メニューを開く

薄毛は女性でもなる?薄毛の原因と対策&薄毛でも似合う髪型

薄毛 女性分け目やつむじの薄さ、髪の毛のボリュームの減少など、女性でも薄毛にお悩みの方は多いのではないでしょうか?

薄毛は男性特有の悩みだと思われがちですが、実は、女性にも起こりえる悩みなのです。

薄毛を気にし始めると髪型もきまりにくく、せっかくのおしゃれも楽しめませんよね。
しかし、薄毛のせいで必要以上に人目を気にして、女性としての自信をなくしてしまうのはもったいないです。

薄毛に悩まないために、女性もしっかりと薄毛対策を行っていくことが大切です。

今回は、女性の薄毛の原因と、薄毛対策の方法をご紹介します。
「薄毛に悩みたくない!」「いつまでもすこやかな髪の毛でいたい!」という女性は、ぜひ参考にしてみてください。


1.女性にも起こりうる薄毛の原因

女性の薄毛は、さまざまな原因が複合的に絡み合っていることが多く、人によっても異なるため、1つに特定することが難しいといわれています。

そのなかでも主に、ホルモンバランスや頭皮環境の乱れは、女性の薄毛と大きく関わっていると考えられています。

女性ホルモンは髪の毛の成長と関係があるといわれており、ホルモンバランスが乱れると、髪の毛が十分に成長できず薄毛を招いてしまうことがあるのです。

また、頭皮が乾燥したり、皮脂が過剰に出すぎたりすることで、頭皮環境が悪くなることも、女性の薄毛の原因の1つです。

これらを踏まえたうえで、女性の薄毛の主な原因として以下のようなものが考えられます。

原因1 加齢

薄毛 女性加齢は、女性を悩ませる薄毛の原因の1つです。

年齢を重ねることで女性ホルモンが減少し、ホルモンバランスが乱れやすくなると考えられているためです。
一般的に、更年期と呼ばれる45~55歳頃に、女性ホルモンの減少が顕著になるといわれています。

また、加齢によって頭皮状態や髪質が変化することも、女性の薄毛や脱毛につながるようです。

原因2 出産

薄毛 女性女性は、出産によってもホルモンバランスが乱れ、薄毛になる場合があります。

妊娠中は女性ホルモンが増加しやすく、髪の毛の成長期間が長くなって抜け毛が減少する傾向にあります。

しかし、出産後は妊娠中に増加した女性ホルモンの量が通常に戻り、髪の毛の成長サイクルが短くなることがあるため、一時的に抜け毛が増加したように感じる女性が多くなるようです。

原因3 ストレス

薄毛 女性ストレスも、女性の薄毛を引き起こす大きな原因の1つです。

強いストレスを感じると血管が収縮し、血行が悪くなることがあります。そのため、髪の毛の成長に必要な栄養も運ばれにくくなるといわれており、脱毛や薄毛につながりかねません。

また、ストレスはホルモンバランスを乱すきっかけになってしまう場合もあります。
さらに、不眠や食欲不振などのさまざまな体の不調を誘発するため、髪の毛が育ちにくく、抜けやすくなり、結果として脱毛や薄毛を引き起こしてしまうことがあるのです。

原因4 生活習慣の乱れ

薄毛 女性生活習慣も、女性の薄毛に深く関わっているといわれています。

睡眠不足や偏食・過度のダイエットによる栄養不足、運動不足などの生活習慣の乱れは、ホルモンバランスの乱れにつながりやすく、薄毛を招くことがあります。

以下のような習慣がある女性は、注意が必要です。

【薄毛につながりやすい生活習慣】
□ 慢性的な睡眠不足
□ 外食やコンビニ弁当など、味の濃い脂っこい食べ物が好きでよく食べる
□ 極端な食事制限をともなうダイエットをしている
□ 過度の飲酒・喫煙を行っている
□ 運動はほとんどしない

原因5 誤ったお手入れ

薄毛 女性誤った頭皮のお手入れを続けていると、頭皮環境が悪くなり、薄毛を招くことがあります。

せっかく薄毛を防ごうと頭皮ケアに精を出しても、間違ったやり方では意味がありません。

肌に合わないシャンプーを使っていたり、ごしごしと強く洗ったりすれば、頭皮に負担がかかり、乾燥や皮脂過剰につながって薄毛の原因となる可能性があるといわれています。

原因6 紫外線

薄毛 女性紫外線も、女性の薄毛を招く原因の1つです。

紫外線を浴びると、頭皮が傷つき、乾燥して薄毛の原因となることがあります。

また、紫外線は頭皮だけでなく、髪の毛自体にもよくない影響を与えてしまうこともあります。

原因7 ヘアスタイル

薄毛 女性髪の毛が強く引っ張られるような髪型を長期間続けることによって、頭皮に物理的な負担がかかり、生え際や分け目が薄くなってしまうこともあります。

ポニーテールやお団子ヘアなどのように髪の毛を結んだり、エクステンションをつけたりする以外に、ずっと同じ分け目でいることも、頭皮に負担がかかってしまう原因となりかねません。

また、パーマやカラーリング、普段使用している整髪料などが頭皮の負担となり、女性の薄毛の原因となってしまっている可能性もあります。

2.女性の薄毛対策方法

薄毛は、一度なってしまうと自力での改善が非常に困難であり、時間もかかります。そのため、薄毛に悩まないように、女性も普段から薄毛予防の対策をとることが大切です。

女性の薄毛の原因はさまざまですが、対策として共通して大切だといえるのは「頭皮をすこやかに保つこと」「心身ともに健康的に過ごすこと」です。

ここでは、自宅でできる薄毛対策方法を4つご紹介します。

対策1 丁寧に洗髪を行う

薄毛 女性頭皮をすこやかに保つためには、洗髪によって頭皮と髪の毛を清潔にしておくことが大切です。

しかし、毎日なんとなく無意識に髪の毛を洗ってしまっている…という女性も多いのではないでしょうか?

洗髪時に意識したい5つのポイントをお伝えするので、髪の毛を洗うときの参考にしてみてください。

① 髪の毛の洗いすぎに注意する

夜に髪の毛を洗った翌日、“朝シャン”をしてから出かけることが習慣化していませんか?

髪の毛を清潔に保とうとして、あまり頻繁に洗いすぎてしまうと、髪の毛や地肌に本来必要な皮脂やうるおいまで落としすぎてしまう可能性があります。

シャンプーで髪の毛を洗うのは、1日1回までにとどめることが理想的です。

どうしても汚れや汗が気になって、1日に2回以上洗いたいという場合は、シャンプーを使わずにお湯のみで洗うようにするとよいでしょう。

② 自分の頭皮にあったシャンプーを使用する

シャンプーは自分にあったものを選ぶようにするのがおすすめです。

お手入れ方法は変えていないのに、シャンプーを変えたとたんにフケやかゆみが気になり始めたという方は、シャンプーが頭皮にあっていない可能性もあります。

自分にあったシャンプーを見つけるために、サンプルなどを上手く活用してみるとよいでしょう。美容室を訪れた際に、美容師の方に相談してみるのもよいですね。

また、配合成分を意識してみるのもおすすめです。
自分が普段使っているシャンプーに、どんな成分がどんな目的で配合されているのか気になれば、一度全成分表示を見て確認してみてください。

[おすすめシャンプー]
アスタリフト スカルプフォーカス シャンプー
アスタリフト スカルプフォーカスシャンプー販売会社:富士フイルム株式会社
容量:360ml
価格:2,000円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
アミノ酸系洗浄料を使用したスカルプシャンプーです。

約20ナノメートルサイズまでナノ化した、独自のうるおい成分ヒト型ナノヘアセラミドを配合。髪の毛1本1本にハリ・コシを与えます。

キメ細かな泡で、頭皮の汚れや皮脂をすっきりと洗い落とします。
男性よりも繊細で揺らぎがちな、女性の頭皮にもおすすめです。

ハーバルフローラルの華やかな香りが、ゴージャスなバスタイムを演出してくれそうですね。

≫≫アスタリフト スカルプフォーカスシャンプー公式HPはこちら

③シャンプーはよく泡立て、頭皮を洗うことを意識する

シャンプーは髪の毛につける前にしっかりと泡立てるようにしましょう。シャンプー液を泡立てずにそのままつけると、すすぎ残しの原因となることがあります。
また、泡立てていないことでついごしごしとこすってしまったりすると、摩擦が生じて髪の毛が傷み、抜け毛や切れ毛につながる可能性もあります。

シャンプーをする際は、髪の毛ではなく頭皮を洗うことを意識しましょう。
シャンプーをしっかりと泡立てて、マッサージをするように頭皮を洗うことで、すこやかな地肌を保ち、コシのある髪の毛を目指すことができます。

④ シャンプー後はしっかりとすすぐ

シャンプー後は、ぬるめのお湯でしっかりとすすぐようにしましょう。

すすぎ残したシャンプーが頭皮に付着したままだと、毛穴詰まりを起こしたり、頭皮に負担がかかったりして抜け毛の原因となることもあります。

シャンプー後にリンスやコンディショナーを使用する場合も、シャンプーと同様にしっかりとすすぐことが大切です。

髪の毛だけでなく、髪の毛の根元や頭皮にもお湯がかかるように、丁寧にすすぎます。生え際や耳周りなどはすすぎ残しやすい部分なので、十分に時間をかけて洗い流しましょう。

⑤ ドライヤーは低温弱風でかける

ドライヤーの熱は頭皮への負担や、髪の毛の傷みの原因となることがあります。高温のドライヤーを至近距離であて、一気に乾かすのはやめましょう。

ドライヤーをあてるときは低温弱風に設定し、頭皮から離した位置で使用しましょう。20cm以上離してあてるのがちょうどよいといわれています。

また、髪の毛を温風で乾かしたあとに冷風をあてると、髪の毛にツヤが出やすいのでおすすめです。

対策2 育毛剤を使用する

薄毛 女性毎日のお手入れのなかに、育毛剤を使用してみるのもおすすめです。

育毛剤とは、育毛・養毛をサポートし、脱毛を予防する頭皮ケアアイテムのことです。

抜け落ちた髪の毛を新たに生やすような発毛効果はないものの、すこやかな頭皮を保ち、健康的な髪の毛を育む手助けをしてくれます。

育毛剤といえば男性向けのアイテムだと思われがちですが、女性の薄毛悩みに着目した、女性向けの育毛剤も数多くあります。

育毛剤を使用するときは、以下のポイントを意識してみましょう。

① 清潔な頭皮に使用する

育毛剤の魅力を実感するためにも、使用前に頭皮を清潔にしておくようにしましょう。頭皮に汚れが付着していると、育毛剤の成分が頭皮になじみにくくなってしまうこともあります。
シャンプーで洗髪をした直後や、スタイリング前などの頭皮が清潔なタイミングで使用するようにしましょう。

② 使用目安量・推奨の使用方法を守る

育毛剤は、製品ごとに推奨されている使用目安量・使用方法をきちんと守って使うようにしましょう。
育毛剤には、製品ごとに定められた適切な使用目安量・推奨されている使用方法があります。1日の使用回数の目安や使用のタイミング、適量などは、それぞれのメーカーごとに異なるため、使用前には説明書きをよく確認しておくことが大切です。

③ 継続して使用する

ほとんどの育毛剤は、ある程度の期間継続して使用することを想定してつくられています。そのため、短期間で使用をやめてしまったり、ころころと育毛剤の種類を変えたりすることはあまりおすすめできません。
毎日のお手入れのなかで、継続して使用していきましょう。

[おすすめ育毛剤]

薬用ハリモア[医薬部外品]
薬用ハリモア[医薬部外品]販売会社:レバンテ株式会社
容量:120ml
価格:7,038円(+税)

【肌らぶ編集部コメント】
頭皮のエイジングケアに着目してつくられた女性向け育毛剤です。

保湿成分としてプレミアムツバキオイルなどを配合。負担がかかりがちな頭皮にうるおいを与え、育毛をサポートします。

パラベン、石油系界面活性剤、着色料、香料、鉱物油不使用。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと

≫≫薬用ハリモア公式HPはこちら

対策3 セルフ頭皮マッサージを行う

薄毛 女性女性の薄毛対策として、自宅での頭皮ケアにセルフ頭皮マッサージを取り入れてみましょう。

マッサージをすることで血行がよくなり、薄毛予防が期待できます。

また、育毛剤を使用する場合、育毛剤使用後のマッサージを推奨しているメーカーも多いようです。

薄毛が気になる部分だけでなく、肩や首もあわせてマッサージをしてみてください。
1回に3~4分間程度、指の腹を使って揉むようにマッサージを行います。

☆ポイント
マッサージを行うときは、決して強くこすったり爪を立てたりせず、やさしい力加減で行いましょう。自分で気持ちがよいと思うくらいの強さでマッサージをするのがポイントです。

→セルフ頭皮マッサージについて詳しく知りたい方はこちら

対策4 生活習慣を見直す

薄毛 女性私たちの体は、毎日の生活習慣によってつくられています。
すこやかな髪の毛や頭皮を維持するためには、日々の生活習慣を見直し、心身ともに健康的であることが大切なのです。

まずは、以下の4つの生活習慣を見直してみましょう。

① バランスのよい食事

食事から摂取した栄養素がもとになり髪の毛をつくるため、バランスのよい食事を心がけることはとても重要です。

脂質や糖質、塩分が過剰になりがちな外食などはなるべく控え、野菜や海藻、魚、肉などバランスよく食べるようにしましょう。

② 良質な睡眠

髪の毛が新たにつくられるのは、寝ている間だといわれています。そのため、良質な睡眠を十分にとることが大切です。

特に、寝始めの90分間は成長ホルモンが多く出るといわれています。この時間に熟睡できるように、寝るときには以下の点を意識してみましょう。

【寝るときに意識したいポイント】
・寝る直前にパソコンやスマートフォンのブルーライト画面を見ない
・寝る前に体を冷やさないようにする
・寝る直前にものを食べたり、激しい運動をしたりしないようにする
・寝るときは部屋をなるべく真っ暗にする

③ 適度な運動

適度な運動は、体をあたため血行をよくするので、頭皮や髪の毛にもよいといわれています。

運動というと難しいと思ってしまいがちですが、通勤・通学の際に少しだけ歩く距離を長くしてみたり、寝る前に軽いストレッチを取り入れてみたりするなど、自分にできる範囲から取り組むことが大切です。

④ 禁煙

現在タバコを吸っている方は、禁煙をおすすめします。

タバコの煙にはニコチンなどが含まれていて、血行を悪くする働きがあるといわれています。そのため、頭皮に栄養が届きにくくなり、抜け毛や薄毛の原因となることもあると考えられています。

すこやかな体と頭髪のためにも、ぜひ今日から少しずつでも.禁煙を始めてみてください。

⑤ 紫外線対策を行う

薄毛対策のためには、頭皮の紫外線対策を行うようにしましょう。

帽子や日傘などで物理的に紫外線をさえぎったり、頭皮用のUV対策アイテムを使用したりするのがおすすめです。

⑥ ストレスをためこみすぎない

薄毛対策をするうえでは、ストレスをできるだけためこまず、こまめに発散することが大切です。

現代女性は、職場や家庭などでさまざまなストレスを抱えています。ストレスをまったく感じないように過ごすことは難しいため、自分なりのストレス解消方法を探してみましょう。

3.薄毛の女性におすすめの髪型

薄毛 女性薄毛が気になり始めると、ヘアスタイルがなかなかしっくりこず、どんな髪型をしていいのか迷ってしまいますよね。

ここでは、薄毛に悩む女性におすすめの髪型のポイントを5つお伝えします。
上手くポイントを押さえて、薄毛をカバーしてみてください。

髪型ポイント1 分け目を変えてみる

分け目の薄さが気になる女性は、たまに分け目を変えてみてください。

いつも同じ分け目でいると、髪の毛の重みによって分け目が目立ちやすくなってしまいます。

分け目を変えるだけで、手軽に薄毛をカバーすることができます。

髪型ポイント2 トップにボリュームを持たせる

髪の毛をセットするときに、トップのボリュームが出るように工夫してみましょう。

トップがぺたんこだと、一気に薄毛の印象が強くなってしまいます。

ドライヤーなどを駆使してトップにボリュームを出し、上手に頭頂部をカバーしましょう。
ただし、ドライヤーの熱風で頭皮を傷めることのないように注意してください。

髪型ポイント3 ショートやボブなどの短めの髪型にする

薄毛が気になってきたら、思い切ってショートやボブなどの短めの髪型にしてみましょう。

ロングヘアは髪の毛の重みでトップにボリュームが出にくく、薄毛が目立ちやすくなってしまいます。

頭頂部の髪の毛を短くして遊ばせることによって、髪の毛に立体感が出て、薄毛が目立ちにくくなることが期待できます。

髪型ポイント4 ヘアアクセサリーでカバーする

髪型でカバーしにくい薄毛は、ヘアバンドやスカーフなどのヘアアクセサリーを使ってカバーするとよいでしょう。

アレンジ次第では、薄毛をカバーしつつも、さまざまな髪型を楽しむことができます。

髪型ポイント5 ウィッグを使用する

自分の髪の毛だけで薄毛をカバーすることがどうしても難しければ、ウィッグを使って薄毛を隠してしまうのも1つの方法です。

女性用のオーダーメイドウィッグなどもあるので、より地毛に近い自然な仕上がりが期待できそうですね。

ただし、長時間ウィッグをつけていると、汗をかいて頭皮が蒸れ、薄毛が進行してしまう可能性があります。また、蒸れたウィッグを放置しておくと、雑菌が繁殖する原因にもなります。

ウィッグは通気性の良いものを選び、きちんと手入れを行って清潔に保つようにしましょう。

4.女性の薄毛治療

薄毛女性ここまでにお伝えした通り、女性の薄毛対策のためには、毎日のお手入れや規則正しい生活がとても大切です。

しかし、すでに薄毛が目立ってしまっている場合、自宅でのセルフケアによる改善は非常に難しく、長い時間を要することが予想されます。

現在、薄毛に悩んでおり、薄毛を早急に改善したいという女性は、専門の医療機関で薄毛治療を受けるという方法があります。

女性の薄毛治療は、投薬がメインの治療になることが多いようです。
投薬治療では、個人個人の薄毛状態にあわせた内服薬や外用薬が処方されます。

薄毛が広範囲にわたって目立ってしまっているときは、自分の髪の毛を薄毛部分に移植する自毛植毛という治療方法をとることもあるようです。

いずれの治療を受ける場合も、まずはじっくり専門医のカウンセリングを受け、不安に思うことがあれば遠慮せずに相談をするようにしましょう。

※自由診療による治療の場合、保険は適用されません。

5.最後に

薄毛 女性女性の薄毛のお悩みについてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

女性にとって、髪の毛のお悩みは深刻ですよね。
周囲の目を気にせずに毎日を楽しむためにも、薄毛に悩むことのないように、しっかりと薄毛対策を行っていきましょう。

ぜひ、今回の記事を参考に、日々のお手入れや生活を大切にして、美しくすこやかな髪の毛の女性を目指してみてください!

この記事は2017年1月27日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る