2017年7月5日 更新

【おすすめ市販商品10選&作り方】泥(クレイ)パックでうるツヤ美肌を目指そう!

泥 パック TOP「泥(クレイ)パックが気になる」「市販の泥(クレイ)パックのクチコミやレビューが知りたい」と思ってはいませんか?

泥(クレイ)パックの魅力を知って「やってみたい!」と思う方や、憧れの人が「泥(クレイ)パック使ってるの♪」なんて言っているのを聞いて興味が湧いた方、一度気になるとどんな商品があるのかだけでも知っておきたいのが乙女心!

そんな乙女心にお答えして、今回は泥(クレイ)パックの魅力や肌らぶ編集部おすすめの市販の泥(クレイ)パックを10点ご紹介します。

手作りの泥(クレイ)パックが気になる方へ、泥(クレイ)パックの作り方もご紹介するので、併せてご覧ください♪


1.泥(クレイ)パックの魅力

クレイパック泥(クレイ)パックには、過剰な皮脂や汚れを吸収し洗い流しやすくするなど、魅力がたっぷりあります!

さらに、肌に不要な汚れを洗い流すことで、その後スキンケアに使用する化粧水や美容液、乳液などを角質層まで浸透させやすくすることも期待できるのです。

また、泥(クレイ)は、ハリやツヤのある肌に整えることができると考えられているので、エステやスキンケアアイテムに取り入れられることが多くあります。

泥パックに、使用される泥(クレイ)は土壌から掘り出される鉱物の一種で、カリウムやカルシウム、鉄やリン、アルミニウムなどさまざまなミネラルが含まれているそうです。

採掘場所によって泥(クレイ)の構造や含まれるミネラル成分などが異なるので、色や特徴も異なります。

ミネラルは、私たちの体や肌をすこやかに保つためのお手入れにも大切なもの!そのため、スペシャルケアとして、定期的に泥(クレイ)パックを行う方が多いのでしょう。

2.市販のおすすめ泥(クレイ)パック10選

炭酸パック おすすめ TOP ランキングここでは、肌らぶ編集部おすすめの泥(クレイ)パックを10点ご紹介します。

今回は、フェイスケア用のアイテムで、洗い流すタイプの市販の泥(クレイ)パックをピックアップしました。

coyori(サヨリ) 海の泥パック

coyori 海の泥パック
価格:2,858円(税抜)

沖縄産の海泥[クチャ]を使用している泥(クレイ)パックです。
保湿成分としてアロエベラ葉水やユズ果汁エキスを配合しており、肌にうるおいを与えながら古くなった不要な角質や過剰な皮脂を洗い流します。

公式HPはこちら(推奨)

SABON(サボン) Face Mask MUD

SABON(サボン) Face Mask MUD
価格:4,445円(税抜)

死海の泥(クレイ)を使用した泥(クレイ)パックです。
豊富なミネラルを含んだ泥(クレイ)を使用しており、贅沢な気分でパックタイムを楽しむことができます。肌の汚れをさっぱりと洗い流し、うるおい感のあるしっとり肌へ整えます。

公式HPはこちら(推奨)

ORBIS(オルビス) ディープクレイスパ 贅沢な海のパック

ORBIS(オルビス) ディープクレイスパ 贅沢な海のパック
価格:1,800円(税抜)

白い泥(ホワイトクレイ)を使用した、オルビスの泥(クレイ)パック。税抜き1,800円とお手頃価格で、泥(クレイ)パックを楽しめます。贅沢にブレンドした海洋由来の保湿成分、マコブエキス・アマモエキス・海塩を配合。肌にうるおいを与えながら、汚れを洗い流せます。

公式HPはこちら(推奨)

マラケシュ レッドクレイマスク

マラケシュ レッドクレイマスク
価格:4,120円(税抜)

アトラス山脈の山麓の丘にある町『マラケシュ』そこに広がる赤土を使用した、泥(クレイ)パックです。最初からペースト状に加工されているため、水と混ぜ合わせる手間がありません。また、なめらかなペースト状の泥(クレイ)が肌にやわらかくフィットします。

公式HPはこちら(推奨)

アルジタル グリーンクレイペースト

アルジタル グリーンクレイペースト
価格:3,600円(税抜)

こちらの泥(クレイ)パックは、シチリア島の海泥(グリーンクレイ)を使用しています。
微細な海泥のつぶつぶ感や、肌にのせた瞬間にスーッと広がる清涼感のあるハーブの香りが特徴的。洗い上がりはしっとりとした、うるおいを感じます。

公式HPはこちら(推奨)

ヤマノ肌 ドロンコクレー24オリジナルWH

ヤマノ肌 ドロンコクレー24オリジナルWH
価格:3,700円(税抜)

泥(クレイ)を使用した、泡立たないクリーム状の洗顔料です。泥(クレイ)パックとしても使うことができます。“白どろ”の通称で親しまれている商品です。
朝は洗顔料として、夜は泥(クレイ)パックとして使用するのがおすすめされています!

公式HPはこちら(推奨)

ジェロビタール リジェネレイティングマスク

ジェロビタール リジェネレイティングマスク
価格:8,500円(税抜)

毛穴汚れなど過剰な皮脂を吸着して、洗い流す泥(クレイ)マスクです。自然由来の保湿成分としてトウキンセンカオイルなどを配合。肌の水分や油分を補い、保つお手入れが行えます。夜ケアの際は、パックをしたまま湯船に浸かり10分ほど放置して、湯気を利用しましょう!

公式HPはこちら(推奨)

パラオ ミルキーピュアホワイトクレイパック<医薬部外品>

パラオ ミルキー ピュアホワイトクレイパック
価格:7,000円(税抜)

パラオの白い泥から抽出したパラオクレイでできている、泥(クレイ)パックです。
美白*のお手入れやエイジングケア**として使用することができます。無香料・無着色・ノンパラベン・ノンシリコン・鉱物油無添加。

*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐ
**年齢に応じたうるおいのお手入れ
公式HPはこちら(推奨)

LUSH(ラッシュ) ショコラのこだわり

LUSH(ラッシュ)ショコラのこだわり価格:972円(税抜)

“モロッコ溶岩クレイ”を使用している、泥(クレイ)パックです。フェイスマスクをお菓子と勘違いしそうな、カカオパウダーやバニラエキスの甘い香りに包まれながらお肌のお手入れが行えます。ミントのさわやかな香りもアクセントです♪肌にうるおいを与え、なめらかに整えます。

公式HPはこちら(推奨)

john masters organics(ジョンマスターオーガニック)MCピュリファイングマスク モロカンクレイ

john masters organics(ジョンマスターオーガニック)MCピュリファイングマスク モロカンクレイ
価格:5,100円(税抜)

モロカンクレイ(ヘクトライト)配合のフェイスマスクです。肌に不要な皮脂やごわつきの原因になりえる古い角質を吸着して、洗い流します。過剰な皮脂でベタつきがちなオイリー肌の方にもおすすめです。泥(クレイ)パック後の肌は、しっとりとうるおいを感じる肌へ。

公式HPはこちら(推奨)

3.泥(クレイ)パックの使い方

ここでは、泥(クレイ)パックの使い方と、自分で泥(クレイ)パックを作りたい方へ自宅でできる簡単な泥(クレイ)パックの作り方をご紹介します。

泥(クレイ)パック使い方手順

米ぬか パックまずは、泥(クレイ)パックの使い方手順をご紹介します。

メイクをしている場合は、メイクをクレンジングで洗い落としてから泥(クレイ)パックを使用しましょう。

また、オイル系のクレンジングを使用した後は、肌に残ったオイルをティッシュなどでオフしてから泥(クレイ)パックを行います。

【泥(クレイ)パックを行う際の注意ポイント!】

初めて使用する泥(クレイ)パックを使う場合は、顔に塗る前に首やあごなどでパッチテストを行いましょう。

①蒸しタオルを顔に当てる

洗顔しない 美肌 夜 朝 ニキビ 化粧顔に泥(クレイ)パックを塗る前に、蒸しタオルなどで毛穴を開かせましょう。

肌を温めて、毛穴を開かせておくことで、泥(クレイ)パックの魅力を感じやすくなると言われています。

②目や口の周りを避けて泥(クレイ)パックを塗る

米ぬか パック目や口の周りなどは避けて、泥(クレイ)パックを塗っていきましょう。

目に入ってしまった場合は、すぐに洗い流してください。

③泥(クレイ)パックを、首やデコルテにも塗ってみる

泥パック やり方あまった泥(クレイ)パックや、少し贅沢に泥(クレイ)パックを行いたい気分の時は、首やデコルテにも塗ってみましょう。

④泥(クレイ)パックをしたまま約10~20分放置する

米ぬかパック 1
商品や季節にもよりますが、特別な記載のない商品や手作りの泥(クレイ)パックを使用する際は約10~20分放置しましょう。

放置している間に湯船につかり、半身浴を行ってみることもおすすめです。

⑤泥(クレイ)パックを洗い流す

ニキビ 化粧水 美容液 保湿泥(クレイ)が乾き始めて、肌が少し引っ張られるような感覚がし始めたら、ぬるま湯か水で泥(クレイ)パックを洗い流しましょう。

泥(クレイ)パックを行った後は、洗顔料を使用しての洗顔は控えた方がよいと言われています。

また、その後に行うスキンケア化粧品でのお手入れでは、いつもよりしっかりめの保湿を意識するのがポイントです!

化粧水の後に、(美容液)⇒乳液⇒保湿フェイスクリームを付け、水分や油分を補い保つお手入れを行います。

手作りの泥(クレイ)パックを使用した後は、泥(クレイ)の色が肌に残ることがあるそうですが、そういった場合はオイルでフェイスマッサージを行ってみましょう。

泥(クレイ)パックの作り方

クレイパック手作りの泥(クレイ)パックの作り方は、さまざまあります。

保湿を重視したり、汚れを洗い流すことを重視したりと目的に合わせて、使用する材料を変えることができるのです。

ここでは、自宅で簡単に作れるベーシックな泥(クレイ)パックの作り方をご紹介します。

準備するもの

泥パック①
●フェイスパック用の乾燥した粉末の泥(クレイ)
⇒初めて使用する場合は、ピンククレイがおすすめだとされています。モロッコで取れる、ガスールなどの話題の泥(クレイ)を使用してみてもよいでしょう。
●アロマウォーター
⇒水道水やミネラルウォーターでも大丈夫です。ハーブティーなどもおすすめです。
●美容オイル
⇒顔に使用してもよい、美容用のホホバオイルなどの植物油がおすすめです。

①泥(クレイ)に、アロマウォーターを加える

泥パック②
容器に入れた泥(クレイ)に、アロマウォーターなどの水分を加えましょう。

泥(クレイ)が2、アロマウォーターが1の、2:1の割合を目安にしてみてください。

または、お好みのテクスチャーに合わせてやわらかめにしたり、かためしたりしてもよいそうです。

②自然に、泥(クレイ)に水分が吸収されるまで放置

自然に泥(クレイ)に水分がなじむまで放置します。

③水分がなじんだらかき混ぜる

泥パック③
水分が泥(クレイ)になじんだら、ペースト状になるまでかき混ぜましょう。

④美容オイルを加えてかき混ぜる

泥パック④
泥(クレイ)パックの量に対して、約5~20%の量の美容用オイルを加えて、さらにかき混ぜます。

しっかりとかき混ぜて、なめらかなペースト状になったら完成です。

より保湿を意識したい場合は、美容オイルを入れるタイミングで、はちみつなどを加えてみるのもおすすめです★

【手作り泥(クレイ)パックの注意点】

手作りの泥(クレイ)パックを使用する際も、首や腕などで必ずパッチテストを行いましょう!

4.まとめ

泥 パック泥(クレイ)パックの魅力や肌らぶ編集部おすすめの市販の泥(クレイ)パックをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

泥(クレイ)パックの魅力を体験してみたくなった方は、ぜひ手軽に試せる市販の泥(クレイ)パックから試してみましょう!

もちろん、泥(クレイ)パックを手作りしてみることもおすすめです。
めんどくさいと思うか、ものづくりの楽しさも泥(クレイ)パックで体感するかは、あなた次第♪

何かに集中するとよい気分転換になることもあるので、時間に余裕のある休日などは泥(クレイ)パックを手作りしてみてもよいかもしれません。

また、泥パックの魅力をより実感するためには、その後のスキンケアも大切だと言われています。与えたうるおいを保つお手入れにも注目してみてくださいね!

泥(クレイ)パックを使いこなして、あなたもうるおい美肌を目指しましょう♡