2017年7月14日 更新

【無添加シャンプーの選び方&おすすめ17選】シンプルだけじゃない♡

無添加 シャンプー無添加のシャンプーってどんなものがあるんだろう…、どうやって選んだらいいのかな…
など、ふと気になることってありますよね。

今回は、無添加シャンプーとは?から選ぶポイント、肌らぶ編集部のおすすめ無添加シャンプー、ヘアケアのポイントまでまとめてご紹介します。

おすすめ商品は、オーガニック系、プチプラ系、アミノ酸系、コンディショナー不要タイプ、さらにフケ・かゆみ対策できる薬用シャンプーなどのジャンルに分けて全17選をご紹介します。
ぜひ無添加シャンプー購入の参考になさってください!


1. 無添加シャンプーとは?選ぶポイント

無添加 シャンプーはじめに、今回ご紹介する「無添加シャンプー」とは何か、どのように選べばよいのかについてご紹介します。

①無添加シャンプーとは

無添加 シャンプー「無添加シャンプー」とは、一般的には、防腐剤・色素・香料・化学合成原料などの成分を配合していないシャンプーを指している場合が多いようです。

「無添加シャンプー」とひと言で言っても、“何が無添加なのか”は商品によって異なります。
また、無添加だからといって、人工の添加物が全く入っていないということではありません。

気にしている成分がある方は、パッケージの全成分表示をしっかりチェックしましょう。

無添加 シャンプー「無添加シャンプー」というと、ナチュラルなライフスタイルを愛する方などに人気のあるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

無添加シャンプー、自然派シャンプー、オーガニックシャンプーなどをなんとなく同じもののようにとらえている方も多いかもしれません。

でも実際は、自然派シャンプーやオーガニックシャンプーなどは原料となる素材の由来にこだわったもので、無添加シャンプーと同じ意味ではありません。

無添加でオーガニックなシャンプーもあれば、無添加だけれどオーガニックではないシャンプーもあります。

②無添加シャンプーの選び方

無添加 シャンプー「無添加シャンプー」の選び方として、おすすめしたいチェックポイントが3つあります。
ぜひ、「無添加シャンプー」購入の際は、こういったポイントをチェックして、自分にあったものを見つけてくださいね。

1) 何が無添加なのか?具体的にチェック!

無添加 シャンプー【無添加シャンプーとは】でお伝えしたように、「無添加シャンプー」とひと言で言っても何が無添加なのかはシャンプーによってさまざまです。
何か無添加なのか、チェックしましょう。

気になる特定の成分がある方はその成分をまずチェックしましょう。
特に気になる成分がないという方は、防腐剤・色素・香料・化学合成原料などについて、いくつかの商品で無添加成分の数などを見比べてみるとよいでしょう。

2) どんな由来の原料・素材を使っているかチェック!

無添加 シャンプー「無添加シャンプー」を好まれる方には、ナチュラルなライフスタイルを重視している方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。
ぜひ、好みの素材や製法で作られたシャンプーを探しましょう。

「無添加シャンプー」の中には、保湿や香りなどの目的で、自然由来の素材やエッセンシャルオイルなどの成分が配合されているものが多くあります。

ライフスタイルにあったものを使うことは日々のささやかな幸せですし、ケアタイムを豊かに演出してくれます。
ぜひ、楽しんで選んでくださいね。

ただし、人工的でなく植物由来・自然由来の成分だからといって必ず肌にあうとは限りません。
敏感肌の方などは、サンプルやお試しサイズの商品などで、はじめにパッチテストを行うようにしましょう。

3) 継続可能な価格かチェック!

無添加 シャンプーシャンプーは毎日のことですし、継続して使うことで、髪や頭皮をすこやかに保ってくれるものです。
使い続けられる価格のシャンプーかどうかチェックしましょう。

シャンプーを変えると、髪のハリ・コシ・ツヤ感などが変わってしまうことがあります。
ハリ・コシ・ツヤといった髪の質感が変わることで、スタイリング時の髪の扱いやすさも変わってしまうことがあり、ささいなことですがストレスになることもあります。

頻繁にシャンプーを変えなくてもよいように、継続可能な価格帯の無添加シャンプーを選ぶことをおすすめします。

2. 肌らぶ編集部おすすめ無添加シャンプー

無添加 シャンプー肌らぶ編集部がおすすめしたい、無添加シャンプーを4つのジャンルに分けてご紹介します。

・素材にこだわりたいナチュラル派の方におすすめ⇒オーガニック系無添加シャンプー
・無添加をとりあえず試したい方におすすめ⇒プチプラの無添加シャンプー
・カラーリングの色持ちなどが気になる方におすすめ⇒アミノ酸系の無添加シャンプー
・シンプルケアが好みの方におすすめ⇒コンディショナー不要タイプの無添加シャンプー
・フケかゆみ対策をしたい方におすすめ⇒薬用の無添加シャンプー

好みに合わせてチェックしてくださいね。

肌らぶ編集部おすすめ無添加シャンプー
オーガニック系無添加シャンプー

無添加 シャンプーナチュラル派の方に肌らぶ編集部がおすすめしたい無添加シャンプーの中から、オーガニック素材を原料に使用している無添加シャンプーをセレクトしてご紹介します。
いずれもネット通販で購入できる無添加シャンプーです。

■ヴェレダ オーガニック シャンプー(スカルプケア用)


内容量:190ml 価格:2,000円(税抜)

1921年創業の老舗オーガニックブランド「ヴェレダ」から出ているシャンプー。有機セージエキスなどの保湿成分配合。毛穴汚れをすっきり洗い流しつつ、頭皮の水分・油分を補い、すこやかに保ちます。ローズマリーの香り。

無添加:パラベン、フェノキシエタノール(合成防腐剤)、ラウリル硫酸Na・ラウレス硫酸Na(石油系界面活性剤)、 鉱物油、合成着色料、合成香料、シリコン

■ニールズヤード レメディーズ ローズシャンプー


内容量:200ml 価格:2,600円(税抜)

ブルーのボトルが印象的なオーガニックブランド「ニールズヤード」から出ているシャンプー。ローズエキス、はちみつなどの保湿成分配合。頭皮の皮脂汚れや汗汚れなどをすっきりと洗い流して、髪の毛はしっとりつややかに洗い上げます。

無添加:合成香料、石油系鉱物油、パラベン、シリコン、PG、フタル酸

■ジョンマスターオーガニック ベアシャンプー

john masters organicsベアシャンプー
内容量:236ml 価格:2,200円(税抜)

オーガニックファンならずとも知っている人も多い「ジョンマスターオーガニック」から出ている、ベーシックタイプのシャンプー。ホホバ種子油やヒアルロン酸などの保湿成分配合。無香料なので香りが苦手な方にもおすすめ。

無添加:ラウリル硫酸ナトリウム、パラベン、合成着色料、合成香料、合成増量剤、遺伝子組み換えされた原料

公式HPはこちら

■アミノ酸シャンプーuruotte

uruotte アミノ酸シャンプー 無添加 オーガニック
内容量:260ml 価格:2,400円(税抜)

シンプルケアにこだわるヘアケアブランド「uruotte(うるおって)」から出ている、頭皮をすこやかに保ち、髪にハリ・コシを与えてくれるリンス不要のアミノ酸シャンプー。保湿成分オーガニックホホバオイル配合。

無添加:シリコン、石油系界面活性剤

公式HPはこちら

■ハーブガーデンシャンプー(さくらの森)

ハーブガーデン さくらの森 シャンプー
内容量:300ml 価格:4,000円(税抜)

熊本県南阿蘇産のオーガニックハーブを原料としたハーブウォーターを使用しているアミノ酸シャンプー。バオバブ種子油などの保湿成分配合。ノンシリコンのコンディショナーとのセット使いがおすすめ。

無添加:シリコン、石油系界面活性剤、合成香料、着色料、防腐剤

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめ無添加シャンプー
プチプラ無添加シャンプー

無添加 シャンプー無添加シャンプーを初めて使うので、とりあえず手に取りやすい価格帯のものを探しているという方におすすめしたい無添加シャンプーをご紹介します。

大手のドラッグストアなどで市販されているものを中心に、税抜価格が1,100円以下※の無添加シャンプーをセレクトしましたので、ぜひチェックしてみてください。

※オープン価格のものは大手のドラッグストア通販サイトの価格を参考にしています。

■カウブランド 無添加シャンプー

カウブランド無添加シャンプー内容量:ポンプ付 550ml 価格:1,000円(税抜)

牛乳石鹸から出ている無添加にこだわった「カウブランド」シリーズのアミノ酸系シャンプー。さっぱりと頭皮の汚れを洗い流し、さらさらで指通りのよい髪に洗い上げてくれます。詰替用を販売しているのでエコなのも魅力です。

無添加:シリコン、着色料・香料・防腐剤・品質安定剤

公式HPはこちら

■ちふれ アミノ シャンプー

ちふれ アミノ シャンプー 無添加
内容量:200ml 価格:500円(税抜)

ふんわりクリーミィな泡立ちで、しっとりツヤのある髪に洗い上げるアミノ酸シャンプー。無香料ですが、油性のエモリエント成分として配合されているラベンダー油がほのかに香ります。詰替用あり。

無添加:シリコン、香料、着色料

公式HPはこちら

■M-mark アミノ酸せっけんシャンプー

M-markアミノ酸せっけんシャンプー  無添加
内容量:600ml 価格:1,050円(税抜)

「必要としているものを過不足なく。毎日心地よく使える」をコンセプトにしたM-markシリーズのシャンプー。キメ細かでクリーミィな泡が、余分な皮脂などの汚れをすっきり洗い流し、地肌をすこやかに保ちます。

無添加:シリコン、パラベン、着色料

公式HPはこちら

■ピジョン ベビー 泡シャンプー

ピジョン 泡シャンプー 無添加
内容量:350ml 価格:オープン価格

泡で出てくるので片手でも使えるベビーシャンプー。赤ちゃんを抱っこしながら使いたいパパ・ママにおすすめです。セラミド2などの保湿成分配合。うるおいを保ちながら、清浄に洗い上げます。

無添加:着色料、パラベン、シリコン

公式HPはこちら

■ティモテ ピュアクレンジングシャンプー

ティモテ ピュアクレンジングシャンプー  無添加内容量:500ml 価格:オープン価格

植物の力に着目した北欧生まれのブランド「ティモテ」から出ている、キメ細かな泡で、うるおいを保ちながら洗い上げるシャンプー。保湿成分としてオーガニックグリーンティーエキス配合。

無添加:シリコン、パラベン、合成着色料

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめ無添加シャンプー
アミノ酸系の無添加シャンプー

無添加 シャンプー髪の毛をカラーリングしている方などにおすすめしたい、アミノ酸系洗浄成分を配合している無添加シャンプーをご紹介します。
ノンシリコンで、ネット通販で購入できる無添加シャンプーをセレクトしました。

■モーガンズ ノンシリコンアミノ酸シャンプー スムース&ガーデン

morgans ノンシリコンアミノ酸シャンプー スムース&ガーデン内容量:300ml 価格:1,900円(税抜)

頭皮のうるおいを保ちながら皮脂汚れを洗い流し、ハリ・コシのある髪に洗い上げます。コンディショナーとのライン使いがおすすめ。ラベンダーとジャスミンをブレンドした、植物のピュアさを思わせる香りも魅力です。

無添加:シリコン、合成ポリマー、パラベン、石油由来界面活性剤、鉱物油、ラウリル硫酸NA、ラウレス硫酸Na、合成香料、フェノキシエタノール、DEA、MEA、TEA

公式HPはこちら

■マイナチュレ 無添加シャンプー(マイナチュレ)

マイナチュレ スカルプシャンプー内容量:200ml 価格:3,180円(税抜)

女性向けの育毛剤で知られるブランド「マイナチュレ」のアミノ酸シャンプー。豊かな泡で洗い上げ、頭皮をすこやかに保ってくれます。髪の毛のハリやコシ不足が気になる方などにおすすめ。シトラスハーブの爽やかな香り。

無添加:シリコン、パラベン、着色料、合成香料、動物性原油、石油系界面活性剤、合成ポリマー、サルフェート

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめ無添加シャンプー
コンディショナー不要の無添加シャンプー

無添加 シャンプー

シンプルケアが好みの方におすすめしたい、コンディショナー不要タイプの無添加シャンプーをご紹介します。

ネット通販で購入できて、容量が400ml以上の大きめボトルのノンシリコンシャンプーをセレクトしました。ぜひチェックしてみてください。

■haru 黒髪スカルプ・プロ

haru 黒髪スカルプ・プロ内容量:400ml 価格:3,600円(税抜)

毛穴に詰まった皮脂汚れやスタイリング剤による汚れもさっぱり洗い流し、頭皮をすこやかに保ってくれるオールインワンタイプのシャンプー。400mlと大きめサイズなので、家族で使いたい方にもおすすめ。公式サイトでまとめ買いをすると、割安になります。

無添加:シリコン、合成ポリマー、カチオン界面活性剤、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、鉱物油、合成防腐剤、合成保存料

公式HPはこちら

■Tea-tree アロマのやさしさ

アロマのやさしさ
内容量:500ml 価格:2,800円(税抜)

頭皮と髪のうるおいを保ちながら洗い上げてくれるアミノ酸シャンプーです。保湿成分として自然由来のホホバオイルや小麦胚芽オイルを配合。洗髪の最後に2分ほど泡パックをすると、よりしっとりと仕上がります。

無添加:シリコン、パラベン、合成香料、着色料、石油系界面活性剤、硫酸系スルホン酸系成分、低分子性カチオン界面活性剤

公式HPはこちら

肌らぶ編集部おすすめ無添加シャンプー
フケ・かゆみを抑える無添加シャンプー

無添加 シャンプーフケ・かゆみなどのお悩みがある方におすすめしたい、薬用シャンプーをご紹介します。

継続して使いやすいように、詰替用を販売しているノンシリコンシャンプーをセレクトしました。

■rinRen(リンレン) レメディアル シャンプー ミント&レモン(医薬部外品)

リンレン レメディアル ミント&レモン シャンプー 薬用 フケ かゆみ 医薬部外品内容量:400ml 価格:1,850円(税抜)

国産の植物を原料に使うことにこだわったブランド「rinRen(リンレン)」から出ている、フケ・かゆみを抑えてくれる薬用シャンプー。センブリエキス、ミツイシコンブエキスなどの保湿成分配合。パサつきにくい、しなやかな髪に洗い上げてくれます。

無添加:シリコン、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、動物性原料

公式HPはこちら

■ミノン 薬用ヘアシャンプー(医薬部外品)

ミノン 薬用ヘアシャンプー内容量:120ml 価格:オープン価格

第一三共ヘルスケアから出ている「ミノン」シリーズの、植物性アミノ酸系洗浄成分を使用した薬用ヘアシャンプー。うるおいを保ちながら皮脂汚れや汗汚れを洗い落とし、地肌をすこやかに保ちます。フケが気になる方におすすめ。

無添加:シリコン、サルフェート(硫酸系界面活性剤)

公式HPはこちら

3. 【無添加シャンプーを使う!】基本のヘアケアポイント

無添加 シャンプー髪と頭皮をすこやかに保つために選んだ無添加シャンプーを使っても、間違ったヘアケアを行っていたら無添加シャンプーの魅力を存分に活かせないこともあります。

シャンプーから髪の乾かし方まで、基本のヘアケアポイントをぜひ見直してみてください。

見直しポイント① シャンプーの頻度

無添加 シャンプーシャンプーは適切な頻度で行いましょう。
シャンプーのし過ぎは頭皮の負担になることもあります。

汚れやベタつきが特に気になる状態でない場合は、1~2日に1回程度を目安にシャンプーするよう心がけるとよいでしょう。
特に汚れていないのに1日に何回もシャンプーをしたり、2度洗いしたりしていると、頭皮をすこやかに保つのに必要な皮脂まで洗い流してしまうこともあります。

見直しポイント② シャンプーの方法

無添加 シャンプーシャンプー方法の基本的なポイントを3つご紹介します。

朝シャン派の方などは、時間がなく、つい適当になりやすいポイントです。
すこやかな髪と頭皮のために、ぜひ見直してみてくださいね。

1 プレ洗い

無添加 シャンプー 方法実際のシャンプーの前にプレ洗いをして、大まかな汚れをすすぎ流し、また髪と頭皮をよく塗らしましょう。
しっかりとぬらすことで、シャンプーの泡立ちがよくなることが期待できます。

2 泡立て

無添加 シャンプー 方法シャンプーは手のひらで泡立ててから、髪につけるようにしましょう。
よく泡立てることで、髪の毛と髪の毛の間のクッションとなり、髪の摩擦の軽減に役立ちます。

3 洗い方

無添加 シャンプー 方法指の腹で頭皮をおだやかにもむようにしながら、頭皮全体を洗いましょう。
爪を立てずに指の腹で洗うことが大事です。

また、ゴシゴシとこすり洗いをすると、髪の毛と髪の毛の摩擦の原因になることもあるので、泡を上手に使って、おだやかに洗いましょう。

無添加 シャンプー 方法最後に、丁寧にすすぐことも忘れないでくださいね。耳の後ろなども丁寧に流しましょう。

見直しポイント③ 髪の乾かし方

無添加 シャンプー髪の毛を乾かす際は、不要な摩擦を避け、しっかりタオルドライしてからドライヤーをかけるように心がけましょう。

ぬれた髪の毛は乾いている髪の毛に比べ、キューティクルがはがれやすいといわれているからです。

無添加 シャンプー 方法タオルドライの際は、タオルで髪の毛をはさんで、ぽんぽんと押さえながら水分を吸収しましょう。
ゴシゴシこするようにふくと、髪の毛同士の摩擦が起きやすいので気をつけてください。

ドライヤーは、1点に熱が集中しないように、小刻みに動かしながら乾かすことが大事です。
根元から毛先に向けて、順に乾かしましょう。

無添加 シャンプー 方法最後は冷風で仕上げるのがおすすめです。
冷風で仕上げることで、スタイリングの持ちがよくなったり、キューティクルが閉じることで髪の表面がなめらかになって髪にツヤが出ることなどが期待できます。

4. 【無添加シャンプーを使う!】+α ヘアケアポイント

無添加 シャンプー無添加シャンプーと呼ばれるシャンプーの中には、ノンシリコンタイプのシャンプーが多くあります。

ノンシリコンタイプのシャンプーは、頭皮や毛髪を清浄に洗い上げ、すこやかに保ってくれますが、なかには髪のきしみが気になるという場合もあるようです。

そういった場合は、洗い流さないトリートメントとしてヘアオイルなどを取り入れるのがおすすめです。
ヘアオイルで髪の表面をコーティングしてキューティクルをなめらかに整え、髪をしっとりと保ちましょう。無添加シャンプー ヘアオイル 使い方

ヘアオイルにも、シリコンが入っているものとそうでないものがあります。
ノンシリコンにこだわる方は、アルガンオイルやホホバオイル、椿油などの植物性ピュアオイルに注目して選ぶとよいでしょう。

5. まとめ

無添加 シャンプー

今回は、無添加シャンプーとは?から選ぶポイント、肌らぶ編集部のおすすめ無添加シャンプー、ヘアケアのポイントまでまとめてご紹介しました。

無添加とひと言でいっても、商品によって本当にさまざまな特徴や魅力があります。

ぜひ、今回ご紹介した無添加シャンプーを参考にしつつ、お気に入りの無添加シャンプーを見つけてください。

そして、自分に必要なものを知る人こそが送ることができる、素敵でつややかな毎日を楽しんでくださいね。