メニューを開く
アスタリフト;
提供:ハウスウェルネスフーズ株式会社

乳酸菌の種類 ~どの乳酸菌にすればよいのか迷っている方へ~

乳酸菌 種類乳酸菌って、いろいろあるなあ…。どう違うのかなあ…。
とテレビCMを見ながら、または、乳製品売り場などで疑問に思ったことはないでしょうか?

今回は、乳酸菌の種類とその特徴についてご紹介します。
また、乳酸菌の選び方上手な取り入れ方体内の乳酸菌の増減の影響などについても合わせてご紹介しますので、ぜひ最後までお読みください。

バナー原稿imp


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1. 乳酸菌とは

最初に、乳酸菌と呼ばれるものについて簡単にご紹介します。

糖を分解して乳酸を作り出す微生物のことを私たちは乳酸菌と呼んでいます。

人間の腸内に多くの種類が存在すると言われていて、善玉菌としてお腹の調子を整えるお手伝いをすると考えられています。
人間の体内以外では、チーズやヨーグルトなどの乳製品、お漬け物などの発酵食品などに存在しています。

乳酸を作り出す微生物は他にもありますが、糖を分解してできる代謝物のうち50%以上を乳酸がしめているものをまとめて乳酸菌と呼んでいます。

ビフィズス菌は、働きがよく似ているので、ひとくくりに紹介されることも多いですが、代謝物の50%以上が乳酸というわけではないので、ここでは「乳酸菌ではない」という分類としてご紹介します。
花粉症 ヨーグルト

2. 乳酸菌の種類と特徴

乳酸菌を種類に分ける方法はいくつかありますが、今回はできるだけシンプルな分け方をご紹介します。
自分にあった乳酸菌を探す手助けにしてみてください。

ちなみに、乳酸菌の種類は、生物学的な分類では、現在わかっているだけでも、200種はあると言われています。

生物学的な分類とは、○○属△△種□□株といった分け方のことで、例えば、【ラクトバチルス属カゼイ種シロタ株】といった形式です。

ただ、こういった分類が分かったところで、一般の消費者にとっては、なかなか活かせませんね。

たいせつなのは、うまく取り入れるために、その乳酸菌の主な特徴を知っておくことではないでしょうか?
それでは、乳酸菌をその由来によって3種類に分け、ご紹介します。

2-1 植物由来の乳酸菌

私たちが体外から取り入れることのできる乳酸菌の種類は、その由来により大きく3つに分けることができます。
植物由来、動物由来、ヒト由来です。

まずはじめに、植物由来の乳酸菌の特徴をご紹介します。

植物由来の乳酸菌は、お漬け物、みそ、しょうゆなど植物に由来する環境に生きていると言われています。
塩分が多い、他の微生物がいる、などの過酷な環境でも生き残ると言われていて、おなかにしっかり届くと期待されています。
お漬け物また、植物由来のものはブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖など分解できる糖がいろいろあることも、さまざまな環境で活躍できる要因かもしれません。

おなかにしっかり届くことは重要なので、ぜひ取り入れたい乳酸菌のひとつです。

植物由来とされる乳酸菌の例(通称)
ラブレ菌
K-1乳酸菌
ラクトバチルス・プランタルム
テトラジェノコツカス・ハロフイルス
ペデイオコツカス・ペントサセウス
ラクトコッカス・ラクティス
など
※一般的に使われている名前なので、同じ菌株を指している場合もあります。

2-2 動物由来の乳酸菌

次に動物由来の乳酸菌の特徴をご紹介します。

動物由来の乳酸菌とは、主に牛乳ヤギの乳などのミルクから作られた乳製品(ヨーグルトやチーズなど)の中に存在していると言われるものです。
チーズ一般的な乳製品に含まれる動物由来の乳酸菌は、植物性乳酸菌より種類が少なく、分解できるのは主に乳糖だけなので、限られた環境でしか生きられないと言われています。
植物性乳酸菌と比べると、塩分や酸(胃酸)、他の微生物の存在に弱い傾向があると言われ、体内にしっかり届けるには工夫が必要な種類です。
そのため、昔も今も、各メーカーが”しっかり届ける”ための開発を重ねています。

ただし、動物性の乳酸菌が例え胃で分解されてしまって、取り入れたそのままの状態でおなかに届かなくても、なげくことはありません。
実は、もとからおなかにある乳酸菌のエサとして活躍すると言われているからです。
植物性も動物性も、ぜひ取り入れたい乳酸菌、と考えましょう。

毎日ヨーグルトを食べているという方もがっかりしないでください。
最近の機能性ヨーグルトには、植物由来や次に紹介するヒト由来の乳酸菌を使っていたりして、おなかに届くように工夫がされているものも多いからです。

動物由来とされる乳酸菌の例(通称)
ラクトコッカス・クレモリス
サーモフィラス菌
ストレプトコッカス・サーモフィラス
ブルガリア菌
ブルガリクス菌
など
※一般的に使われている名前なので、同じ菌株を指している場合もあります。

2-3 ヒト由来の乳酸菌

ヒト由来の乳酸菌とは、ヒトの腸内細菌から有用な乳酸菌を分離して精製、培養したものです。
昔から、サプリなどにはよく使われていたようですが、最近では、ヒト由来の乳酸菌を取り入れたヨーグルトなども増えてきたようです。

ヒト由来の乳酸菌は、人間のからだとの相性がよいと言われているのでおすすめです。

ヒト由来とされる乳酸菌の例(通称)
L.カゼイ・シロタ株
ラクトバチルス・カゼイ・シロタ株
フェカリス菌
フェカリスEC‐12
アシドフィルス菌
ガセリ菌SP
など
※一般的に使われている名前なので、同じ菌株を指している場合もあります。

3. 乳酸菌の取り入れ方・選び方

では乳酸菌の取り入れ方についてです。

メーカーの宣伝する働きや作用を期待して、ヨーグルトなどを選ぶのももちろんよいのです。
ですが、できればもっと欲張りましょう。
乳酸菌 食品おすすめは、

「バランスよく幾つかの乳酸菌を、毎日継続して、摂る」

です。
つまり、あれもこれも選ぶのです。
なぜなら、乳酸菌は働く場所にも働き方にも特性があると言われているからです。

ひとくちにおなかと言ってもいろいろあるのです。
乳酸菌 サプリあまり神経質にならず、バランスよく数種類摂ることを心がけましょう。

また、多くの乳酸菌は体内に定着してずっと留とどまれるわけではないと言われているので、毎日継続して摂ることも意識しましょう。

とはいえ、“大の発酵食品好き”というわけでない限り、毎日バラエティに富んだ、一定量のお漬物やヨーグルトを継続して摂取するのは意外に難しいですよね。
糖分や塩分だって気になりますし、外食の多いビジネスパーソンなどにとってはかなりたいへんです。

そこで、意外とおすすめなのが乳酸菌サプリを活用することです。
サプリなら、外出時でも持ち歩けますし、幾つかの種類の乳酸菌が入ったものを選ぶこともできます。
基本の食事で足りない部分はサプリで補うことをおすすめします。

体内環境を良好に保つことは、美容健康に大きな影響を与えると言われています。
乳酸菌サプリ、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

~おすすめの乳酸菌サプリ~

★ラクトプランL-137

ラクトプランL-137販売会社:ハウスウエルネスフーズ株式会社

“食”と“健康”のハウス食品グループが長年の研究を経て見つけ出した乳酸菌加熱菌体“HK L-137”にビタミンB群(ビタミンB1、B2、B6、ナイアシン)とビタミンCを配合したサプリメントです。

不足しがちな栄養を補給し、健やかな体づくりをサポートします。
季節や年齢による変化が気になり始めた方におすすめです。

乳酸菌革命

ラブレ菌、ガセリ菌、ビフィズス菌、その他にも話題の乳酸菌をバランスよくとりいれたサプリです。
乳酸菌革命販売会社:株式会社健康いきいき倶楽部

1日の目安量は2粒なので、ふだんの生活にとりいれやすくおすすめです。
食物繊維、オリゴ糖など、おなかにうれしい成分が合わせて配合されています。

年齢のサイン、ストレス、過労、偏食などが気になる方は、体内環境が弱っていることがあります。
基本のバランスの良い食生活や質の良い睡眠・休息をこころがけ、足りない部分は上手にサプリなども活用しながら体内環境をサポートしていくことをおすすめします。

4. 乳酸菌と合わせて摂りたい成分

“ビフィズス菌”は、乳酸菌とは一応別物ですが、おなかの調子を良好に保つために、やはりおすすめの成分です。
ぜひ合わせて摂ることをおすすめします。

おなかの中のビフィズス菌は、成人になるころには10%前後、60才になるまでに1%まで減ってしまうと言われています。
これはぜひ対策を打ちたい事態と言ってよいのではないでしょうか?
赤ちゃん ファンデーション2近年では、おなかの調子は、免疫の働きに影響するとも言われています。

乳酸菌と合わせてビフィズス菌も、ぜひ、上手に取り入れていきましょう。

5. 乳酸菌が減ってしまうと…

乳酸菌は、加齢、ストレス、たんぱく質や脂質の過剰摂取、生活習慣の乱れ、等によって減りやすいと言われています。

乳酸菌が減ってしまうと、体内のバランスが崩れて、いわゆる悪玉菌が優位な状態になってしまうことがあると言われています。

からだの調子を整える第1歩として、ぜひ、乳酸菌を取り入れていきましょう。

6. 乳酸菌が増えると…

乳酸菌を取り入れることにより、お通じの悩みも晴れることが期待できるかもしれません。
もちろん、多くのヨーグルトメーカーのアピールするように、免疫力に差がつくこともありえるでしょう。

乳酸菌の摂り過ぎによる副作用などは特に報告されていないようですが、食べ物から摂る場合は、一緒に摂取する塩分糖分の摂りすぎに気をつけるようにしましょう。
適量を心がけることが大事です。
サプリの場合も、摂りすぎでおなかがゆるくなってしまったりしないよう、目安量は守るようにしてください。

口角 上げる

7. まとめ

体内環境を整えるのに、乳酸菌はとても有用です。

1種類の乳酸菌に偏るのではなく、いくつかの種類の乳酸菌をバランスよく取り入れていきましょう。

数種類の乳酸菌が取り入れられた機能性食品やサプリなどをうまく取り入れることもおすすめです。

美容・健康のためにぜひとも、乳酸菌を積極的に取り入れていきましょう。

この記事は2016年4月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

【肌らぶ参考商品】

バナー原稿imp


Pocket
LINEで送る