メニューを開く
アスタリフト;

方法は人それぞれ 臭わない人になるための体臭対策

体臭 対策体臭が気になり始めると、自分のニオイが周りの人に嫌がられていないか、恋人やパートナーに嫌われないかと不安になります。でも、いくら悩んでいても、対策を見つけて実践しなければ、体臭はなくなりません。今すぐニオイ対策を見つけましょう。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.体臭対策のために実践した9つの生活習慣

体臭にはいろいろな種類、原因があり、中にはワキガ症のように生まれつきの体質が原因のものもあります。でも、体臭が強くなる原因は、毎日の生活習慣にあることが多いので、生活習慣を見直すことが大切です。

①軽い運動を習慣化する

1日中エアコンのきいた部屋にいたり、運動不足だったりすると、汗に含まれる乳酸が増え、汗の臭いが強くなることがあります。

体臭対策には、一定時間継続して、軽い有酸素運動を行うことがよいと言われているので、ジョギングやウォーキングなどを1回20~30分、定期的に行うことがおすすめです。

激しい運動をしてしまうと、疲労物質の乳酸を増やしてしまい、汗腺から出るアンモニアの分泌が促されてしまうので、気をつけましょう。

②脂っぽい食事、動物性タンパク質中心の食事をひかえる

動物性タンパク質や脂肪などを多く含む食事ばかりしていると、アポクリン腺が刺激され、汗が分泌されやすくなると言われています。

アポクリン腺とは、特殊な汗腺で脇や股間などにあります。
このアポクリン腺から分泌される汗のニオイがいわゆるワキガ臭です。

特にワキガの疑いがある方は、このような食事をひかえるようにしましょう。

③肌に直接触れるインナーは毎日取りかえ、一度着たものは洗濯する

体温調節のためにかく汗は、エクリン腺という全身にある汗腺から発汗し、アポクリン汗腺からの汗と違い、汗そのものは無臭です。
でも、たとえ無臭の汗でも、皮脂と混ざると、そこに雑菌が発生し、いやなニオイのもとになります。
雑菌は時間が経つと急激に繁殖していくので、1日着たインナーやTシャツなどを次の日も着てしまうと、強いニオイを発することがあります。

デニムなど、色落ちなどが気になってあまり洗濯しない方もいるようですが、肌に直接触れるものなので、意外にニオイの元になっていることが多いことを忘れないでください。

④靴は続けて履かない

足の裏も汗をかきやすい部位です。
靴に湿気が残っていると、雑菌が繁殖していき、それがニオイのもとになります。
1日履いた靴はしっかり乾燥させ、ニオイのもととなる雑菌が繁殖しないよう、2日連続で同じ靴を履かないようにしましょう。

⑤入浴はシャワーだけでなく、湯船につかる

軽い運動と同じように、毎日適度に汗をかくことは、ニオイの原因となるアンモニア臭を予防するためにおすすめです。
しっかり湯船につかり、体温を上げて汗をかくことを毎日の習慣にしてみてください。

⑥洗剤、柔軟剤は、消臭、抗菌効果のあるものを使う

最近では、どんな洗剤や柔軟剤にもある程度の消臭、抗菌効果があります。こまめに洗濯をして、汗や皮脂に雑菌が繁殖するのを防ぎましょう。

⑦タバコ、アルコールを控える

タバコに含まれるニコチンには、汗腺を刺激する作用があり、それによりタバコを吸うと汗をかきやすくなります。

汗をかきやすくなることで、エクリン腺から出るふつうの汗だけでなく、アポクリン腺から出るワキガのもとになる汗も増えてしまい、それが悪化してワキガになってしまうことも考えられます。

また、アルコールも汗腺を刺激しやすく、ニオイの強い汗をかきやすくすることがあります。
体臭が気になる方は、タバコやアルコールの飲み過ぎに気をつけましょう。

⑧食物繊維の多い食事を心がける

便秘や腸内環境の乱れが、体臭の原因になることがあります。野菜や海草など、食物繊維の多い食事を摂るように心がけましょう。
サラダを食べる女性

⑨太りすぎに注意

「ノネナール」という加齢臭の原因となる成分は、皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化してできます。

ノネナールは加齢臭の原因と言われていますが、若くても大量に出る人がいて、それが体臭の原因になるのではないかと考えられています。
体内の脂肪や活性酸素が多いほど、ノネナールの分泌が活発になることが多いと言われています。

2.食べ物で体臭対策

体臭対策には、次のような食べ物を積極的に摂るように意識しましょう。

①腸内環境をサポートする食品

腸内環境のバランスを整え、体臭を抑えることが期待できる、食物繊維や乳酸菌、オリゴ糖の多い食品を積極的に摂るようにしましょう。

食物繊維:野菜、海草類、キノコ類など
乳酸菌:ヨーグルト、ぬか漬けなど
オリゴ糖:タマネギ、キャベツ、ゴボウ、アスパラガスなど

②抗酸化食品

体臭を引き起こす原因のひとつに活性酸素があると言われています。そのため、活性酸素の発生を抑えるはたらきが期待される、ポリフェノール、セサミン、リコピンを多く含んだ食品を多く摂ることをおすすめします。
ポリフェノール:緑茶、紅茶
セサミン:ゴマ
リコピン:トマト

③その他

体臭を予防するのにおすすめな食品を4つご紹介します。

・ショウガ(殺菌作用があるため、肌の雑菌が繁殖するのを予防することが期待できます)
・大豆(女性ホルモンに似た働きがあるため、汗をかきにくくしてくれます)
・レモン(殺菌作用・消臭作用が強いため、気になるニオイを防ぐことが期待できます)
・酢 (中でも、リンゴ酢は独特なワキガ臭を抑えることが期待できると言われています)

3.体を清潔にすることでの体臭対策

汗や皮脂に含まれるタンパク質やアンモニアに雑菌が繁殖することで発生する体臭や足のニオイ、過剰な皮脂の分泌が原因のミドル脂臭や加齢臭の対策には、皮脂をすっきりと落としてくれるボディソープや石鹸を使用してみてはいかがでしょう。

体臭対策として評判の良い商品をご紹介しますので、参考にしてみてください。

【医薬部外品】ローズドデオシャボン
殺菌成分イソプロピルメチルフェノールが配合されている薬用ボディソープなので、汗や皮脂の雑菌を殺菌してくれることが期待されます。体臭予防に特化したボディソープは男性向けのものが多いのですが、ローズの香りで肌に優しい使い心地で、女性にも人気の商品です。
rose_de06通常価格:2,036円(税込) 600ml
公式サイトはこちら

クリアネオ 体臭対策ボディソープ
ふつうのボディソープでは落ちにくい皮脂や体臭を洗い流すことに特化した商品として人気を集めています。ユーカリのさわやかな香りも好評です。
クリアネオボディソープ通常価格:3,480円(税込) +送料660円
お得な定期便価格:2,480円(税込)+送料660円
公式サイトはこちら

【医薬部外品】薬用柿渋石鹸(健康コーポレーション株式会社)
茶カテキン、柿タンニンが配合され、加齢臭をすっきり洗い流し、雑菌の繁殖を抑制してくれる石鹸です。
柿渋お徳用3個セット:\5,048(税別)
お得な定期購入3個セット:\4,800(税別)
公式サイトはこちら

【医薬部外品】薬用ハーバルデオドラントソープ(ドクターシーラボ)
足のニオイの悩みに特化した固形石鹸です。肌で雑菌が繁殖するのをふせぐ殺菌作用に加え、足の蒸れを抑える防湿作用もあります。汗や皮脂、古い角質を取り除く天然クレイが配合されています。
シーラボ固形石鹸通常価格:1,944円(税込)+送料 500円(110g 約1か月分)
定期購入価格:1,555円(税込) 送料無料
公式サイトはこちら

3.病院の治療で体臭対策

生まれつきの体質や病気が原因の体臭は、生活習慣を改善するだけでは抑えることができないことがあります。
その場合には、専門医に受診して治療による体臭対策を取る必要があります。
次のような人は、ひとりで悩まずに病院に相談してみましょう。

①ワキガ

独特なニオイがある汗が分泌されるアポクリン汗腺の数が多く、粒が大きい人はワキガ症です。

アポクリン腺から分泌される汗は、アンモニアやタンパク質が含まれ、服に黄色っぽいシミができたり、雑菌と混ざり、強烈な独特のニオイを発します。

ワキガ症は遺伝的な体質で、生活改善だけで体臭を抑えるのは難しいとされています。

ワキガ症かどうかは医師に受診すればすぐにわかります。多くの場合、3000~3500円くらいで、治療が必要かどうか診断してもらえます。

治療方法や費用は程度によってさまざまですが、保険適用の手術もあるので相談してみましょう。また、ワキガ専門のボディクリームなども販売されているので、利用するのもおすすめです。

【医薬部外品】クリアネオ デオドラントクリーム
ワキガの消しづらいニオイを抑えることに特化したデオドラントクリームとして、定評
のある商品です。雑菌の増殖を抑えるイソプロピルメチルフェノールと制汗作用のあるパラフェノールスルホン酸亜鉛に加え、柿渋エキスで外側からのニオイを防ぐクリームです。
クリアネオボディクリーム通常価格:5,980円(税込)送料無料
お得な定期便価格:4,980円(税込)送料無料
公式サイトはこちら

体臭には汗臭さ以外にも、病気が原因のものがあります。これまで感じたことのない体臭を自覚した時は、
病院に受診して相談してみることをおすすめします。

③口臭

体のニオイではなく、実は口臭が原因で周囲の人から「臭い」と思われていることも考えられます。

様々な口臭の原因が考えられますが、気になる場合は病院を受診してみましょう。

口腔内の疾患(歯周病、歯肉炎など)、耳鼻咽喉の疾患(ちくのう症)などの検査を5000円程度の費用で行ってもらうことが可能です。

口臭チェッカーが1500円~4500円程度販売されているので、まずは自宅で口臭を調べてみて、もしも口臭レベルが高かった場合は、医師に相談してみてもよいでしょう。

なた豆塩はみがきプラス(株式会社 お茶村)
なた豆とブルターニュ産の塩を配合したはみがきです。口の中を清潔にし、口臭を防いでくれることが期待されます。
なた豆塩はみがき通常価格:1,700円(税別)
定期購入価格:1,360円(税別)
公式サイト

4.まとめ

体臭にはさまざまな原因がありますが、体臭を強くする生活習慣には、共通するものがあります。生活習慣を見直すことで抑えられる体臭も多いので、まずは毎日の生活からニオイ対策を始めましょう。
体臭は周りにも迷惑をかけてしまうものです。社会人として、できることから対策を実践していくことをおすすめします。
この記事は2015年12月25日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る