メニューを開く
2017年5月10日 更新

インナードライ肌がニキビの原因?意識すべきポイントとは

インナードライ ニキビ

「インナードライな状態の肌ってニキビができやすいの?」とお悩みではないですか?

いわゆるインナードライとは、油分と水分のバランスが崩れてしまい、肌悩みが起きやすい肌の状態だと言われています。

ニキビは、そんなインナードライな状態の肌に起きやすい肌悩みのひとつだとされているのです。

今回は、インナードライとニキビの関係や、すこやかな肌のために意識してほしいポイントなどをご紹介します。


1.インナードライとニキビの関係

インナードライ ニキビ

まず、インナードライな状態の肌とニキビの関係についてご紹介します。

インナードライとニキビには、インナードライであるために皮脂量が増え、その過剰な皮脂によって毛穴詰まりが起き、ニキビになりやすいという関係性があると言われています。

ではなぜ、インナードライだと、皮脂量が多いのでしょうか。

インナードライとは一般的に、肌表面は皮脂によってうるおっているように見えるけれども、実際には肌が乾燥しているため、乾燥による肌悩みが起こりやすい状態のことを言います。

肌は乾燥すると、それ以上の水分の蒸散を防ぐために皮脂量が増えやすいと考えられています。

インナードライな状態の肌の方は、肌のべたつきやテカりをおさえたいために、過剰に洗顔をしたり、化粧水だけでお手入れをしたりなど、スキンケアによる適切な肌の保湿を行わない傾向があるでしょう。

その結果、さらに肌が乾燥し、それを補おうと皮脂量が増える、という悪循環が起こりやすいと考えられています。

過剰な皮脂は毛穴を詰まらせ、雑菌が増殖しやすくなると言われています。

そこで起こる肌悩みが、「ニキビ」なのです。

2.インナードライな状態の肌をすこやかな肌へ!意識すべきポイント

インナードライ ニキビ

インナードライが原因でできるニキビを防ぐためには、インナードライな状態の肌をすこやかにするためのスキンケアを行いましょう。それが、ニキビを防ぐことにも繋がると考えられるためです。

ここでは、そのために意識してほしいポイントをご紹介します。

①洗顔は1日2回までにする

インナードライ ニキビ

基本的には、洗顔は朝と夜、1日2回までにしましょう。

過度な洗顔は、肌が乾燥する原因になると言われているからです。

肌のテカりが気になったり、ニキビに悩んでいたりすると、どうしても繰り返し洗顔を行いたくなりますが、洗顔は1日2回で十分だと言われています。

②丁寧な洗顔をする

インナードライ ニキビ

肌の乾燥や負担をなるべく減らせるよう丁寧に洗顔を行いましょう。

以下のポイントをおさえて、手際よく丁寧に洗顔をすることが大切です。

≪正しい洗顔のやり方≫
1・手を洗い、清潔な手で洗顔を行う
2・ぬるま湯で顔をすすぎ、肌をやわらげ、汚れを落としやすくする
3・洗顔料をよく泡立て、たっぷりの泡で洗顔をする
4・指の腹を使い、優しい力加減で洗う
5・ぬるま湯で泡をよくすすぎ、洗顔料が顔に残らないようにする
6・清潔なタオルを顔にあてて、擦らず水分を吸収させる

③洗顔後すぐに保湿のお手入れを行う

インナードライ ニキビ

洗顔後すぐに保湿のお手入れを行うようにましょう。

洗顔後は肌が乾燥しやすいとされているため、化粧水や乳液ですぐに保湿のお手入れを行うことを心掛けてください。

あせってお手入れがおざなりにならないよう、じっくりハンドプレスを行いましょう。

④夜のスキンケアでは保湿クリームを塗る

インナードライ ニキビ

夜のスキンケアでは、最後に保湿クリームを塗って肌のうるおいを保ちましょう。

保湿クリームを塗ることで、化粧水や乳液で与えた肌のうるおいをよりしっかりと保つことが期待できます。

インナードライ肌は、肌が乾燥している状態なので、皮脂量が多いから乳液やクリームはいらない、ということはありません。

3.「インナードライニキビ」を防ぐために控えてほしいこと

インナードライ ニキビ

ここではインナードライな状態の肌にできやすいニキビ、いわゆる「インナードライニキビ」を防ぐために控えてほしいことをご紹介します。

良かれと思って行っていることもあるかもしれないので、しっかりチェックをしましょう。

①ピーリング料での洗顔

ピーリング料での洗顔は、控えるようにしましょう。

インナードライな状態の肌は、洗いすぎや擦りすぎによって、さらなる肌の乾燥を招くこともあると言われています。

肌の状態が落ち着いてくるまで、ピーリング料やスクラブ等を使用する洗顔はなるべく控えることをおすすめします。

②厚化粧

インナードライニキビに悩む方は、厚化粧はせず、ナチュラルメイクを心掛けましょう。

厚化粧は、メイクオフの際に肌に負担を与える可能性があるからです。

メイクをしっかり洗浄できるタイプのクレンジング料を使うこと、メイクをしっかり落とそうとゴシゴシ擦ることなどが予想され、肌の乾燥にも繋がりやすいと考えられるからです。

③あぶらとり紙の過度な使用

あぶらとり紙の過度な使用は控えましょう。

あぶらとり紙で頻繁に皮脂を拭き取ることによって、肌は油分が足りない状態だと感じ、さらに皮脂量が増えやすいと言われています。

どうしても皮脂が気になる際は、ティッシュで軽くおさえる程度にすることをおすすめします。

4.まとめ

今回は、インナードライとニキビの関係についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

ニキビだけではなく、インナードライそのものを意識したお手入れが大切です。

インナードライは、すぐに良くなるものではありません。

肌の状態が落ち着くよう、今回ご紹介したスキンケアを継続して行っていくようにしてくださいね。

この記事は2017年5月10日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


   

Pocket
LINEで送る