メニューを開く
2017年4月18日 更新

【体内環境の整え方】食生活と生活習慣のヒント&サポートサプリの選び方

腸内環境 サプリ
「スッキリしない毎日を変えたいなぁ…」
「鏡を見るのが嫌だなぁ…」
「体の内側から意識して、美しくすこやかな毎日を送りたいなぁ…」
などお感じではないでしょうか?

すこやかな毎日のためには、体内環境を意識した生活を送ることは、大事なキーポイントのひとつです。

とはいえ、どう生活を見直したらよいのかわからない、なかなか生活習慣を変えられないとお悩みの方も多いかもしれません。

今回は、体内環境を整えたいとお考えの方におすすめしたい、食生活からのサポート方法と生活習慣からのサポート方法をご紹介します。
また、食生活での不足をサポートするためのサプリについてもあわせてご紹介します。

自分のライフスタイルを上手に見直してサポートし、すっきりすこやかな日々を目指しましょう。

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。


1. 体内環境を食生活&サプリでサポート

腸内環境 サプリ体内環境をよくしたい、すこやかに気持ちよく毎日を過ごしたいと願うとき、やはり最初に見直したいのは食生活です。

この章では、意識的に摂り入れたい成分と、気をつけたい食生活のポイントについてご紹介します。
また栄養バランスが気になる方に向けて、不足を補うためのサポートサプリを選ぶポイントについても簡単にご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

1-1 体内環境のために摂りいれたい成分

腸内環境 サプリ体内環境をすこやかに保つためには、バランスのよい食生活を心がけましょう。

特に現代人は不足しがちといわれている「食物繊維」をはじめ、「ビタミン」「ミネラル」などの基本の栄養素をしっかり摂っていきましょう。

また、栄養を消化・吸収するための体のサポートとして役立つ、乳酸菌やオリゴ糖などの成分も、積極的に食事に取り入れていくことをおすすめします。

乳酸菌はヨーグルトや漬け物などの発酵食品から摂ることができます。
オリゴ糖は、たまねぎ、ごぼう、ねぎ、にんにく、アスパラガスなどの食品に微量に含まれています。

毎日の食事から継続して摂ることが大事ですが、外食が多くてきちんと摂れない、糖分や塩分の摂りすぎが気になって十分に摂れていない、など不足が気になる方はサプリを上手に活用して、毎日継続して補うように心がけましょう。

1-2 サポートサプリの選び方

腸内環境 サプリ体内環境をサポートするためのサプリを選ぶときは、次の3つのポイントをチェックすることをおすすめします。

成分、取り入れやすさ、コスト、の3つです。それぞれについて少しご紹介します。

①成分

腸内環境 サプリ体内環境サポートに役立つ成分には、乳酸菌やビフィズス菌、食物繊維、オリゴ糖などがあります。

なんとなく全体的に不足してしまっている食生活を補うためには、それらの成分がまんべんなく配合されているサプリを選ぶのがおすすめです。

お互いにサポートしあって、よりお互いの魅力を活かすことにつながることが期待できるからです。

②取り入れやすさ

腸内環境 サプリサプリとひと言で言っても、粒状のものもあれば、カプセルに包まれたもの、顆粒タイプなどいろいろあります。
水なしでも飲めるチュアブルタイプのサプリもあります。

自分にとって飲みやすいサプリ、取り入れやすいサプリを選びましょう。外食が多い方は携帯しやすさなども考慮するとよいですね。

また、1日の目安量も、チェックすることをおすすめします。
「1日1粒目安」と「1日5粒目安」では感じる負担がずいぶん違うからです。

③コスト

腸内環境 サプリ体内環境をすこやかに保つためには、日々の食生活の不足を継続して補うことが大事です。
サプリの費用は、ふだんの食費にプラスアルファにかかる費用ですから、自分にとって無理のない価格のものを選びましょう。

ふだんの食事で補う際にかかる費用を一つの基準として考えるのもおすすめです。例えばヨーグルトを朝晩2回毎日食べると、1個110円として1か月約6,820円です。そんなふうに自分の食生活に置き換えて考えてみるとよいでしょう。

◆ 肌らぶ編集部おすすめの乳酸菌サプリ

腸内環境 サプリ
ヨーグルト味のチュアブルタイプで、水なしでも摂ることができ、外出先でも摂りやすいおすすめの乳酸菌サプリをご紹介します。

【乳酸菌(EC-12) チュアブル】

久光製薬乳酸菌EC-12サプリ
販売:久光製薬

乳酸菌サプリのなかでめずらしい、噛みくだいて摂るチュアブルタイプのサプリです。

配合されているEC-12という乳酸菌は、ヒト由来のフェカリス菌の一種です。
一般的な乳酸菌に比べてとても小さいタイプの乳酸菌のため、1日の目安量4粒のなかに、約1兆個もの乳酸菌が含まれているそうです。

また、体内環境を意識する方にはうれしい、ミルクオリゴ糖もあわせて配合されています。

公式HPはこちら(オレンジ)

1-3 体内環境のために気をつけたい食生活のポイント

腸内環境 サプリ
せっかく食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖などのサポート成分を食生活にたくさん取りいれても、体の負担になるような食生活を送っていてはよくありません。
以下のようなポイントに気をつけましょう。

・肉や脂肪分の摂り過ぎ
・ジャンクフードやお菓子などの摂り過ぎ
・水分の摂取不足
・朝食を食べない
・寝る直前に食べる
・不規則な時間に食べる
・あまり噛まずに食べる

水分は摂っているつもりでも、カフェインを含む飲み物などに偏っていると利尿作用により水分が体外に排出されてしまい、体内の水分は不足してしまうことがあります。
思わぬ水分不足にならないよう、飲み物の種類にも気をつけましょう。

また、食事の際は、よく噛むんで食べることが大事です。
よく噛むと唾液が多く出て、消化吸収のサポートになるといわれています。体の負担を減らすために、よく噛んで食べることはおすすめです。

2. 体内環境をサポートするための生活習慣

腸内環境 サプリ食生活のほかに、体内環境を乱す原因になるといわれている生活習慣が主に3つあります。
思い当たることがある方は、ぜひ生活習慣を見直してみましょう。

・睡眠不足
・運動不足
・ストレス

このような原因から体内環境が乱れてしまうことがあります。
思い当たることがある方は、以下のようなポイントを意識して、生活習慣を改善していきましょう。

①十分な睡眠

腸内環境 サプリ一般的な目安として、6~8時間程度の睡眠は必要といわれています。
また、睡眠においては、時間だけでなく質も重要だといわれています。自分にとって十分な休息となる睡眠を毎日とるように心がけましょう。

眠りの質をよくするには、就寝前の喫煙・飲酒・カフェインを控えたり、部屋の温度・湿度を快適になるように調節したり、照明を暗くしたりする工夫が大事です。
また、就寝の前に40度程度の熱すぎないお湯にゆったり浸かって体を温めておくこともおすすめです。

②適度な運動

腸内環境 サプリ少し長めに歩いたり、ストレッチをしたりという軽めの運動をすることで、体内環境に対してほどよい刺激を与えることができるといわれています。
毎日の生活の中で、適度な運動を取り入れてみましょう。

③ストレス発散

腸内環境 サプリ多くの方が身を以て感じたことがあるかもしれませんが、体内環境はストレスに対し繊細に反応するといわれています。
自分でも気づかぬうち、思わぬところで体に無理を強いているということもあります。

ストレスが慢性化しないように、意識をして、ストレス発散をしましょう。
まとまった時間がとれなくても、ちょっとした時間を使って散歩や深呼吸などを取り入れて、気分転換することから始めてみるのもおすすめです。

ストレスは美容にとってもよくありませんので、ぜひとも対策していってくださいね。

3. まとめ

腸内環境 サプリ体内環境がよくなれば、きっと毎日が軽やかに感じられるでしょう。

毎日の食生活と生活習慣の改善をぜひ意識してください。

ただし、がんばり過ぎてストレスになっては、体内環境にはよくありません。どうしても不足してしまうところは、サプリで上手に補うことも賢い選択です。

サプリを選ぶ際は、今回ご紹介したポイントも参考にしてくださいね。

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。

この記事は2017年4月18日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。