2016年10月19日 更新

コミュ障克服のための5ステップ。人付き合いを楽にする心得も紹介

コミュ障克服

「コミュ障克服したい!」「コミュ障克服して変わりたい!」と、コミュ障を克服したいと考えているそこのあなた。

コミュ障は病気ではないので、あなたの努力次第では、克服を目指すことも可能です。

今回は、コミュ障を克服したいとお考えの方のために、コミュ障克服のための心得と、具体的な行動などをご紹介します!

Pick Up






上手く話せなかったり、自分に自信が持てなかったりして、落ち込むことはありませんか?

そんな時は、1人で抱え込まず、誰かに相談してみるのもいいかもしれません。ボイスマルシェは、大人の女性のための電話相談サービス。

カウンセラーが、秘密厳守で相談に乗ってくれます。


1.コミュ障とは

コミュ障とは、「コミュニケーション障がい」の略語で、比較的最近できた言葉です。他人とのコミュニケーションが上手く取れない人のことを表します。

医学的な病名ではないので、医師が診断するものではないようですが、人と会うことや、外に出ることが億劫になる場合もあるようです。

コミュ障は、病気ではない以上、絶対にそうだとも、違うとも断言しにくいので、コミュ障かもと思ったら、自分でできる対策を始めてみてもよいかもしれませんね。

2.コミュ障克服のための心得

コミュ障克服のためには、会話のレパートリーや、話の広げ方などを知る必要がありますが、どんなに素晴らしいテクニックも、考え方や気持ちが伴っていなければ結果につながりにくくなります。

テクニックを効率的に使うためにも、コミュ障克服のために大切な心得をご紹介します。

2-1.「コミュニケーション能力が高い=明るくてしゃべりが上手い人」ではない!

話す カップル

コミュニケーション能力が高い人というのは、なにも、誰とでもすぐに会話で盛り上がれる人や、何を言われても面白い返しができる人ではありません。

そもそも「コミュニケーション」は、「意思や気持ちを伝え合うこと」を指します。伝えることだけでなく、受け取ることもコミュニケーションに入るので、しゃべりが上手いだけではコミュニケーション能力が高いということではありません。

「あの人に話をきいてもらうと、なんか落ち着く」「あの人って、自分の言いたいことをすぐ分かってくれる」

決しておしゃべりではないけれど、そんな風に感じさせる人も、コミュニケーション能力が高い人だと言えます。

しゃべりがあまり得意じゃないと思ったら、相手の言葉をじっくりきいて、丁寧に相槌を打つとか、相手の感情にあわせて表情を変えてみるとか、話している人が心地よい雰囲気を作ることを心がけるのもよいかもしれません。

2-2.誰からも好かれようとしない

誰からも好かれたい、嫌われたくない、と考えていませんか?誰にでも好かれている人なんていません。むしろ、人気者こそどこかで妬まれているものです。

つまり、嫌われるということは、自然のことであって、なんら特別なことではないということです。

テレビに引っ張りだこの人気の女優さんだって、顔が好きじゃない、声が受け付けない、と感じる人が一定数います。

誰からも好かれるなんて、そんな無茶なことを目指そうとするから、失敗するのが怖くなって、人と接すること自体が怖くなるのかもしれません。

「人に100%好かれるなんて、そもそも無理」と思って、肩の力を抜いて、素の自分を出していきましょう!
ジェリービーンズのハートい

2-3.“沈黙”はあなただけの責任ではない

例えば、エレベーターなど、狭い密室で2人きりになった時、「なんか話さなきゃ」と焦った経験はありませんか?

そこであなたに焦りが出るのは、会話の責任を一人で背負ってしまっているせいかもしれません。気まずい沈黙は、2人以上が集まって、はじめて成立するものです。

少なくとも、あなたがその沈黙に気まずさを感じるなら、あなたに気まずい思いをさせている、相手にも責任があるはず。

そもそも沈黙は、どんな関係の人の間にも流れる自然な事象なので、焦る必要はないのです。

焦りに支配されている中で、よい話題は生まれませんので、沈黙を意識せず、何か思いついたら話題を振ろうかな、くらいのスタンスがよいかもしれませんね。

2-4.ハードルの高さは少しずつ上げる

「上手く話そう!」と力むから、落ち着けばできることで失敗し、自信をどんどん失ってしまいます。

例えば、以下のような流れで、クリアしたら次の段階に進むようにしましょう。

レベル1 あいさつ
レベル2 あいさつ + 何かひとこと話題を振る
レベル3 あいさつ + 何かひとこと話題を振る + 質問
レベル4 あいさつ + 何かひとこと話題を振る + 質問+ 質問
・         ・
・         ・
・         ・

自分からあいさつして声をかけてみる、できたら今日の天気の話もしてみる、というように、少しずつレベルアップすることを目指してください。

「成功した!できた!」という気持ちが大切です。どんなに小さな進歩でも、自分を褒めてあげましょう。それを繰り返しやっていたら、自信にもつながってくるはずです。

いきなり、バラエティ番組に出ているタレントのようになれるはずがありません。ちなみに、テレビ番組での発言は、ある程度台本が用意されていることが多いので、それを目指そうとしたら、放送作家並みです。

2-5.過去は振り返らない

「本日のハイライト――『あんぱんっておいしいよね」と言って、こしあん派かつぶあん派かの話で盛り上がろうとしたら、『あんこ食べられない』と、予想外な返しをされて会話終了」

失敗した会話の内容・相手の反応をなぞって、自己嫌悪に陥るのはやめましょう。

「変なやつって思われたよ…」「今頃きっと噂されてるよ…」「なんでいつもダメダメなこと言っちゃうんだ…」と落ち込むのも言語道断。

失敗したという気持ちは、次に頑張ろうとするあなたのやる気を奪います。

あなたはコミュ障を克服して、自分を変えるんだというポテンシャルを持った人です。自己嫌悪という邪魔な感情がなければ、克服できるのは時間の問題ですよ!
喜ぶ

3.コミュ障克服のための行動

コミュ障克服のために、具体的に行動をうつしていきましょう。コミュ障を克服するためにやっていただきたい行動を5つ、取り入れやすい順にご紹介します。

3-1.目を見てあいさつをする

あいさつは、コミュニケーションの基本です。あいさつは世界共通、それどころか、動物界でも、コミュニケーションの入り口になっています。

そんな、コミュニケーションの基本とも言えるあいさつを、相手の目を見ながら行ってみてください。

会話の盛り上がりや、話す内容にばかり気を取られて、あいさつがおろそかになるようなことがないようにしましょう

3-2.あいさつ+一言

あいさつが問題なくできるようになってきたら、次はもう一言付け加えてみてください。

例えば、「おはようございます。今日はいい天気ですね」「おはようございます。朝から暑いですね」など。

よくある天気の話題、相手も知っていそうな時事ネタをとり入れてもよいでしょう。内容が内容なので、あまり盛り上がることを期待してはいけません。「そうですね」で終わってもいいです。

3-3.相手に興味を持つ

好きな人 緊張

あいさつと天気の話だけでは、会話は進展しにくいです。そこで、相手に興味を持って、何か質問してみましょう。

コミュ障を自覚されている方に多いのが、「自分にしか興味がない」タイプです。

興味のない相手に対し、無理に興味を持つ必要などないように思われるかもしれませんが、相手へ興味を持つことで、相手にきいてみたいことが出てきて、話題が尽きにくくなります。

相手から話を引き出し、相手にたくさんしゃべってもらう流れに持っていきやすいです。

話題をたくさん持っていて、話を途切れさせない、コミュ障という言葉と無縁に見える人は、この「話を引き出す」のが上手な人なのです。

3-4.リアクションを分かりやすくとる

相手がしゃべってくれる話題を選ぶことも大切ですが、それと同じくらい大切なのが、相手の言ったことに対して、きちんとリアクションを取ることです。

「そうなんですか」
「そうなんですね」
「本当ですか」
「なるほど」

こう見ると、どれもなんてことないリアクションに見えますが、この言葉に、喜び、怒り、哀しみ、笑い、疑問、驚きなどの “感情”を入れ込んでいくのです。

こんななんでもない言葉でも、感情を込めれば、興味を持って相手の話をきいているという姿勢が伝わります。

相手が話したくなる雰囲気を作ると、相手の話を引き出すことにつながるのです。

3-5.困ったときは「きどにたちかけせし衣食住」

合コン テクニック

相手にどんな風に興味を持ったらいいのか、実際に相手を前にすると、何を言おうか思いつかないこともあるでしょう。

そんな時は、「きどにたちかけせし衣食住」という魔法の言葉を思い出してください。

「きどにたちかけせし衣食住」とは、ちょっとした会話のネタとなる物事の、頭文字を取ったものです。

き:気候(暑い、寒い、雨が降っている など)
ど:道楽(本、映画 など)
に:ニュース
た:旅
ち:知人(共通の知り合い など)
か:家庭(兄弟、両親 など)
け:健康
せ:世間(話題の場所、流行りの映画 など)
し:仕事
衣:服
食:食べ物(好きな食べ物、嫌いな食べ物 など)
住:住んでいるところ(住んでいる地域、住まい など)

会話の内容に困ったら、「きどにたちかけせし衣食住」を思い出して、話題を見つけましょう。

4.コミュ障克服の練習問題

コミュニケーションが怖くなくなった、会話をするためのテクニックが身についたという方は、さらに自信をつけるために、練習問題に挑戦してみせんか?

練習問題を2問ご用意しましたので、考えてみてください。

コミュ障克服の練習問題1
ここに一人の女性がいます。
考える女性

バイト先の先輩でも、同じサークルの子でも、部下の子でも、設定は自由ですが、この人とあなたは、あいさつくらいはするけど、話したことはないくらいの、ちょっとよそよそしい関係です。

さて、これだけの情報しかない中で、どんな風に会話をしますか?少しだけ、考えてみてください。

どんな話題から入っていこうか、思いつきましたか?早速ですが、振れそうな話題の例をご紹介します。

【解答例】
「キレイにウェーブが出てますね。パーマですか?」

(解説:髪は「衣」すなわちファッションの一部です。ちなみにこれは、パーマではなく、コテを使って自分で巻いています。“人は否定する時、一番しゃべる”という特性を利用したテクニックも使っています。また、朝早く起きてコテで巻くという手間を褒めてもらえたら、嬉しくなっちゃいますよね。「コテで巻いてます」という答えが返ってきたら、準備大変じゃない?何時に起きてるんですか?ときくのもよいかもしれませんね)

「最近ほんっと寒いですよね。今日のその服、あったかそうでいいですね!」

(解説:こちらは「衣」と「天候」をからめた話題です。単純にその服があたたかそうだと言っているのですが、受け取る側的には、そんな素敵な服を選ぶあなたのセンスは素晴らしいし、それが似合うあなた自身もとっても素敵!という想いを感じ取ってくれるはずです。逆に「暑そうだね?」「寒そうだね」というように、気候にあわせて使いわけましょう)

「どうしたの?なんか考えごとしてた?」

(解説:なにか考えごとをしている様子から、直球できくパターンです。元気がなさそう、何か楽しそうという、“いつもと違う雰囲気”は、相手に興味を持って注意深く観察することで、ある程度分かるようになってきます。相手を主役に仕立てあげるための会話テクニックです)

「おかし食べますか?」

(解説:おかしはLINEにも勝る歴史を持つ、コミュニケーションツールの1つです。そして、これくらいの年頃の女性は、8割型おかしが好きですので、おかし会話の中心にするのもおすすめです。特に、期間限定や新商品にも弱いので、コンビニのおかし売り場を見て、話題になりそうなおかしを選んでみてください)

コミュ障克服の練習問題2
続いては、サラリーマン風の男性です。

あなたが彼の前を通りかかると、意味深な視線を投げかけてきました。

スーツのお兄さん

あなたは、どうやって話しかけますか?ちょっと考えてみてください。

【解答例】
「なんだか楽しそうですね」

(解説:このドヤな表情は、どうしたって無視できません。ここまで分かりやすく楽しそうなら、きいた方がよさそうです。「いつもと変わりないよ」と流されたら、ネクタイの色がさわやかだから、表情まで明るく見えたのかな、と逃げましょう)

「タブレット持ってるんですね!どこのですか?」

(解説:この表情からして、タブレットのことについて触れてもらいたそうですよね。買ったばかりのタブレットを話題に出してもらいたくてウズウズしているといったら、この表情にも納得できます。自分もタブレットに興味があるという前提で、選び方をさらにきいてもよいでしょう。逆に、スマホでいいじゃん、と思う方は、タブレットはどんなところが便利なのかなど、率直にきいてみてもよいでしょう)

「そのネクタイ、色合いがさわやかで素敵ですね!シャツともすごく合ってますね」

(解説:タブレットとかよく分からないけれど、ご機嫌なのは間違いないので、とりあえず褒めてみます。ネクタイは、ほめるアイテムとしては鉄板ですよね。ネクタイ単体だけでなく、シャツやスーツと合っていると伝えると、細かいところまで見ているという感じが伝わります。気に入らないものを身に着けている人は少ないので、そのネクタイにまつわる話…奥さんが買ってくれたなど、語り始めるかもしれません)

「おかし食べますか?」

(解説:何を言ったらいいのかわからない時は、おかしをあげるのがおすすめです。おかしは、コミュニケーションを円滑にしてくれます。これくらいの年頃の男性も、女性ほどではないですが、喜んで食べてくれるはずです。もし、「甘いモノは苦手なんで」…と言われたら、「チョコもダメ?」「ケーキとかも好きじゃないの?」と、掘り下げてきいてみましょう。あらかじめ男性用に、チョコではなく、しょっぱい系のおかしを用意しておくのもよいでしょう)

5.まとめ

コミュ障克服のための心得と、実際にやって欲しい行動についてお話しました。

話すだけがコミュニケーションではありません。人の話をじっくりきくこと、表情で答えること、指先あるいは全身で表すことなど、あなたの気持ちが相手に伝われば、それはコミュニケーションが成立したと言えるでしょう。

また、相手の考えていること、伝えたいことが理解できるなら、あなたはコミュ障なんかではないはずです。

ぜひ自信を持って、人とのコミュニケーションを楽しんでくださいね。

この記事は2016年2月26日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。