メニューを開く

鼻の毛穴詰まりの原因は?皮脂の対策スキンケア

shutterstock_94940548

鼻の毛穴詰まりの原因が角栓にあるということは、多くの方が何となく理解しているのではないでしょうか。

しかし、その角栓がなぜできてしまうのか、ということについてはあまり知られていないかもしれません。

鼻の毛穴詰まりの原因には、古い角質と皮脂が大きく関係しています。

ここでは、鼻の毛穴詰まりに大きな関係があるといわれている皮脂の対処法などについてご紹介します。


1.鼻の毛穴詰まりを引き起こす3つの原因

鼻 毛穴 脂②

鼻の毛穴詰まりが起きてしまうと、ブツブツと毛穴が目立ち、鼻がまるでイチゴのように見えてしまうことがあります。

この状態は「イチゴ鼻」と呼ばれ、どうしても気になってしまう方も多いでしょう。

こうした鼻の毛穴詰まりは、毛穴に「角栓」が詰まってしまったことが原因です。

ここではまず、鼻の毛穴詰まりを引き起こす「角栓」ができる主な原因についてご紹介します。

1-1.過剰な皮脂

鼻の毛穴詰まりには過剰な皮脂が大きく関わっています。

皮脂は、肌をコーティングするように覆うことによって、ほこりなどの汚れから肌を保護する役割を持っています。

そのため、皮脂は人間の肌にとってなくてはならない存在です。

しかし、この皮脂量が過剰になってしまうと、鼻の毛穴詰まりの原因になることがあります。

余分な皮脂が鼻の毛穴に溜まると、古い角質と結びつくことによって角栓ができ、それによってブツブツとした毛穴悩みにつながってしまうことがあるのです。

つまり、鼻の毛穴詰まりをできにくくするために、余分な皮脂をスッキリと洗い落とすことが重要です。

1-2.古い角質の蓄積

古い角質が蓄積してしまうと、それが鼻の毛穴詰まりの原因になってしまいます。

この古い角質、そして余分な皮脂が混ざり合うことによって、角栓による毛穴詰まりがおきてしまうのです。

そのため、古い角質を洗い落とすお手入れもとても重要なポイントの一つです。

1-3.メイクや汚れの洗い残し

メイクや汚れの落とし残しが鼻の毛穴詰まりに関係しています。

日頃から鼻の毛穴詰まりを気にしている方の中には、洗顔やクレンジング、スキンケアに時間をかけている方も多いのではないでしょうか。

しかし、特にクレンジングや洗顔の方法が間違っていたり、十分でなかったりすると、汚れやメイクが完全に落としきれていないことがあります。

この落としきれなかったメイクが角栓と混ざり、さらに毛穴悩みが増えてしまう場合もあります。

メイクに応じてクレンジングを使い分けたり、クレンジングの方法を再確認してみましょう。

2.鼻の毛穴詰まり対策|スキンケア

鼻 毛穴 脂③
鼻の毛穴詰まり・角栓をできにくくするためには、どのようなスキンケアが重要なのでしょうか?

ここからは、洗顔・保湿・紫外線対策にわけて、それぞれのポイントをご紹介します。

ぜひ自分の日ごろのスキンケアと照らし合わせて、確認してみてくださいね。

2-1.洗顔のポイント

ここでは、鼻の毛穴詰まりに着目し、余分な皮脂や汚れを洗い流すための洗顔について、ポイントをご紹介します。

①蒸しタオルの活用

鼻の毛穴詰まりが気になる方は、洗顔の前に蒸しタオルを活用してみることをおすすめします。

蒸しタオルで毛穴を開くことで、毛穴に詰まった余分な皮脂や角栓汚れを洗い流しやすくなるといわれています。

蒸しタオルは、固く絞ったタオルを1分程度温めるだけで、簡単につくることができます。

蒸しタオルを顔にあてる前には、手の内側にあてるなどして温度を確かめ、やけどに気をつけましょう。

②洗顔料をたっぷりと泡立てる

洗顔料はたっぷりと泡立ててから使用するようにしましょう。

しっかり泡立てることによって、摩擦による肌への負担を減らすことができますし、毛穴の汚れや余分な皮脂などをしっかり洗い落としやすくなります。

また、強くゴシゴシ洗うのは肌に負担をかけやすいため、避けるようにしましょう。

洗顔料の泡で洗うイメージで、泡を転がすようにしながら、丁寧に洗顔しましょう

2-2.保湿のポイント

保湿は非常に重要なスキンケアの一つです。

保湿のお手入れを十分にしないままだと、乾燥を感じた肌がさらに皮脂を出して、ほこりなどから肌を守ろうとします。

この結果、肌にうるおいが不足しているだけではなく、皮脂量が多いオイリーがちな肌状態になってしまう場合もあります。

鼻の毛穴詰まりに悩むオイリーがちな肌の方の中には、保湿のお手入れを避けている方もいるかもしれません。

しかし、この場合も、肌に油分だけでなく水分を補うような、うるおいのお手入れを意識するようにしましょう。

化粧水などの保湿ケア化粧品をつける時は、しっかりと肌になじませるよう、ハンドプレスなどの一工夫を加えましょう。

肌がうるおうことによって、キメの整ったなめらかな肌を目指すことができます。

2-3.紫外線対策のポイント

洗顔や保湿のスキンケアを行ったら、日常的に紫外線対策を怠らないようにしましょう。

紫外線は、過剰な皮脂だけではなく、あらゆる肌悩みの原因になるといわれています。

紫外線対策としては日焼け止めなどを塗ることが挙げられますが、こうした紫外線対策アイテムは夏場だけでなく一年を通して使用するというのが基本です。

紫外線対策は夏場の暑い時期や晴れている時だけ意識されがちですが、実際には一年を通して紫外線は降り注いでいますし、曇っているときでも地上に降り注いでいます。

外出の予定や季節によって日焼け止めの種類を使い分けながら、習慣的に紫外線対策をするようにしましょう。

3.鼻の毛穴詰まり対策|生活習慣

鼻 毛穴 脂④
鼻の毛穴詰まりをできにくくするためには、生活習慣などの体の内側からのケアも重要です。

ここからは、鼻の毛穴詰まりをできにくくするための生活習慣についてご紹介します。

3-1.バランスのいい食生活を心がける

バランスのいい食生活を心がけましょう。

私たちの体は食べたものによって作られていて、それは肌にも同じことがいえます。

健康的な身体づくりは、すこやかな肌を保つためにも重要です。

特に、日ごろの食生活で不足しがちなビタミンなどの栄養素は、意識してとるようにすることをおすすめします。

3-2.質のいい睡眠をとる

すこやかな肌を保つためにも、質のいい睡眠をとりましょう。

睡眠時間が足りていなかったり、睡眠の質がよくないと、新しく肌が作られるサイクルが乱れがちになるといわれています。

いつも決まった時間に就寝・起床することや、適度な有酸素運度をすることは、質のいい睡眠をとるために良いとされています。

一つずつ取り入れて、習慣にしてみましょう。

4.まとめ

鼻の毛穴詰まりを対策するためには、余分な皮脂や汚れを洗い流したり、保湿のお手入れをしたりという基本のスキンケアが重要です。

また、スキンケアだけでなく規則正しい生活を心がけて、キメの整ったなめらかな肌を目指しましょう。

この記事は2016年9月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る