メニューを開く
アスタリフト;

メンズの肌にもお手入れは必要?セルフケアをおすすめしたい理由とは

メンズ 肌ケア

「メンズはどうやって肌のケアをすればいいんだろう?」と気になってはいませんか?
女性はもちろん、最近は「メンズコスメ」「男のスキンケア」等の言葉をよく耳にしますので、男性でもお手入れをする事は珍しくありません。

顔は、人の第一印象を左右するパーツの一つです。
男女問わず、肌がきれいな人を見るとそれだけで好印象になったりしますよね?

今回は、すでに知ってる方も今まで無頓着だった方も一度目を通してほしい、
メンズ肌のセルフケアについてのお話をしたいと思います。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.メンズの肌にもお手入れは必要?セルフケアをおすすめしたい理由とは

男 スキンケア

一般的に、男性の肌は女性よりも厚く皮脂も多いので、外からの刺激に対して比較的強く出来ていると言われています。

しかし肌の水分量は女性に比べて少ないと言われており、水分が少ないという事は「乾燥」しやすいという事に繋がります。
乾燥は、さまざまな肌悩みを引き起こす大きな原因の一つです。

男性は肌がテカりやすいとされていますが、テカリは皮脂=油分です。
「油」と「水」が異なるものであると同様、「テカリ」は「うるおい」ではありません。
テカっていても肌の水分は不足しがちのため水分補給する必要があるので、ぜひ男性もセルフスキンケアを行いましょう。

2.おすすめ!男のセルフスキンケア

ここでは、「肌のケアと言っても、自分で何をすればいいんだろう?」と、疑問をお持ちの男性に、
ここだけは必ずおさえてほしいポイントとして、「洗顔」「保湿」「紫外線対策」という3つのポイントをご紹介させて頂きます。

2-1.【洗顔】セルフスキンケアはここからスタート

洗顔 男

セルフスキンケアは、まず第一に「正しい洗顔」で、不要な汚れを落とすことから始めましょう。

「洗顔ってお手入れなの?」「洗顔はいつもやっているけど?」などと思われる方もいるかもしれませんが、優しく洗顔する事はとても大切なお手入れです。
力強く豪快にごしごし洗ってしまうと、肌への大きな刺激になります。

肌に過度な刺激を与える事も、様々な肌悩みの原因の一つといわれています。

【洗顔のポイント】

一日の終わりには、今日一日頑張った肌を、
一日の始まりには、これから一緒に頑張っていく肌を優しく労わる様に洗いましょう。

①洗顔料はしっかり泡立てる

泡が汚れを包み込み、汚れを浮かせて落とす、というのが洗顔の基本的なメカニズムとなっていますので、しっかり泡立てましょう。
洗顔ネットを使うと泡立てやすくなりますよ。

②優しく洗う

手で擦って洗うのではなく、『泡で汚れを落とす』事を意識して洗顔は行いましょう。
ごしごしと力強くこすってしまうと、本来肌に必要な皮脂まで落としてしまうかもしれません。

③ぬるま湯でしっかり洗い流す

洗顔料が顔に残ったままの状態は肌に刺激を与えますのでしっかり洗い流しましょう。
その際は30度~35度のぬるま湯ですすぐ事をおすすめします。


■おすすめ洗顔料

●MEN’S SOAP BUSO

BUSO洗顔料を泡立てるのは、慣れるまで少し難しいと感じる方もいるかもしれませんが、
こちらは泡立てネットがついています。

不要な皮脂は落としつつ、必要なうるおいはきちんと残してくれる洗顔料です。

保湿成分として、コラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、グレコシルトレハロース、ハチミツ、ドクダミエキスが配合されています。
さっぱり洗い上げつつ、洗顔後の肌のうるおいを保ってくれます。

>>>BUSO 公式HPはこちらから

2-2.【保湿】スキンケアを続けて肌のうるおいを保つ

水滴 葉っぱ

肌にうるおいを与える事(=保湿)を、肌のセルフケアで強く意識する事をおすすめします。

男性の肌は、女性の肌と比べると皮脂が多く水分が少ない状態である事が多いです。
従って、男性の肌の方が乾燥状態を引き起こしやすいと言われています。

肌の乾燥は、ニキビ、シワ、シミ、ごわつき、テカリ、かさつき…等、様々な肌悩みの原因の一つです。

皮脂が多いので、「乾燥している」という感覚を感じづらい方が多いそうです。

不足しがちな水分をしっかり肌に与えて、うるおいを保つ事がセルフスキンケアでは重要となってきます。
スキンケア化粧品を選ぶ際に大切となるポイントは、「しっかり保湿出来るか」と、「それを継続出来るか」の2点です。

■おすすめ保湿化粧品

ここでは、肌らぶスタッフがおすすめしたい化粧品をご紹介します。
ご自宅で行うスキンケアの手順は、
洗顔後に化粧水→美容液→乳液、というのが一般的だと思いますが、
今回はお手入れの手間を省いて、より手軽にセルフスキンケアが出来るオールインワンのものをご紹介します。

●B.A MEN ザ セラム

B.A MEN ザ セラム

価格:90ml/16,200円(税込)
オールインワンのメンズ化粧品です。
1プッシュで角質層までみずみずしく浸透し、洗顔後のお手入れが完了します。

ごわついて硬くなりがちな男性の肌に、うるおいを与えてくれます。

毎日忙しいけど、スキンケア化粧品にこだわりたいという方におすすめです。
高級感のあるボトルは、置いてあるだけでスタイリッシュな雰囲気があり、女性から男性へのプレゼントとして購入されるケースもあるそうです。

>>POLA B.A 公式HPはこちら

●ZIGEN オールインワン フェイスジェル

ZIGEN

価格:100ml/3990円(税込)

こちらもオールインワンのフェイスジェルです。
お手入れの時間や手間を省いてくれる、嬉しいアイテムです。

使い心地はべた付かずさっぱりとしており、無香料なので、香りに抵抗のある方にもおすすめです。

保湿成分として、ヒアルロン酸、水溶性コラーゲン、セラミド、プラセンタエキス、必須アミノ酸が配合されています。
肌にうるおいを与え、健やかに保ってくれます。

>>ZIGEN 公式HPはこちら

【スキンケア化粧品を使ったお手入れのポイント】

ここでは、スキンケア化粧品を使ってお手入れする際のポイントをお伝えします。

①量は適量を使う

化粧品の使用量は、各メーカーが定めた適正量があります。
その量で使用される事を想定して製造されていますので、使用量を確認してから使いましょう。

②保湿化粧品は手でハンドプレスする

肌の角質層までうるおいが届く様に、セルフスキンケアの際は保湿化粧品をハンドプレスして下さい。あくまで「押す」を心がけ、パチパチと叩かないようにしましょう。

③清潔な手でお手入れする

しっかり手を洗ってからお手入れする様にしましょう。
汚れた手によるお手入れは、細菌や汚れを顔に付着させてしまうかもしれません。

2-3.【紫外線対策】UV対策も大切な肌のセルフスキンケア

日差し(紫外線)

男性の方で、日焼け止めを毎日塗っているという方はそう多くないと思います。

女性でも、夏のみしか塗らないという方もいます。しかし多くの女性はメイクをしていますので、下地やファンデーションによる紫外線対策が出来ます。

紫外線も、乾燥と同様に様々な肌悩みの原因の一つです。さらに紫外線は蓄積されて後から肌悩みを引き起こす事もあります。

冬でも紫外線は地上に届いていますし、窓を通過する波形の紫外線もあるので、
年間通じて紫外線対策をおすすめします。

手軽に出来る紫外線対策としては以下が挙げられます。

○帽子を被る
○マスクをする
○サングラス(またはUVカット用メガネ)をかける

さらに日焼け止めクリームなどを塗ることをおすすめします。

■おすすめ日焼け止めクリーム

●マージェンス スキンプロテクター

マージェンススキンプロテクタースマートな男性におすすめしたい、シンプルかつ男性的なデザインのパッケージの日焼け止めです。
べたつき感がなく、のびが良くて塗りやすいです。
つけ心地はひんやりと爽やかで、特に夏は心地よくお使いいただけます。

>>POLA マージェンス 公式HPはこちら

3.まとめ

男性の方が女性を見た時に、「顔」をまず見る方が多いのと同様、
女性も男性の「顔」をまず見るという方は多いです。

どこを重視するかは人それぞれですが、一番「見られる」機会が多いのは顔ではないでしょうか。

自分の肌を健やかでみずみずしく保つ努力は、モチベーションを上げる事にもつながるかもしれません。
毎日鏡を見る事から始めてもいいと思いますので、自分の肌と向き合い、必要に応じたセルフスキンケアを試してみて下さい。

※この記事は2016年2月1日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る