メニューを開く

ノロウイルスになりたくない人必見! ノロウイルスの5つの感染経路


Pocket
LINEで送る

ノロウイルス 感染経路
「ノロウイルスの感染経路には何がある?」、「家族がノロウイルスになった!うつらないようにするにはどうすればいい?」と、お困りではありませんか。

ノロウイルスの感染経路は5つ考えられますが、最も感染の可能性が高いのは、ノロウイルスの感染者の便や吐物からの感染です。

今回はノロウイルスの感染経路や、正しい予防対策方法などをご紹介します。



1.ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスの感染経路には、以下の5つの感染経路が考えられます。

感染経路1 感染者の便や吐物中のノロウイルスが手などにつく
感染経路2 乾燥して風に舞ったノロウイルスが体内に入る
感染経路3 ノロウイルスが手についた可能性の高いまま調理をする
感染経路4 カキなどの二枚貝を加熱せずに食べる
感染経路5 ノロウイルスに汚染された井戸水を飲む

それぞれを、詳しく説明します。

感染経路1 感染者の便や吐物中のノロウイルスが手につく

ドアノブ

感染者の便・吐物で飛び散ったノロウイルスや、感染者が触った場所に触れると感染します。

感染者の排泄した便や吐物の中には、数百~数億個ものノロウイルスが含まれているといわれています。

少しの量のウイルスでも、手や体につくと体内に入りやすくなり、感染する恐れがあります。

また、不特定多数の人が利用するトイレは特に注意が必要で、水洗トイレを流した際に飛び散った水しぶきにも、実はノロウイルスが潜んでいる確率が高いともいわれています。

感染経路2 乾燥して風に舞ったノロウイルスが体内に入る

じゅうたん

感染者の便や吐物は、乾く前に早めに正しい処理をしないと、そこから感染する場合があります。

ノロウイルスは感染者の体から出て、しばらく経ってからも感染力を持っています。布製品についた感染者の吐物が乾燥すると、風でノロウイルスが舞い、体内に入って感染しやすくなるといわれています。

カーペットや布団、衣類などは、除菌や他のものへのノロウイルスがうつることを防ぎましょう。
正しい布製品の処理方法は、「4.ノロウイルスになった時の正しい対処方法」で詳しく説明していますのでご覧ください。

感染経路3 ノロウイルスが手についた可能性の高いまま調理をする

調理

ノロウイルスの感染者が、ウイルスが手についたまま調理をすると、食材などにノロウイルスがつき、それを食べた人が感染するといわれています。

吐き気や嘔吐といった、ノロウイルスのような症状が出たら、調理を控えましょう。

また、その場合、調理器具や調理台にもノロウイルスがついている可能性があるので、熱湯やアルコールで必ず消毒することをおすすめします。

※調理器具などの詳しい消毒の方法は、「3-3.調理台、調理器具を消毒する」でご紹介しています。

感染経路4 カキなどの二枚貝を加熱せずに食べる

生牡蠣

カキなどの二枚貝のエサは、海水に含まれるプランクトンです。実はそこにノロウイルスが含まれていることがあります。

海水がノロウイルスの感染源となる場合もあります。下水処理場で処理された水は、最終的に海水に流れ込みますが、処理上ではノロウイルスを完全に排除できないといわれています。
二枚貝はエサと一緒に大量の海水を取り込みます。その海水を体の中にためこみ、ノロウイルスが二枚貝の体内に濃縮されるために、二枚貝を食べることでノロウイルスに感染するといわれています。

カキ、アサリ、シジミなどの二枚貝は、ノロウイルスを持っていることが多いので、生で食べたりせず、また加熱が不十分の二枚貝も食べるのを控えましょう。

二枚貝は調理の際に、ノロウイルスを防ぐために、貝の中心部を85~90度にし、90秒以上、加熱するとよいでしょう。ノロウイルスは高温に弱いため、きちんと加熱することでノロウイルスは活力を失います。

感染経路5 ノロウイルスに汚染された井戸水を飲む

井戸

井戸水が、なんらかの原因でノロウイルスに汚染されると、それを飲んだことにより、ノロウイルスに感染することがあります。

井戸水を日常的にお使いの方は、定期的に水質検査を行うことをおすすめします。

2.潜伏期間中の感染はほとんどなし

ノロウイルスの潜伏期間は、24~48時間です。だいたい感染してから24時間以降にノロウイルスの症状が出てくるといわれています。

ノロウイルスの感染は、症状が出る前の潜伏期間には、ほとんど感染しません。それは、ノロウイルスのほとんどは、便や吐物についたウイルスが体内に入ることで感染するからです。感染しても、症状が出なければ下痢や嘔吐はしないため、感染する可能性は低いといわれています。

昼間は元気で、夜になって突然ノロウイルスになったという人と、昼間に接していたとしても、昼間にノロウイルスの症状が出てさえいなければ、ノロウイルスに感染することはほとんどありません。

3.感染経路を断つための4つの予防法

ノロウイルスの流行が気になる季節は、感染経路を知り、正しく予防をすることが大切です。非常に小さく感染力が強いというノロウイルスの特徴を理解し、それに合わせた正しい予防を行いましょう。

3-1.手を洗う

手洗いは、最も予防を期待できる方法です。食べ物を口にする前や、色々な人が触れる場所を触った後、トイレを利用した後は、必ず手を洗うよう心がけてください。

手洗いは普段行っているものでは、ノロウイルスの予防には不十分なので、手のすみずみまで、くまなく洗うために正しい手洗いを心がけてください。

〈正しい手の洗い方〉
①指輪、時計など、アクセサリー類をはずす
②流水だけで落ちる汚れをあらかじめ落としておく
③石鹸を手につけ、両手のひらをこすり合わせるようにして、手のひらと指を洗う
手洗い1

④手の甲と指の背を、片方ずつ手のひらでこすって洗う
⑤両手の指を組み合わせるようにし、指の間を洗う
手洗い2

⑥指先を片側の手のひらをひっかくようにして爪の中を洗う
⑦親指を片側の手で握るようにして洗う
⑧手首のシワに沿って石鹸をすべらせる
手洗い3

⑨流水で時間をかけてすすぐ
⑩手はペーパータオルや清潔なタオルでふく(※共用のタオルなどを使わない)

※③から⑧までは30秒、⑨には20秒程度の時間をかけるようにしましょう。

〈アルコール消毒〉
①消毒液を手のひらにとり、指先で手のひらをひっかくようにして消毒する(この時、消毒液が少なすぎると蒸発してしまうので注意)
②両手のひらをこすり合わせ、消毒液をなじませる
③手の甲にもなじませる
④両指を組むようにし、消毒液を指の根元にもなじませる
⑤親指をもう片側の手で握るようにしてなじませる
⑥手首のしわにそって、消毒液をなじませる
⑦消毒液を乾燥させる

※水道が近くなく、手洗いができない場合、アルコール消毒は補助的な役割を果たしてくれます。普段は手洗い後にアルコール消毒することをおすすめします。

3-2.調理台、調理器具を消毒する

ノロウイルスに汚染された貝を調理した器具や調理台や、またはノロウイルスの感染者が調理器具などに触れた可能性がある場合は、必ず除菌を行うようにしてください。

調理器具や食器を除菌する際には、次亜塩素酸ナトリウムや、ノロウイルスの除菌が可能なアルコール消毒液で除菌しましょう。

ただし、次亜塩素酸ナトリウムもアルコール消毒液も、使用する場所には注意が必要です。次亜塩素酸ナトリウムは、金属製のものをサビさせるだけでなく、手などにも刺激がある場合あります。

食器などに使うのに抵抗のある方は、アルコール消毒液での除菌がおすすめです。

キッチン周りのノロウイルス除菌をもっと手軽に行いたい方へおすすめです。
「ノロパンチ(健栄製薬)」と、「ノロキンクリアpro(KINCHO)」

各ノロウイルスへの働きの検証を行っている商品で、次亜塩素酸ナトリウムのように刺激が少ないのが特徴です。
ノロパンチ400mL(フィルムあり)m

ノロパンチ(健栄製薬)
ノロキンクリアプロ

ノロキンクリアpro(KINCHO)

※アルコールによる除菌方法は、商品の使用方法をご覧ください。

3-3.便、吐物を正しく処理する

便や吐物などが布製品についてしまった場合は、すぐに除菌を行ってください。布製品の消毒にも、次亜塩素酸ナトリウムやアルコール消毒液をお使いください。

〈カーペット、布団などの除菌方法〉
・準備するもの
使い捨てのビニールorゴム手袋
マスク
使い捨てのカッパやエプロン
ビニール袋

①マスク、手袋、カッパなどをつける
②ペーパータオルで汚れを取り除く
③ノロパンチか、次亜塩素酸ナトリウム(濃度0.1%)で拭く
④処理が終わったら、ビニール袋にゴミやマスク、手袋、カッパを入れ、袋の口をしばり、すぐに捨てる
⑤処理が完了したら、よく手を洗う

ご家庭のドアノブなど、金属製品に次亜塩素酸ナトリウムを使うと、サビてしまうので、ノロウイルスの除菌を見込めるアルコールで、拭くようにしましょう。

〈汚れた布製品の洗い方・除菌方法〉
汚れた衣類は除菌しないで洗濯機に入れると、他の衣類や洗濯機にノロウイルスが付着するため、二次感染が起こる可能性があります。

・準備するもの
塩素系漂白剤(商品例:成分表示に「次亜塩素酸ナトリウム」の記載があるもの)
マスク
使い捨ての手袋
洗い桶やバケツ

①マスクとゴム手袋を着用する
②洗濯が可能な衣類やシーツなどは、塩素系漂白剤を薄めた水(※濃度は商品の使用方法を確認してください)に30分つけおきする
③吐物の入った水しぶきを浴びないよう、静かにすすぐ
④洗濯機で洗濯する

※塩素系漂白剤は、衣類の色が落ちるので、色落ちの気になるものは、汚れを拭き取り、アルコール消毒液で消毒してから、洗濯機で洗濯してください。

3-4.二枚貝を生で食べない

牡蠣×レモン

二枚貝(カキ・シジミ・アサリなど)は、どんな貝でも、「ノロウイルスに確実に汚染されていない」と言えないのが実際のところのようです。

できれば、カキをはじめとする二枚貝は、十分に加熱してから食べるようにし、生食を避けるのが無難といえます。

ノロウイルスは、熱に弱いという特徴を持っているため、ノロウイルスに汚染されている貝でも、十分に加熱することで、ノロウイルスへの感染は防げます。

加熱の際には、貝の中心部分が、85~90度で、90秒以上熱することで、ノロウイルスの感染を防ぐことができます。

4.まとめ

ノロウイルスの感染経路と、予防方法についてお話ししました。ノロウイルスは感染力が強く、少ない量のウイルスでも感染します。

ノロウイルスの流行する時期は、どこにノロウイルスが付着していても、おかしくないので、手洗いをはじめとする予防をしっかり行い、感染経路を断つための知識を得て、対策をしましょう。

※この記事は2016年6月26日時点の情報になります。
また、効果・結果には個人差がございますのでご了承ください。

==================================
あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! 2016年全部の恋愛運も占えます!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の 運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?
あなたの生年月日から運命の人をズバリ教えてくれる占い『あなたの幸運』が大好評です!

もしかしたら、別れた彼かもしれないし いま付き合ってる人かもしれませんし いつ・どこで運命の人と会えるのかも教えてくれます。

2016年の恋愛運が気になる人は是非やってみてください
==================================

==================================
《たった3分で恋と幸せを引き寄せる方法》

『美』を追求している女性陣から圧倒的な信頼!!

わずかな時間で自分を好きになって、恋と幸せを引き寄せる方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』で
あなたの本質を理解すれば、現在の悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今回はプロ鑑定師が、アナタだけの為に「魅力が開花する鑑定結果」を無料でプレゼント。

いつも頑張っている貴女に、是非『全員0円』鑑定をお試しください!
==================================


Pocket
LINEで送る