メニューを開く
アスタリフト;

今すぐ始める 健康と美容にもつながる口臭の予防対策

口臭 予防
就職、恋愛、職場、人とのコミュニケーションが必要な場面が増えると気になるのが口臭です。口臭のために、せっかくのチャンスをムダにしないよう、しっかり予防のための対策をしましょう。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.口臭の原因の9割は口の中のトラブル

あまり知られていませんが、口臭の原因の9割が口の中のトラブルです。
ニラやにんにくなど、ニオイの強い食べ物が原因の息のニオイというのは、実は口臭とは呼びません。

口臭とは、食べるものに関係なく、息が臭ってしまうことなのです。

歯周病、虫歯がすでに発生している人だけでなく、その原因となる歯垢や食べ物カスが口の中に残っている状態の人まで含めると、日本人のほとんどが、なんらかの口のトラブルを抱えていると言われていますので、口臭は誰にとっても無視できない問題です。

虫歯が痛い、歯茎から血が出るなどの自覚症状がある人だけでなく、1年に1度は体と同じように、歯科医の定期健診を受けることをおすすめします。

2.自宅でできる6つの口臭チェック方法

虫歯や歯周病などの口の中のトラブルを解消するには、なんといっても早めの治療が大切です。

早めに治療を始めるためにも、まず自分の口臭をチェックしてみましょう。
客観的に自分の口臭をチェックするには、ちょっとしたコツが必要です。
ここでは、自宅で出来るセルフチェック方法を6つご紹介します。

方法1:コップを利用してチェック

朝、起きてすぐにコップの中に息を吐き、漏れないようにラップでコップの口を塞ぎます。
一度深呼吸してから、ラップをはがしてニオイを嗅いでみましょう。
少しでも臭ったら、口臭があると思ってください。
寝起きは口臭がもっとも強くなると考えられているので、この方法は必ず朝に試しましょう。

方法2:オキシドール溶液でチェック

歯磨き後、3~10倍に薄めたオキシドールで口内をゆすぎます。
オキシドールを吐き出したときに泡がたくさんできている場合、プラークや歯周病などの炎症による口臭の可能性があります。

方法3:舌をチェック

鏡で舌をチェックしてみてください。キレイなピンクであれば問題ありません。
白色の場合や黄色のポツポツがある場合は、口臭があるかもしれません。
ティッシュで舌の上を軽くなぞるように拭き、ニオイを嗅いでみましょう。
臭いがひどい場合には、舌クリーナーでお手入れすることをおすすめします。

■潤いのベロクリーナー(有限会社万来)
洗浄用のジェルとチタンクリーナーがセットになっていて使いやすいベロクリーナーです。
潤いベロクリーナー

価格:3,790円(税抜) 送料 600円(税抜)

方法4:唾液でチェック

口臭のサインとして、唾液が「酸っぱい」「苦い」ことがあるといわれています。
また、手の甲を舐めてからニオイを嗅ぐと生ゴミのような臭いがすることもあります。

このとき、口内は不衛生な環境にあると考えられ、放置すると虫歯や歯周病に繋がる可能性もあります。

方法5:デンタルフロスでチェック

お手入れしたあとのデンタルフロス(糸ようじ)を嗅ぐことで、プラークのニオイをチェックできます。
もし臭えば、歯磨きでプラークが落としきれていないということです。
糸ようじ

方法6:口臭チェッカーでチェック

市販の口臭チェッカーとは、自宅で口臭レベルをセルフチェックできる機械です。

■口臭チェッカー ブレスチェッカー(タニタオンラインショップ)
コンパクトタイプのブレスチェッカーで、息をふきかけて5秒でかんたんに口臭レベルを調べることができます。
タニタ口臭チェッカー

価格:4,000円(税抜)

3.マウスケアで口臭予防
口臭の原因のほとんどが口の中のトラブルなので、マウスケアの基本は、口の中を清潔に保つことです。

口の中を清潔に保つために適したマウスケアを習慣づけることが、口臭の予防対策として重要です。

・歯
・歯茎
・舌
を、清潔に保ち、歯周病や虫歯、舌苔を防ぐことで、口臭の原因のほとんどを抑えることができると言われています。

症状に差はあるものの、日本人の8割に歯周病があると言われている現在、マウスケアのための歯みがき製品も、いろいろと開発されています。口臭を予防したい人は、使ってみるのもいいでしょう。
ここでは、ユーザーからの評判の良い製品をいくつかご紹介しますので、参考にしてみてください。

■【医薬部外品】オーラルパール(全薬販売株式会社)
歯周病を予防するだけでなく、歯の黄ばみを防ぐはたらきもある、薬用歯みがきです。殺菌成分である塩化セチルピリジウムやイソプロピルメチルフェノールが配合されていて、口臭を予防してくれます。
オーラルパール

初回限定価格:1,800円(税抜)

■なた豆塩はみがきプラス(株式会社 お茶村)
なた豆とブルターニュ産の塩を配合したはみがきです。口の中をすっきりさせ、口内を清潔にし、口臭を予防してくれることが期待されます。
なた豆塩はみがき

通常価格:1,700円(税抜)
定期購入価格:1,360円(税抜)

■【医薬部外品】プロポデンタルリンスR&C(プロポリス健康促進会)
歯周病専用の薬用液体ハミガキです。フラボノイド、アミノ酸、各種ミネラル、ビタミンを豊富に含むプロポリスが配合されています。リンスタイプなので、ブラッシングの時間がない時でも、手軽に歯を洗浄できます。
プロポデンタルリンス

初回限定特別セット 1,800円(税抜)
商品内容:プロポデンタルリンスR&C(300ml)、歯科医院専用歯ブラシ 1本

3.食べ物で口内環境を整えて口臭予防

口内環境は食生活ともかかわりがあります。ここでは、口内環境を整え、口の中のトラブルを予防するはたらきのある栄養素と、多く含む食品をご紹介します。

①ポリフェノール

ポリフェノールとは、植物に含まれる色素、苦み、渋みの成分で、イソフラボン、フラボノイド、カテキンなどの物質の総称です。
ポリフェノールには抗酸化作用、血行促進作用があり、口臭の原因となる虫歯や歯周病などを予防するはたらきが期待されます。

【多く含む食品】
緑茶、ココア、ぶどう、ごぼう、山芋、さつまいも、シシトウガラシ など

②ビタミンD

ビタミンDには抗酸化作用があり、カルシウムの吸収を促し、歯や骨を丈夫にする働きがあるため、口臭の原因となる虫歯を予防することが期待されます。

【多く含む食品】
魚、卵黄、きのこ類 など

③アルカリ性食品

アルカリ性食品には、カルシウム、マグネシウム、カリウムが豊富に含まれているものが多く、口臭予防に役立つと言われています。

【多く含む食品】
大豆、レモン、緑黄色野菜、海藻類、牛乳、りんご、梅干し など

④その他

【柑橘類】
グレープフルーツやオレンジなどのかんきつ類の果物には、唾液分泌作用、消臭作用があるとされています。

【酵素】
パイナップルやキウイ、パパイヤにはタンパク質分解酵素が含まれ、舌苔を分解、除去してくれることが期待されます。  なた豆には、ウレアーゼやカナバニンなどの酵素が豊富に含まれれています。

なた豆のお茶は、口臭予防が期待されることから人気を集めていますので、食後の
お茶として利用するのもいいでしょう。

■伝統爽快 なたまめ茶(株式会社みつばちロード)
口の中をすっきりさせてくれるお茶です。ノンカフェインなので、就寝前や授乳中でも飲めるのでおすすめです。
伝統爽快なたまめ茶

初回限定お試しセット:1,370円(税抜)

■なた豆茶ブレンド
なた豆のほかに、はと麦、黒豆のブレンドされたお茶です。飲むと口の中がすっきりするお茶です。
なた豆茶ブレンド

15日間お試しセット:898円(税抜)

4.まとめ

口臭の原因のほとんどは、歯周病や虫歯など、口の中のトラブルです。
マウスケアで、口の中を清潔に保ち、定期的に歯科医の検診を受けるようにすることで、口臭対策をしましょう。

この記事は2015年12月29日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る