メニューを開く

11月は徹底保湿!肌を潤いで満たす冬の保湿ケアポイントとは?

美肌研究ラボ 

日に日に寒さが増して冬らしくなってきた11月。

風の冷たさや空気の乾燥に伴い、肌の不調を感じる方もいるのではないでしょうか?

冬の乾燥は大きな肌トラブルに繋がるため、まだ手遅れでない今から乾燥対策を行い、冬に負けない潤いに満ちた素肌を維持する必要があります。

今回は肌を潤いで満たす冬の保湿ケアポイントと日常の乾燥対策についてご紹介します。

1. 11月は保湿ケアが欠かせない!

目元_乾燥01
肌は「角層」という細胞が積み重なった層によって肌に必要な潤い(水分)を保持しています。

この「角層」は肌表面に必要な潤いを閉じ込めるだけでなく、ほこりや乾燥など外からの刺激を防ぐバリア機能の役割を果たす働きもあります。

しかし、11月の時期は、春から夏にかけて浴びた紫外線の影響と急激な湿度や気温の低下によって角層の機能が低下しがちです。

「角層」の機能が低下してしまうと、肌のバリア機能もどんどん低下し、外部からの刺激を受けやすく乾燥が深刻化していきます。

一度こうした悪循環に陥ると、なかなかそこから抜け出すことが難しくなります。

肌の乾燥を深刻化させないためにも、11月はいつも以上にしっかりと保湿ケアを行い角層の状態を整えてあげましょう。

2.肌を潤いで満たす!冬の保湿ケアポイント

アンダーヘア 脱毛器 保湿

① クレンジングはクリームタイプを使おう

冬のクレンジングにはクリームタイプがおすすめです。

なぜならクリームタイプのクレンジングは他のクレンジングと比較しても、乾燥しにくく肌への摩擦も少ないため、肌負担がかかりにくいからです。

洗浄力も普段のメイクであれば間違いなく落とすことが出来るので、肌に過度な負担をかけないためにも冬のクレンジングはクリームタイプを使用しましょう。

② いつものお手入れにクリームをプラスしよう

冬は、いつも美容液や乳液でお手入れを終わらせている方もクリームを使用するようにしましょう。

なぜなら、冬は外気も乾燥し、肌の水分と共に油分も不足しやすい状態のため化粧品で水分と油分を補う必要があるからです。

クリームは化粧品の中で最も油分を補う力があり、水分蒸発を防ぐ効果があります。

特にこの時期は乾燥から肌を守るためにも積極的に取り入れていきましょう。

使用する際は適量を肌に押し込むようハンドプレスして重ねると、手の温もりも加わり、肌の巡りを良くしながら保湿成分を角層に浸透させることができます。

③ 乾きやすい目元部分にはアイクリームを使おう

目元の乾燥が特に深刻化しやすい冬場は、アイクリームを積極的に取り入れましょう。

なぜなら、目元の皮膚は顔の皮膚と比べて3分の1の薄さであり、冬場は最も乾燥が深刻化しやすい部分だからです。

目元の乾燥はシワやたるみ等のあらゆる肌老化を引き起こす原因となってしまうので、深刻化する前に潤い効果の高いアイクリームを使用していきましょう。

3.日常生活の中での乾燥対策

ウォーキング

① 血行を促進させる

日常生活においての乾燥対策の1つが「血行を促進させる」ことです。

なぜなら、身体の血行が促進されると肌の代謝が高まるため、質の良い血液を巡らせて乾燥状態の肌をケアすることが出来るからです。

ウォーキングやストレッチなどの軽い運動や、毎日湯船に浸かる等、できることから取り入れていきましょう。

② 意識的に水分を摂取する

冬は夏と比較しても喉が渇きにくく、水分摂取量が減りがちですが、冬こそ積極的な水分摂取が必要です。

体に水分が足りないと体内の老廃物が滞り、排出されにくくなってしまいます。

すると血流が悪くなり、冷え性や肌の乾燥を引き起こしてしまいます。

このような事態を起こさないためにも、十分な酸素や栄養を届けるためにも意識をして水分補給を行いましょう。

③ 部屋の湿度を上げる

部屋の湿度は40~60%程度が理想的ですが、冬場は10%台の日も少なくありません。

湿度が下がると必然的に乾燥を誘発させるため、部屋の湿度が低い時は次の方法で湿度をあげるよう意識しましょう。

■加湿器をつける
部屋の乾燥には加湿器が有効です。

加湿器は部屋の湿度を上げるものなので、湿度が低く空気が乾燥しているオフィス内やデスクには加湿器をつけましょう。

■濡れたタオル・洗濯物などを室内に干す
干す物の面積が大きい方が湿度を上げるためにはより良いです。

寝る時にベッド・布団など寝る場所の近くに干すと、睡眠中の乾燥を防ぐのに効果的です。

4.まとめ

「外の外気にあたると肌がピリっとする」「どんなにお手入れしても乾燥がとまらない」そのような状態の方は、肌が乾燥しバリア機能が低下しているのかもしれません。

そのままにしておくと、さらに乾燥が進み、大きな肌トラブルにつながる可能性もあるため、今のうちに肌を整え、肌が本来もつ潤い力を高めて冬の乾燥に負けない肌づくりをおこなっていきましょう!

【10月のおすすめ】

モイスティシモ ローション

化粧水
とろみのあるリッチな感触の高保湿化粧水です。

乾燥して硬くゴワついた肌に、たっぷりの保湿成分であり角層を整える「サクラエキス」「オウレンエキス」等が肌のすみずみまで浸透し、内側から潤って吸いつくようなもっちり肌へと導きます。

モイスティシモ ミルク

乳液
とろりとした感触の伸びのよい美容乳液です。

化粧水と同様に保湿成分「サクラエキス」「オウレンエキス」や「グリセリン」等が角層を柔らかく潤し、長時間キープします。

モイスティシモ クリーム

kuri-mu

肌を優しく包み込み、うるおいに満ちた肌へ導くジェル状のクリームです。

保湿成分「サクラエキス」「オウレンエキス」が、潤い溢れるもっちりと弾むような肌へ仕上げます。

モイスティシモ トライアルセット

トライアル
セット内容:クレンジングクリーム/洗顔料/化粧水/乳液/クリーム(約2週間分)

潤いにこだわった高保湿スキンケアのトライアルセットです。

単に与えるだけでは終わらない、細胞レベルから潤う力をつけ、うるおいに満ちたもっちり若々しい肌へと導きます。

クレンジングからクリームまで、肌に潤いを与えるモイスティシモライン5品が、まとめて約2週間試せるトライアルセットです。

POLA B.Aアイクリーム

BAザアイクリーム

まばたきや表情の動きによる負担、年齢を重ねることなどで「ゆるみやすい目もと」にピタッと密着する高機能アイクリームです。

保湿成分である「グリセリン」や「ワセリン」に加え、POLA独自の保湿成分「月桃葉BAリキッド」「アケビ茎エキス」が目元を潤いで満たし、さらに独自のエイジングケア成分「EGクリアエキス」「YACエキス」が目元のエイジングサインにハリを与え、くっきり明るく冴えた目もと印象へと導きます。

サインズショット

POLA

目元、口元等の繰り返し動く部分にピタッと密着する部分用美容液です。

POLA(ポーラ)独自のオリジナル複合保湿成分「サインズコアリキッド」を含む濃厚なクリームが、ほうれい線などの気になる部分に密着して柔軟な潤いのベールをつくりながら美容・保湿成分を肌のすみずみ(角層)まで浸透させ、潤いに満ちたふっくらした肌へ導きます。

※この記事は2015年11月30日時点での情報になります。
また、記事内容には個人差がございますのでご了承ください。