メニューを開く

化粧落としはお好みのものを選ぼう!タイプ別にご紹介します

化粧落とし おすすめ
「化粧落としって、どんなものを選べばいいのかな?」とお悩みではありませんか?

化粧落としはさまざまなタイプがあるので、ぜひ自分の肌に合ったものを選ぶことをおすすめします!

ここでは、タイプ別に化粧落としをご紹介します。



1.化粧落としの種類&肌らぶ編集部おすすめ化粧落とし

ここでは、化粧落としの種類と、肌らぶ編集部がおすすめしたい化粧落としをご紹介します。

ぜひ、化粧落としを選ぶ参考にしてみてください。

1-1. 【クリームタイプ】化粧落とし

化粧落とし おすすめ
クリームタイプの化粧落としは、こっくりとしたテクスチャーで、肌のうるおいを保ちながら化粧を落とすことが期待できルアイテムです。

肌が乾燥しやすい方やじっくり化粧を落としたい方にもおすすめです。

【肌らぶ編集部おすすめ化粧落とし(クリームタイプ)】
無印良品 マイルドクリームクレンジング
無印良品 マイルドクリームクレンジング(化粧落とし おすすめ)
化粧を落とした後の肌のしっとり感が特徴的な、クリームタイプの化粧落としです。
うるおい成分として「アンズ果汁」「桃の葉エキス」を配合。
乾燥を防ぎながらメイク汚れを洗い落とします。
無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・アルコールフリー

⇒無印良品 公式通販サイトはこちら

1-2.【オイルタイプ】化粧落とし

化粧落とし おすすめ
オイルタイプの化粧落としは、メイクとのなじみが早く、さっぱりと落とすことができるのが魅力です。

ウォータープルーフの化粧も落とすことができるので、しっかり化粧を落としたい方におすすめです。

【肌らぶ編集部おすすめ化粧落とし】
無印良品 マイルドオイルクレンジング
無印良品 マイルドオイルクレンジング(化粧落とし おすすめ)
オリーブオイル・ホホバオイルを原料に使用した、オイルタイプの化粧落としです。
うるおい成分として「アンズ果汁」「桃の葉エキス」を配合。
メイクに素早くなじんで、メイクをすっきりと洗い落とします。
無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリー

⇒無印良品 公式通販サイトはこちら

1-3.【ミルクタイプ】化粧落とし

化粧落とし おすすめ
ミルクタイプの化粧落としは、みずみずしい使用感でつっぱりにくく、肌に負担がかかりにくいのが魅力です。

肌がデリケートに傾きやすい方や、乾燥しやすい方、薄い化粧の日などにもおすすめです。

【肌らぶ編集部おすすめ化粧落とし】
無印良品 マイルドミルククレンジング
無印良品 マイルドミルククレンジング(化粧落とし おすすめ)
軽やかなテクスチャーでメイクとのなじみが良い、ミルクタイプの化粧落としです。
うるおい成分として「アンズ果汁」「桃の葉エキス」を配合。
使用後は、洗顔をせずにそのまま次のステップに進むこともできます。
無香料・無着色・無鉱物油・アルコールフリー

⇒無印良品 公式通販サイトはこちら

1-4.【ジェルタイプ】化粧落とし

化粧落とし おすすめ
ジェルタイプの化粧落としは、弾力のあるテクスチャーで肌に摩擦が起きにくく、洗い上がりもスッキリする点が魅力です。

さらっとした洗い上がりがお好みの方にもおすすめです。

【肌らぶ編集部おすすめ化粧落とし】
無印良品 マイルドジェルクレンジング
無印良品 マイルドジェルクレンジング(化粧落とし おすすめ)
メイクとよくなじみ、さっぱりとメイクを落とすジェルタイプの化粧落としです。
うるおい成分として「アンズ果汁」「桃の葉エキス」を配合。
手や肌が濡れていても使えるため、お風呂で使用することもできます。
無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・アルコールフリー

⇒無印良品 公式通販サイトはこちら

1-5.【リキッドタイプ】化粧落とし

化粧落とし おすすめリキッドタイプの化粧落としは、トロッとしたテクスチャーのものが多く、オイルフリーもしくは油分が少ないアイテムです。

まつげエクステをしている方や、化粧品の油分が苦手な方にもおすすめです。

【肌らぶ編集部おすすめ化粧落とし】
無印良品 オイルフリーリキッドクレンジング
無印良品 オイルフリーリキッドクレンジング(化粧落とし おすすめ)
ややとろみのあるテクスチャーが特徴的な、リキッドタイプの化粧落としです。
うるおい成分として「アンズ果汁」「桃の葉エキス」を配合。
ナチュラルメイクの日にもおすすめです。
無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・アルコールフリー

⇒無印良品 公式通販サイトはこちら

2.化粧を落とす際に気をつけること

ここでは、化粧を落とす際に気をつけたいポイントをお伝えします。

①乾いた手で化粧落としを使用する

化粧落とし おすすめ化粧を落とす際は、手が濡れていない、乾いた状態で落とすことをおすすめします。

化粧の油分と化粧落としに含まれるクレンジング成分は、水分がない状態の方がよくなじむと考えられるからです。

商品によっては濡れた手でも使用できるものもありますが、よりきちんと化粧を落としたいのであれば、手を乾いた清潔なタオル等でよく拭いてから化粧落としを使用することをおすすめします。

②ポイントメイク用リムーバーを使用する

化粧落とし おすすめアイメイクや口紅といったポイントメイクは、ポイントメイク用のリムーバーで落とすことをおすすめします。

アイメイクや口紅は汗や水に強いものが多く、落としにくいものが多いといわれています。

そのため、無意識のうちにゴシゴシとこすってしまったり、化粧を落とす時間がかかってしまったりすることがあるようです。

特に、目元や口元などは皮膚が薄く繊細な部分でもあるので、肌への負担をおさえるためにも、ポイントメイク用のリムーバーを使って落とすようにしましょう。

ポイントリムーバーをご紹介します。

無印良品 マイルドアイメイクアップリムーバー
無印良品 マイルドアイメイクアップリムーバー(化粧落とし おすすめ)
べたつき感を残さずに化粧を落とす、ポイントメイクリムーバーです。
うるおい成分として「オリーブスクワラン」「カミツレ花エキス」「モモ葉エキス」、保湿成分として「ヒアルロン酸Na」を配合。
無香料・無鉱物油・パラベンフリー・アルコールフリー

⇒無印良品 公式通販サイトはこちら

③適量を使って丁寧に化粧を落とす

化粧落とし おすすめ化粧落としは、適量を使って丁寧にメイクとなじませるように心がけましょう。

化粧落としの使用量が少ないと、化粧が落ちにくくなり、ゴシゴシとこするようになじませて肌に負担がかかりやすくなってしまうことが考えられます。

商品に記載されている使用量の目安を守って、顔のすみずみまでよくなじませて洗い流すようにしましょう。

④ぬるま湯でよく洗い流す

化粧落とし おすすめ化粧を落とす際は、ぬるま湯で洗うことをおすすめします。

熱すぎるお湯で洗うことで、化粧だけでなく肌に必要な皮脂も落とし過ぎてしまい、乾燥しやすくなってしまうこともあるからです。

逆に、冷たすぎる水で洗うと、化粧やその他の汚れが落ちにくいといわれているため、何度も洗い流すことになり、肌に過度な負担がかかりやすくなります。

触ったときに少しだけぬるく感じる程度の温度で洗うように意識してみてください。

また、フェイスラインや小鼻などはすすぎ残しを見落としやすい部分だといわれているため、最後にすすぎ残しがないか確認することをおすすめします。

3.まとめ

化粧落としをタイプ別にご紹介しましたが、いかがでしたか?

今までなんとなく化粧落としを選んでいたという方も、今回の内容を参考に、自分に合った化粧落としを探してみましょう!!

化粧落としは、自分の素肌をすこやかに保つために欠かせないステップです。

ぜひ、こだわりを持ってアイテムをみつけてください!

この記事は2017年4月27日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る