メニューを開く
アスタリフト;

目立ってしまう鼻ニキビ!原因&予防方法とは?

鼻ニキビ 原因
「よく鼻にニキビができるけれど、何が原因なんだろう…?」とお悩みではありませんか?

鼻は顔の中心にあるので、ニキビができてしまうと目立ってしまい気になりますよね。

鼻ニキビは、原因を知って適切なスキンケアを行うことで予防することができます。

今回は、鼻ニキビの原因と鼻ニキビの予防方法をお伝えします。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.鼻にニキビができてしまう原因

鼻ニキビができてしまう主な原因は、「過剰な皮脂」といわれています。

鼻は、皮脂腺が多いTゾーンと呼ばれる部分にあり、毛穴が深く数も多いので、皮脂が詰まりやすい部分です。

そのため、過剰に分泌された皮脂が鼻の毛穴に詰まってしまうと鼻ニキビができてしまうといわれています。

特に10代は皮脂が過剰に分泌されやすいため、鼻ニキビができやすいですが、20代以降でもストレスを感じると増える「男性ホルモン」の影響で皮脂量が増加してしまうため、鼻ニキビができることがあります。

2.鼻ニキビの予防方法

ここでは、鼻ニキビの原因である「過剰な皮脂」を抑えて、ニキビのできにくい肌をつくるためのお手入れをご紹介します。

2-1.丁寧に洗顔を行う

鼻は皮脂量が多い部分なので、過剰な皮脂を抑えニキビのできにくい状態に整えるために、丁寧な洗顔で余分な皮脂や汚れをしっかりと落としましょう。

洗顔料は良く泡立てて肌にのせ、摩擦を起こさないようにやさしく洗います。

すすぎは30~35度くらいのぬるま湯で20~30回、すすぎ残しのないように十分に行います。

特に、小鼻の部分はくぼんでいて洗い残しの多い部分なので、丁寧に洗いましょう。

【おすすめ洗顔】

POLA デイ・アン・デイ アクネ クリーン ウォッシュ(医薬部外品)
POLA毛穴の汚れ、余分な皮脂を洗顔によってすっきり洗い流してニキビを防ぐ薬用洗顔クリームです。

POLA 公式ホームページはこちら

2-2.肌がしっかり潤うスキンケア製品を使用する

鼻ニキビを予防するには、肌がしっかり潤うスキンケア製品でのお手入れがおすすめです。

肌は、スキンケアによって潤いに満たされると、外部の刺激の影響を受けにくくなるといわれています。

おすすめは、「セラミド」「ヒアルロン酸」「リピジュア」等の保湿成分が配合されているものです。

【おすすめスキンケア】

NOV ACアクティブシリーズ(全て医薬部外品)

NOVニキビを予防し、肌を整えるスキンケアシリーズです。
保湿成分「リピジュア」「ヒアルロン酸」等が配合されています。
肌をなめらかにして、潤いを与えます。

NOVトライアルキットはこちら

3.鼻ニキビをできにくくするために意識すること

鼻ニキビをできにくくするために、普段の生活で意識することは3つあります。

これらは鼻だけでなく、顔全体のニキビをできにくくするために共通することなので、美肌をつくるためにもぜひ実践しましょう。

3-1.肌には清潔なものを使用する

タオル鼻ニキビができにくい肌をつくるために、肌には清潔なものを使用するように心がけましょう。

顔を拭くタオルやメイクブラシ、スポンジ、パフといったメイクアイテムは、洗わずに使用し続けることで、雑菌が繁殖してしまうことがあります。

タオルは使ったらその都度新しいものと交換する、メイクブラシは週1回の頻度、スポンジやパフは週2~3回の頻度で洗うよう心がけましょう。

また、私たちの手にもまた、気づかぬうち細菌が付着していることがあります。スキンケアを行う際は、事前に手を洗い、清潔にしておくことを心がけましょう。

3-2.質の良い睡眠をとる

睡眠のリズム美しい肌をつくるための睡眠時間の理想は、6時間以上といわれています。

また、睡眠は時間ばかりが長ければ良いというものではありません。睡眠を取る際は、「質の良い睡眠」にこだわることが大切です。

睡眠、特に「質の良い睡眠」を取ることは、ホルモンバランスを整えて、肌の生まれ変わりをスムーズにするといわれていて、鼻ニキビもできにくくなります。

質の良い睡眠をとるためには、眠りが深くなり成長ホルモンの分泌も活発になる睡眠直後3時間にしっかり熟睡することがポイントです。

質の良い睡眠を摂るためには、就寝前の脳を、睡眠に導きやすい状態に整えることが必要です。脳への刺激を極力控えるため、スマートフォンやパソコンは使用しない、カフェインの入った飲み物は避けるといった配慮を意識しましょう。

3-3.食事でビタミンを摂る

野菜食生活を見直して鼻ニキビに良いビタミンを摂取し、内側から原因をなくしていきましょう。

偏った食生活は、ビタミン不足に繋がります。

ビタミンは体内のさまざまな機能をサポートするはたらきがあるため、食事で摂取することができるよう、意識することが大切です。

おすすめは、ビタミンB群、ビタミンエースと呼ばれるビタミンA・C・Eを併せて摂ることです。

【ビタミンを含む食品】
ビタミンB群…レバー、うなぎ、牛乳、豚肉、納豆 等
ビタミンA…にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草、トマト 等
ビタミンC…レモン、イチゴ、赤ピーマン、じゃがいも、カリフラワー 等
ビタミンE…ナッツ類、うなぎ、いくら、たらこ、青魚 等

4.まとめ

鼻ニキビの主な原因である「過剰な皮脂」を抑えて鼻ニキビを予防するためには、丁寧な洗顔と肌がしっかり潤うスキンケア製品によるお手入れがおすすめです。

こうしたお手入れとともに、睡眠や食生活等の生活習慣も見直し、つるんとした鼻を目指しましょう!

※この記事は2016年1月15日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る