メニューを開く
アスタリフト;

肌に密着して美しく仕上げる!リキッドファンデーションおすすめ3選

リキッドファンデーション おすすめ
「リキッドファンデーションが欲しいけれど、どんなものを選べば良いのかな…?」とお悩みではありませんか?

リキッドファンデーションは、液体状になっているファンデーション全般を指します。

テクスチャーは、乳液のようなみずみずしい軽めのものからとろみの強いものまで、商品によって使用感も大きく異なります。

そのため、自分に合ったリキッドファンデーションを選ぶことが大切です。

今回は、おすすめのリキッドファンデーション3選と、リキッドファンデーションの選び方をご紹介します。



astalift
astalift

1.リキッドファンデーションはこんな方におすすめ!

リキッドファンデーションは、肌にしっかりと密着して崩れにくいファンデーションといわれています。

また、油性成分が多く含まれているため、肌にツヤを与え、乾燥しにくいのが魅力です。

そのため、ベースメイクできちんとした印象に仕上げたい方、しっかりとカバーしたい方、肌が乾燥しやすい方などは、リキッドファンデーションを使用することをおすすめします。

2.リキッドファンデーションおすすめ3選

ここでは、肌らぶ編集部が選んだ、おすすめのリキッドファンデーション3選をご紹介します。

それぞれおすすめの方もご紹介していますので、自分に当てはまるものをチェックしてみましょう。

■べたつかない使用感がお好みの方におすすめ

POLA ホワイティシモ リキッド ホワイト
ホワイティシモ
みずみずしい潤いを感じるリキッドファンデーションです。
保湿成分「クジンエキスクリア」「アキレアエキス」が配合されています。
キメの整ったつややかな肌に仕上げます。全6色展開です。

⇒POLA 公式通販サイトはこちら

■忙しい毎日を送っている方におすすめ

VIRCHE(ヴァーチェ)ミネラルリキッドファンデーション
2ヴァーチェ リキッドファンデーション
化粧下地不要で石鹸で洗い流すことができる、2色展開の手軽なリキッドファンデーションです。
カバー力がありながら軽い使用感で、心地よく使用できます。
保湿成分「セラミド」「ヒアルロン酸」「マルラオイル」等が配合されています。

⇒VIRCHE 公式通販サイトはこちら

■崩れにくいファンデーションをお探しの方におすすめ

資生堂 マキアージュ ドラマティックスキニーフィルムリキッド UV
マキアージュ
肌に薄く伸び広がり、ぴたっと密着して崩れにくいリキッドファンデーションです。
「極薄光フィルム」が自然なツヤを演出して、立体感を際立たせます。
肌色に合わせて美しさを追求しており、色ごとに質感も異なります。全7色展開です。

⇒資生堂 公式通販サイトはこちら

3.リキッドファンデーションを選ぶポイント

①自分に合った色を選ぶ

フェイスライン
リキッドファンデーションに限らず、あらゆるファンデーション選びで最も重要なのが色選びです。

自分の肌に合った色を選ぶには、顔と首の境目であるフェイスラインに塗ってみましょう。顔にも首にもなじんで、自然に見える色がおすすめです。

②伸びの良いものを選ぶ

リキッドファンデーションを選ぶ際には、肌の上でよく伸びるものを選ぶことをおすすめします。

伸びが悪いとムラになりやすく、化粧崩れの原因になることがあります。

4.リキッドファンデーションの塗り方ポイント

リキッドファンデーションは、指で塗ることでファンデーションがより肌に密着しやすくなり、メイクが崩れにくくなります。
指で塗った場合にも、仕上げにはスポンジを使用しましょう。スポンジでファンデーションをぼかすことで色ムラのない肌をつくることができます。

スポンジやブラシを使用した場合は、ファンデーションの量や力加減等にコツがいるので、慣れるまでは指で塗るのことをおすすめします。

[使用量]

顔全体に使用する目安量はパール粒大です。

手の甲に出し、少量ずつ中指に取ります。

使用量

[塗り方]

ファンデーション 塗り方 手順

①頬を塗る

片頬ずつファンデーションを取って塗ります。

顔の内側から外側に向かってのばしていき、しっかりカバーしたいところはトントンと軽く置くようにして重ねます。

②額を塗る

額は皮脂分泌が活発で、化粧崩れしやすい部分なので、頬よりも少量のファンデーションを塗るように意識しましょう。

額の中央から髪の生え際に向かって放射線状になじませます。

③鼻を塗る

鼻も額と同じように、皮脂が出やすく、化粧崩れしやすい部分なので、ファンデーションは薄めに塗りましょう。

額を仕上げた後、指に残っているファンデーションを鼻筋に沿ってのばして、小鼻に沿って円を描くようにしてファンデーションをフィットさせます。

④目まわり・口まわりを塗る

目まわり・口まわりは、顔の中でも特に動きが激しく、ファンデーションがヨレやすい部分です。

そのため、ファンデーションを付け足さずに、軽くおさえるようになじませていきます。

⑤フェイスラインをぼかしてなじませる

①で塗ったファンデーションとの境目ができてしまわないように、スポンジでフェイスラインをなじませます。

顔全体をスポンジでおさえるようにしてなじませてくと、肌にファンデーションが密着しやすく、化粧持ちがよくなると言われています。

ファンデーションをなじませていく際に、こすったり、力を入れ過ぎてしまうとファンデーションがとれてしまうので、やさしく行うことを意識しましょう。

5.まとめ

今回は、おすすめのリキッドファンデーション、リキッドファンデーションを選ぶポイント、リキッドファンデーションの基本的な塗り方をご紹介しました。

肌にしっかりと密着して崩れにくいリキッドファンデーションを使いこなして、一日中美しい印象を与える肌をつくりましょう!!

※この記事は2016年10月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る