メニューを開く
2017年5月9日 更新

オイルフリーファンデーション5選!軽いのにしっかりカバー♡

オイルフリーファンデーション

「オイルフリーファンデーションって、どんな使い心地なのかな?」と気になってはいませんか?

オイルフリーファンデーションは、テカりが気になる方も使いやすい、サラッとしたつけ心地のファンデーションです。

今回は、オイルフリーファンデーションの魅力や、おすすめのオイルフリーファンデーションをご紹介します!



1.オイルフリーファンデーションについて

オイルフリーファンデーション

オイルフリーファンデーションは、その名の通りオイル不使用の、サラっとした仕上がりのファンデーションなので、肌がベタつきやすい方にもおすすめです。

オイルフリーファンデーションの魅力は、気になる部分に重ね塗りをしても厚塗り感を出さずに色ムラをカバーし、さらに肌がテカリにくいところだと言われています。

ツヤのある仕上がりが好きな方向きではなく、どちらかというとマットでふんわりした仕上がりが好きな方におすすめのファンデーションです。

2.オイルフリーファンデーションおすすめ5選

オイルフリーファンデーション

オイルフリーファンデーションは種類があまり多くないこと、さらにオイルフリーのファンデーションであっても、メーカーがそれを謳っていないこともあるので、見つけるのが大変ですよね。

そこで今回は、肌らぶ編集部がファンデーションの成分をチェックし、オイルフリーであることを確認できたファンデーションを選びました。

ぜひ、オイルフリーファンデーションを選ぶ際に、参考にしてくださいね。

パウダーファンデーションEX
パウダーファンデーションEX販売会社:エミュアール化粧品
容量:13ml
価格:3,240円(+税)

パウダーファンデーションEXは、肌の気になる部分をひと塗りで自然にカバーします。
しっとりしているけれど軽いつけ心地のファンデーションです。
パフを濡らして使用すると、より肌に密着してマットな仕上がりに。
保湿成分「リピジュア」を配合。

エミュアール公式HPはこちら

アクネヴェール パウダリーファンデーション(SPF20 PA++)【医薬部外品】
アクネヴェール パウダリーファンデーション

販売会社:株式会社ハウスオブローゼ
容量:9g
価格:2,000円(+税)

アクネヴェール パウダリーファンデーションは、美しい仕上がりをキープする薬用ファンデーションです。なめらかにフィットするパウダーが、肌の色ムラなどを自然にカバーし、キメ細かい肌を演出します。保湿成分「ローズフルーツエキス」「ローヤルゼリー」などを配合。

ハウスオブローゼ公式HPはこちら

ヴァントルテ ミネラルシルクパウダーファンデーション
ヴァントルテ ミネラルシルクパウダーファンデーション販売会社:株式会社soar
容量:6g
価格:初回限定3,300円(+税)

ヴァントルテ ミネラルシルクパウダーファンデーションは、専用のパフでトントンと肌をタッチするだけで、ナチュラルなベースメイクが仕上がります。
軽いつけ心地で肌の気になる部分をカバーできるのに、透明感のある肌も演出できるオイルフリーファンデーションです。ふんわりした仕上がりが好きな方におすすめです。

ヴァントルテ公式HPはこちら

オンリーミネラルプレミアムファンデーション
オンリーミネラルプレミアムファンデーション販売会社:ヤーマン株式会社
容量:7g
価格:4,500円(+税)

オンリーミネラルプレミアムファンデーションは、毛穴やくすみをカバーしながら、大人のツヤ肌を演出します。
重ね塗りをしてもムラになりくいので、肌の気になる部分も滑らかに仕上げやすいオイルフリーファンデーションです。

オンリーミネラル公式HPはこちら

ゲルファンデーションアクアゲルカラー
ゲルファンデーションアクアゲルカラー販売会社:エミュアール化粧品
容量:30ml
価格:3,780円(+税)

ゲルファンデーションアクアゲルカラーは、ジェルタイプのファンデーションです。メイクをしている事も忘れてしまうほど軽いつけ心地で肌に密着し、色ムラをカバーします。メイク直後の美しさが長持ちする、化粧崩れの少ないファンデーションです。今までリキッドファンデーションを使っていた方にもおすすめ。

エミュアール公式HPはこちら

3.オイルフリーファンデーションをキレイに塗るポイント

オイルフリーファンデーション

オイルフリーファンデーションをキレイに塗るためには、先に肌に化粧水や乳液でしっかり潤いを与えて、保湿のお手入れをしておくことがポイントです。

保湿のお手入れはどのファンデーションを塗る際にも重要なことですが、オイルフリーファンデーションを塗る際は、特にしっかり肌の保湿をすることをおすすめします。

油分が含まれていないオイルフリーファンデーションは、保湿のできていない肌に塗ると、肌の水分や油分を吸着し、化粧崩れの原因となる乾燥を招くことがあるからです。

保湿のお手入れをしておくことで、ファンデーションを塗った直後のキレイな状態が長持ちしやすいでしょう。

4.まとめ

今回はオイルフリーファンデーションについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

オイルフリーファンデーションは、保湿のお手入れをしてから使うと乾燥しにくく、さらにテカりにくいとされている素敵なファンデーションです。

素肌感のある美しい肌を演出したい方は、ぜひ、オイルフリーファンデーションにチャレンジしてみましょう!

この記事は2017年5月9日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。