メニューを開く
2017年3月30日 更新

ルルルンのフェイスマスク+クリームマスク6種使用レポート!口コミ・比較

ルルルン 口コミ フェイスマスク クリームルルルンのフェイスマスクを使ってみたいと思って口コミを調べていませんか?
今回、肌らぶ編集部は実際にルルルンのフェイスマスク5種類とクリームマスクを購入し、使ってみました!

マスクそれぞれの比較や使用感について詳しくご紹介いたします。
あなたに合ったマスク選びの参考になるとうれしいです♡


1.ルルルンとは?

ここではまず、ルルルンの特徴と評判についてご紹介します。

ルルルンの特徴

ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンク

ルルルンのコンセプトは、”お肌と心のすっぴんを磨く、すべての人たちを応援すること”。

シンプルな使いやすさと、使い続けられる価格を追求するルルルンフェイスマスクは全部のアイテムを試してみたくなる、豊富で魅力的なラインナップです。
ルルルンフェイスマスクの基本は”化粧水パック”。スペシャルケアとしてではなく、デイリーにお手入れに取り入れることがおすすめされています。

ルルルンフェイスマスクの口コミは?

ルルルンフェイスマスクを使ってみる前に、口コミで評判を調べてみました。
どのフェイスマスクにもうるおいを感じた口コミを見かけた一方で、テクスチャーの”とろみ”に違いがある印象です。

次章以降では、ルルルンを代表する5種のフェイスマスクとクリームマスクを実際に使用した感想を詳しくレポートしていきます!
お気に入りのフェイスマスクを見つける参考にして下さい。

2.ルルルンのフェイスマスク3種体験レポート

ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンクルルルンフェイスマスクのベーシックシリーズ3種を肌らぶ編集部員が実際に試し、使い心地や感想をレポートします。
今回は、3つのパックを公式ページがおすすめする以下の使い方で試してみました。

◆使い方◆
1.洗顔後に使う
2.フェイスマスクを顔に合わせてフィットさせる
3.10分おく
(公式ページでは10分から15分程度の使用時間がおすすめされています)
4.はがしたマスクを折りたたんで軽く肌をパッティングする

ルルルンのフェイスシートについて

ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンク公式ページによると、ルルルンのフェイスシートは日本人女性の平均サイズをもとに微調整を繰り返してつくられたマイクロファイバー配合のシートだそうです。

試してみたところ私の顔の形にもピッタリで、自分が日本人女性の平均サイズであることを確認する結果になりました。目元や口元のパーツぎりぎりまでしっかりシートがカバーしてくれます。
鼻の部分はかなりシートがあまったので折りたたんで使いました。平均より、きっと鼻が低いのだと思います。

小鼻のキワまで覆えるフェイスマスクは初めての経験だったので、細かい部分までエッセンスを届けられるような気がしてうれしいです。
フェイスシートは薄めの素材で、肌にぴったり密着して浮いてこなかったのもポイントです。
(個人の感想です)

ルルルン バランスうるおいタイプ

ルルルン バランスうるおいタイプ価格:300円(+税)
内容量:7枚
ベーシックシリーズの中でもスタンダードタイプのルルルンフェイスマスク。保湿成分「コメセラミド」「ヒアルロン酸」「アカシアハチミツ」などの保湿成分を配合しています。
ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンク説明書き通りに使うと、とろっとしたエッセンスが肌に密着して被膜感がありました。しっとりとうるおいが行き渡ったような満足感で、ベタつきは気になりません。保湿感はあるのにライトな使い心地で、朝パックとして使ってすぐにベースメイクにうつっても、化粧ヨレが気になりませんでした。スタンダードタイプだけあり、幅広い肌タイプに受け入れられそうな印象です。
(個人の感想です)

青のルルルン もっちり高保湿タイプ

青のルルルン もっちり高保湿タイプ価格:400円(+税)
内容量:7枚
ピンクのルルルンよりも、もう少しうるおいを感じたい方は「青のルルルン」がおすすめ。保湿成分「リピジュア」「ヒアルロン酸」「グリセリルグルシド」などを配合しています。
ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンクパックしているときはピンクのルルルンと似た使い心地だと思っていましたが、指定の時間パックしてからシートを折りたたんで肌になじませた後の肌感は全然違います。
とにかく、肌にエッセンスのとろみがたっぷりと残り、ハンドプレスしてもなかなかなじまず、両手に肌がくっついてくる感じです。
ただし、一生懸命なじませると肌がかなりもっちりしたように感じます。乾燥してファンデーションがひび割れたり、粉を吹いてしまうような方はこれくらいの保湿感があったほうが満足度が上がるのかな??と思いました。
(個人の感想です)

白のルルルン さっぱり透明感タイプ

白のルルルン さっぱり透明感タイプ価格:400円(+税)
内容量:7枚
ピンクのルルルンよりもさっぱりとした使い心地なのが「白のルルルン」です。整肌成分として、「ビタミンC誘導体」や「キウイ」などから抽出した植物液を配合。
ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンクほかの2種類のフェイスマスクと比較すると、かなりサラサラなテクスチャーのエッセンスです。

水をたっぷり湿らせたフェイスマスクでパックしているようなイメージで、肌の水分を持っていかれないか少し不安になりました。実際にはシートを折りたたんで肌にエッセンスをなじませた後も乾燥は気にならず、サラッとした手触りに感じました。

青とピンクはハンドプレスすると被膜感がありますが、白は肌にさらっとなじんでいき、とてもさっぱり。

肌が引き締まるような、キメが整う感じの使用感です。朝起きたときに肌がベタつく感じがしたり、テカリが気になる人は、白のルルルンを使うとスッキリしそうです。
(個人の感想です)
公式HPはこちら(大)

3.ルルルンプレシャスRED体験レポート

ルルルン プレシャスRED
ルルルンプレシャスRED価格:400円(+税)
内容量:7枚
保湿成分「コメヌカ油」「加水分解コメエキス」などを配合。肌に潤いを与えてキメを整え、すこやかに保つエイジングケア※フェイスマスクです。
※年齢に応じた保湿のお手入れのこと

ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンク

“40代からの大人ルルルン”というブランドコピーでリリースされているプレシャスシリーズ。こちらも毎日のお手入れに使う用の化粧水マスクなので、シートはルルルンのベーシックシリーズと同じものです。

エッセンスのとろみと保湿感は、青のルルルンとピンクのルルルンの中間くらいの印象です。シートを外したとき、特に肌にベタつきはなく、ハンドプレスで温めると肌がふっくらとしたように感じました。ベタつかないのに、しっとりしたうるおいを感じるので保湿のお手入れが好きな私にはかなり満足感がありました。
(個人の感想です)
公式HPはこちら(大)

4.ルルルンONE体験レポート

ルルルンONE
ルルルンONE価格:1,500円(+税)
内容量:5包
マイクロサイズのオイルが角層にしっとり浸透していく、週に1回程度の使用がおすすめされている美容液フェイスマスクです。

整肌成分「リンゴ幹細胞エキス」「ブドウ幹細胞エキス」を配合。肌をなめらかにし、ハリを与えます。

ルルルンONEのフェイスシートについて

ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンク

ルルルンの化粧水マスクとは異なり、ルルルンONEで採用されているフェイスシートは3層構造のミルフィーユシート。

目元・口元のカットは化粧水パックより少しだけ広めな印象ですが、充分にカバーしてくれています。目元はフタを出来るようになっています。

1つ面白かったのは、化粧水パックでは鼻の部分が長すぎてシートを折りたたみましたが、こちらのパックでは私の鼻の長さにジャストサイズでした。

ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンク

化粧水マスクと美容液マスクを比べると、少しカットが違うことと美容液マスクの方が厚みがあることがわかります。

美容液マスクには切れ込みが入っていて、フェイスラインにシートを密着させやすくなっています。

シートに厚みがあると肌から浮いてきやすくなるため、切れ込みが入っているのは使いやすいと思いました。
(個人の感想です)

ルルルンONE体験レポート

ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンク

乳液のようにとろとろのエッセンスがシートにたっぷりと染み込んでいます。化粧水マスクとはフェイスシートの肌当たりが全然違い、驚きました。こちらは「しっとり」「ずっしり」と肌にフェイスマスクが密着する感じで、シート自体のやわらかさを感じます。所定の時間パックすると、肌がもっちりしたようなしたうるおいを感じました。

化粧水パックの場合はパックで角層に潤いを浸透させた後に油分の多いスキンケアアイテムでフタをしますが、こちらのパックは既に油分のふたまでされている感じ。

公式ページでは、洗顔後にこのパック1つでお手入れが完了すると紹介されていましたが、たしかに肌に乾燥を感じることはありませんでした。

ベタつきがないのに満足感のある保湿のお手入れができるので、乾燥は気になるけどサッパリした使用感のお手入れにシフトしたい春先にも気持ちよく使えそうです。
(個人の感想です)
公式HPはこちら(大)

5.ルルルンクリームマスク体験レポート

ルルルン クリームマスク
ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンク価格:1,500円(+税)
内容量:100g
フェイスマスクのうるおいをキープするためのクリームマスクです。マイクロゲル構造によって肌をしっとりとラッピングし、うるおいを与えます。
ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンク夜はフェイスマスクの後に、朝はオールインワン化粧品としての使用がおすすめされているクリームマスクです。

ゲルっぽい質感を想像していましたが、クリームとゲルの間のようなとてもみずみずしい感触です。ライトな肌あたりですが、包み込まれるような保湿感がありました。皮膜感というよりは、肌になじんでもっちり定着するような気持ちよさで気に入りました。

デコルテまで伸ばしてみたら、なめらかな手触りになった気がしました。
(個人の感想です)
公式HPはこちら(大)

6.ルルルン感想まとめ

試したルルルンフェイスマスクはどれも肌にうるおいを感じ、ヒリヒリ感など肌に痛みがあることもありませんでした。なので、選び方の基準はやはり「使用感」になりそうです。

今回、使ってみたルルルンフェイスマスクの中で、私がもっともデイリーに使いたいと思ったのはルルルンプレシャスREDです。
うるおい感とサッパリしたテクスチャーのバランスが丁度良く、特に朝のお手入れでベースメイクのための保湿スキンケアとして取り入れたいです。

ルルルンはアイテム数が多いので、季節や肌コンディションに合わせてフェイスマスクの種類を選べる点も魅力の1つだと思います。
私はデイリーにはルルルンプレシャスREDを使い、夏場など湿気と暑さが気になるタイミングではピンクのルルルンにシフトしようと計画中です。

また、ルルルンフェイスマスクを使用した後は、やはりクリームマスクで肌に油分のフタをするのがおすすめです。

ルルルンフェイスマスクは、それだけで肌にしっとり感が生まれるので、その後に使うクリームが濃厚なテクスチャーだと使用感が重くなりすぎてしまうように感じました。

ルルルンのクリームマスクはゲルとクリームの間のような肌当たりで、さすがルルルンフェイスマスクとの相性を考えてつくられているなと思います。
(個人の感想です)

7.ルルルンのフェイスマスクはどこで買える?

ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンク

ルルルンのフェイスマスクは全国のドラッグストアやバラエティショップなどの店舗と、各インターネットショップで購入することができます。
ここでは、肌らぶ編集部おすすめの購入方法についてご紹介していきます。

肌らぶ編集部おすすめの購入先

ルルルン 口コミ フェイスマスク クリーム 青 白 ピンク

肌らぶ編集部では、ルルルンフェイスマスクの購入先として公式オンラインショップをおすすめします。

公式オンラインショップでは、ほとんどのルルルンフェイスマスクを購入することができるので、「どのフェイスマスクが合っているか一通り試してみたい」というビギナーさんでも買い物をしやすいのが特徴です。

また、公式オンラインショップでは定期コースのサービスを受けることができ、10%OFFで対象商品を購入することができます。デイリーに使用する化粧水パックだからこそ、お得に購入できるサービスは嬉しいですね。

(2017年3月時点の情報です)

公式HPはこちら(大)

おみやげにピッタリ!ご当地プレミアムルルルン

ほとんどのルルルンフェイスマスクはオンラインショップで販売されていますが、一部商品については取り扱いがありません。それが、「地域限定プレミアムルルルン」シリーズで、その地域ならではの原料を使用した、香り付きのフェイスマスクです。

ここでは、ご当地プレミアムルルルンシリーズの一部をご紹介します!旅行で訪れた際には、その土地でしか購入できないルルルンのフェイエスマスクをおみやげ用・自分用にぜひ購入してみてください。

(2017年3月時点の情報です)

■沖縄のプレミアムルルルン(シークワーサーの香り)

沖縄のプレミアムルルルン(シークワーサーの香り)

■北海道のプレミアムルルルン(ラベンダーの香り)

北海道のプレミアムルルルン(ラベンダーの香り)

■京都のプレミアムルルルン(お茶の花の香り)

京都のプレミアムルルルン(お茶の花の香り)

■栃木のプレミアムルルルン(とちおとめの香り)

栃木のプレミアムルルルン(とちおとめの香り)

8.おわりに

ルルルンを代表するフェイスマスクとクリームマスクを実際に購入し、使用感について詳しくお伝えしました。いかがでしたでしょうか。

お手軽に試せるルルルンのフェイスマスクはデイリーな保湿のお手入れにおすすめしたいアイテムです。たくさんのフェイスマスクから、お気に入りをぜひ見つけてくださいね!

この記事は2017年3月27日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


   

Pocket
LINEで送る