メニューを開く

自分を愛する7つの方法|かけがえのないあなたへ

自分を愛する
「自分を愛することができるようになりたい」「自分を愛する方法を知りたい」

自分のことが嫌いで、大切にできていないと思っていませんか?自分を愛することができるようになって、もう少し毎日の生き辛さを感じずに済んだら良いですよね。

そこで今回は、自分を愛することの意味や、自分を愛するための方法、自分を愛すると起きること、などについてお話します。

自分を愛するということは、自分自身を受け入れるということです。誰かに愛されることや、誰かが幸せを運んでくるのを期待せず、幸福な人生を送れる自分を目指しましょう。



1.自分を愛することの意味

自分を愛する自分を愛することとは、自分のすべてを受け入れることです。

まず、何かを愛することとは、良いところも悪いところも承知した上で、すべてを愛するということだと思います。

結婚が分かりやすい例ですが、ただ好きなだけの人とでは、結婚生活はうまくいきにくいです。その人の欠点も受け入れてはじめて、結婚生活は成り立つのだと思います。

自分を愛するというのはつまり、自分というものを本当の意味で知り、長所も短所もひっくるめて、自分とうまく付き合うということになるのです。

そのためにはまず、自分のことを深く理解することが大切です。

自分の好きなところを見つけるのはもちろん、自分の嫌いなところからも目を逸らさず、どのように向き合っていくかを考えることで、自分を愛する状態に近づいていけるでしょう。

そうは言っても、自分の好きなところを見つけるのも、自分の嫌いなところを受け入れるのも、難しいことかもしれませんね。

2.自分を愛することができない理由

なぜ人間は、自分を愛することができないのか、その理由として考えられるものをご紹介します。

①愛情が不足している

自分を愛する自分を愛することができないのは、これまでの人生で他人から受けた愛情が不足しているからかもしれません。

家族や友人からの愛情が不足していると、自分自身のことを大切にできなかったり、受け入れられなかったりするでしょう。

子どもの頃に親からの愛情が不足したり、心を許せる友人がいなかったりなど、愛されたいという強い気持ちが、自分に愛情を向けられない原因になっているのかもしれません。

②自分の嫌いな部分を認めたくない

自分を愛する自分を愛することができないのは、自分の嫌いな部分をどこかで認めたくないという感情を抱いているせいかもしれません。

人間には、良いところも悪いところもあるかと思いますが、そんな悪い部分を見ないふりして、感覚的に拒絶していては、自分を心から愛することは難しいかもしれません。

③自分に自信がない

自分を愛する自分を愛することができないのは、自分に自信がないせいかもしれません。自分に自信がない人は、自分の嫌いな部分にばかり目が行き、自己の存在価値を認めることができません。

自己の存在価値を認めることができなければ、いつまでも自分のことを認められなので、自分を愛することはできないのでしょう。

④トラウマがある

自分を愛する自分を愛することができないのは、これまでの人生のトラウマが原因している可能性があります。

過去に、自分のことを否定するような言葉を言われたり、態度を取られたりして、感情的に傷ついた経験はありませんか?

そうした潜在的なトラウマが、自分自身を受け入れられなくすることがあります。

⑤自分に厳しい

自分を愛する自分を愛することのできない人は、自分に厳しい性格が関係しているのかもしれません。

自分に厳しかったり、いつも完璧を求めていたりすると、自分自身を卑下してしまい、自分の中の存在価値をどんどん下げてしまいます。

本当に自分を愛することのできる人は、自分に無理な課題を押し付けたり、頑張った自分をほめられなかったりしないでしょう。

このように、自分を愛することができない理由は、潜在的で意外と深いところにあることもあります。自分では原因が分からない場合は、専門家などに相談することを考えてみても良いでしょう。

3.自分を愛するための方法

自分を愛するための方法をご紹介します。長い人生の中で自分を愛するために、今日から意識してみてください。

自分を愛するための方法1.自分をほめる

自分を愛する
毎日夜眠る前に、「自分、よく頑張った!」と1日頑張った自分をほめてあげましょう。

「頑張っていない」「ほめるところなんてない」なんて言わないでください。1日を無事に終えようとしているとうことは、あなたが立派に人間としての務めをまっとうしたのも同然でしょう。

ほめるといっても、難しく考えることはありません。

「朝ひとりで起きられた」
「遅刻せずに学校(会社)に行けた」
「笑顔であいさつができた」
「親への感謝の気持ちを忘れなかった」
「友達を笑わせた」
「お年寄りに席を譲った」

など、何でもよいのです。

あなたが気に留めていないだけで、あなたは人間として立派な行いをしているということを、忘れてはいけません。

「終わり良ければすべて良し」という言葉があるくらいです。1日の終わりは、自分自身の頑張りをねぎらい、「お疲れさま。明日も頑張ろう!」と前向きな気持ちで締めれば、どんな1日も良い日に変わるでしょう。眠る前に自分をほめるか、罵倒をするかだったら、もはや選択の余地はありませんよね。

はじめのうちは、どうほめればいいか苦労するかもしれませんが、明日は自分自身をほめられるよう頑張るだけです。人生はきっと、それの繰り返しなのでしょう。

自分を愛するための方法2.コンプレックスを克服する

自分を愛する自分を愛するために、コンプレックスや自分の嫌いなところを克服するよう行動してみてください。

自分自身の嫌いなところを1つ減らすと言うことは、自分を愛することに一歩近づいている状態とも言えるかと思います。

自分の外見に自信が持てなければ、髪型やメイクを変えてみたり、ダイエットをしたり、似合うファッションを研究してみたりすると良いでしょう。

また、内気な性格を変えたい方は、いきなり相手を笑わせるような人間を目指すのではなく、はじめのうちは、自分からあいさつをできるようになることを意識してみても良いでしょう。

自分の中のコンプレックスが減れば、自分自身への愛も深まっていくはずです。

自分を愛するための方法3.小さな目標を立てて達成する

自分を愛する
自分を愛するために、日々小さな目標を立て、達成に向けて行動しましょう。

自分を愛するためには、達成感を積み重ねていくことが大切になります。毎日をなんとなく過ごしていては、自分自身の存在価値がなかなか見つかりにくいです。

そこで、日々の自分の努力を認め、その度にしっかり認めてあげることが、自分を愛することにもつながると思います。

目標は、達成がイメージできるもので、かつ達成したかがすぐに分かるものにすると良いでしょう。

「とりあえず3日間、いつもより5分早く起きる」
「1週間、毎日庭の花に水をやる」
「今月は1冊本を読む」

というような目標だと、感覚的にハードルが低く、達成したかが分かりやすいですよね。

日々、こうした目標を立てて、達成したら自分をほめて、また少しステップアップした目標を立てる、というのを繰り返してみてください。

自分を愛するための方法4.誰かに感謝してもらう

自分を愛する自分を愛するために、毎日他人に感謝されることができるように心がけましょう。

誰かに感謝してもらうということは、自分自身の存在価値を自分で再確認することにもつながります。自分自身の殻に閉じこもっていては、自分を愛することは難しいです。しかし、他人を巻き込み、他人の日常を豊かにすることで、そんな自分自身に誇りを持てると思います。

感謝されることをするときくと難しそうですが、

・相手の良いと思ったところはほめる
・困っている人を助ける
・相手の話をじっくりきく

などのようなことが考えられます。

困っている人を助けるためには、他人を日頃から観察する必要がありますが、それ以外はすぐにできそうなことかと思います。

他人に感謝されるためには、いずれにしても他人に興味を持つことが大切です。人から言われる「ありがとう」は、何にも代えがたいエネルギーにもなるでしょう。

自分を愛するための方法5.体に良いものを食べる

自分を愛する

自分を愛するために、体に良い食べ物を食べましょう。

あなたの毎日の食事を振り返ってみてください。ファストフード、出来合いの揚げ物、おかしだけ、おにぎりだけ……そんな食事ばかりしていませんか?こんな食生活を続けていたら、栄養が偏ってしまいますよ。

毎日の食事で摂る食べ物は、行動のエネルギーになるとともに、自分自身の大切な体を作るものです。長い人生の中でも大切な食事だからこそ、良いものを選んだ方が自分自身のためになるでしょう。

新鮮な野菜のサラダ、香ばしく焼き目のついた焼き魚、優しい味付けの煮物など、体のエネルギーになる食事は、心をもまた満たしてくれるはずです。

ストレスがたまると、脂っこいものや甘いものが欲しくなるのも分かりますが、少しでも気持ちにゆとりがあるときは、自分自身の体のことを考えた食生活を意識してみてくださいね。

自分を愛するための方法6.美容・健康に時間をかける

自分を愛する自分を愛したいときほど、美容や健康のために時間を使いましょう。

・スキンケア
・ヘアケア
・ボディケア
・ウォーキング
・筋トレ
・ストレッチ など

上記のようなものを参考に、毎日の美容・健康のお手入れを意識的に行ってみてください。

ところで今日、あなたは自分のことを何回くらい鏡で見ましたか?自分を好きな人はショーウィンドウやスマホなど、自分の姿が映るものがあれば、無意識に自分自身の姿をチェックしていることがあります。

そこまでいかなくても、自分自身の見た目や健康を気にかけ、そのために時間を費やすことは、長い人生の中で自分を愛することにもつながると思うのです。意識も徐々に変化していくでしょう。

例えば夏休みの宿題の工作や絵など、手をかけるほど愛しさや思いなどが入ってしまいますよね。

自分に対しても同じで、自分の外見や健康などを適当にしていれば、自分自身への興味も失せがちです。

自分が相手からどう見られているか、さらには自分の10年後の美容や健康のことを考えながら、少しずつ意識を変えてみましょう。

自分を愛するための方法7.自分に投資する

自分を愛する自分の能力アップや、自分の着るものや持ちものに投資してみるのもおすすめです。

自分のことにお金をかけるのはもったいないという気持ちになったら、自分を愛せていない証拠かもしれません。

男性の心理に、お金をかけた女性ほど、手放しがたいというものがあります。かけたお金の金額は、それだけ愛情や思い入れにもつながるのかもしれません。

・勉強のための本を買う
・習い事をする
・留学をする
・長く着られる服やバッグに奮発する

など、自分自身を磨くことにつながるものには、自己投資と思って、お金を払ってみてください。

ただし、自分への投資になるかどうかを真剣に見極め、単なる無駄遣いにならないように注意しましょう。

4.自分を愛すると起きること

自分を愛することで、自分に起きることとして、考えられることをご紹介します。

4-1.揺るがない自分でいられる

自分を愛する自分を愛することで、何があっても揺るがない自分でいることができます。

自分に劣等感があったり、自分のことを嫌いだと、いざというときに自分を信じることができないこともあるでしょう。

しかし、自分を愛している人は、自分のことを理解し受け入れているので、他人から何を言われても、何が起こっても、自分を信頼して、人生の中で怖気づくことがありません。

自分という存在をときには矛に、ときには盾にと使い分けて、正々堂々と勝負できるようになるでしょう。

自分を愛することができている人は、落ち込みにくいとも言われています。

自分を愛している人は、信頼できる自分自身がいつもそばにいるので、困難なことがあっても、すぐに立ち直ることができるのです。

落ち込むようなことがあったら、自分をうまく励ますこともできます。自分が悪いところは反省して次回に生かし、思考を切り替えられるのです。

4-2.積極的になれる

自分を愛する自分を愛することができると、今までよりも積極的な思考になれるかもしれません。

自分を愛している人は、夢も恋愛も、自分に限界を決めず挑戦します。自分を愛しているということは、自分を信頼しているということにもつながるのです。

やろうかどうか迷っても挑戦するのは、例え失敗したとしても、その経験は必ず自分の人生のためになると分かっているからでしょう。

自分を愛していないと、「自分なんか……」というネガティブな感情が邪魔をして、成長するチャンスを見逃してしまうこともあります。

4-3.心が満たされる

自分を愛する自分を愛する人は、足りないものがあるとき、自分自身の力で心の不足を満たします。一方で、自分を愛することのできない人は、足りない部分を自分以外のものに頼って満たします。

他のモノに頼っているということは、不足する度に補ってくれるものを探さなければならないので、心が満たされることがありません。

例えば、「自分は恋愛していないから不幸なんだ」と恋人を作っても、「彼が愛してくれない」「彼が結婚してくれない」と不平不満ばかり募るのが分かりやすい例です。

自分自身への愛が満ちていれば、何かが足りないと感じることがないだけでなく、その愛情を周りの人に分け与えることもできるでしょう。

5.他人を愛するために自分を愛して

自分を愛する自分を愛する方法や、自分を愛することのできない理由などをお話ししました。本当に自分を愛することができる人は、他人をも大切にすることができます。

自分を愛することができると、まるで自家発電のように自分の中が愛で満ち、他人に影響されることなく、幸せでいられるのです。そして、余った分の愛情は、他者に惜しみなく分け与えることができるので、他人からも愛されます。

自分を愛することができないと、人生に生きづらさを感じることもあるかもしれません。

あなたも、愛する人のため、そして何より自分のために、今日から自分を愛せるように心がけて生活してみてくださいね。

この記事は2017年5月1日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る