メニューを開く

口元のしわの原因とは?日々のお手入れで口元美人になろう♡

口元 しわ1口元にしわができると、途端に老けて見えてしまうのが悲しいという方もいるでしょう。

しかし、口元の皮膚は乾燥しやすくデリケートな部分だと言われているため、しわやたるみなどの悩みが起こりやすい部分と言えます。

そんなお悩みの出やすい口元だからこそ、丁寧にお手入れしてあげることが必要です。

そこで今回は、口元のしわができてしまう原因と、しわのケア方法をご紹介します!
皆様の口元のしわ対策にぜひ役立ててくださいね。



1.口元のしわの原因とは?

口元 しわ口元にしわができてしまう原因は、実は1つではなく、いくつかあると言われています。

ここでは、口元のしわの主な3つの原因をお伝えします。

1-1.乾燥

口元のしわの原因の1つとして考えられるのが、肌の乾燥です。

肌表面には角質層と呼ばれる層があり、うるおいを保つことによって外部要因から肌を保護する役割を果たしているとされています。

しかし、角質層のうるおいが不足すると、肌を保護する働きが低下し、肌自身が乾燥から自らを守ろうとして角質層を厚く硬くしてしまうと言われています。

こうして角質層が硬くったり、肌のキメが乱れたりすることで、しわが目立ちやすくなってしまうと考えられているのです。

なお、乾燥による口元のしわは比較的浅いしわで、お風呂上りやスキンケア直後などはしわが目立ちにくくなることが特徴だと言われています。

ただし、浅いしわだといって、原因である乾燥を放っておくと、様々な肌悩みにつながりかねないので注意しましょう。

1-2.表情筋の衰え

表情筋の衰えも、口元のしわの原因となる可能性があるとされています。

顔には表情をつくったり、皮膚や脂肪を支えるための筋肉である表情筋があります。しかし、この表情筋が衰えると、皮膚や脂肪が支えられなくなり、顔全体の皮膚が下に垂れて、口元にしわができてしまうと言われているのです。

口元 しわ_表情筋また、ずっと同じような表情でいると表情筋の動きが定着し、しわになってしまうこともあると言われています。

1-3.加齢や外的要因による影響

口元のしわは、加齢や外的要因による影響も原因のひとつと言われています。

加齢や紫外線などの影響などによって皮膚がたるんで、深いしわができてしまうと考えられているのです。

こうしてできてしまう深い口元のしわは、自宅でのセルフケアによる対処が難しいと言われているため、しわになる前に日頃のお手入れを続けていくことが大切です。

2.いつまでもとびきりの笑顔を作るために!4つのケア方法

口元 しわ「なんだかしわになるかもしれないと思うと、思い切り笑えない…」そうなってしまっては、表情も暗くなり、きっと気分も落ち込んでしまいますよね。

そんなふうに悩まず、いつまでも笑顔を作るためにはどのようなお手入れをすればよいのでしょうか。

対策として取り入れたい4つのケア方法をお伝えします。

2-1.保湿

口元 しわ_保湿口元のしわ対策の1つとして、保湿を十分に行うことが大切です。

保湿とは、角質層にうるおいを与え、保つことを意味します。

化粧水でたっぷりと水分を与え、美容液でうるおいを保ち、乳液やクリームなどの油分で与えたうるおいを、逃がさないようにカバーしてあげましょう。

また、保湿を行う際には、保湿成分配合の化粧品を使用することもおすすめです。

保湿成分とは、肌の水分を逃さずに保つ性質を持つ成分のことです。保湿成分にはヒアルロン酸やコラーゲンなどさまざまな種類がありますが、代表的なのがセラミドです。

セラミドは、角質層で水分を挟み込んで、うるおいを保持することが期待される保湿成分です。

セラミド以外の主な保湿成分には、以下のようなものがあります。化粧品を選ぶ際の参考にしてみてください。

【主な保湿成分】
スフィンゴ脂質・ステアリン酸コレステロール・ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン ほか

2-2.表情筋エクササイズ

口元 しわ_表情筋エクササイズ表情筋の衰えによるしわを目立ちにくくするためには、表情筋エクササイズを取り入れてみてください。

表情筋エクササイズによって筋肉をきたえることで、皮膚が引き上げられ、口元のしわが目立たなくなることが期待できるでしょう。

ただし、自己流で無理なエクササイズを行ったり、必要以上にやりすぎたりしてしまうと、肌に負担がかかり、不自然にしわが寄ってしまう可能性があるため気をつけてください。

口元のしわには、表情筋のなかでも特に口輪筋という口の周りの筋肉をきたえるとよいでしょう。

【口輪筋をきたえるエクササイズのやり方】

① 空のペットボトルに1~2cm水を入れる口元 しわ500mlの空きペットボトルに、1~2cm程度の量の水を入れます。

② 口にくわえて10秒間キープする

口元 しわ水を入れて蓋を閉めたペットボトルを口にくわえ、そのままの状態で10秒間キープします。10秒間キープするのがつらい場合は、5秒程度から始めて様子を見るようにしましょう。

①②を3セット繰り返します。

慣れてきたら水の量を3分の1程度に増やしてみてください。ただし、重すぎるとアゴの関節を痛めてしまうことがあるので注意しましょう。

こちらのエクササイズ以外にも、口笛を吹いたり、日頃から口角を上げて笑うようにすることもおすすめです。

2-3.紫外線対策

口元 しわ_紫外線対策紫外線対策も非常に重要な対策の1つです。

紫外線を浴びると、肌のハリが失われやすくなったり、日焼けすることで肌の表面が傷つき、乾燥しやすくなってしまうと考えられているためです。

紫外線対策は1年中行う必要がありますが、紫外線量が多いとされる4~9月頃は、特に念入りに対策するように心がけましょう。

紫外線対策には、以下のような方法があります。

【主な紫外線対策の方法】
・日焼け止めを使用する
・SPF・PA表記のある化粧品を使用する
・日傘・帽子・サングラスなどの紫外線防止グッズを身に着ける
・果物や緑黄色野菜を摂取する

2-4.エイジングケア

口元 しわ_エイジングケアエイジングケアとは、すこやかな肌を保つための年齢に応じた肌のお手入れのことです。

加齢によって肌のハリが失われ、口元のしわが気になり始めたら、エイジングケアを意識して毎日のお手入れを行うことが大切です。

まずは、「2-1.保湿」でお伝えしたように、保湿を十分に行うようにしましょう。

肌の水分量は年齢を重ねるにつれて減少していくとされるため、徐々に乾燥しやすくなります。肌の乾燥は、あらゆる肌のお悩みを引き起こす要因になりえます。

そのため、エイジングケアでは肌にしっかりとうるおいを補い保ってあげることが必要です。

そのうえで、スキンケアにエイジングケアを意識した化粧品を使用するようにしてみてください。

ビタミンC誘導体レチノールなどがエイジングケアの化粧品に配合される代表的な成分として挙げられます。

これらの成分は、コラーゲンやエラスチンの生成をサポートするなどして、肌にハリとツヤを与えてくれることが期待できると言われているのです。

※年齢に応じたお手入れのこと

3.今すぐ気になる口元をケアしたいなら

口元 しわハリのあるすこやかな肌を保つには、自宅でのお手入れは不可欠と言えます。しかし、すでにできてしまった口元のしわなどをどうにかしたいという場合、セルフケアには限界があるでしょう。

どうしても早くなんとかしたいという方には、美容クリニックや美容皮膚科などでの治療という方法もあります。

美容クリニックでの治療にはさまざまな方法がありますが、主にヒアルロン酸注射やレーザー治療などが挙げられます。

いずれの治療方法にもそれぞれメリット・デメリットがあったり、結果に個人差があるとされるので、よく理解したうえで治療を受けることが大切です。

少しでも疑問に思ったり、不安に感じたりすることがあったら、納得がいくまでしっかりと病院で医師と相談するのがよいでしょう。

※自由診療による治療の場合、保険は適用されません。

4.口元に自信を持つために!意識したい生活習慣

口元 しわ乾燥やハリが失われることでできてしまった肌悩みに対策していくには、長い時間と労力がかかります。そのため、そもそもそうした肌悩みができないような生活を送ることが大切です。

私たちの体や肌は、日々の生活によってつくられています。毎日習慣的にしている行動にこそ、しわ対策のヒントが隠されているかもしれません。

そこで、口元に自信を持ち続けるために、ここでは日頃のお手入れで気をつけたい3つのポイントをお伝えします。

4-1.スキンケアを見直す

口元 しわ_スキンケアすこやかな肌のためには、毎日のスキンケアを見直すことがとても大切です。

いくら高級な化粧品を使って週に一度特別なお手入れをしたとしても、毎日のスキンケアをないがしろにしては意味がありません。

丁寧なスキンケアを、毎日コツコツと積み重ねていくことが大事なのです。

スキンケアをする際には、改めて以下の点に気をつけてみてください。

【正しいスキンケアのポイント】
・クレンジング料はメイクの濃さにあったものを使用し、ごしごしとこすらない
・洗顔には35度程度のぬるま湯を使い、必要な皮脂まで落とし過ぎないようにする
・洗顔料はしっかりと泡立て、泡で洗うことを心がける
・すすぎはしっかりと行い、洗顔料が肌に残らないようにする
・洗顔後に顔の水気を拭くときは、清潔なタオルで肌を押さえるように拭く
・化粧水や美容液、乳液をつけるときは、ハンドプレスを行い浸透させる

4-2.姿勢や癖を意識する

口元 しわ_姿勢気づかずにとっている姿勢や無意識のうちにしてしまっている癖を意識するのも、大切な対策になるでしょう。

自分1人で直すことが難しければ、ご家族や友人など親しい方に協力してもらい、指摘してもらえるようにするとよいですね。

日常生活で意外としてしまっている、以下のような姿勢や癖に気をつけてみてくださいね。

◆頬杖をつく
頬杖を頻繁についていると、手が当たっている部分の皮膚が引っ張られて口元がたるむなど、肌悩みにつながるでしょう。

◆長時間うつむいた姿勢でいる
長時間うつむいた姿勢でいると、重力によって皮膚が引っ張られ、しわやたるみの原因になると考えられます。スマホやパソコンなどを操作するときなどに、無意識にうつむいてしまっている方は注意が必要です。

◆歯を食いしばる
歯を食いしばる癖は、口の周りの筋肉をこりかたまらせてしまう可能性があるでしょう。睡眠中に歯軋りをしてしまう方は、一度歯科医に相談してみるのも手ですよ。

◆うつぶせで寝る
うつぶせで寝ると顔の重さがダイレクトで皮膚に伝わってしまうため、皮膚が引っ張られてしわやたるみの原因となりかねません。また、肩こりや体の歪みなども引き起こしやすいため、なるべく避けたほうがよいでしょう。

4-3.食生活を整える

口元 しわ_食生活基本的なことですが、食生活を整えることは口元のしわを防ぐうえでも非常に重要です。

脂質や糖質、塩分過多な食事ばかりを摂っていると、肌に必要な栄養がいかず、しわや肌荒れなどを起こしやすくなると考えられます。

また、柔らかいものばかりを好んで食べる方も注意が必要です。柔らかいものばかりを食べていると口の周りの筋肉が衰え、口元のしわの原因となってしまいます。

しわを防いで生き生きとしたすこやかな肌を保ちたい方は、以下のような食品を積極的に取り入れて、バランスのよい食事を心がけましょう。

【おすすめ食品例】
・ビタミンA…
にんじん、ほうれん草、モロヘイヤ、うなぎ、かぼちゃ ほか
・ビタミンB2…豚レバー、さば、さんま、納豆、牛乳 ほか
・ビタミンB6…さけ、まぐろ、かつお、鶏レバー、バナナ ほか
・ビタミンC…キウイ、ブロッコリー、パプリカ、菜の花 ほか
・亜鉛…牡蠣、かに、牛肉、豚レバー、大豆製品 ほか

5.最後に

口元 しわ口元にしわについて、いろいろとお伝えしました。

「しわができるのは歳をとったら仕方ないことだから…」と、諦めてしまっていませんでしたか?

丁寧な肌のお手入れを行い、毎日の生活習慣に気をつけることは、ハリのあるすこやかな肌を保つことにつながるでしょう。

この記事を参考にして口元のしわ対策を行うことで、自分らしく生き生きとした日々を送っていただけることを願っています。

この記事は2017年4月26日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る