2017年5月24日 更新

リキッドタイプのしっとりミネラルファンデーション♡おすすめご紹介

ミネラルファンデーション リキッド
リキッドタイプのミネラルファンデーションを使ってみたいな、とお探しではありませんか?

ミネラルファンデーションの中でもしっとりとした使用感のリキッドタイプは、肌が乾燥しやすい方にもおすすめのアイテムです。

そこで今回は、肌らぶ編集部がおすすめしたいリキッドタイプのミネラルファンデーションをご紹介します!

また、リキッドタイプならではの魅力とキレイに仕上げる塗り方、一緒に使いたいアイテムも併せてお伝えします。




1.ミネラルファンデーションについて|リキッドタイプの魅力

まずは、リキッドタイプのミネラルファンデーションがどのようなアイテムなのかを簡単にお伝えします。

1-1.ミネラルファンデーションとは

ミネラルファンデーション リキッドミネラルファンデーションとは、一般的に、自然のミネラル成分のみで作られたシンプルなルースパウダータイプのものを指すことが多いです。

ですが実は、ミネラルファンデーションというものに明確な定義はありません。

そのため、現在は主にミネラル成分を原料として使用しているものを幅広く「ミネラルファンデーション」と呼んでいるようです。

1-2.リキッドタイプのミネラルファンデーションの魅力

ミネラルファンデーション リキッドミネラルファンデーションの中でも、リキッドタイプは「保湿」と「肌への密着感」が魅力です。

リキッドタイプは液体という性質上、パウダータイプのミネラルファンデーションのように自然のミネラル成分だけのシンプルな作りではありませんが、保湿成分などが配合されているものが多くあります。

そのため、肌にうるおいを与えて、みずみずしくつややかな肌を演出してくれることが期待できます。

また、肌にぴたっと密着して肌悩みをカバーしやすいため、リキッドタイプのミネラルファンデーションは、メイク中もうるおいを感じたい・肌悩みをカバーしたいという方にも嬉しいアイテムです。

逆に、さらっとした付け心地を求める方や、ナチュラルな仕上がりがお好みの方は、パウダータイプを選んでみるとよいでしょう。

2.肌らぶ編集部おすすめ|リキッドタイプのミネラルファンデーション

ここでは、リキッドタイプのミネラルファンデーションをお探しの方に向けて、肌らぶ編集部がおすすめしたいファンデーションをご紹介します!
ヴァントルテ 美容液ミネラルリキッドファンデーション
みえらるファンデーション リキッド販売会社:株式会社soar
容量:35ml
価格:3,500円(+税)
SPF25・PA++
全4色

【肌らぶ編集部コメント】
ピタッと肌に密着して、汗をかいても崩れにくいリキッドミネラルファンデーションです。
まるで付けているのを忘れるほど軽い付け心地で、みずみずしいツヤやハリを感じる肌を演出します。
クレンジングを使わず、石けんで落とせるので、手軽に使えるのもポイントです。

⇒ヴァントルテ公式HPはこちら

3.リキッドタイプのミネラルファンデーションをキレイに仕上げる塗り方

こちらではリキッドタイプのミネラルファンデーションをキレイに仕上げる塗り方をご紹介します。

リキッドファンデーションがムラになりやすい、よれやすい。

そんなお悩みがある方は、ぜひ参考にしてみてください!

①手の甲にファンデーションを出して、指でなじませてから肌にのせる

ミネラルファンデーション リキッドリキッドファンデーションは直接肌にのせずに、一度手の甲に出してなじませてから、肌にのせていくようにしましょう。

手の甲でなじませると、手の温度によってファンデーションが少し温まって柔らかくなり、肌に伸ばしやすくなります。

② 両頬・額・鼻・顎の5点にファンデーションをのせる

ミネラルファンデーション リキッドまずは、ファンデーションを顔の5点にのせましょう。

そこから顔の外側に向かってだんだん薄くなるように伸ばしていきます。

頬のあたりはややしっかりめに塗り、フェイスラインに向かって薄くなるように伸ばすことでメリハリがつきやすく、顔に自然な立体感を演出しやすくなります。

③ フェイスラインをぼかす

ミネラルファンデーション リキッドファンデーションを顔全体に塗ったら、フェイスラインをスポンジでよくぼかしましょう。

フェイスラインは自分では見えづらい場所なので、確認しないとファンデーションがムラになっていたり、筋になったりしてしまうことがあります。

鏡でフェイスラインをよく見ながら、スポンジで外向きになじませるようにして、筋などが残っていないか確認するようにしましょう!

きちんとぼかすことで、顔と首の色が違って見えてしまうことや白浮きして見えてしまうことも防げるので、必ず行ってください。

④ スポンジで押さえて塗りムラをなくす

ミネラルファンデーション リキッド最後に、顔を全体的にスポンジでやさしい力加減で丁寧に押さえてください。

ファンデーションの塗りムラをなくし、またスポンジがつきすぎた余分なファンデーションを吸い取ってくれるので、ファンデーションがより美しく仕上がるでしょう。

4.合わせて使いたい!ミネラルメイクアイテム

ミネラルファンデーション リキッドせっかくリキッドのミネラルファンデーションを選ぶなら、他のメイクアイテムもミネラルタイプで揃えてみたくなりますよね!

こちらでは、ミネラル成分を原料に使用した、石けんで落とすことができるメイクアイテムをご紹介します。

4-1.化粧下地

化粧下地を最初に使うことによって、ファンデーションが肌により密着しやすくなり、化粧崩れしにくくなることが期待できます。

化粧下地は、スキンケアの後に、肌に薄く均等に伸ばしましょう。

※ミネラルファンデーションの種類によっては、下地不要の商品もあります。

ヴァントルテ ミネラルシルクメイクアップベース
ミネラルファンデーション リキッド販売会社:株式会社soar
容量:30ml
価格:2,800円(+税)
SPF25・PA++

【肌らぶ編集部コメント】
乳液のようによく伸びるテクスチャーで、一度塗りでも肌によくなじむ化粧下地です。
色ムラを補正してみせるだけでなく、肌にうるおいやハリを与え、キメを整えます。
化粧崩れが気になる方や、乾燥が気になる方にもおすすめです。

⇒ヴァントルテ公式HPはこちら

4-2.コンシーラー

コンシーラーは、ファンデーションだけでは隠しきれない肌悩みがあるときに役立つアイテムです。

シミやそばかすなど、小さな範囲をピンポイントでカバーしたいときは、固めのテクスチャーのものを、目の下のクマなど少し範囲が広く、皮膚が薄い部分には、柔らかめのテクスチャーのものを選ぶことをおすすめします。

ヴァントルテ ミネラルシルクコンシーラー
ミネラルファンデーション リキッド販売会社:株式会社soar
容量:3g
価格:2,300円(+税)
SPF25・PA++相当

【肌らぶ編集部コメント】
肌悩みをしっかりカバーしつつも、クレンジングなしで石けんでオフできる、スティックタイプのコンシーラーです。
「シルク」「ホホバ種子油」「セラミド」などの保湿成分を配合。
乾燥しやすい部分にも使いやすいアイテムです。

⇒ヴァントルテ公式HPはこちら

4-3.フェイスパウダー

フェイスパウダーはベースメイクの仕上げとして使うことにより、余分なベタつきを抑えてファンデーションを崩れにくくしてくれることが期待できます。

目の周りや小鼻周りなどの細かい部分にも、忘れずにつけるようにしましょう。

※フェイスパウダー不要のファンデーションもあります。

ヴァントルテ ミネラルUVパウダー
ミネラルファンデーション リキッド販売会社:株式会社soar
容量:5g
価格:3,200円(+税)
SPF50+・PA++++

【肌らぶ編集部コメント】
真夏の日焼け対策にもおすすめしたい、SPF50+・PA++++のミネラルパウダーです。
色がつかないクリアタイプで、肌に自然なツヤを与えて透明感を演出し、肌を整えます。
シリコン、石油由来界面活性剤、タルク、紫外線吸収剤不使用。

⇒ヴァントルテ公式HPはこちら

4-4.チーク

チークは、肌に自然な血色感を演出するポイントメイクアイテムです。

ファンデーションを塗ると顔の色が悪く見えてしまう方、健康的に見せたい方、明るい印象を与えたい方は忘れずに使いましょう!

ヴァントルテ ミネラルシルクチークカラー
ミネラルファンデーション リキッド
販売会社:株式会社soar
価格:3,300円(+税)
SPF20・PA++
全2色

【肌らぶ編集部コメント】
頬に上品なツヤを与え、透明感と立体感を演出するチークカラーです。
肌にふんわりとなじんで、血色感のある頬に仕上げます。
やわらかい印象のローズピンク、ヘルシーな印象のシフォンコーラルの2色展開。

⇒ヴァントルテ公式HPはこちら

5.まとめ

今回は、リキッドタイプのミネラルファンデーションや、ミネラルメイクアイテムをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ナチュラルメイクにはぴったりのリキッドミネラルファンデーション。

お気に入りのものを見つけて、ぜひ使ってみてください!

この記事は2017年4月14日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。