メニューを開く

巻き爪の原因は何!?痛くてつらい巻き爪の改善方法と予防策

巻き爪 原因

痛い足の巻き爪にお悩みではありませんか?

巻き爪がひどくなると触れるだけで痛みが走り、歩くこともままならなくてつらいですよね。

しかし、なぜ巻き爪になってしまうのでしょうか。巻き爪になってしまったらどう対処したらよいのでしょうか。

今回は、痛くてつらい巻き爪の、原因と改善方法をご紹介します。



astalift
astalift

1.巻き爪になってしまう6つの原因

巻き爪になってしまうのには、さまざまな原因があります。

ここでは、巻き爪を引き起こす6つの主な原因をお伝えします。

原因1|間違った爪の切り方をしている

巻き爪 原因

間違った爪の切り方は、巻き爪の大きな原因の1つです。

特に、指先の皮膚が見えるほどに爪を切りすぎてしまう深爪の状態は、巻き爪になりやすいといわれています。

深爪をすると、爪が伸びるときに爪の端が指の肉に食い込んでしまうためです。爪まわりの肉や皮膚は爪の成長を妨げ、伸びようとする爪が変形して巻き爪になってしまうのです。

原因2|靴が足の形にあっていない

巻き爪 原因

自分の足にあっていない靴を履いていると、爪の両脇が圧迫され、巻き爪になりやすいといわれています。

サイズが小さすぎたり大きすぎたりする靴も、足に負担がかかる原因の1つ。

また、女性の場合はヒールのある靴やパンプスなど、つま先に負荷がかかる靴を履くことが多いため、巻き爪になりやすいともいわれています。

原因3|巻き爪になりやすい爪の形をしている

巻き爪 原因

巻き爪には、爪の形も関係していると考えられます。

生まれつきの爪の形が、巻き爪になりやすい爪の形であることがあります。ご両親のどちらかが巻き爪だと、遺伝の影響でその子どもも巻き爪になる可能性が高まるのです。

爪の形が原因の場合、幼い頃から巻き爪に悩まされることが多いというのも特徴です。

原因4|つま先に負荷がかかりやすい運動をしている

巻き爪 原因

つま先に負荷がかかりやすい運動やスポーツを行うことも、巻き爪の原因となります。

足の爪に強い圧力がかかったり、圧迫され続けたりすると、爪が指の肉に食い込み、巻き爪になりやすくなるのです。

つま先に負荷がかかりやすい運動には、以下のようなものがあります。

・サッカー
・陸上競技
・テニス
・バスケットボール
・バレエ

原因5|体重が急激に増加した

巻き爪 原因

肥満などによって急激に体重が増加すると、足に負担がかかり、巻き爪になりやすくなるといわれています。

体重増加によって爪が皮膚に食い込み、爪が変形しやすくなってしまうのです。

女性の場合、肥満だけでなく妊娠によっても体重が急激に増えることがあるため、注意が必要です。

原因6|加齢によって爪が乾燥してしまう

巻き爪 原因

加齢による体質の変化が、巻き爪を招くこともあります。

人は年齢を重ねると、次第に身体が油分や水分を保ちにくくなり、乾燥しやすくなります。爪も同様に、加齢によって乾燥していきます。

乾燥した爪は、固く縮み、内側に食い込みやすくなるため、巻き爪になりやすくなってしまうのです。

2.自宅でできる巻き爪対策

巻き爪で痛いとき、まずは自宅でのセルフケアで改善できないかな?と考えますよね。

ここでは、自宅でできる2つの巻き爪対策をご紹介します。

対策1|コットンパッキング

コットンパッキングは、巻き爪が痛くなってしまったときの対処法としてよく使われる方法です。

まず、足を清潔にしておきましょう。事前にお風呂に入っておけば、爪がやわらかくなるのでやりやすいです。

ちぎったコットンを米粒くらいの大きさに丸め、それを爪が刺さっている部分にピンセットで詰めます。

巻き爪 原因_コットンパッキング

こうすることで、食い込んだ爪を指の外に出し、爪と肉の間にすき間をつくることができます。

ただし、化膿していたり、コットンを挟み込む余裕がない場合は、無理にコットンを詰めないようにしましょう。

また、はさんだコットンは必ず毎日取り替え、清潔な状態を保つことが大切です。

対策2|テーピング

テーピングは、テープで爪が食い込んだ指先の皮膚を引っ張り、爪が刺さらないように離す方法です。

まず、伸縮性のあるテープを用意します。

次に、テープの端を、巻き爪になっている箇所の爪ギリギリに貼ります。

巻き爪 原因_テーピング1

爪から皮膚を離すようにテープを引っ張り、指の腹側を通して1周させます。

巻き爪 原因_テーピング2

テープで皮膚を押さえるため、爪の食い込み軽減が期待できます。

テープを貼る際に指が濡れていたりクリームなどの油分がついていると、テープの粘着力が弱まり、はがれやすくなってしまいます。しっかりと乾かしてからテーピングを行うようにしましょう。

また、テーピングは毎日張り替え、つま先を清潔に保つようにしましょう。

3.病院で行う巻き爪治療

「自宅でのセルフケアでは改善が難しい…」「だんだんと痛みが強くなってきた」という場合は、無理をせずに病院やクリニックなどの医療機関で治療を受けるようにしましょう。

巻き爪のときは、皮膚科や外科、形成外科などを受診するのが一般的です。そのほか、巻き爪専用外来があるクリニックなどもあるようです。

ここでは、巻き爪のときに病院で行ってもらえる主な治療方法についてご紹介します。

ただし、治療方法は各病院によって異なります。気になる方は病院ごとの治療方法を確認してみましょう。

※自由診療による治療の場合、保険は適用されません。
※効果には個人差があります。

治療1|内服薬・外用薬の処方

とにかくすぐに痛みを抑えたい、というときは、痛み止めの内服薬や外用薬を処方してもらえるようです。

しかし、薬だけでは痛みを抑えることはできても、根本的に巻き爪を改善することはできません。

適切な治療と組み合わせて薬を服用する必要があります。

治療2|ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは、爪の先端に穴を開けてワイヤーを通し、爪を引っ張ることで爪の形を矯正するという巻き爪治療です。

深爪のため先端にワイヤーを通すことができないときは、アクリル樹脂などで爪を延長してそこにワイヤーを通したり、穴を開けずにワイヤーを爪に引っ掛けることで引っ張るなどの方法もあります。

ワイヤーの代わりに、形状記憶合金のプレートやグラスファイバー製の薄いプレートを使用することもあるようです。

巻き爪の状態によっては、ワイヤーの交換をするために通院が必要になる場合があります。

矯正による痛みがほとんどないことから、広く用いられている治療方法です。

○料金の目安
5,000円~20,000円/1箇所
※病院・治療回数によって異なります。

治療3|爪母の切除

巻き爪の治療として、爪母を切除する方法がとられることもあります。

爪母とは、新しく爪をつくり出す細胞のことで、爪の根元の部分に存在します。

巻き爪になっている部分の根元の爪母を、手術によって部分切除することで、爪の幅が狭くなり、巻き爪の改善が期待できます。

爪の変形がひどく巻き爪の状態が深刻だと、爪母を全切除して爪がまったく生えてこないようにすることもあるようです。

○料金の目安(保険診療)
4,000円~8,500円/1回
※病院・手術内容によって異なります。

治療4|フェノール法

フェノール法とは、フェノールという薬剤を使用し、巻き爪部分の爪母を腐食させて壊してしまうという治療方法です。

ただし、残った爪が再び巻き爪になってしまう可能性もあるようです。また、フェノールで爪母を腐食させる際に、正常な皮膚までダメージを受けてしまうというリスクもあります。

自分の巻き爪の状態と、治療のメリット・デメリットをきちんと把握した上で、治療を受けるようにしましょう。

○料金の目安(保険診療)
4,000円~8,500円/1回
※病院・手術内容によって異なります。

4.巻き爪にならないための予防策

実は、巻き爪の改善のためには、予防策をきちんととることが非常に重要です。

どんなに自宅で対策をしたり、病院で治療を受けたりしたとしても、巻き爪になった原因を放置している限り、再び巻き爪になってしまう可能性があるからです。

そこで、巻き爪にならないためにぜひ実践してほしい予防策を4つ、ご紹介します。

予防1|正しく爪を切る

巻き爪を予防するためには、爪を正しく切ることが大切です。

巻き爪にならないためにおすすめなのは、スクエアカットと呼ばれる、爪が四角く残るようにする切り方です。

指の形にあわせて角を落として丸く切ると、見た目はきれいではありますが、伸びたときに爪が内側に食い込みやすくなってしまいます。もちろん、深爪もよくありません。

巻き爪 原因

爪の上部は平らにし、角は引っかからない程度に丸くします。

爪を切り終わったら、最後は丁寧にやすりをかけて、なめらかに整えましょう。

予防2|自分の足にあった靴を履く

巻き爪 原因

足に不要な負担をかけないように、自分の足にあった靴を履くようにしましょう。

先端が細すぎる靴や、小さすぎる靴は、足を圧迫する原因となってしまいます。また、大きすぎても靴の中で足が泳いでしまい、余計な負担がかかってしまいます。

サイズがちょうどよく、つま先の広い、歩きやすい靴を選ぶようにしましょう。

靴を購入する前に、きちんと試着をして自分にあうかどうかを確認することも重要です。

予防3|立ち方・歩き方を改善する

巻き爪 原因

巻き爪予防のためには、正しい立ち方・歩き方をマスターすることも大切です。

背筋を伸ばして立ち、しっかりと足を前に出してリズミカルに歩きましょう。

身体を前に押し出すときに、前に出す足ばかりに力が入って後ろの足を使わないと、つま先に負担がかかってしまいます。身体を前に運ぶときは、後ろの足でしっかりと蹴るイメージで歩くことがポイントです。

予防4|爪を保湿してしなやかに保つ

巻き爪 原因

爪が乾燥するのを防ぐためにも、クリームなどでしっかり保湿を行うようにしましょう。

十分に保湿してしなやかな爪を保つことで、内側に縮みにくくなるといわれています。

お風呂上りや外出前など、手や顔だけでなく足の爪の保湿にも気を配るようにしてみてください。

5.最後に

ここまで、巻き爪の原因と対策をお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

巻き爪が痛くて靴を履くのも歩くのも痛い…なんてことにならないためにも、巻き爪の原因を把握してしっかりと治療や予防などの対策をとることが大切です。

この記事を参考に巻き爪対策に取り組み、歩くのが楽しくなるような健康な足を目指しましょう!

この記事は2016年10月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る