メニューを開く
アスタリフト;

角質ケアは顔にも必要?自宅で行う角質お手入れアイテムおすすめ3選

角質ケア 顔
「角質ケアって顔にも必要なのかな…?」と気になってはいませんか?

顔に古い角質が蓄積されてしまうと、肌のトーンがどこか暗く見えたり、肌がごわついたり、ニキビができやすくなってしまったりと、さまざまな肌悩みの原因となってしまいます。

そこで今回は、自宅でできる顔の角質のお手入れアイテムをご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.角質ケアは顔にも必要??

つるんとした印象のなめらかな肌を目指したい方は、顔の角質のお手入れを取り入れることをおすすめします。

顔に古い角質が蓄積されてしまうと、ごわつきやざらつき、ニキビ等の肌悩みの原因となってしまうことがあるからです。

古い角質は通常の洗顔では落とすことが難しいといわれているため、角質のお手入れをプラスすることで、キメの整ったなめらかな肌を目指しましょう。

2.自宅で行う顔の角質ケアアイテムおすすめ3選

ここでは、肌らぶ編集部が選んだ、顔の角質のお手入れにおすすめのアイテムを3つご紹介します。

今回は、普段の洗顔の代わりに取り入れるだけで、古い角質のお手入れをすることができる「ピーリング洗顔料」を選びました。

■セルピュア ピーリングフォーム
セルピュア ピーリング
洗顔料としても、パックとしても使用できる洗い流すタイプのピーリング料です。

細かい泡が肌をやさしく包み込み、洗うことで古い角質や汚れを落として皮膚をなめらかにします。

泡で出てくるタイプなので、自宅で手軽にできる角質ケアアイテムをお探しの方におすすめです。

⇒セルピュア 公式通販サイトはこちら

■サンソリット スキンピールバー
サンソリット
メレンゲのような泡で汚れを落としながら、洗顔によって古い角質のお手入れができるピーリング石けんです。

肌質や肌悩みに合わせて4種類の中から選ぶことができます。

毎日使用することもできるので、洗顔で肌のキメを整えて、角質ケアもできるアイテムをお探しの方におすすめです。

⇒サンソリット 公式通販サイトはこちら

■セラ AHAクリアウォッシングフォーム
セラ
皮脂汚れや古い角質を洗い流すピーリング洗顔料です。

泡切れが良く、さっぱりとした洗い上がりですが、つっぱりにくい使用感です。

皮膚をすこやかに保ちたい方におすすめします。

⇒セラコスメティックス 公式通販サイトはこちら

3.顔の角質のお手入れポイント

顔の角質のお手入れを行う際には、次の3つのポイントを意識して行いましょう。

①使用方法・使用頻度を守る

角質のお手入れアイテムは、商品によって使用方法や使用頻度の目安が異なります。

毎日、お手入れで使用できるものもありますが、初めて角質のお手入れを行う場合は、まず週に1回から取り入れてみるのがおすすめです。

その後、少しずつ使用頻度を増やしていくと良いでしょう。

②肌荒れしているときは使用を控える

肌荒れしている状態での角質のお手入れはなるべく控えましょう。

角質のお手入れを行うことが、肌に負担となってしまうことも考えられるため、肌荒れの状態が良くなってから使用することをおすすめします。

どうしても使用したい場合は、肌荒れしている部分を避けて使うようにしましょう。

③角質のお手入れ後は保湿と日焼け対策を行う

角質のお手入れ後は、保湿と日焼け対策を念入りに行うようにしましょう。

角質のお手入れをすることで、肌に化粧品が浸透(※)しやすくなるといわれているため、肌にたっぷりと潤いを与えやすくなります。
(※角質層まで)

保湿はスキンケアの基本でもあるので、潤いを十分に与えるお手入れを心がけましょう。

また、角質のお手入れ後の肌は、デリケートな状態になっています。

日焼け止めをしっかり塗る、日焼け対策のできるベースメイクを使用する等、肌に負担をかけないように気をつけましょう。

4.まとめ

今回は、自宅で行うおすすめの顔の角質ケアアイテムと、角質のお手入れポイントについてお伝えしましたがいかがでしたか?

古い角質のお手入れを行うことで、つるんとした印象のなめらかな肌に近づくことができます。ただし、角質のお手入れは、やりすぎも禁物です。

使用方法や使用頻度を守りながら角質のお手入れを取り入れて、たまごのような美しい肌を目指しましょう!!

※この記事は2016年3月4日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る