メニューを開く
アスタリフト;

就活から社会人まで使える!口紅の選び方と簡単キレイな塗り方

就活 口紅

就活に向いている口紅が欲しいけどどう選べばいいかわからない…、どんな風に口紅を塗れば良い印象になるかな…と、お悩みではありませんか?

面接などでは目と並んで口元がよく見られますから、ちゃんと口紅を選んで良い印象を与えたいですよね。

今回は、就活に使う口紅を選ぶポイント、就活から新社会人まで使える口紅と正しい口紅の塗り方を紹介します!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1 就活に使う口紅の選び方

まずは、就活に使う口紅の選び方を見ていきましょう。
どんな口紅を選べば、就活や面接で好感を持ってもらえるのでしょうか。

2つのポイントをご紹介します。

1-1 落ち着いたカラーの口紅を選ぶ

就活では目立つメイクよりナチュラル感のあるメイクが好まれます。
そのため、就活ではピンク系、オレンジ系、ベージュ系の落ち着いたカラーの口紅を選ぶようにしましょう。

メーカーによって口紅のカラーを指す言葉は多少違いますが、ローズピンク、ピンクベージュ、コーラルベージュ、アプリコットといったネーミングであれば、就活向きの落ち着いたカラーの場合が多いです。

なお、自分に合ったメイクを追求したい方は、肌の色に合わせて口紅の色を選びましょう。
自分に似合っているメイクをしていると、表情にもナチュラルさが出て、好感を持たれる場合が多いです。

一般的に就活向きとされている口紅のカラーの中から、とくに自分に似合う口紅を見つけておくと良いでしょう。

■イエローベースの肌→ピーチピンク、オレンジ、コーラルベージュなど

■ブルーベースの肌→ローズピンク・ピンクベージュ、スモーキーピンクなど
就活 口紅
イエローベースは黄色みを帯びた肌、ブルーベースは青みを帯びた肌です。
ブルーベース・イエローベース
これまでに何百人と面接をしてきたある企業の人事担当者は、「これまでに1人だけ真っ赤な口紅をしてきた就活生がいて、(悪い意味で)印象に残った」と話しています。

就活はスーツなどかっちりした服装でおこなうものですから、それに合わせたメイクをするのが基本です。
そのポイントを外すと、常識力や情報収集力を疑われ、マイナスからのスタートになってしまうことがあるのを、覚えておきましょう。

1-2 志望企業の業界や社風に合わせて口紅を選ぶ

一般的に好まれる就活メイクは、清潔感、フレッシュさ、健康的、知的、溌剌さが感じられるものなので、基本はそこを目指しましょう。

そして、業界研究や企業研究、会社説明会などを進めていくと、公務員や銀行などは堅実な印象が好まれる、IT業界はそこまで身だしなみに厳しくないところが多い、出版業界は華やかなメイクの方が好まれるといった、傾向がわかってくると思います。

また、その企業の社風や方針によってもどのようなメイクや服装が好まれるかは違います。
会社説明会などに参加したときは、しっかり顔を見られる面接に向けて雰囲気や女性社員のメイクをチェックしておくと良いでしょう。
ただ、あまりにジロジロと見てしまうと失礼になってしまうので、あくまでさりげなくおこなってくださいね。

そこで得た情報を、口紅のカラー、ツヤ感を押さえる、少し強調するなどメイクに反映させていきましょう。

なお、はじめて企業説明会や面接に行くときは、事前に社会人の兄姉や学校の先輩など、年齢がある程度上の人にチェックしてもらうといいでしょう。
同世代の友達よりも、企業側に近い判断で就活に適しているか、似合っているかを判断してくれるはずです。

2 就活向けの口紅紹介!

それでは、就活向けの口紅を紹介していきます。
落ち着いた色合いで若々しいツヤやかさを演出してくれる口紅の中から、カラーバリエーションがあるものを選んでいます。
なお、就活ではグロスは派手な印象を与えてしまうので避けたほうが無難です。

就活に適したメイク道具には、フォーマルな場に適したアイテムが多くあります。つまり、就活だけでなく、職場や冠婚葬祭といった、かしこまった場にも使用できるアイテムだということです。
フォーマルな場は、年齢を重ねることでさらに多くなってくるものです。そう考えると、お気に入りの1本を見つけることができれば、長いお付き合いになるかもしれませんね。

①13色から選べる! ポーラ ミュゼル リップスティック
ミュゼル リップスティック

全13色を展開しており、イエローベース、ブルーベースどちらの方も選びやすくなっています。

カラーは、ライジングベージュ、スプリングピンク、エレガントローズ、リッチベージュ、シアーシャインベージュ、アプリコット、ピンクスパークル、ヌードピンク、ナチュラルレッド、ノーブルレッド、カシスブラウン、クラッシーローズ、スウィートローズの13色から選べます。

イエローベースの方には、ライジングベージュ、スプリングピンク、アプリコット、ヌードピンクなどがおすすめです。

ブルーベースの方には、エレガントローズ、ピンクスパークル、クラッシーローズ、スウィートローズなどがおすすめです。

肌なじみがよく、うるおいある自然なツヤ感を出してくれるので、フレッシュさを出したい就活メイクの口紅にうってつけです。

②ひと塗りでキマる! アテニア プライムルージュ
アテニア

ひと塗りでみずみずしくうるおった印象を与えてくれる口紅です。
カラーはトゥルーベージュ、チアーベージュ、スイートローズの3色です。

イエローベースの方にはチアーベージュ、ブルーベースの方には、トゥルーベージュがおすすめです。

リップブラシなしでササッと仕上げられるので、持ち運び用のポーチにも入れておくと便利です。
■リップライナーをまだ持っていないなら!
ポーラ ミュゼル ノクターナル リップライナー ペンシル
ミュゼル ノクターナル リップライナー ペンシル

リップライナーは唇の輪郭にそって使い、唇の輪郭を変えたり口紅のにじみを防ぐために使うものです。
口紅の前に使うと、唇の輪郭がはっきりするので、きちんとした印象を与えることができます。

こちらのリップライナーは、やわらかな描き心地で唇にピッタリとフィットしてくれるので、メイク初心者の方でも扱いやすくなっています。
まだ、リップライナーを持っていない方は、1本もっておくことをおすすめします。

3 色落ちにくい口紅の塗り方

口紅は塗り方次第で見栄えが目に見えて変わりますし、色落ちしにくくなります。

きちんとした印象を与えて、色落ちしにくい口紅の塗り方を見ていきましょう!

①リップクリームなどで保湿しておく

唇がカサカサだとキレイに口紅が塗れません。事前にしっかり唇を保湿しておきましょう。

②リップライナーを塗る
口紅 塗り方1

口紅を塗る前にリップライナーを塗っていきます。輪郭をとってから、内側も軽く塗り潰しましょう。

③口紅をリップブラシで塗っていく
口紅 塗り方2

口紅をリッププラシにとって唇の中央にのせ、周辺を塗っていきます。そして中央から口角の方に丁寧に伸ばしていきます。

④口紅をティッシュオフする

半分に折ったティッシュの上から指で軽く唇をなぞって、ティッシュオフします。
余分な口紅を落とすとともに、口紅の色ムラもなくなります。

⑤口紅を重ねづけする

ティッシュオフした唇に、もう一度口紅を重ねづけします。口紅が落ちにくくなり、色持ちも良くなります。

■口紅を塗り直す前もティッシュオフを忘れずに!

説明会や面接の前などに口紅を塗り直すときは、まずはティッシュで今ついている口紅をできるかぎり落としましょう。
そして、リップクリームやリップバームで唇にうるおいを与えます。
そのあとに上から口紅を塗るようにしましょう。

そうすれば唇の乾燥を防げますし、ただ口紅を重ねづけするよりキレイに塗り直せます。

4 まとめ

就活で使う口紅の選び方や、就活、新入社員向けの口紅、そして色落ちしにくい口紅の塗り方を紹介してきましたが、いかがでしたか?

就活は履歴書やエントリーシート、SPI対策だけでなく、スーツやメイクといった身だしなみについても気を配らなければいけません。

質問に対する受け答えをしっかりと見られている就活の場において、口元の印象があなたの言葉の印象まで左右してしまうこともあり得ます。清潔感とフレッシュ感のある唇を演出して、大切な就活の場で好印象を与えましょう!

この記事は2016年3月31日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る