりましたか?

いつもまとめ髪をしている人って、器用でおしゃれな人に見えますよね。

でも今回ご紹介したように、ちょっと頑張れば簡単にできるまとめ髪はたくさんあります!

簡単な髪のまとめ方を覚えて、オシャレ女子の仲間入りをしましょう♪

この記事は2017年5月2日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。
※肌らぶ編集部 有資格者監修記事