メニューを開く
アスタリフト;

気になる鼻のテカリ!スキンケアとベースメイクで抑えよう

鼻 テカリ
「鼻のテカリが気になる!」「どうしたら鼻のテカリが抑えられるんだろう?」と、お悩みではありませんか?

今回は、鼻のテカリを抑えるための方法やアイテムを、スキンケアとメイクの両面からご紹介します。

最後にはケアしていく際に注意して頂きたい点にも触れていきますので、ぜひ参考にしてください。

鼻のテカリが気にならない、自信の持てる肌を目指しましょう。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1. 鼻のテカリが気になる原因

鼻の中 ニキビ
多くの方がご存じのとおり、テカリは皮脂の過剰分泌によって起きると言われています。

本来の適切な量よりも多く皮脂が分泌されると、「テカリ」になります。

しかし、なぜ特に鼻のテカリが気になるのでしょうか。
それは、顔の中でも鼻は皮脂腺が多い部位だからです。

皮脂を分泌する皮脂腺は、身体の中心部位に多く存在します。
顔の場合はその中心こそがまさに鼻なので、テカリが目立ってしまうのです。

次の項目以降で、具体的にどうすれば良いのか見ていきましょう。

2. 鼻のテカリは2つの方面から攻める

鼻の中 ニキビ
鼻のテカリに対応するためには、2方向からのアプローチがおすすめです。
まずスキンケア、もうひとつがベースメイクです。

2-1. 鼻のテカリを抑えるスキンケア

スキンケアを見直すことは、肌の状態そのものを整えることにつながります。
そこで注目すべきなのが、①洗顔、②収れん化粧水 です。

①洗顔の見直し

きちんと洗顔をして、過剰な皮脂をしっかりと落としましょう。

洗顔料は、皮脂などの汚れをしっかり吸着するもの、泡立ちの良いものを選びましょう。

また使用する際は、しっかり泡立ててから顔に乗せ、こすらないように洗うようにします。
日焼け止めやメイク品を使った日は、しっかりクレンジングしたあとに洗顔料を使いましょう。

POLA(ポーラ) Dソープ
pola dソープ
鼻のテカリの原因にもなる過剰な皮脂をしっかり落とせる洗顔石鹸です。

濃密な泡が汚れをしっかり絡め取るので、洗い上がりはすっきり。

汚れはすっきり落とすのに、たっぷり配合された保湿成分で、つややかな肌へ導きます。
(※植物由来成分:ゴールデンニームエキス、アンズエキス、紅茶エキス、キイチゴエキスなど)

肌を清浄にし、透明感を与えることが期待できる石鹸です。

★POLA公式HPはこちら

②収れん化粧水の使用

鼻のテカリが気になる方には、収れん化粧水の使用もおすすめです。

収れん化粧水とは、肌を引き締めて皮脂の分泌を抑制する化粧水です。

朝のスキンケアに取り入れることで肌を引き締めてテカリを抑え、メイクの持ちを良くします。

もちろん顔全体に使えるものですが、テカリの気になる鼻のみに使用するのも良いでしょう。

トワニー トーニングコンディショナーt
収れん化粧水 トワニー
皮脂の分泌を抑えて肌を引き締め、鼻のテカリに働きかける収れん化粧水です。

配合されているペパーミントエキスは、肌の引き締めはもちろん肌荒れにも期待ができる成分です。

コットンに多めに含ませて、やさしくパッティングするように塗布しましょう。

★収れん化粧水についてもっと詳しく知りたい方はこちら⇒おすすめの収れん化粧水 毛穴&皮脂が気になる方のお手入れ方法

★カネボウ公式HPはこちら

2-2. 鼻のテカリを抑えるベースメイク

スキンケアをどんなに頑張っても、皮脂の分泌が活発な日中はどうしても鼻のテカリが気になることがありますよね。

そんなときのため、ベースメイクにはテカリ防止を期待できるアイテムを取り入れましょう。
使用をおすすめしたいのは、①皮脂を吸着する化粧下地 ②パウダーファンデーション です。

①皮脂吸着が期待できる化粧下地の使用

ファンデーションなどを使う前の下地を、皮脂吸着の働きがあるものにするのがおすすめです。

ベースメイクのいちばん初めに鼻のテカリを抑えることで、化粧崩れを防ぎます。

顔全体用のテカリ防止下地もありますが、気になる部分が鼻のみであれば、Tゾーン用の下地がおすすめです。

鼻のテカリが気になる方にぜひ使っていただきたいベースメイクアイテムの一つです。

オルビス スムースマットベース

スムースマットベース
ハマメリス葉エキスという植物性の成分が、皮脂の過剰によって毛穴が開いた肌を引き締め、テカリを防止します。

テカリが気になる部分にのみ使用するタイプの化粧下地です。

感触もさらさらで快適な使い心地なので、つるんとした鼻を実感できます。

★オルビス公式HPはこちら

②ファンデーションはパウダータイプを使用

お化粧の際にファンデーションを使う場合は、なるべくパウダータイプを使用しましょう。

リキッドやクリームタイプのファンデーションは、パウダータイプと比べると油分が多く含まれています。

皮脂の多い部分に油分の多いものを重ねてしまうと、余計にテカリが目立ってしまうので控えましょう。

レイチェルワイン ミネラルファンデーション
レイチェルワイン ファンデーション
パウダータイプのミネラルファンデーションなので、軽い付け心地で皮脂を吸着してくれます。

独自のブラシで付けることによって、さらにナチュラルにテカリをカバーできます。

全配合成分はファンデーションに必要な最低限のものしか配合されていないので、余計な油分でテカリをひどくするということもありません。
(※マイカ、酸化亜鉛、酸化チタン、シリカ、酸化鉄、ラウロイルリシン、水酸化Al)

★レイチェルワイン公式HPはこちら

3. 鼻のテカリ対策で注意したいポイント3つ

鼻のテカリのために化粧品の使用はとてもおすすめですが、以下のような点にも注意できればなお良いでしょう。

3-1. 洗顔しすぎない

鼻 ブツブツ 酵素洗顔
テカリが気になり、一日に何度も洗顔してしまうという方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、過度な洗顔は肌への大きな負担になるためやめましょう。

本来肌に必要な皮脂や水分まで奪ってしまうことがあるので、基本的には朝と夜の一日2回で充分です。

3-2. 食事に気を付ける

首がかゆい 食事
ビタミンB1、B2はどちらも過剰な皮脂の分泌を抑えるので、鼻のテカリが気になる方にぜひ摂取して頂きたい成分です。

【具体的な食材】
豚肉、たらこ、枝豆、レバー(豚・牛)、納豆、乳製品など

このような成分は食事からとることがもっとも理想的です。
ですが毎日は難しい、という方もいらっしゃるかと思います。
そのような場合にのみ、サプリメントなどを上手に活用すると良いでしょう。

また、油っこいものや甘いものの過剰摂取にも気を付けましょう。
皮脂が増えて毛穴が目立ってしまったり、さらに状態が悪化する恐れがあるからです。

3-3. 生活習慣の乱れに注意

ニキビ 洗顔しない
睡眠不足や運動不足は肌環境を不安定にし、鼻のテカリの原因になることもあります。

体内のホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが増加すると、肌から分泌される皮脂量が多くなるからです。

また生活習慣の悪化による血流の滞りなどで、テカリが悪化してしまうこともあります。
肌の代謝が悪くなり、皮脂の分泌量が上手に調節できなくなると言われているからです。

4. まとめ

鼻の皮がむける
いかがでしたでしょうか。

まず鼻にテカリが出やすい理由、その後にスキンケアとメイク両方の視点からのお手入れ方法とおすすめのアイテムをご紹介しました。

スキンケアやベースメイク以外のポイントにも普段から気を付けて、お手入れできると良いですね。

ポイントを押さえて、鼻のテカリ悩みとさよならしましょう。

この記事は2015年11月30日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る