メニューを開く
アスタリフト;

このシミは消える?!タイプ別のシミ対策と原因を徹底解説!

シミ対策
「このシミを消したい!」
「このシミはどう対策すればいいの?」とお悩みではありませんか?
シミを見つけたら、すぐに簡単に始められるシミ対策が知りたいですよね。

実は、シミにはいくつかタイプがあり、そのシミによって消せるシミと消せないシミがあり、とるべき対策も異なります。

今回は、シミのタイプ別の対策やカバー方法、シミができる原因やおすすめ美白成分など細かく解説します。

「シミを消したい!」
「薄くしたい!」という方のために、美容医療のレーザー治療も簡単にご紹介しますので、参考にしてみてください。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.そのシミは消えるタイプ?シミの特徴と原因

主なシミのタイプは5つあります。
冒頭でお伝えした通り、シミのタイプによって消えるシミ、消えないシミがあり、シミができる原因や特徴が異なります。

正しくシミ対策ができるように、まずは気になるシミがどのタイプのシミなのか、知ることから始めましょう。

主な5つのシミの特徴を挙げるので、気になるシミがどのシミの特徴に近いか、チェックしてみてください。

タイプ別のシミ対策は2章でご紹介します。

①老人性色素斑

エイジングケア 化粧水

☑丸く薄い茶色をしている。
☑徐々に濃くなってきている。
☑頬の高い部分やこめかみ、フェイスラインにある。
☑腕、手の甲に多くできやすい。

【特徴・原因】
シミの中で最も多いのがこのタイプのシミです。
長い間、紫外線を浴びてきたことが原因でできるシミのため、特に40代以降になると濃く現れることがあります。

さらに年齢を重ねていくと、肌の生まれ変わりが滞りやすく、皮膚にメラニン色素が残り、シミになります。
薄くぼんやりとした茶色から始まり、次第に濃くはっきりとした丸い形になります。

紫外線の影響を受けやすい場所にできるのも特徴で、頬の高い部分や手の甲、腕などに多く見られます。
レーザー治療で薄くしたり、消したりすることが可能です。

②肝斑

毛穴 開き 頬

☑年齢が30代以上である。
☑ふわっとしていて輪郭がない。
☑左右対称で大きさや形がほぼ同じである。
☑頬の高い部分もしくは鼻の下にある。
☑灰色がかっている。
☑妊娠している、妊娠したことがある。
☑ピルを服用している。
☑季節によってシミの濃さが違う。

【特徴・原因】
女性ホルモンのバランスが乱れることでできてしまうシミです。
妊娠中やピルを服用したとき、更年期の方によく見られます。

また、睡眠不足やストレスなどにより女性ホルモンのバランスが崩れてもこのシミが現れることがあります。

頬骨あたりにぼんやりと陰のように現れ、左右対称にできるのが特徴で、まれに鼻の下や額に現れる場合もあります。
色は茶色もしくは、灰色がかっています。

状態によって消すための方法が異なったり、シミが消えるケースと消えないケースがあったりします。
気になる方は、病院を受診してみてもよいでしょう。

③雀卵斑(そばかす)

そばかす 原因

☑小さな薄い斑点である。
☑鼻・頬を中心に散らばるように見える。
☑子供の頃からある。
☑もともと、色白な方だ。
☑ 家族にそばかすがある人がいる。

【特徴・原因】
早い人の場合は、3歳ころから現れ始めるシミです。
鼻の上や頬骨を中心に細かな三角や四角の形をした斑点が散らばるように現れます。

紫外線の影響を受けやすい部位にできやすく、色白の方に多く見られます。
思春期時期に濃くなり、思春期が終わるころに自然と消えていきます。
このシミは、多くが遺伝性だと考えられています。

しかし、大人になってからできる場合もあり、その場合は自然に消えにくく、徐々に色素が濃くなっていくと言われています。

レーザー治療で消えるケースと消えないケースがあります。
一度消えても再発することもあるので、気になる方は病院を受診してみてもよいでしょう。

④炎症性色素沈着

思春期ニキビ 原因

☑ニキビのあとが茶色っぽく残っている。
☑虫さされ、傷、やけどのあとが茶色っぽく残っている。
☑ムダ毛を抜いたあとが茶色っぽく残っている。

【特徴・原因】
ニキビや傷、虫さされなどのあとにできるシミです。
ニキビあとが原因の場合、ニキビが特にできやすい、頬やあごにかけて見られます。

また、傷や虫さされが原因の場合、足や腕など体のあらゆる部分に見られます。
このシミタイプは時間が経つと、自然に消えたり、薄くなったりすることもありますが、紫外線を浴びると濃くなることもあります。

レーザー治療で消すことができないと言われているシミなので、シミが濃くならないように気をつけましょう。

⑤老人性ゆうぜい

シミ対策1

☑シミの表面がザラザラしている。
☑前からあったシミがイボのようになった。
☑少しずつ大きくなっている気がする。
☑少しかゆみがある。

【特徴・原因】
もともと、老人性色素班だったシミが隆起し、イボのようになります。
シミの表面がザラザラとしているのが特徴です。

紫外線や老化が原因ででき、人によっては、かゆみを伴う場合もあります。
レーザー治療で消すことが可能なシミです。

2.シミタイプ別|シミ対策&おすすめ美白成分

気になるシミがどのシミタイプか確認いただけましたか?
次に気になるシミを正しくケアしていくために、シミタイプ別対策をご紹介します。

シミタイプ別おすすめの美白成分もご紹介するので、スキンケアアイテムを選ぶ際にぜひ参考にしてみてください。

①老人性色素斑

老人性色素斑

【シミ対策】
このシミタイプの方におすすめしたいシミ対策は、美白成分や保湿成分が配合された化粧品でのスキンケアと内服薬、ピーリングです。
「シミ対策」と言うと、美白成分だけに注目しがちですが、特にこのタイプのシミがある場合は、保湿成分もしっかり配合された化粧品でスキンケアを行うとよいでしょう。

皮膚が乾燥するのを防ぎ、肌を健やかに整えることで、メラニン色素の排出を手伝ってくれます。

さらに、ピーリングを行うことで、滞りがちな肌の生まれ変わりのペースを整える働きが期待できます。
シミの輪郭がはっきりとした濃い茶色のシミは改善が難しいと言われています。

そのため、どうしても消したり、薄くしたりしたい場合は医療レーザーで対策するとよいでしょう。

医療レーザーについては4章で解説します。

【おすすめの美白成分】
◆ビタミンC誘導体…気になるシミの色素を薄くし、シミができにくくなるように対策する働きが期待できる成分です。
◆ハイドロキノン…美容通の間で「漂白剤」とも呼ばれている美白成分で、気になるシミの色素を薄くする働きが期待できます。

②肝斑

肝斑

【シミ対策】
このシミタイプの方におすすめしたいシミ対策は、美白化粧品でのスキンケアと内服薬、ピーリングです。

特にこのシミは、ホルモンバランスなどの内側からの原因もあるため、美白化粧品やピーリングのケアだけでなく、内服薬も併せて取り入れるのがよいと言われています。

このシミタイプの場合は、ホルモンバランスと深く関わっているので、ホルモンバランスを整える対策を意識した生活を送ることも大切です。

シミ対策のために日々意識したい習慣は5章でご紹介します。

また、シミの状態によって消えるケースと消えないケースがあったり、シミの対策方法も異なります。
対策に迷ったら自分で判断せず、専門の病院を受診するとよいでしょう。

【おすすめの美白成分】
◆トラネキサム酸…メラニン色素が作られるのを防ぐ働きが期待できます。
◆ビタミンC誘導体…シミをできにくくする働きが期待できます。

③雀卵斑(そばかす)

そばかす

【シミ対策】
遺伝的要素が強いため、美白化粧品や内服薬などで効果を実感するのは難しいと言われています。

ただ、紫外線を浴びてしまうとそばかすが濃くなってしまうこともあるので、意識して紫外線対策を行いましょう。

また、そばかすが大人になってからできた場合は美白化粧品でのスキンケアと内服薬、ピーリングなどでケアしていくのがおすすめです。

レーザー治療で消えるケースと消えないケースがあります。
消えても再発するケースもあるので、気になる方は専門の病院を受診するとよいでしょう。

【おすすめの美白成分】
◆ビタミンC誘導体…気になるシミの色素を薄くし、シミができにくくなるように対策する働きが期待できる成分です。
◆L-システイン…メラニン色素の生成を抑え、メラニンの排出を促す働きが期待できる成分です。

④炎症性色素沈着

炎症後色素斑

【シミ対策】
このシミタイプの方におすすめしたいシミ対策は、美白化粧品でのスキンケアとピーリングです。

時間が経つと自然と消えてしまうこともあると言われています。
しかし、人によってはシミが消えるまで数年かかってしまう場合もあります。

このシミの場合は、比較的ピーリングや美白化粧品の働きを実感しやすいと言われています。

また、このシミはレーザー治療で消せないと言われています。
紫外線を浴びることで消えにくくなってしまったりするので、早めにケアしておくとよいでしょう。

【おすすめの美白成分】
◆ビタミンC誘導体…シミができないように予防する働きが期待できる成分です。
◆ハイドロキノン…できてしまったシミを薄くする働きが期待できる成分です。

⑤老人性ゆうぜい

老人性ゆうぜい

【シミ対策】
皮膚そのものが変化してできてしまうシミのため、一般的に美白化粧品だけで改善することは難しいと言われています。

紫外線対策を行い、これ以上シミが濃くなったり、新たなシミができたりしないよう予防中心の対策をしっかりと行いましょう。

シミタイプ①老人性色素斑と同様、美白成分だけでなく、滞りがちな肌の生まれ変わりをサポートする保湿成分が配合された化粧品でのケアもおすすめです。

シミをしっかり改善したい方は、レーザー治療で対策をすると、シミを消すことができます。

レーザー治療については4章でご紹介しますので、参考にしてみてください。

【おすすめの美白成分】
◆ビタミンC誘導体…シミができにくくなるように防ぐ働きが期待できる成分です。
◆ハイドロキノン…紫外線や老化によるメラニンの過剰生成を防ぐ働きが期待できます。

3.化粧でシミ対策!シミタイプ別カバー術

いつも通り化粧をしてもシミの色素が見えると何だか気になってしまいますよね。

ここでは、それぞれのシミの特徴に合わせた化粧方法やカバーしやすいおすすめのコンシーラーのタイプをご紹介します。

「コンシーラーを塗ってもうまく色素をカバーするのが難しい!」
「コンシーラーの選び方がわからない!」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

◆シミをカバーするのに必要な化粧品

シミ対策(2)

・肌色よりも少し暗めの色のコンシーラー
・クリームタイプのファンデーション
・フェイスパウダー
・コンシーラー用ブラシ

※明るいコンシーラーを使用すると、逆にシミが目立ってしまうので注意。
※皮脂が気になる方はパウダータイプでも可能です。
その場合は、下地→コンシーラー→ファンデーションの順に塗っていきます。

使用するファンデーションがパウダータイプ以外の場合は、コンシーラーの前にファンデーションをつけておきましょう。

①老人性色素斑

シミ対策(3)

◆おすすめのコンシーラー◆スティックタイプ

【化粧方法】
①ブラシにコンシーラーを取り、気になるシミよりも二周りほど大きく塗ります。
②カバーしたシミの部分をこすらないように色の境目をなじませます。
③フェイスパウダーを優しく押さえるようにのせていきます。

②肝斑

シミ対策(4)

◆おすすめのコンシーラー◆クリームタイプ

【化粧方法】
①手の甲に適量のコンシーラーを出し、ブラシになじませます。
②ブラシを置くようにしてコンシーラーを塗ります。

頬 コンシーラー

③シミがカバーされているか確認しながら、少しずつ足していきます。
④コンシーラーの厚みが気になるところは、こすらないようになじませます。
⑤フェイスパウダーを優しく押さえるようにのせます。

③雀卵斑(そばかす)

シミ対策(5)

◆おすすめのコンシーラー◆ペンシルタイプ

【化粧方法】
①シミの色素に色塗りをするようにコンシーラーを塗ります。
②指の腹でトントンとこすらないようになじませます。
③フェイスパウダーを優しく押さえるようにのせます。

④炎症性色素沈着

リキッドファンデーション

◆おすすめのコンシーラー◆リキッドタイプ
※このタイプのシミは、シミの色素が薄い場合も多いため、ファンデーションを重ね塗りするだけでも十分にカバーできる場合もあります。

【化粧方法】
①ブラシにコンシーラーを取り、気になるシミよりも二周りほど大きく塗ります。
②カバーしたシミの部分をこすらないように色の境目をなじませます。
③フェイスパウダーを優しく押さえるようにのせていきます。

※シミタイプ①老人性色素斑と同様の方法です。

⑤老人性ゆうぜい

シミ対策(3)

◆おすすめのコンシーラー◆このシミは色素が濃いので、カバー力のあるスティックタイプのコンシーラーを使用しましょう。

【化粧方法】
①直接シミの部分にスティックタイプのコンシーラーをのせます。
シミの色素よりも二周りほど大きめに塗ってください。
②ブラシを使用し、シミの部分には触れないように色の境目をなじませます。
③フェイスパウダーを優しく押さえるようにのせていきます。

 

4.シミ対策は美容のプロにお任せ!シミを消すならレーザー治療

シミ対策を行う中で、医療機関でのレーザー治療に興味を持っている方もいるのではないでしょうか。

地道なケアを必要とするシミ対策が、比較的早く効果を感じ、改善に近づけると言われているのがレーザー治療です。

ここでは、レーザー治療の簡単な仕組みと肌らぶ編集部おすすめの美容クリニック3選をご紹介します。

シミ_メラニン

4‐1.レーザー治療の仕組み

シミ(メラニン色素)にレーザーを照射し、軽いやけど状態にして、かさぶたと一緒に自然に剥がれていく仕組みです。

シミの大きさや濃さにより、レーザーをあてる回数が変わるため、かかる費用はそれぞれ異なります。

一般的に目安として1cmのシミの治療で、1万円前後の費用がかかると言われています。

クリニックによっては、保険適用外の場合もあるので、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。

ただ、レーザー治療を行うことで、この先ずっとシミができない訳ではありません。

シミができないように、美白成分が配合された化粧品でスキンケアを行ったり、紫外線対策を徹底したりするなど、シミを予防するケアもしっかり行っていくことが大切です。

また、1章【そのシミは消えるタイプ?シミの特徴と原因】でもお伝えした通り、シミのタイプによってはレーザー治療で改善できないと言われているシミもあります。

レーザー治療でシミ対策を行いたい場合は、専門のクリニックを受診し、医師に相談してみましょう。

4‐2.シミ対策ならここ!レーザー治療が可能な美容クリニック3選

多くの美容クリニックがある中で、どこを選んだらよいのか迷ってしまう方のために、肌らぶ編集部がおすすめする美容クリニック3選をご紹介します。

店舗数が複数あり、レーザー治療の他、さまざまな方法でのシミ対策が可能な美容クリニックを選びました。
(※2016年10月3日現在の情報です。)

品川スキンクリニック美容皮フ科

品川スキンクリニック美容皮フ科は、レーザー治療だけでなく、ケミカルピーリングやホームケアなど、幅広い治療メニューが魅力のクリニックです。
忙しいけど、キレイになりたい方のために品川・池袋・新宿・梅田・心斎橋など9院で20:00まで治療時間を延長しています。
全国に26院展開されていて、アクセスの良い立地も魅力です。

>>>品川スキンクリニック美容皮フ科 公式HPはこちら

美容皮膚科シロノクリニック

美容皮膚科シロノクリニックは、レーザー治療とエイジング専門のクリニックです。
美容医療だけでなく、基礎化粧品でのスキンケアによる予防や手厚いアフターフォローも魅力です。
恵比寿・銀座・池袋・横浜・大阪の5店舗で、多くの女性医師が在籍しているのも嬉しいポイントです。

>>>美容皮膚科シロノクリニック 公式HPはこちら

湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニックは、女性のシミ対策だけでなく、男性のシミ対策にも注目しているクリニックです。
全国28院でレーザー治療の施術が行われ、110名の医師が在籍しています。
(2016年4月時点)
レーザー治療やケミカルピーリングの他、多くの施術メニューから選べるのも魅力です。

>>>湘南美容外科クリニック 公式HPはこちら

 

5.シミを対策するために意識したい4つの習慣

シミ対策をより効率よく行っていくためには、シミ対策を意識した生活を送ることも大切です。

「毎日忙しくて、なかなかしっかりシミ対策ができない!」
「面倒くさくなっちゃって、手の込んだ美白ケアが長続きしない!」

そんな方は、毎日の生活の中でできることから意識して行っていきましょう。
日々、意識して取り入れていきたい4つの習慣をご紹介します。

5-1.紫外線対策を行う

シミ対策2

紫外線を浴びることで、シミのもととなるメラニンの生成が活発になるので、どのシミタイプの方も紫外線対策を万全に行いましょう。

紫外線量が最も多いのは5月~8月ですが、冬も夏の2分の1の紫外線が降り注いでいると言われています。
シミ対策の効果をより実感するために、日焼け止めは年間を通して使用しましょう。

紫外線対策はシミ対策を行ううえで、最も大切なことと言っても過言ではありません。

万全に紫外線から皮膚を守れるように、日焼け止めを使用するときに気をつけたい2つのポイントをご紹介します。

■自分に合った日焼け止めを選ぶ

日焼け止めを選ぶ時は、顔用とボディ用を使い分けるのが理想的です。

顔とボディは皮膚の厚さや皮脂量が異なるため、その部分に合わせた日焼け止めを使用することで、より日焼け止めの働きを実感しやすくなったり、乾燥対策が期待できます。

特に対策したいシミが「老人性色素斑」や「老人性ゆうぜい」の場合は、紫外線を防ぐだけでなく、乾燥対策も期待できるクリームタイプの日焼け止めがおすすめです。

また、生活シーンに合わせた数値の日焼け止めを選ぶとさらによいでしょう。

SPF PA 選び方

上の通り、日常生活で浴びる紫外線とレジャーで浴びる紫外線の量が異なります。
SPF・PAの数値に比例して、紫外線対策が期待できますが、肌への負担もその分大きくなるので、生活シーンに合わせて日焼け止めを選ぶようにしましょう。

■適切な量の日焼け止めを正しく塗る

日焼け止め 下地

日焼け止めは、各商品に記載されている目安の量を使用して初めて日焼け止めの数値通りの効果を発揮できると言われています。
そのため、各商品が使用量の目安として記載している量を必ず守って使用するようにしましょう。

また、日焼け止めはムラなく塗り、しっかりとなじませていくことが大切です。

せっかく日焼け止めを塗ってもムラづきだと、日焼け止めの効果を感じにくくなりますし、しっかりなじんでいないと化粧崩れの原因にもなります。

ここで、特にシミが気になりやすく、紫外線対策が重要な顔に日焼け止めをムラなくなじませる方法をご紹介します。

◆日焼け止めをムラなくなじませる方法◆
①各商品推奨の使用量を手にとる。
②顔の5点(両頬・額・鼻・あご先)に日焼け止めをのせる。
シミが気になる部分やシミができやすく、塗る範囲が広い頬には多めに日焼け止めをのせる。

日焼け止め 塗り方1

③塗り忘れがないよう、まんべんなくなじませる。

日焼け止め 塗り方2

5-2.定期的にストレス解消をする

シミ対策3

できるだけストレスは溜めこまず、定期的に解消するようにしましょう。

シミ対策に関係ないように感じると思いますが、ストレスが溜まるとホルモンバランスが乱れ、シミのもととなるメラニン色素の生成が活発化すると言われています。

毎日の生活の中で、全くストレスを感じずに過ごすのは難しいことです。
そのため、ストレスを感じたら定期的に解消するようにし、長い間ストレスを持ち越さないように意識しましょう!

気心知れた仲間とおしゃべりをしたり、ゆっくり湯船に浸かったり、ストレッチをしたり、忙しくても積極的にストレスを解消するようにしてみてください。

5-3.質の良い睡眠をとる

ほっぺ ニキビ

忙しくて長い睡眠時間を確保できなくても、質の良い睡眠をとることを意識しましょう。

深い眠りの妨げになると言われているので、カフェインの摂り過ぎや、寝る直前までパソコンやスマートフォンを使用するのはできるだけ避けるのが理想的です。

また、普段あまり寝つきが良くない方は、湯船にゆっくり浸かったり、靴下を履いたりして体を温めて、すんなり眠りに入れるように工夫してみましょう。

5-4.バランスの良い食事をとる

ダイエット 朝食

バランスのよい食事を摂ることは、ホルモンバランスが整いやすくなるためシミ対策には大切です。

また、メラニンの生成を抑えたり、肌の生まれ変わりのリズムを整えたりする働きが期待できる栄養素も積極的に摂るようにすると体の中からシミ対策ができるのでおすすめです。

忙しくて、なかなか自炊ができない方や栄養が偏ってしまいがちな方は、サプリメントなどで不足しがちな栄養素を補うのもよいでしょう。

ここでは、シミ対策をサポートする働きが期待できる栄養素を4つご紹介します。

【ビタミンC】

シミのもととなるメラニン色素の生成を抑制し、うるおいを保つコラーゲンのもとになります。
◆食材例◆
パプリカ、トマト、レモン、イチゴ、ブロッコリー、キウイ、ほうれんそうなど

【ビタミンE】

抗酸化の効果が期待でき、メラニン生成を抑制します。
ビタミンCの働きをサポートする働きがあるため、一緒に摂るのがよいと言われています。
◆食材例◆
アーモンド、ウナギ、アボカド、キウイ、鮭、えごま、かぼちゃ、卵など

【ビタミンB群】

健やかな皮膚を作るのに欠かせない栄養素です。
また、肌の生まれ変わりをサポートする働きが期待できます。
◆食材例◆
レバー、ウナギ、納豆、バナナ、かつお、牛乳、まぐろ、さんまなど

【L-システイン】

メラニン色素の生成を抑制したり、肌の生まれ変わりをサポートしたりします。
また、皮膚に沈着した色素を排出するサポートをします。
◆食材例◆
はちみつ、豚肉、かつお、ブロッコリー、ナチュラルチーズ、玄米、にんにくなど

6.シミができるメカニズム

2シミ私たちの皮膚には、メラニン色素が存在します。
メラニン色素の量によって肌色が決まり、人によってメラニン色素の量は異なります。

紫外線や外部からの刺激、過剰に発生した活性酸素から肌を守るために、多くのメラニン色素が生成されます。

メラニン色素の排出が追い付かず、部分的にメラニン色素が蓄積してしまい、シミができます。

※活性酸素・・・肌を守るために必要な物質です。
しかし、過剰に発生することで肌の老化につながったり、皮膚の細胞を傷つけたりします。
この活性酸素は、紫外線やストレス、喫煙や過度の飲酒などによって過剰に発生しやすくなります。

7.まとめ

いかがでしたか?
シミのタイプによって、消えるものと消えないものがあり、原因やとるべき対策も異なります。

ただ、どのシミにも共通して言えることは紫外線対策とホルモンバランスを整えることが、メラニン色素の生成を抑えるのに大切だと言うことです。

夏が終わると乾燥ケアのみに集中しがちですが、年間を通してしっかりとシミ対策を行い、美肌度をアップしていきましょう!

この記事は2016年10月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る