2017年7月11日 更新

LINEの脈あり&脈なしサイン6パターン

脈 あり line
「脈ありのときのLINEの特徴は?」「LINEの返信が速いのは脈ありってこと?」と、LINEで好きな人の気持ちを計りたいとお考えではありませんか?告白をする前に、脈のアリ・ナシを判断したい人もいるでしょう。

好きな人の脈は、その人とのLINEのやり取りを振り返ると、想像することができます。

そこで今回は、脈ありのLINEや脈なしのLINEの特徴をはじめ、LINEで脈ありかをチェックするための方法をご紹介します。

LINEでのやり取りの方法や返信パターンなどは、相手の性格によるところが大きいので、絶対と言い切ることは難しいですが、相手が脈ありのサインを出していないか、確認してみましょう!



1.脈ありのLINE 6パターン

脈ありのLINEの特徴は、以下のようなものがあります。

①返事が早い
②質問をしてくれる
③会話がなかなか途切れない
④相手の方から送ってくる
⑤スタンプのみのやり取りにも付き合ってくれる
⑥長文を送ってくる

それぞれ、簡単にご説明します。

脈ありLINEパターン① 返事が早い

脈あり line
LINEを送るとすぐに返事がくるときは、脈ありの可能性が高いです。

その人の性格や状況にもよりますが、返事をすぐに送るということは、あなたと積極的にコミュニケーションを取りたいという気持ちの表れかと思います。

どうでも良い人とのLINEは、できるだけすぐに終わらせたいものですし、何より返信も億劫になってしまうものです。

たまたま暇だったからすぐに返事をくれる場合もありますが、いつも返事を早くくれる相手は、脈ありと期待しても良いかもしれません。

脈ありLINEパターン② 質問をしてくれる

脈あり line
LINEの内容の中で、相手の方から質問をしてくれるのは、脈ありパターンのひとつです。

あなたのした質問に答えてくれるだけでなく、自分から質問をするということは、あなたに興味があるというサインだと思います。

だいたいの人は、自分の話をしているときが一番楽しかったりするものです。そんな中で、あなたの話を引き出そうとしているということは、あなたのことを知りたいのだと考えられますよね。

自分の話をしているときが一番楽しいと言いましたが、好きな人の話は別です。好きな人のことなら、どんな些細な情報でも知りたいと思うでしょう。

脈ありLINEパターン③ 会話がなかなか途切れない

脈あり line
LINEでの話が続いて、なかなかやり取りが途切れないのは、脈ありサインのひとつです。

ひとつの会話がなかなか終わらなかったり、なんとなく毎日LINEを送り合ったりするのは、「つながっていたい」という気持ちの表れとも考えられるでしょう。

特別な好意のない相手とは、それほど毎日LINEを送り合うこともないですし、あったとしてもどちらかが面倒になってきます。会話があまりに長く続くと途中で終わらせたくなるでしょう。

途切れないLINEを相手も楽しんでいるようなら、脈ありなのかもしれませんね。

脈ありLINEパターン④ 相手の方から送ってくる

脈あり line
LINEを相手の方からも送ってくるのは、脈ありサインのひとつです。

片思いのときは、どうにか相手とLINEがしたくて送るものですよね。ですが、こちらばかりではなく、相手からもLINEが来るということは、相手もあなたに好意があると考えられます。

好意のない相手に、自分からLINEを送ることはあまりないのではないでしょうか?

自分のことを好きだと思われる人とLINEをするのは楽しいですが、ただの暇つぶしなら、しょっちゅう自分から送ることは少ないはずです。

よく相手からLINEが来る場合は、脈ありを期待しても良いかもしれませんね。

脈ありLINEパターン⑤ スタンプのみのやり取りにも付き合ってくれる

脈あり line
意味のないスタンプの送り合いにも付き合ってくれるのは、脈ありサインのひとつかと思います。

果てしなく続く中身のないやり取りや、意味のないスタンプの送り合いは、それなりの親しさがないとできないものです。

何度も言いますが、好意のない相手とのLINEを続けるには、根性や大きな器が必要かと思います。

いつ終わるか分からない無意味なやり取りも楽しめるのは、相手が好きな人だからかもしれませんね。

脈ありLINEパターン⑥ 長文を送ってくる

脈あり line
LINEのやり取りの中で、長い文章を送ってくるのは、脈ありサインのひとつと考えても良いでしょう。

文章が長くなるのは、「丁寧に答えたい」「自分を知ってもらいたい」という気持ちの表れかと思うのです。

時間をかけて、言葉を丁寧に選びながら打っている情景が浮かびますよね。

特に男性だと、何を送るにも長くなってしまう人や、誰に対しても丁寧な人は多いですが、脈ありかを判断するための材料にしてみても良いでしょう。

2.脈なしのLINE 6パターン

脈なしのLINEの特徴は、以下のようなものがあります。

①無視をする
②話の途中で終わる
③返事がとても遅い
④相手の方から連絡してくれない
⑤トークを終わらせようとする
⑥スタンプばかり使う

それぞれ、どのようなことかお話します。

脈なしLINEパターン① 無視をする

脈あり line
LINEを送っても無視をされるのは、脈なしと判断して間違いないでしょう。

返事をし忘れたり、スマホのトラブルに見舞われたりしている可能性もゼロではないです。しかし、ずっと未読のままなら、ブロックされていることも考えられます。

無視をしてくるような相手に好きになってもらうのは大変なので、ここは潔く諦めた方が良いかもしれませんね。

「押してダメなら引いてみろ」とも言うので、結果はどうあれ一度引いて見るのも手です。

脈なしLINEパターン② 話の途中で終わる

脈あり line
明らかに話の途中で、LINEが終わってしまうパターンは、脈なしを疑っても良いでしょう。

・質問したのに返事がない
・質問が解決していないのに返事がない

など、未読ならまだしも、既読スルーされてしまっていたら、それはあなたに興味がないということかもしれません。

既読はつけたけれど、返信をし忘れたり、返信に時間がかかってしまったりしている可能性もあるでしょう。

しかし、結果的に途中のままでやり取りが終わってしまったということは、その程度とも言えると思います。

脈なしLINEパターン③ 返事がとても遅い

脈あり line
LINEを送っても、返事がとても遅いのは、脈なしサインのひとつかもしれません。

忙しいときや、慎重に返事をしてしまう性格、真剣に考える必要がある内容を受け取った場合なら、返事がすぐに返せないのは仕方がないでしょう。

しかし、「いつも返事が遅い」「時間をかけた割に返事は短文」「考えなくてもすぐに返せる内容」という場合なら、その人のあなたに対する気持ちがそうさせているのかもしれません。

後回しにしたい(してもいい)という気持ちが、どこかにあるのでしょう。

好きな人から来るLINEなら、すぐに開きたいし返したいものです。そこからも、返事が遅いのはあなたへの興味の無さがうかがえるでしょう。

脈なしLINEパターン④ 相手の方から連絡してくれない

脈あり line
自分からLINEを送るばかりで、相手の方から連絡をくれないのは、脈なしサインのひとつです。

あまり積極的でないタイプや、相手の顔色をうかがってしまうタイプの相手なら、あまり自分からLINEを送ってくれないかもしれません。

しかし、それ以外の人なら、相手がLINEを送ってきてくれないということは、あなたに特別な感情がないというサインの可能性もあります。

興味のある相手なら、LINEでコミュニケーションを図りたいと思うものです。

その中で、いつもあなたの方からLINEを送っていることに気付いたら、相手の方から連絡をもらえるか様子をうかがってみても良いでしょう。

待ってみてもLINEをくれなければ、脈なしの可能性を疑ってみて良いかもしれませんね。

脈なしLINEパターン⑤ トークを終わらせようとする

脈あり line
やり取りが続いてくると、強制的に流れを終わらせようとするのは、脈なしサインのひとつかと思います。

不自然な流れで、「おやすみ」「またね」「お風呂に入らないと」と言ったり、急に未読スルーで寝たフリをしたりするかもしれません。

特に男性は、好意のない相手とLINEを続けるのは心理的に負担になるものです。

一般的に、女性はLINEをコミュニケーションツールと考える一方で、男性はLINEを連絡手段と考えていることが多いようです。

不自然にLINEの流れを切られたら、あまり頻繁にLINEを送らないなどの工夫が必要かもしれません。

脈なしLINEパターン⑥ スタンプばかり使う

脈あり line
あなたが何を送っても、スタンプばかり送ってくるのは、脈なしサインのひとつです。

仲が良ければ、意味のないスタンプの送り合いだけで会話が成立することもあるでしょう。しかし、あなたが送る内容にかかわらず、単語や文章で返事をせずにスタンプで返してくるのは、適当にあしらっている証拠かもしれません。

スタンプだけで返事をされては、いつも会話が成立するわけではありませんから、コミュニケーションが取れていないと感じることもあるでしょう。

そうなると、相手とLINEをするのも楽しくないですよね。相手を嫌な気持ちにさせる可能性のあることをするのは、特別な好意がないと受け取れるでしょう。

3.LINEで脈ありかチェックする方法

LINEで相手が脈ありか脈なしかをチェックする方法を、ご紹介します。

相手の性格もあるので、きっちりと診断するのは難しいですが、参考程度に試してみても良いでしょう。

あまり相手と親しくない場合、若干の気まずさがあるかもしれないので、その場合はもう少し関係を築き上げてからがおすすめです。

脈ありチェック方法① あいさつをしてみる

脈あり line
LINEで、「おはよう」「おやすみ」と、あいさつをしてみます。彼氏・彼女であれば自然なやり取りではありますが、付き合う前の男女の場合はどうでしょうか。

あいさつの言葉や、あいさつにプラスして「今日は雨だね~」などの言葉があれば、それなりに好意的な感情を持っていると考えて良いかもしれません。

しかし、スルーされたり、スタンプで済まされたりしたら、恋愛的な感情はないと考えられるでしょう。

脈ありチェック方法② 用もないのに送ってみる

脈あり line
特に用事はないけれど、LINEを送ってみます。

「1人で公園に来たけど、めっちゃ寒い」や、「クラスの女の子たちとパンケーキ食べたよ!」と送って写真も添付するなど、大した用事もない内容が良いでしょう。

「1人で何してんだよ!風邪ひくから早く帰りなさい」や、「おいしそうなパンケーキ!!どこの?」といった内容が返ってくれば、好意があると考えられます。特に質問が来るのはとても理想的ですね。

しかし、スルーされたり、スタンプで終わったりしたら、恋愛的に脈なしかもしれません。

返事の必要がなさそうで、かつどう返事をしようか考えてしまうような面倒くささを出すことで、相手の好意を診断できるのです。

脈ありチェック方法③ 呼びかけてみる

脈あり line
「おーい」「ねえねえ」など、LINEで唐突に呼びかけてみます。

「なに?」「どうしたの?」「はーい!」などのメッセージやスタンプが返ってくれば、脈ありの可能性があるでしょう。

しかし、スルーされてしまったら、恋愛的に脈なしのサインと判断しても良いかもしれません。

こうした呼びかけは、その後に何が続くか分からないという点で、脈を図るときに便利です。

相手に興味があれば、「なんだろう?」と気になりますが、積極的に会話をしたくなければ、「面倒だな」という心理になってしまうでしょう。

脈ありチェック方法④ 今日したことを報告してみる

脈あり line
「今日は大学の友達と、焼肉屋さんで女子会したよ~!」というように、今日のあなたの1日を報告してみます。

「どこの焼肉屋?」「焼肉いいな」などの返信が来れば、あなたに対して好意的と考えて良いでしょう。「自分は今日、家族で映画に行ったよ」など、自分の1日の行動も報告してきたとしたら、とても理想的です。

スルーされたり、スタンプで済まされたりしたら、恋愛的に脈なしかもしれません。

好きな相手が1日どのように過ごしていたかは気になりますし、自分がどのように過ごしていたか話したくなるものですよね。一方、興味のない人の1日など聞きたくはないですし、コメントをするのも心理的に面倒になりがちです。

脈ありチェック方法⑤ 「○○したいな」と言ってみる

脈あり line
「駅前のクレープやさんに行きたいな~」「買い物に行きたいな~」「牛丼が食べたいな~」など、自分がしたいと思っていることを送ってみます。

「一緒に行こうよ!」と返信が来れば、好意があるかどうか判断できるかと思います。

しかし、スルーされたり、スタンプで済まされたりしたら、恋愛的に脈なしと考えられるでしょう。

モテる男女は「○○したい」ということを、実にナチュラルに相手の脈を図るとき使うと言われています。

というのも、捉え方によっては、遠回しに誘っているようにも判断できるので、脈ありの診断にはちょうど良いのです。

4.まとめ

脈あり line
LINEの脈ありパターンや脈なしパターン、脈ありかチェックするためのポイントなどについてお話ししました。

LINEは、豊富なスタンプと既読機能などで、コミュニケーションをよりスムーズにしてくれています。

しかし、そんな便利なはずのスタンプや既読機能のせいで、相手の気持ちを変に勘ぐって悩むこともあるでしょう。

脈あり・脈なしを図るためでなく、相手と関係を築くためのコミュニケーションツールとして、LINEを楽しく使いたいものですね。