メニューを開く
アスタリフト;

シミを消したい! シミを増やさないために取るべき対策

シミ 消したい
「シミを消したい! だけど、シミって消えるのかな?」とお悩みの方はいませんか?
どんなに気を付けていても、ある日気がつくとうっすらと姿を現している、シミ。
「できることなら、シミひとつない肌に戻りたい…」と切に願ってしまいますよね。

今回は、シミを消す、薄くする方法と、できにくくする方法をご紹介いたします。
「シミができてしまった」と思い悩む前に、まずは自分のシミと向き合い、できることから始めてみましょう。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1 シミを消したい!|シミを消す方法[医療レーザー]

ここでは、シミを消す方法として「医療レーザー」をご紹介いたします。
医療レーザーによるお手入れは、シミの種類により向き、不向きが分かれます。
医療レーザーを受ける際は、美容医療クリニックなどに行き、医師に相談をしてみましょう。

1-1【医療レーザーの基本】

まず、医療レーザーの基本的な情報をご説明します。

医療レーザーとは名前のとおり、美容医療クリニックで行われる施術のことです。
黒・青・茶などの色素別に狙って照射することのできる専用のレーザーをシミに照射し、シミの元となっている異常な色素細胞を細かい粒子に分解することで、シミを消すお手入れ方法です。

レーザーを照射したシミは、施術を受けた直後は軽いやけど状態になり、一週間ほどで新しい肌が再生されると、かさぶたと共に、老廃物として自然に剥がれ落ちます。

シミにはいくつかの種類があり、中には医療レーザーで消すことのできないシミもあります。
さらに、シミの種類や大きさ、シミが出来てからどれくらいの歳月が経っているか、などにより、シミを消すために必要なレーザーの照射回数が変わることもあります。

そのため、医療レーザーでシミを消す際は、まず医師による診察を受けることをおすすめします。

自分のシミはどんな種類のもので、医療レーザーで消すにはどれくらいの施術回数が必要なのかなど、細かな部分の確認を行ったうえで、医療レーザーによる施術を受けるようにしましょう。

1-2【医療レーザーの費用】

料金はクリニックにより異なりますが、目安として大体、シミ1cmの治療で1万円前後の費用が掛かるといわれています。
また、シミの濃さや大きさにより照射回数が変化するため、トータルでかかる費用には個人差があるようです。
クリニックにより保険適用外の場合もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

1-3【医療レーザーのポイント】

レーザー治療は、今あるシミの改善を行うものであり、今後シミができなくなる、というわけではありません。
シミが薄くなったことに満足せず、未来のために保湿対策や日焼け対策など新しいシミをできにくくするためのお手入れを行いましょう。

「シミをできにくくするためのお手入れ」の一つが、「美白化粧品の使用(※)」です。
美白化粧品については、次の章でくわしくご説明します。
(※美白とは日焼けによるシミ、そばかすを防ぐこと)
(2016年4月8日現在の情報です)

1-4医療レーザーでシミをお手入れしてくれる美容医療クリニック

ウォヴクリニック
img13img14

「肌を輝かせることで、心まで美しくなる、自分を愛せるようになる。その喜びを、一人でも多くの女性に体験していただきたい――。」という願いを持つ美容皮膚科「ウォヴクリニック」。
メスを使わずに、肌本来の美しさを引き出す専門医療機関です。

老人性色素班や肝斑、ほくろなど、シミの種類に合わせたレーザー機器を使用。
個人個人のシミに合った形で施術を進めるため、施術を行う担当医の他に、スキンケアスペシャリストが担当としてついてくれます。
施術の際は毎回、スキンケアスペシャリストによるカウンセリングと、担当医による診察が行われます。施術後の経過をダブルチェックで確認してくれるのは、心強いですよね。

白を基調としたクリニックは清潔感と落ち着きが感じられます。
中目黒駅から徒歩3分、診療時間は月〜水・金 11:00〜20:00(最終受付19:00)/土・祝 10:30〜19:00(最終受付18:00)です。
完全予約制のシステムを採用しており、予約は電話またはメールで受け付けています。
支払方法を・現金・クレジットカード(一括)・医療ローン・デビットカードから選ぶことができます。
>>>ウォヴ クリニック公式HPはこちら
(※2016年4月13日現在の情報です)

2 シミを消したい!|日焼けによるシミを予防する方法[美白化粧品](※)

2-1 美白化粧品(※)について

美白化粧品(※)は基本的に、これからできるシミに対するお手入れを行うためのものです。
美白化粧品を使用することで、日焼けによるシミをできにくくしたり、これ以上増えにくくすることができます。(※美白とは日焼けによるシミ、そばかすを防ぐこと)

2-2 美白化粧品(※)を選ぶポイント

美白化粧品(※)はまず、“美容液”を使うことをおすすめします。

なぜなら、基礎化粧品の中でも特別なお手入れを行うためのアイテムとして開発されている美容液は、成分を濃縮して配合しているものが多いからです。

肌との相性や使い心地が気になる、という方はまず、トライアルセットから始めることもおすすめです。
美白化粧品(※)には、初めて使用する人向けに、通常商品のミニサイズをお試し用としてお手頃価格で販売しているものもあります。
気になる美白化粧品(※)が見つかったら、まずトライアルセットで使用感を確認してみてはいかがでしょうか。

2-3 お試しセットの販売がある、シミを予防する化粧品3選

アスタリフトホワイト 美白トライアルキット

アスタリフトホワイト

アスタリフトホワイトは、「美白(※)・ハリ」に着目したスキンケアシリーズです。
美白(※)成分「アルブチン」「ビタミンC誘導体」、保湿成分「アスタキサンチン」「コラーゲン」等が配合されています。
日焼けによるシミ・そばかすを防ぎ、肌にうるおいとハリを与えてなめらかな肌に整えます。
(※ 日焼けによるシミ・そばかすを防ぐこと )

セット内容:
アスタリフトホワイト ローション(医薬部外品)20ml
アスタリフトホワイト エッセンスインフィルト(医薬部外品)5ml
アスタリフトホワイト クリーム(医薬部外品)5g
アスタリフト ジェリーアクアリスタ 0.5g×10包(化粧品)(※通販限定)

価格:1000円(税抜) 全国一律送料無料
(2016年4月13日現在の情報です)

⇒アスタリフトホワイト 公式通販はこちら

サエル トライアルセット
サエル

肌が乾燥しやすい方に向けたスキンケアブランド「decencia(ディセンシア)」の中でも、保湿と美白(※)に着目した医薬部外品のスキンケアラインである「サエル」。
保湿成分「セラミド」配合で、肌に潤いを与え、すこやかに保ちます。
また、「ビタミンC誘導体」等の美白(※)成分を配合。日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます。
(※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)
セット内容:
・サエル ホワイトニング ローション クリアリスト(医薬部外品) 14ml
・サエル ホワイトニング エッセンス クリアリスト(医薬部外品) 8ml
・サエル ホワイトニング クリーム クリアリスト(医薬部外品) 9g

価格:通常2000円→初回限定1371円(税抜)
全国一律送料無料
(2016年4月8日現在の情報です)

⇒サエル 10days トライアルセットはこちら

アンプルール トライアルセット
アンプルール

ラグジュアリーホワイトシリーズは、日焼けによるシミやくすみが気になる方におすすめの美白(※)美容液「薬用アクティブ フォーミュラ」を含むスキンケアシリーズです。
(※日焼けによるシミ・そばかすを防ぐ)
基本のスキンケアアイテムから日焼け止めまで、全14点のアイテムが揃っています。

セット内容:
・アンプルール ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110(化粧品) 3g
・アンプルール ラグジュアリーホワイト ローションAOⅡ(化粧品) 20ml
・アンプルール ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ(医薬部外品) 8g
・アンプルール ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX(化粧品) 10g
価格:通常6,500円→初回限定1,750円(税抜)
全国一律送料無料
(2016年4月8日現在の情報です)

⇒アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキットはこちら

3 シミを消したい!|シミの種類

シミにはいくつかの種類があり、それぞれに出来てしまった原因が異なります。
自分のシミがどのシミなのかを見極めることで、今後のシミ対策を行いやすくなるので、ぜひチェックしてみてください。

① シミの種類|老人性色素班

まず、老人性色素班というシミについてです。
老人性色素班とは、紫外線などによりメラニン色素が増えてできるシミのことで、頬骨など、日光が強くあたる場所にできやすいといわれています。
生まれた時から浴び続けてきた紫外線が少しずつ肌に蓄積し続け、年齢と共にシミとして表面化し始めるといわれており、一般的に40歳前後で表れ始めることが多いようです。

② シミの種類|炎症性色素沈着

次に、炎症性色素沈着というシミについてです。
炎症性色素沈着とは、ニキビや擦り傷など、皮膚の炎症が起こった後にできやすいシミのことです。
一般的には、ニキビができやすい頬からあごに表れるといわれています。

③ シミの種類| 肝斑

次に、肝斑というシミについてです。
妊娠中や更年期、長期間に渡るピルの服用の影響など、女性ホルモンのバランスが乱れたときにできやすいとされるシミのことで、頬骨から目じりにかけて現れるといわれています。

妊娠中にできたものは3ヶ月くらいすると自然に消える場合がほとんどですが、その間に過度のストレスなどでホルモンバランスがさらに乱れると、定着してしまう場合もあります。

④ シミの種類|ソバカス(雀卵斑)

最後に、ソバカス(雀卵斑)というシミについてです。
鼻からほお骨にかけてできることが多いといわれている、小さな黒い斑点状のシミのことです。
遺伝によるものが多く、人によっては子どもの頃から肌表面に現れる場合もあります。
紫外線の影響を受けることでできやすく、色白の方に多く見られます。

4 まとめ

シミを消す方法と、シミを予防したい人へおすすめの美白化粧品(※)のご紹介をしましたが、いかがでしたか?

シミはある日、突然ひょっこりとできるものではありません。長い歳月をかけて徐々に濃くなっていくものです。
目立つようになってから対策を行うのではなく、目に見えないうちから意識して対策を行いたいですね。
また、お手入れの実感が得られないからといってすぐにあきらめるのではなく、根気よく続けることも大切です。

さあ、あなたも今回ご紹介したお手入れ法で、シミの目立たない理想の肌を目指しましょう。

この記事は2016年4月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る