メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社アイム

肌にうるおい足りてますか? 保湿美容液で、うるおい素肌を手に入れよう!

保湿 美容液
「保湿美容液を使いたいけど、どれがよいかわからない!」そんな悩みをお持ちではないですか?
肌にうるおいを与えてくれる保湿美容液。
乾燥が気になる人や、保湿がしたい人には魅力的なアイテムですが、実際のところ、普通の美容液とは何が違うのでしょう?

今回は、保湿美容液の魅力と、おすすめのアイテムをご紹介いたします。



astalift
astalift

1 美容液について

まずは「美容液」について知ることから始めましょう。

美容液とは、保湿成分などの美容成分が多く配合されている、基礎化粧品の一つです。
美容液の形状は、さらっとしたものから乳液のようなもの、ジェル状のものまでさまざまなタイプがあります。

また、主な美容液は、成分がぎゅっと凝縮されているため、内容量の割に高価格となっています。
しかし、美容液という言葉に明確な定義はなく、各メーカーでさまざまなタイプのアイテムに「美容液」という名前が使われているので、必ずしも成分の配合量が多いというわけではありません。
実際に自分の肌で使用することで、きちんと判断していきましょう。

2 おすすめの保湿美容液

次に、肌らぶ編集部が選んだ、おすすめの保湿美容液をご紹介します。
今回は、オススメの基準を「保湿力」と「使用しやすさ」としています。

今回ご紹介するアイテムは全て、基本的な基礎化粧品アイテムをシリーズとして展開しているものです。
美容液は、同じシリーズのものをラインで使用することで、より一層その美容液が持つ魅力を実感できるようになります。
予算、使用感といった面で問題がなければ、極力ライン使いすることをおすすめします。

① ライスフォース ディープモイスチュアエッセンス※医薬部外品
url
保湿成分、「ライスパワーNo.11エキス」配合の薬用保湿美容液。
するっと肌に馴染み、伸びが良いので少量で顔全体をカバーすることができます。
やや固めの白っぽいジェルのようなテクスチャーが、肌にみっちりとうるおいを与え、みずみずしい素肌へ。

公式HPでは、ライスフォースを初めて使用する人のための、お得なトライアルキットもあります。
化粧水・美容液・クリームがセットになった、約10日分のトライアルキットです。
こちらのトライアルキットは、公式HPのみの、限定取扱い!
全国一律送料無料、全額返金保証もついて900円(税抜)と、大変お得なセットになっています。

基礎化粧品はライン使いをすることで、肌との相性を確かめることができるもの。
ライスフォースが気になっている方は、是非トライアルキットでお試しください。
ライスフォース 10日間トライアルキット

② ディセンシア アヤナス エッセンス コンセントレート
アヤナスエッセンス
保湿成分セラミド配合の保湿美容液
コクがあるのに、すっと肌に馴染むライトなつけ心地で、べたつきがありません。

ディセンシア アヤナス公式HP

 ETVOS モイスチャライジングセラム

url
保湿成分、セラミドが配合された保湿美容液
肌馴染みがよく、肌をしっとりと包む濃厚なテクスチャーで、これ1本で美容液と乳液の役割を担ってくれます。

ETVOS公式HP

④ POLA B.Aザマスク

url
保湿成分、EGクリアエキス、YACエキス、ハス種子発酵液などを配合。
濃厚な泡状のテクスチャーが、肌にきゅっと吸いつく、プレスインタイプの夜の使用がおすすめの保湿美容液です。

⇒ POLA B.A 公式HP

⑤ 富士フィルム ジェリーアクアリスタ

url
洗顔後の素肌に使うことで、みずみずしさとハリを与える保湿美容液です。
つけた後は、さらりとした手触りを楽しむことができます。
富士フィルム独自の保湿成分、ナノセラミド、アスタキサンチン配合。

アスタリフト公式HP

3 保湿美容液を選ぶポイント

ここでは、保湿美容液を選ぶ際のポイントをご紹介します。

保湿美容液を選ぶ際は、配合されている「保湿成分」を確認することをおすすめします。

美容液は栄養を肌に与える目的で作られたものであり、化粧水や乳液に比べ、凝縮された栄養が配合されているアイテムです。
保湿美容液は、成分表示に以下のような保湿成分が記されているものを選んでみましょう。

<主な保湿成分>
・セラミド
・スフィンゴ脂質
・水素添加大豆レシチン
・ヒアルロン酸
・ステアリン酸コレステロール
・コラーゲン
・天然保湿因子(NMF)

※上記は主な保湿成分です。この他にも、植物エキスやメーカー独自の成分も保湿成分として挙げられます。

4 保湿美容液を使用する際のポイント

ここでは、保湿美容液を使用する際のポイントをご紹介します。
「保湿美容液を使っているから大丈夫」と安心するのではなく、普段のお手入れ方法から見直すことで、より保湿美容液の魅力を実感することができますよ。

①肌にはやさしく触れる

肌のお手入れは、肌に負担をかけないよう、やさしく行うことが大切です。
洗顔の際に強くこすったり、タオルで擦ったり、化粧水のパッティングを、力を込めて行うことは控えましょう。
洗顔はふわふわの泡クッション代わりにし、水を拭き取る際は、タオルで水分を吸収するようにおさえるなど、肌には極力、やさしく触れるようにしましょう。

②目元・口元など乾燥しやすい部分には美容液を重ねづけする

目元・口元といった、顔の中でも特に乾燥しがちな部分は、美容液を2度、重ねて付けるようにしてみましょう。
目元と口元はもとより、他の部分よりも皮脂腺が少なくできています。
そのため、乾燥しやすい部分ですが、40代以降は特に乾燥が加速していくといわれています。
乾燥しやすい部分には、美容液を2度重ねて付けることで、他の部分よりもより丁寧にお手入れを行いましょう。

5 まとめ

保湿美容液の魅力とおすすめの保湿美容液をご紹介しましたが、いかがでしたか?

美容液は、肌の悩みをクローズアップしたお手入れをすることができるアイテムです。
乾燥に悩んでいる人や保湿をしたい人には、保湿美容液の使用をおすすめします。

しかし、肌のお手入れにおいては、何を使うか、だけではなくどう使うか、も重要なポイントです。
保湿美容液を使用しているからと安心するのではなく、毎日のお手入れにも気を使うことで、うるおいのある肌を目指しましょう。

※この記事は2016年2月29日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る