メニューを開く
アスタリフト;
提供:ハウスウェルネスフーズ株式会社

乳酸菌の5大効果は本当なの?スッキリ元気に過ごしたい方へ♪

乳酸菌 効果
乳酸菌を悪者と思っている方はおそらくいないでしょう。
でも、いったい乳酸菌ってどんなふうにカラダにいいんでしょうか?

今回は整腸作用をはじめとする乳酸菌の効果は本当なのかについて、そして乳酸菌の取り入れ方から合わせて摂りたい成分乳酸菌を無駄にしないポイントまでまとめてご紹介します。
ぜひ最後までお読みください。

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

ラクトプランL-137販売会社:ハウスウエルネスフーズ株式会社

“食”と“健康”のハウス食品グループが長年の研究を経て見つけ出した乳酸菌加熱菌体“HK L-137”にビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン)とビタミンCを配合したサプリメントです。

不足しがちな栄養を補給し、健やかな体づくりをサポートします。
季節や年齢による変化が気になり始めた方におすすめです。
ラクトプランL-137


バナー原稿imp

1. 乳酸菌の5大効果は本当なの?

乳酸菌には、腸内環境をよくする作用(整腸作用)、腸の働きを活発にする作用などにより、うれしい効果がたくさんあると言われています。
本当なのでしょうか?

腸内環境がよくなるのは、乳酸菌が、腸で糖分を代謝して“乳酸”というものを作り出すことに秘密があると言われています。
作り出された乳酸が、腸内を酸性にすると言われているからです。
腸内が酸性になるということは、有害なウイルスや悪玉菌にとって苦手な環境になることだと言われています。
つまり、乳酸菌の働きは腸内環境をよくすることにちゃんと一役かっているのです。

また、この乳酸菌が作り出したものは、腸の運動を刺激し活発にするとも言われています。

では、腸内環境がよくなったり、活発になることによってさらに期待できると言われている5大効果は本当なのでしょうか?
それぞれについてご紹介します。
オリゴ糖 効果 腸内環境

1-1 便通の改善効果は本当か?

乳酸菌は、食べ物と一緒に取り入れられた糖分を代謝して、乳酸などの代謝物を作り出すと言われています。
すると、その代謝物らが腸管を刺激して、腸の運動が活発になり、便秘の予防に役立つと言われています。

便通がよくなれば、腸内(体内)に老廃物がたまりやすくなるのを防げますので、肌荒れ防止・美肌も期待できると言われています。
もちろん、ポッコリおなかの改善も期待できるのでダイエットの手助けにもつながります。

便秘ではなく、下痢気味でお悩みの場合にも乳酸菌はよい働きをしてくれると言われています。
下痢には、腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが大きく関係していると言われているのですが、乳酸菌はこのバランスを取り戻すお手伝いをしてくれるのです。
オリゴ糖 おすすめ

1-2 免疫力UP効果は本当か?

腸には、私たちのカラダの免疫細胞の約60%があると言われています。
つまり、腸内にある免疫細胞を活性化できるかどうかが、私たちの免疫力を左右すると言えることになります。

腸内環境を整え、それらの細胞を活性化するきっかけに、乳酸菌は関係していると言われています。

近年の機能性ヨーグルトなどは、インフルエンザ予防などに特化して効果的な働きをすると言われているものも多数あります。

もちろん、免疫を高めるには、しっかり休息をとったり、運動したり、その他の栄養バランスなどにも気をつけなければなりません。
ただ、日常からのこころがけにプラスアルファで、ヨーグルトや発酵食品、乳酸菌サプリなどで対策を強化するのは、これからの季節におすすめであることはまちがいないでしょう。

口コミでは花粉症やアトピー性皮膚炎の改善効果なども期待できるとささやかれているようです。
花粉症 ヨーグルト

1-3 口臭・体臭予防効果は本当か?

腸内環境が悪化すると、腸内に悪玉菌が増え、便やガスが腐敗して臭いが発生すると言われています。
そしてその臭いの元を腸が吸収することで、その成分が全身をめぐり、体臭や口臭の元になると言われています。

口臭・体臭の原因が腸内環境にある場合は、乳酸菌がしっかり活躍することで腸内環境が整えば、悪玉菌は少数派となるので、口臭・体臭予防につながると言われています。
 

1-4 血糖値の上昇抑制効果は本当か?

乳酸菌がしっかり働いて腸内環境が整うことによって、カラダに不必要な糖分までが吸収されるのを防ぐ効果が期待できるのではないかと言われています。
つまり、血液中の糖分の濃度(血糖値)の上昇を抑制することが期待できると言われているのです。

血糖値の問題は、糖尿病や生活習慣病につながることがありますので、健康を気にする方は乳酸菌はおすすめです。

1-5 コレステロール値を下げる効果は本当か?

乳酸菌は、悪玉コレステロールが増えすぎて、全身に運ばれるのを防ぐ効果が期待できるのではないかと言われています。
乳酸菌の一部は腸管内でコレステロールを吸着して体外に排出する作用があると言われているからです。

正常な人のコレステロール値はそれ以上下げることなく、過剰な人の場合に正常に導く効果があるのではないかと言われているので、とても優れているのです。

コレステロールは一定程度はカラダにとって必要ですが、善玉と悪玉があり、悪玉コレステロールが過剰になると動脈硬化などを引き起こすと言われているのでよくありません。
コレステロールが気になる方にも乳酸菌はおすすめです。

2. 乳酸菌の取り入れ方

美容・健康のための乳酸菌の取り入れ方には、通常の食事として取り入れる方法と、サプリなどから摂る方法があります。
(※おなかが不調な時などに用いる整腸剤にも乳酸菌が入っているものはありますが、整腸剤は“薬”なので、ここではご紹介しません。)

乳酸菌の効果を追求するなら、毎日幾つかの種類をバランスよく摂るのがおすすめです。
乳酸菌を含む食品の例をご紹介しますので、バランスよく取り入れるために参考にしてください。

・ヨーグルト
乳酸菌を含む食品で有名な食品がヨーグルトです。
100mlあたり約1億個の乳酸菌とを含むと言われています。

ヨーグルトをよりおいしく食べられるように、加工されたものも多くありますが、糖分の摂りすぎになってしまわないように気をつけましょう。

・チーズ
ただし、いきた乳酸菌が摂りたいなら、プロセスチーズでなく、加熱処理されていないナチュラルチーズを選びましょう。
ナチュラルチーズか確認する際は、商品の裏にある“種類別”という欄を確認してみてください。
チーズ
・乳酸菌飲料
乳酸発酵させた飲み物も様々な種類がありますが、糖分を多く含むものもあるので糖分の摂りすぎには気をつけましょう。

・発酵バター
日本でよく販売されているバターは非発酵のバターです。
発酵バターはヨーロッパではスタンダードな食品で、非発酵のバターに比べ風味が強いと言われています。

発酵バターには乳酸菌が含まれています。

・味噌、しょうゆ、納豆
乳酸菌は熱に弱いので、お味噌汁などで加熱してしまうとよくないと考えがちですが、そのような形で取り入れても、もとからある乳酸菌のエサになり役に立つと言われています。つまり、そのような形でも、取り入れることはおすすめです。
塩分を多く含む場合もあるので、塩分の摂りすぎに注意しましょう。

・お漬け物
ぬか漬け、塩漬け、キムチ、ピクルス、ザワークラフト、ザーサイなどしっかり発酵させた食品に含まれます。
キムチにはヨーグルトと同じくらいの乳酸菌が含まれていると言われています。
便秘食べ物 キムチ
お漬け物も塩分が多い場合があるので、塩分の摂り過ぎに注意しましょう。

・甘酒、マッコリ
お米を乳酸発酵させてつくられたもので、生きた乳酸菌が摂りたい方には生マッコリがおすすめです。

※乳酸菌サプリメント
外食が多い方などは、サプリメントを携帯しておくと取り入れやすく便利です。
参考商品:
【ラクトプランL-137】
ラクトプラン468×60

【乳酸菌革命】
いきたまま腸に届く植物由来のラブレ菌、乳酸菌の定番のガセリ菌、さらに腸内環境に欠かせないビフィズス菌、その他にも話題の乳酸菌を網羅したサプリです。


販売:株式会社健康いきいき倶楽部

>>>乳酸菌革命公式 ページはこちら

☆乳酸菌の取り入れ方をもっと知りたい方はこちらをどうぞ
参考:乳酸菌を食品からスマートに摂る方法♪
参考:乳酸菌サプリはキレイと元気の大事な味方☆おすすめ2選☆

3.  乳酸菌効果をサポートする成分

乳酸菌の活動をサポートするために合わせて摂りたい成分があります。

オリゴ糖や水溶性食物繊維などです。

乳酸菌はこれらの成分をエサに活動すると言われています。
乳酸菌と合わせて、これらの成分を取り入れるととてもよいでしょう。

3-1 オリゴ糖を含む食品

ハチミツ、牛乳、大豆、ごぼう、たまねぎ、りんご、バナナ、キャベツ、アスパラガスなど
はちみつ

3-2 水溶性食物繊維を含む食品

アボガド、オクラ、ごぼう、こんにゃく、切り干し大根、オートミール、ライ麦パン、さつまいも、きのこ類、海藻類、など
アボカドダイエット 

4.  乳酸菌効果を無駄にしないポイント

しっかりと乳酸菌を摂っていても、腸に悪影響な行動をとっていると効果も半減してしまいます。
せっかく摂った乳酸菌がしっかり働いてくれるように、次のポイントに気をつけましょう。

・ストレスをためない
・肉食に偏らない
・食べ過ぎない
・寝る直前に食べない
・極端な食事制限によるダイエットをしない
など

腸の負担を減らすためには、よく噛んで食べることなども大事です。

当たり前のことばかりのようですが、ふとした時に心がけることができるかどうかから、違いは生まれます。
今日からの生活で、ちょっと意識してみることをおすすめします。
乳酸菌 種類

5. まとめ

乳酸菌に期待できると言われている効果についてご紹介しました。

大事なことは、乳酸菌をバランスよく効果的に取り入れること、腸によくない行動を控えることです。

ぜひ、今日から乳酸菌を上手にとりいれて、おなかスッキリで、すこやかなカラダを目指しましょう♪

この記事は2016年4月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

【肌らぶ参考商品】
ラクトプラン468×60

バナー原稿imp


Pocket
LINEで送る