メニューを開く
アスタリフト;

オーガニックの持つ魅力の虜♡美味しいオリーブオイル5選

オーガニック オリーブオイル

「美味しくて質の良いオーガニックのオリーブオイルを食事に取り入れたいな」「質の良いオーガニックのオリーブオイルってどうやって選べばいいんだろう」と考えていませんか?

普段の食事で気軽に楽しめるオリーブオイルですが、品質にこだわった美味しいオーガニックオリーブオイルを楽しめるようになれば、食事の時間はさらに豊かな時間になりますよ♡

今回は、美味しさにプラスしてオリーブの栽培方法やオイルの抽出方法にもこだわったオーガニックのオリーブオイルをご紹介します!



astalift
astalift

おすすめオーガニックオリーブオイル5選

オリーブオイルの中でも味・香りが繊細でオリーブそのもののフレッシュな味わいを楽しみたい時に向いているのが、エキストラ・バージンオリーブオイルです。

バージンオリーブオイルは機械的な加工以外に一切科学的な処理を行わずに抽出されたオリーブオイルを指しますが、それに加えてオイルの鮮度を表す酸度が0.8%以下で、鑑定士による味・におい・色に関する検査(=官能検査)で認められたものだけをエキストラ・バージンオリーブオイルと名乗れるのです。

今回肌らぶ編集部では、「美味しいオリーブオイル」として、エキストラ・バージンオリーブオイルであり、Bioagricert(ビオアグリチェルト)・ECOCERT(エコサート)・demeter(デメター)・ccpbなど国内外にある認定機関でオーガニック認定を受けているものをご紹介します。

~おすすめオーガニックオリーブオイル①~
■オルチョ・サンニータ / 有機エキストラバージンオリーブオイル
オリーブオイル_オルチョサンニータ

<容量>500ml
<価格>2695(+税)
<認定機関>Bioagricert

【肌らぶ編集部コメント】
生のオリーブ果実をそのままつぶして絞っているため、オリーブの風味が損なわれることなくさわやかに香ります。

味はマイルドでクセやしつこさがないため、素材を選ばずさまざまな料理に使うことができるオリーブオイルです。

>>オルチョ・サンニータ 公式HPはこちら

~おすすめオーガニックオリーブオイル②~
■サボ / 有機 エキストラバージン オリーブオイル
オリーブオイル_サボ

<容量>460g
<価格>1944円(+税)
<認定機関>ECOCERT

【肌らぶ編集部コメント】
イタリア産の有機栽培されたオリーブを原料に、低温圧縮による一番搾りの油を集めて作られています。

フレッシュでフルーティーな香りが口いっぱいに広がるオーガニックオリーブオイルです。

>>サボ 公式HPはこちら

~おすすめオーガニックオリーブオイル③~
■エピクロス /エクストラバージン オリーブオイル
オリーブオイル_エピクロス

<容量>460g
<価格>2200円(+税)
<認定機関>demeter

【肌らぶ編集部コメント】
手積みのオリーブを低温圧搾(コールドプレス)法で丁寧に採取したオリーブオイルです。

果実を思わせるようなフルーティーな香りとバランスの良いやわらかな口当たりは、料理を選ばず幅広く使えますよ。

>>エピクロス 公式HPはこちら

~おすすめオーガニックオリーブオイル④~
■オーガニックフォレスト / PARUNZEL フィンカ ラ トーレ オリーブオイル
オリーブオイル_オーガニックフォレスト

<容量>500ml
<価格>2800円(+税)
<認定機関>demeter

【肌らぶ編集部コメント】
果物や野菜・ナッツなどの香りを思わせるオリーブオイルです。口に含むとまるでワインのような複雑さと華やかさが口いっぱいに広がります。

そのままソースとして食べると、オリーブ本来の美味しさと洗練された味を楽しめますよ。

>>オーガニックフォレスト 公式HPはこちら

~おすすめオーガニックオリーブオイル⑤~
■アルチェネロ / オーガニック EXVオリーブオイル
オリーブオイル_アルチェネロ

<容量>500ml
<価格>2246円(+税)
<認定機関>ccpb

【肌らぶ編集部コメント】
南イタリア産のオリーブを手摘みし、低温圧搾法で丁寧に絞ったオリーブオイルです。

フルーティ-でありながらも軽く、やさしい味わいは、合わせる料理を選ばずに使えます。

>>アルチェネロ 公式HPはこちら

オリーブオイルを摂取する時の注意点

美味しくて質の良いオーガニックのオリーブオイルを選んだら、その美味しさや質の良さをじっくりと味わいたいものですよね。

オリーブオイルの持つ栄養や美味しさを存分に楽しむためにも、開封後は早めに使い切ることをおすすめします。

オリーブオイルは空気に触れると徐々に酸化が進み、鮮度は落ちていってしまいます。また空気に触れることでエキストラ・バージンオリーブオイルの持つフレッシュな風味もどんどん飛んでしまいます。

どんなに美味しく質の良い油であっても、酸化してしまった油の摂取は美味しさや風味も半減してしまいますし、身体を健康に保つためにもあまり良いこととはいえません。

オリーブオイルは賞味期限に余裕を持って開封し、開封後はしっかりフタを閉めて保管するなどなるべく空気に触れないようにしながら早めに使い切ると、美味しさと質の両方を楽しめますよ。

おわりに

いかがでしたか?

オリーブの持つフレッシュで繊細な味わいや風味を楽しみながらオリーブオイルを美味しく食べたい時は、オーガニック認定を受けたエキストラ・バージンオリーブオイルを選ぶようにすると、鮮度が高く風味豊かな美味しいオリーブオイルを楽しめるようになりますよ。

ぜひお気に入りの一本を見つけて、オーガニックで作られたオリーブオイルの美味しさを楽しんでみてくださいね♡

この記事は2016年6月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る