メニューを開く
2017年2月20日 更新

鼻が乾燥する!ドライノーズの原因と対策

鼻 乾燥2
「鼻が乾燥してムズムズする、鼻の中が痛い…」とお悩みではないですか?

鼻の乾燥・ドライノーズは、鼻がムズムズしたり、鼻が痛かったりする不快な状態ですよね。

そのため、仕事や勉強に集中できなかったり、鼻水が気になって仕方なかったりすることも…

そこで今回は、鼻の乾燥・ドライノーズの原因や、その対策方法についてご紹介します。


1.鼻の乾燥・ドライノーズの原因

鼻 乾燥 ドライノーズ 対策 粘膜 症状 治療

鼻の乾燥・ドライノーズはなぜ起きてしまうのでしょうか?

わずらわしい鼻の乾燥の原因についてご紹介します。

①空気が乾燥している

鼻の乾燥・ドライノーズは、空気が乾燥していることが主な原因だと言われています。

例えば、1日の大半を過ごすオフィスや、長時間過ごすことの多いホテルなど、気密性の高い室内も空気が乾燥しやすいため、ドライノーズを引き起こしやすいと考えられます。

特にオフィスはエアコンが効きすぎていることも多く、乾燥しやすいでしょう。

②水分が不足している

鼻の乾燥・ドライノーズの原因として、体の水分が不足しているということも考えられます。

特に冬は、夏と違って意識して水分を摂ることが減るため、水分不足と空気の乾燥があいまって、鼻の乾燥・ドライノーズを引き起こしやすいと言われています。

2.鼻の乾燥によるドライノーズ6つの対策

鼻 乾燥 ドライノーズ 対策 粘膜 症状 治療

鼻の乾燥・ドライノーズの対策は、とにかく乾燥した鼻を保湿することだと言われています。

ここでは、その具体的な方法についてご紹介します。

鼻の乾燥対策①マスクをつける

鼻の乾燥・ドライノーズ対策として、マスクをつけることをおすすめします。

マスクの中は湿度が高いため、鼻の乾燥を緩和することが期待できます。

また、マスクをつけていると、冬場の冷たい外気をそのまま吸い込むことも少ないでしょう。

マスクはさまざまな種類があり、ガーゼ等を湿らせてセットできるタイプもあるので、活用してみても良いかもしれません。

鼻の乾燥対策②加湿器を使う

鼻の乾燥・ドライノーズに悩む方は、加湿器を使うのも良いでしょう。

自宅には加湿器があってしっかり対策がとれている方も多いかもしれませんが、オフィスでも、できれば加湿器に頼りたいものです。

最近はオフィスで使用できる卓上加湿器の種類も豊富なので、活用しましょう。

USB電源で使用できる小型の加湿器などもあるようです。

自宅に加湿器がない方も、このような小型の加湿器を家でも利用したり、濡れたバスタオルを干したりして乾燥対策を行うことが大切だと言われています。

鼻の乾燥対策③入浴をする

鼻の乾燥・ドライノーズ対策として、ゆっくりと入浴をするのも良いでしょう。

浴槽にお湯をためて浸かることで、水蒸気をたっぷりと吸い込むことが期待できます。

入浴中はゆったりと鼻呼吸を繰り返し、鼻の潤いをサポートしましょう。

鼻の乾燥対策④市販薬を使用する

鼻の乾燥・ドライノーズ対策として、市販のドライノーズ用スプレー等を使用しても良いでしょう。

鼻がムズムズして気になる時に、手軽にシュッと潤いを与えることができると言われています。

鼻用の保湿ジェルやクリームもあるので、活用するのも対策になるでしょう。

鼻の乾燥対策⑤水分をとる

鼻の乾燥・ドライノーズ対策として、こまめに水分を摂るようにしましょう。

緑茶やコーヒーなどのカフェインが含まれているものではなく、水やスポーツドリンクの方がおすすめです。

鼻の乾燥対策⑥耳鼻科に行く

鼻の乾燥・ドライノーズがなかなか良くならなかったら、耳鼻科に相談してみてはいかがでしょうか?

3.鼻の乾燥・ドライノーズになったら気を付けること

鼻 乾燥 ドライノーズ 対策 粘膜 症状 治療

鼻の乾燥・ドライノーズになったら、鼻の中のカサブタを剥がさないようにしましょう。

鼻の乾燥・ドライノーズになると、鼻の中に鼻水のかたまり(鼻くそ)があるようなムズムズした感覚になることもあるとされているため、どうしても取り出したくなりますよね。

しかし、それは鼻水のかたまりではなく、乾燥によって傷つきやすくなった皮膚にできた、カサブタかもしれないと言われています。

気になるからといってその都度剥がすと、出血してしまう恐れもあると考えられます。

鼻がムズムズしてカサブタが気になっても、まずは鏡で鼻をチェックしてみましょう。

その際に、明らかにカサブタがあるような問題のある見た目でなければ、いじらずに我慢するようにしましょう。

4.まとめ

今回は、鼻の乾燥・ドライノーズについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

今回ご紹介した対策はすぐにできることも多いので、今日から鼻をしっかり保湿しつつ、触りすぎないよう気をつけましょう!

この記事は2017年2月20日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。