メニューを開く
アスタリフト;

ノロウイルスになりたくない人必見! ノロウイルスの5つの感染経路

ノロウイルス 感染経路
「ノロウイルスの感染経路には何がある?」、「家族がノロウイルスになった!うつらないようにするにはどうすればいい?」と、お困りではありませんか。

ノロウイルスの感染経路は5つ考えられますが、最も感染の可能性が高いのは、ノロウイルスの感染者の便や吐物からの感染です。

今回はノロウイルスの感染経路や、正しい予防対策方法などをご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスの感染経路には、以下の5つの感染経路が考えられます。

感染経路1 感染者の便や吐物中のノロウイルスが手などにつく
感染経路2 乾燥して風に舞ったノロウイルスが体内に入る
感染経路3 ノロウイルスが手についた可能性の高いまま調理をする
感染経路4 カキなどの二枚貝を加熱せずに食べる
感染経路5 ノロウイルスに汚染された井戸水を飲む

それぞれを、詳しく説明します。

感染経路1 感染者の便や吐物中のノロウイルスが手につく

ドアノブ
感染者の便・吐物で飛び散ったノロウイルスや、感染者が触った場所に触れると感染します。

感染者の排泄した便や吐物の中には、数百~数億個ものノロウイルスが含まれているといわれています。

少しの量のウイルスでも、手や体につくと体内に入りやすくなり、感染する恐れがあります。

また、不特定多数の人が利用するトイレは特に注意が必要で、水洗トイレを流した際に飛び散った水しぶきにも、実はノロウイルスが潜んでいる確率が高いともいわれています。

感染経路2 乾燥して風に舞ったノロウイルスが体内に入る

じゅうたん

感染者の便や吐物は、乾く前に早めに正しい処理をしないと、そこから感染する場合があります。

ノロウイルスは感染者の体から出て、しばらく経ってからも感染力を持っています。布製品についた感染者の吐物が乾燥すると、風でノロウイルスが舞い、体内に入って感染しやすくなるといわれています。

カーペットや布団、衣類などは、除菌や他のものへのノロウイルスがうつることを防ぎましょう。
正しい布製品の処理方法は、「4.ノロウイルスになった時の正しい対処方法」で詳しく説明していますのでご覧ください。

感染経路3 ノロウイルスが手についた可能性の高いまま調理をする

調理
ノロウイルスの感染者が、ウイルスが手についたまま調理をすると、食材などにノロウイルスがつき、それを食べた人が感染するといわれています。

吐き気や嘔吐といった、ノロウイルスのような症状が出たら、調理を控えましょう。

また、その場合、調理器具や調理台にもノロウイルスがついている可能性があるので、熱湯やアルコールで必ず消毒することをおすすめします。

※調理器具などの詳しい消毒の方法は、「3-3.調理台、調理器具を消毒する」でご紹介しています。

感染経路4 カキなどの二枚貝を加熱せずに食べる

生牡蠣
カキなどの二枚貝のエサは、海水に含まれるプランクトンです。実はそこにノロウイルスが含まれていることがあります。

海水がノロウイルスの感染源となる場合もあります。下水処理場で処理された水は、最終的に海水に流れ込みますが、処理上ではノロウイルスを完全に排除できないといわれています。
二枚貝はエサと一緒に大量の海水を取り込みます。その海水を体の中にためこみ、ノロウイルスが二枚貝の体内に濃縮されるために、二枚貝を食べることでノロウイルスに感染するといわれています。

カキ、アサリ、シジミなどの二枚貝は、ノロウイルスを持っていることが多いので、生で食べたりせず、また加熱が不十分の二枚貝も食べるのを控えましょう。

二枚貝は調理の際に、ノロウイルスを防ぐために、貝の中心部を85~90度にし、90秒以上、加熱するとよいでしょう。ノロウイルスは高温に弱いため、きちんと加熱することでノロウイルスは活力を失います。

感染経路5 ノロウイルスに汚染された井戸水を飲む

井戸

井戸水が、なんらかの原因でノロウイルスに汚染されると、それを飲んだことにより、ノロウイルスに感染することがあります。

井戸水を日常的にお使いの方は、定期的に水質検査を行うことをおすすめします。

Pocket
LINEで送る