メニューを開く
PR

ミネラルファンデーションが気になる!レイチェルワインを試してみた

ミネラルファンデーション 口コミ自然体で魅力的!そんなナチュラルメイク派の方におすすめしたいのが、ミネラルファンデーションです。

「ミネラルファンデーションの口コミ情報が沢山あるけれど、どんなものを選んだらいいのか分からない…。」
「レイチェルワインてどうなのかな?」

そんなあなたのために、今回はミネラルファンデーションについてご紹介します。

肌らぶ編集部員が実際にレイチェルワインのミネラルファンデーションを使用した感想もお伝えするので、ぜひ参考にしてみてくださいね!



1.ミネラルファンデーションとは

ミネラルファンデーション 口コミ

ミネラルファンデーションは、天然鉱物(ミネラル)を粉末状に配合したファンデーションのことを指します。

ミネラルファンデーションに配合されている主な天然鉱石はマイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、酸化鉄、シリカなどだと言われています。

限られた成分でできたミネラルファンデーションは大きな違いが無いと思われがちですが、ブランド毎にその特性や仕上りには、違いがあると考えられています。

マットな質感でしっかりカバーできるものや、素肌に近い仕上がりになるものなどから、自分のなりたいイメージに合わせて選ぶことをおすすめします。

2.ミネラルファンデーションを実際に試してみた!

ミネラルファンデーション 口コミ

今回は肌らぶ編集部がおすすめしたいミネラルファンデーションについてご紹介します。

今回はカラー展開が12色と豊富で、自分の肌に合ったカラーが見つけやすいレイチェルワインのミネラルファンデーションを選びました。

実際に肌らぶ編集部員がメイクをしてみた感想をレポートするので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
レイチェルワイン ミネラルファンデーション(SPF27・PA+++)
レイチェルワイン ミネラルファンデーション(SPF27・PA+++)
販売会社:株式会社ウィンフィールド・ライフリサーチ

価格
3,000円(税抜)/4.5g
★トライアルセット 通常価格6,000円(税抜)→1,833円(税抜)
(ミネラルファンデーション0.5g×2色・アクセントフェースパウダー0.3g・ソフトフィットブラシ(本品))
公式ページに記載の原材料名
マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Al
UV対策
SPF27 PA+++
カラーバリエーション
12色
(2017年3月現在の情報です)

《レイチェルワインのミネラルファンデーションをお試し!肌らぶ編集部員が感想をレポート》

塗り方のポイントや気が付いた点をまとめてご紹介するので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね♪

■肌らぶ編集部員の肌状態

頬が乾燥中で赤みあり
小鼻も赤い
ニキビ跡が気になる

《すっぴんの状態》

レイチェルワイン② (1)

レイチェルワイン ミネラルメイクアップトライアルセット

レイチェルワイン⑦

ミネラルファンデーション2点、アクセントフェースパウダー1点、ソフトフィットブラシ カブキ(本品)、ファンデーションをブラシで馴染ませるための容器(シャーレ)が入っていました。

パープルの花柄があしらわれた、女性らしいデザインです。

筆者は今回、自然な肌色とされるブロッサムとオパールを使用しました。

レイチェルワイン⑤

2色を混ぜて使用することもできますが、まずはオパールを塗ってみました。ファンデーションケースの裏を指でトントンと2回程たたいて、シャーレにパウダーを出します。

レイチェルワイン④

少なく見えますが、公式ホームページなどで確認しても、これくらいで良いようです。ファンデーションの容器にはまだまだたっぷり残っていて、これなら長持ちしそうだと感じました。

レイチェルワイン⑧

ブラシにパウダーを万遍なくつけていきます。ここでしっかりブラシにパウダーを含ませると、ムラになりにくかったです。

レイチェルワイン⑨

顔全体に、ポンポン、とファンデーションを置いていき、それからブラシをクルクルと回して、ファンデーションを馴染ませていきました。薄く均一になることを心掛けました。

ブラシが柔らかく、肌触りが気持ち良いことが嬉しかったです。

よりカバーしたい部分は、ミネラルファンデーションを少し足したブラシでクルクルと重ねて馴染ませることによって、ほとんど目立たなくなりました。

ここまで、テクニックはいらず、ベースメイクが素早く終わりました。

最後に、ハイライトの要領でアクセントフェイスパウダーを入れました。大きな変化は感じませんでしたが、頬の高い部分にとても自然なツヤを演出することができました。

(個人の感想です)

《まとめ・レイチェルワイン ミネラルファンデーションを試してみて》

ミネラルファンデーション 口コミ

肌の色ムラをカバーしやすい

サラサラのパウダーなので、肌悩みのカバーに関しては難しいのではないかと思っていましたが、カバーしやすかったです。

ニキビ跡や小鼻などの色ムラのある部分にも、ファンデーションが密着するからだと思いました。

良く見ると部分的な赤みが透けて見えるので、しっかりカバーすると言うよりは、ニキビ跡や頬、小鼻の赤みが薄くなったかのように見える、自然な印象の仕上がりに感じました。

崩れにくい

午前中に塗って、夕方になっても崩れにくかったです。

メイク直後はキレイに仕上がっていても、夕方には肌の色ムラが出てきてしまうことが良くあったのですが、レイチェルワインのミネラルファンデーションは肌にしっかりパウダーが残って崩れにくかったです。

ブラシが気持ち良く使いやすい

レイチェルワインのブラシは、パウダーを良く含むところ、肌あたりが柔らかいところが良かったです。

ずっと肌の上でクルクル回していたくなりました。

(個人の感想です)

気を付けてほしい2つのポイント

ミネラルファンデーション 口コミ

肌がサラサラな状態で使用する

スキンケア後に時間をおき、それでも肌がペタペタしていたらティッシュオフをして、サラサラになってから使用した方が良いと感じました!

スキンケア後すぐに使用すると、肌にブラシをのせた時にブラシに抵抗感を感じ、それでも無理にクルクル回したところ、パウダーが顔全体に広がりにくかったです。

サラサラな肌に使用した時の美しい仕上がりと差が出たので、心がけてみてくださいね。

少量ずつ重ねる

肌ムラをカバーしたいからといって、パウダーを一気にたっぷりブラシに含ませると、顔全体がかなりマットでしっかりメイクな印象になりました。

まずは、写真でもご紹介した位の量を顔全体に塗って、カバーしたい部分に少量ずつ重ねた方がナチュラルに美しい肌を演出したい方には良いかもしれません。

(個人の感想です)

3.ミネラルファンデーションおすすめの使い方

ミネラルファンデーション 口コミ

この章では、レイチェルワインに限らず、素肌のように自然な美しさを演出しながら、気になる肌悩みもしっかりカバーする、ミネラルファンデーションの使い方をご紹介します。

さらに、ミネラルファンデーションは各ブランド毎に使い方のぽいんがありますので、各ブランドの公式ホームページを是非参考にしてみてください。

①肌のベタつき・濡れを抑えてからのせる

肌が皮脂でべたべたしていたり、水滴がついたままになっていると、ミネラルファンデーションがうまく肌に密着できず、化粧崩れの原因になりやすいと言われています。

ミネラルファンデーションを肌にのせる前に、ティッシュで顔全体を軽く抑えるようにして余分な油分・水分を拭き取りましょう。

化粧下地を使用したい場合はなるべくオイルフリーのものを選ぶことをおすすめします。そして、化粧下地をつけた後はやはりティッシュで余分な油分を拭き取るようにしてください。

②ブラシ(またはパフ)に十分になじませる

ミネラルファンデーションをブラシ、またはパフにとったら、ティッシュの上などでブラシまたはパフにしっかりと馴染ませましょう。

ブラシ(またはパフ)にミネラルファンデーションが均等になじむことによって、肌にのせたときのムラや粉浮きになりにくいためです。

このひと手間で、ファンデーションの仕上がりに差が出るでしょう。

③メイクブラシを使用する

ミネラルファンデーションは一般的に、メイクブラシの使用が推奨されていることがあります。

ブラシ部分に丁寧にミネラルファンデーションを馴染ませてから、肌に乗せていくようにしましょう。

パフでミネラルファンデーションを塗りたい方も、メイクの仕上げには、ブラシで顔全体を撫でることをおすすめします。

こうすることで、つけ過ぎたファンデーションを落としてメイクが崩れにくくなることが期待できます。

〈メイクブラシの場合〉

(1)ブラシにファンデーションをとる
(2)ティッシュの上でブラシを回して馴染ませる
(3)顔の中心から外側に向かってくるくる回しつける
パウダー 塗り方
(4)フェイスラインをぼかす
フェイスパウダー フェイスライン
(5)ブラシの粉を落とし、きれいなブラシで顔全体を軽くはらう
フェイスパウダー ブラシ

〈パフの場合〉

(1)ファンデーションをパフにとり、両手で揉みこむ
(2)顔の中心から外側に向かって滑らせるようにのせる
パウダー 塗り方
(3) パフを折り小鼻と目のまわりにのせる
フェイスパウダー 小鼻
(4)フェイスラインをぼかす
フェイスラインをぼかす
(5)ブラシの粉を落とし、きれいなブラシで顔全体を軽くはらう
フェイスパウダー ブラシ

④少量を重ね塗りする

ミネラルファンデーションは薄く付けることがポイントです。一度にファンデーションをたっぷり付けようとするのではなく、少量をブラシに取り気になる部分に少しずつ重ねていくようにしましょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。ミネラルファンデーションは、手早く塗ることができる、魅力的なファンデーションです。

この記事を参考に、ぜひ、ミネラルファンデーションにチャレンジしてみてくださいね!

この記事は2017年3月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る