メニューを開く
アスタリフト;

オリゴ糖で健康な体を目指す!おすすめのオリゴ糖&選び方

オリゴ糖 おすすめ

オリゴ糖を使ってみたいけど、おすすめのオリゴ糖はどれだろう?どうやって選べば良いんだろう?と疑問に思っていませんか?

今回は、オリゴ糖を選ぶ時のポイントについてお伝えします。

肌らぶ編集部が選んだおすすめのオリゴ糖もご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.オリゴ糖を選ぶ2つのポイント

オリゴ糖を選ぶ時の大事なポイントを、2つご紹介します。

オリゴ糖 おすすめ 便秘解消

体によいオリゴ糖ですが、選び方を間違ってしまうともったいないですので、これから紹介するポイントをしっかりおさえておきましょう。

①複数のオリゴ糖が配合されているかチェック

体内には様々な種類の善玉菌と呼ばれるものが存在していて、それぞれに好むエサが異なると言われています。
オリゴ糖 おすすめ

複数のオリゴ糖が配合されていると、より多くの善玉菌のエサになることが期待できるのでおすすめです。

②原材料表示をチェック

原材料表示をチェックしましょう。
おすすめしたいのは、粉タイプのオリゴ糖です。

スーパーなどで見るシロップタイプのオリゴ糖は、甘味料としての役割が大きく、さまざまな成分が一緒に含まれていることがあります。
粉タイプのオリゴ糖はシンプルな原材料であることが多いので、オリゴ糖のよさを存分に取り入れたいという方にはおすすめです。
オリゴ糖 おすすめ

また、より多く含まれているものを選びたいので、表示に出てくる順番をチェックしましょう。
成分表の1番先にオリゴ糖が記載されているものであればよりよいでしょう。

2.おすすめのオリゴ糖

以下4つのポイントを満たした、おすすめのオリゴ糖をご紹介します。

・難消化性のオリゴ糖配合
・複数のオリゴ糖配合
・純度
・信頼性

■カイテキオリゴ
オリゴ糖 おすすめ カイテキオリゴ

配合されているオリゴ糖:ラフィノース・ミルクオリゴ糖・セロオリゴ糖

(原材料:ラフィノース、ミルクオリゴ糖、乳糖、セロオリゴ糖、ショ糖)

オリゴ糖の中でも健康によいとされるラフィノースをはじめ、3種類の難消化性と言われるオリゴ糖が配合されています。

原料は粉ミルクにも使われているものだそうです。
NPO法人日本サプリメント評議会の審査をクリアしていて、信頼性の点でもうれしい商品です。

3.オリゴ糖の摂り方

オリゴ糖を活かす、摂り方のポイントが3つあります。

①1日3~5g程度を目安に摂る

オリゴ糖の1日の摂取量の目安は、3~5g程度とされています。
お子様の場合は体が小さいので、1歳くらいまでは0.5g程度~、1歳を過ぎたら2g程度~を目安にするとよいでしょう。

オリゴ糖は、たくさん摂ったから良いという訳ではありません。

体質によりますが、過剰に摂るとお腹が緩くなってしまう場合もあるので、1日3~5gから様子をみつつ調節していくと良いでしょう。

②乳酸菌・ビフィズス菌などと一緒に摂る

オリゴ糖と善玉菌(乳酸菌・ビフィズス菌)を一緒に摂ることで、体内の善玉菌をより増やすことができると言われています。

乳酸菌・ビフィズス菌は、ヨーグルト・乳酸菌飲料・黒酢・納豆・漬物などの食べ物に含まれています。
オリゴ糖 おすすめ

ただ、食前などの空腹時は胃酸が濃いため、乳酸菌には厳しい環境と言われています。
乳酸菌・ビフィズス菌を含む食べ物とオリゴ糖を一緒に摂る時は、食後がおすすめです。

③毎日継続して摂る

毎日続けて摂ることで、実感しやすくなります。

また、乳酸菌やビフィズス菌は、時間の経過と共に体の外へ排出されると考えられています。
継続してオリゴ糖を摂ることで、善玉菌が体内にあるうちに活性化させる事ができると期待されています。

4.オリゴ糖の魅力

オリゴ糖には、以下のような魅力があると言われています。

■お通じをサポート

おなかで善玉菌のエサになると言われるオリゴ糖をとりいれることは、お通じのサポートになると言われています。

■美容をサポート

オリゴ糖を取り入れて体内環境をすこやかに保つことで、からだのめぐりのサポートが期待できます。からだのめぐりがよくなれば、美容・健康にとってとてもよいです。

オリゴ糖 おすすめ

逆に、からだのめぐりが悪くなると、思わぬ病気などのきっかけになることがあると言われています。

生活習慣病などの予防のためにも、オリゴ糖を取り入れて体内環境をサポートしていくことをおすすめします。

■ダイエットサポート

オリゴ糖は、上白糖などの砂糖と比べてカロリーが低いと言われているので、ダイエット中の方などに有用です。

オリゴ糖:1g 約2kcal
上白糖などの砂糖:1g 約4kcal
オリゴ糖 おすすめ

ふだん使用している砂糖をオリゴ糖に置き換えるだけでも、カロリーを抑える事ができますね。

 

オリゴ糖には、選ぶポイントが2つありました。
むやみに値段だけで選んでしまうと、オリゴ糖のよさを実感できないこともありえます。

ご紹介した2つのポイントをしっかりおさえてオリゴ糖を選びましょう!

この記事は2016年4月14日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る