メニューを開く
2016年10月21日 更新

マヌカハニーのおすすめは?自分に合ったマヌカハニーの選び方

マヌカハニー おすすめ健康・美容面で欠かせない栄養素が豊富なことから、注目されているはちみつ「マヌカハニー」が気になっている方も多いのではないでしょうか?

「価格も種類も色々ありすぎてどれを選んだらいいのか分からない…」
「難しい数字が並んでいるけれど、結局どれが私にあっているの?」

今回はそんな疑問にお答えし、あなたにぴったりのマヌカハニーの選び方とおすすめのマヌカハニーをご紹介します。



1.マヌカハニーってどんな食べ物?

「マヌカ」はマオリ語で“復活の木”“癒しの木”を意味します。

ニュージーランド先住民・マオリ族が薬として使っていたフトモモ科の低木の事で、その花の蜜から作られる濃厚で優雅な香りのはちみつが「マヌカハニー」と呼ばれます。

「メチルグリオキサール」をはじめ、ビタミン、ミネラルなどの栄養素を含むマヌカハニーは、様々な健康サポートが備わっており食品としての栄養価もあることから、健やかな体づくりにこだわりを持った方から支持を得ています。

2.マヌカハニーの選び方とおすすめ

マヌカハニーのパッケージでよく目にする「UMF」「MGO」という数値が、マヌカハニーを選ぶ際には重要になります。それぞれその数値が大きいほど、健康サポートも期待できます。

以下の表を参考に、なりたい自分の状態に合わせた数値のものを選ぶようにしましょう。
マヌカハニー

UMF

UMF数値は主に、10+、15+、20+、25+ の4種類で示されます。
(より効率的に健やかな毎日を目指すため、「UMF10+」「MGO100+」以上のものに絞って肌らぶ編集部ではご紹介します)

UMFは「マヌカハニー独自の要素」を意味するユニーク・マヌカ・ファクター(Unique Manuka Factor)の頭文字を取っており、その濃度を数値で表したものです。

UMFマヌカハニーはマヌカハニー全体の20%しか採取することができず、さらにその中でも高いUMF値のマヌカハニー(UMFストロングマヌカハニー)は全体の10%です。
一番数値の高い25+のマヌカハニーは全体の1%に過ぎません。

MGO

MGO数値は主に、100+、250+、400+、550+ の4種類で示されます。
(より効率的に健やかな毎日を目指すため、「UMF10+」「MGO100+」以上のものに絞って肌らぶ編集部ではご紹介します)

1kgのマヌカハニーに対して主要な成分・食品メチルグリオキサールが何mg含まれているかを表したものです。
(例:食品メチルグリオキサール100mg/1kg→MGO100+)

〈おすすめマヌカハニー〉

花マヌカにこだわった濃厚マヌカハニー
ストロング マヌカハニー【活性強度39+】【MGO®1100+】

UMF 39+
販売元:株式会社TCN

白色で花弁が一重の花マヌカだけを採取して作った、オーガニックマヌカハニーです。

メチルグリオキサール(MGO)が品中に多く含まれるとされるコーヒー・ココア約40mg/kgの17倍半から25倍 以上が含まれています。(【活性強度39+】【MGO®1100+】には1186mg/kg に及ぶMGO含有)

1995年設立のニュージーランド直営養蜂場で、海外養蜂歴40年以上の日本人養蜂専門職をリーダーとし生産されています。
MANUKA HEALTH 社の100%ピュアマヌカハニー
マヌカハニー MGO 550+ (UMF25+相当) 250g

e manuka
販売元:株式会社アイン

ニュージーランドでマヌカ製品を扱う、マヌカヘルス・ニュージーランド社の無農薬マヌカハニーです。

マヌカヘルス・ニュージーランド社は、HACCP※の方針に基づくNZFSA(ニュージーランド食品安全局)のリスクマネジメントプログラムにより実践される承認を得たメーカーであり、輸出許可認証メーカーです。

 

サプリメントで手軽に取れるマヌカハニー
薬院オーガニックの粒マヌカ

manukahoneyLP_2ol
販売元:薬院オーガニック株式会社

ニュージーランド産MGO400+マヌカハニー配合のサプリメントです。

北米原産のハーブ・エキナセア、糖タンパク質・ラクトフェリン、難消化性デキストリンも合わせて配合し、さらに健やかな体づくりを目指します。

サプリメントタイプなら手軽に取り入れられ、量も調整しやすいので毎日続けやすいですね。
※HACCP とは、食品製造・加工作業などのあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の 危害をあらかじめ分析( Hazard Analysis )、 重要管理点( Critical Control Point ) を定め、これを連続的監視により製品の安全を確保する衛生 管理手法

3.マヌカハニーの体に嬉しい栄養成分

マヌカハニーが「スーパーはちみつ」と言われ、人気が高い理由は、栄養素や性質の魅力にあります。
その栄養素と性質をカンタンにご紹介します。

①フルクトース(果糖)とグルコース(ブドウ糖)

マヌカハニーの70~80%は分子の小さい単糖類で構成されています。

マヌカハニーに入っている単糖類は主に、フルクトース(果糖)とグルコース(ブドウ糖)です。

単糖類は体内への吸収が早いため、食後約20分でエネルギー源に変わると言われています。

また、フルクトース(果糖)は保湿にも適しているため、少量をシャンプーに混ぜて髪を洗うことで、髪につやを与えることも期待できます。

〈マヌカハニー&ココナッツオイルのヘアケアもおすすめ〉

(1)ココナッツオイルとはちみつを2:1で混ぜる
(2)髪を洗ってよく乾かした後に混ぜたものをすり込む
(3)蒸しタオルで包みラップで巻いて10分ほど放置、その後ぬるま湯で洗い流す
※髪の傷みが強い場合は3日に1回行うのがおすすめです

②ビタミン・ミネラル

健やかな体づくりにプラスしたい大切なビタミンとミネラルがバランス良く含まれています。

ビタミンとミネラルはほとんど体内で合成できない為、日々の食事で意識的に摂取することが大切です。

③必須アミノ酸

健康維持・美容に必要な必須アミノ酸は、毎日の食事の中でバランス良く、かつ適切な量を摂取することが大切です。

毎日の食事で必須アミノ酸を摂取するには、様々な種類の食材を毎日取らなければいけません。

しかし、マヌカハニーは9種類の必須アミノ酸のうち、イソロイシン、ロイシン、バリン、リジン、メチオニン、フェニルアラニンを含んでいると言われており、必須アミノ酸のほとんどの種類を一度に摂取することができます。

4.マヌカハニーのおすすめの食べ方

栄養がたっぷりの“スーパーはちみつ”マヌカハニーの魅力を、美容と健康へとつなげる食べ方を4つのポイントでご紹介します。

①1日3~4回小さじ1杯~大さじ1杯程度(5ml~15ml)を直接舐める

量は使用目的によって変わりますが、普段摂取する目安としては、1日3~4回、1回につき小さじ1杯~大さじ1杯程度(5ml~15ml)を直接舐めることが最も効率的な食べ方だと言われています。

また、マヌカハニーに含まれる「メチルグリオキサール」を摂取しすぎてしまうと、体に負担をかけることもあると言われているので注意する必要があります。

1歳未満のお子様には摂取をおすすめできません。

②空腹時かつ食事前・睡眠前にとる

マヌカハニーを摂取するタイミングは、空腹時や食事前、もしくは睡眠前がおすすめだと言われています。

胃腸が弱い方は、食べ始めは1日4回、1回大さじ1杯程度(15ml)など多めに取り、その後摂取する量を徐々に減らしていくことをおすすめします。

甘い物が苦手な方はリンゴ、グレープフルーツ、夏ミカンなど酸味系果物と一緒に食べるのがおすすめです。

③木製のスプーンやハニースティックを使う

マヌカハニーをすくう際は、木製やプラスチック製のスプーン、もしくはハニースティックの使用をおすすめします。

金属製のスプーンを使用すると化学反応を起こし、マヌカハニーの魅力を最大限に引き出すことができなくなると考えられています。

④常温で保存する

“唯一腐らない食べ物”としても知られているはちみつは、基本的に常温で保存することができます。

湿気が少なく、直射日光を避けた涼しい場所での保存が理想的で、保存期間は約2~3年だと言われています。

食べる際には、毎回清潔なスプーンを使用し、マヌカハニーが傷まないようにしましょう。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
古来から愛される“復活・癒し”の木のパワーは、日々の生活に積極的に取り入れていきたいですね。

この記事を参考に、是非あなたにぴったりのマヌカハニーを見つけてみてください!

この記事は2016年3月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。