メニューを開く
2017年5月2日 更新

皆が憧れるパリジェンヌ♡その意味と魅力が知りたい!

パリジェンヌ 意味ファッションやインテリア、メイク…おしゃれな雑誌や書籍のいたるところに躍る“パリジェンヌ”の文字。

その存在が常に注目され、女性にとって憧れの的となる“パリジェンヌ”とは、一体どのような意味なのでしょうか?

今回は、一般的に語られることの多いパリジェンヌの意味や魅力、さらに、周りを惹きつけてやまないその魅力を体現するポイントもお伝えします。



1.パリジェンヌの意味とその魅力

パリジェンヌ 意味“パリジェンヌ”とは、言葉そのものは「パリで暮らす女性」のことを意味しますが、広く「芸術の都」「華の都」と謳われるパリを美しく彩る女性の生き方を指して語られます。

中世の建築物が残るグレイトーンのパリの街並みを、パリジェンヌたちは、背筋を伸ばして早足で颯爽と歩いていきます。

ファッションの世界的イベント「パリ・コレクション」の華やかなイメージからはほど遠く、最新でもない、名の知れたブランドでもない、飾り気のないファッションに身を包み、手ぐしで梳かしただけの髪にシンプルなメイク…

自然体すぎるほど自然体な様相、しかしその姿は一様に自信に満ち溢れ、見るものの目にとても魅力的に写ります。

そこには「人はひとりひとり違うもの、決して平等ではない」というフランス流の考え方が根底にあります。

“パリジェンヌ”は、人と違う部分・欠けた部分こそがチャームポイントであり、自分らしい魅力的なムード“Allure(アリュール)”がそこにあるかどうかが重要だと考えています。

そのため、誰に左右されることも比べることもなく、常に自分自身としっかり向き合い、自分にしかない魅力を追究し続けています。

そんな、ひとりひとりが輝きを放つ“パリジェンヌ”の生き方は、パリそのものと言えるでしょう。

モノや情報が溢れ、目が回るほどに流れの早い現代社会で、ゆるぎない自分自身を持つことは容易なことではありません。

他の誰とも違う自分自身を愛し、恐れずありのままに生きる“パリジェンヌ”の強さや美しさが周囲を、世界を、惹きつけてやまないのでしょう。

2.パリジェンヌの意味を体現する6つのポイント

自分自身を魅力的に輝かせる方法を知ることで、世界中どのような場所にいようと、誰もがパリジェンヌに近づくことができます。

パリジェンヌの意味を体現し、今日からパリジェンヌを目指すためのポイントをご紹介します。

①自分の意見を主張する

パリジェンヌ 意味パリジェンヌは自分の意見を、時に驚くほどにはっきりと主張します。

フランスの教育は、ただ単純に「正解・不正解」を問うのではなく、自分自身で物事を追究し、それを主張する力を重視します。

幼い頃から自分の力で物事を掘り下げて考え、その考えをまとめて主張する力を徹底的に磨くため、どのような場面でもパリジェンヌは自分の考えを持ち、主張します。

他人の顔色を伺いながら意見を合わせて愛想笑いをすることも、さも理解したかのように無駄に頷くこともありません。

パリジェンヌを目指すなら、まずは自分がどう思っているのかを、臆することなく口に出してみるところから始めてみましょう。

②流行を追わない

パリジェンヌ 意味華やかなファッションの祭典「パリ・コレクション」の舞台に暮らし、流行は日々移り変わっていくもの、今日の最先端が明日には最も流行遅れになり得ることを、パリジェンヌたちは心得ています。

例えばファッションにおいて大切なのは、人と違うものを身につけることでも、一流ブランドを身につけることでもなく、自分の魅力が最大限に引き出されるアイテムを見つけ、自分らしく着こなすことであると考えています。

ファッションスタイルに迷ったなら、まずは誰もが着ているようなベーシックでシンプルなアイテムを手に取り、自分が美しく見えるサイズ感・着こなしを徹底的に追究してみましょう。

サイズ表記だけで判断せず、いつものサイズの前後2~3サイズまで試着し、全身鏡でバランスを見ながら裾・丈、ボリューム感などシルエットを調整していきましょう。

〈パリジェンヌの定番アイテム〉

・トレンチコート
・テーラードジャケット
・Vネックのセーター
・白いシャツ
・ボーダーTシャツ
・ジーンズ
・ブラックドレス
・ストール
・バレエシューズ

③コンプレックスを覆い隠さない

パリジェンヌ 意味「完璧ではないこと」こそが美しいと考え、それを宝物のように愛するのがパリジェンヌです。

コンプレックスとして考えがちな、人よりもつぶらな瞳やそばかす、小さな胸も、パリジェンヌたちは無理に隠そうとしません。

それこそが唯一無二の個性であると考え、覆い隠すことなく堂々と引き立てます。
その自信に満ちた様子が「完璧ではない」部分を、キラキラと輝かせるのです。

完璧であるべきという考えは捨て、力を抜いて、自分らしさを愛してみましょう。

④人生の一瞬一瞬を楽しむ

パリジェンヌ 意味パリジェンヌは、子供のように無邪気に、刹那的な人生の美しさを全力で楽しみます。

お気に入りのバゲットの香りに朝から奔走し、アペリティフ(食前酒)を飲みながら友人と絶え間のない会話、光の差し込む公園のベンチでの読書、大好きな音楽に思わず踊るダンス…

それらはすべて、人生の美しさ・歓びを、心が欲するままに味わい尽くしているのです。

どうにもならないことがあっても“C’est la vie.(セ・ラヴィ まあそれが人生)”とあっさり受け入れ、すぐにまた楽しいことを探し始めます。

五感を研ぎ澄ませて、心に感じるまま素直に行動することで、日々の一瞬一瞬の美しさに気がつくかもしれません。

⑤年齢を重ねることに誇りを持つ

パリジェンヌ 意味パリジェンヌは、年齢を重ねることに誇りを持っています。

年齢によって増えていくしわは幸せにたくさん笑った証し、シミはバカンスで太陽をたくさん浴びて人生を謳歌した証しだという考え方です。

年齢を重ねたからといって、女性としての魅力が失われていくとは考えません。

フランスでは一般的に「若さ」を称賛しすぎず、これまで経験してきた人生のすべてが匂い立つような、成熟した女性こそ魅力的であるとされているからです。

パリジェンヌはいくつになっても「女性」を謳歌し、自信に満ち溢れています。

年齢によって変化する部分はたくさんありますが、これまでの人生を歩んできた証しを誇りに思いましょう。

⑥豊かな感性を磨く

パリジェンヌ 意味
世界的に有名なルーヴル美術館やオルセー美術館をはじめとしたアートスポットが立ち並び、様々なアートに魅せられる街・パリを彩るパリジェンヌたちにとって、感性を磨くことは大切なことです。

映画や読書、美術館などで芸術に触れてインスピレーションを覚醒させることで、人生に変化が生まれ、深みが増していくと考えます。

恋人や家族との時間ももちろん大切ですが、豊かな感性を磨く1人の時間も楽しみましょう。

3.パリジェンヌの意味をメイクで体現する4つのポイント

今すぐにでもパリジェンヌになりたいと感じているのなら、まずはメイクでパリジェンヌのエッセンスを取り入れてみましょう!!

パリジェンヌのように自分らしい自然体の美しさを引き出すことのできる、ナチュラルメイクの4つのポイントをお伝えします。

①触れたくなるようなみずみずしい素肌感

パリジェンヌ 意味自然主義のパリジェンヌは、ファンデーションもほとんどしません。

ベースメイクは「覆い隠しすぎない」ことを大切に、うるおいを与えながら肌悩みをカバーする化粧下地とフェイスパウダーのみで仕上げ、なにもしていないかのような素肌感の演出がおすすめです。

陶器のようにつるりと欠点の見当たらない完璧な肌よりも、ちょっとしたスキを持った近づきたくなる肌がパリジェンヌ流です。

②目もとor口もとのポイントメイク

パリジェンヌ 意味パリジェンヌは削ぎ落とされた最小限のメイクで、自分らしい顔立ちを活かしたメイクに仕上げます。

素肌のように軽く整えたベースに重ねるメイクは、印象的な目もとか口もと1点のみのポイントに絞ります。1点のみに絞ることで抜け感を出し、そこに視線を集中させることができます。

特に顔全体の印象を引き締め、表情をより女性らしくドラマティックに演出してくれる赤のリップは、パリジェンヌの毎日のメイクに欠かせないものです。

あえて輪郭は取らずに、指でぼかしてノンシャランなこなれ感を演出します。
色は一気に雰囲気をクラスアップさせてくれる鮮やかな色がおすすめです。

③どきっとさせるツヤ感

パリジェンヌ 意味厳しい乾燥環境に置かれているフランスにおいて、美容オイルは肌にナチュラルなうるおいやツヤ感を演出するデイリーアイテムです。

美容オイルを手の平でじんわりと温め、メイク前の肌全体に薄く塗り広げることで、魅惑的で艶やかな肌を演出することができます。

ベタつきが少なく、肌へのなじみが良いアルガンオイルなどがおすすめです。

④ワンポイントだけ手抜きをする

パリジェンヌ 意味パリジェンヌのようなメイクを目指す一番のポイントは、力を入れ過ぎないことです。
メイクは完璧であるべき、崩れてはいけないという考えを捨ててしまいましょう。

今日は眉はそのままの日、今日はマスカラを塗らない日、など一か所手抜きをしてみましょう。

自分のパーツのどの部分を引き算したらより魅力を引き出すことができるのか、バランスをチェックしてみてください。新たな自分の魅力を発見できるかもしれません。

4.パリジェンヌの意味を理解するおすすめアイテム

その意味を知り、さらにパリジェンヌに近づきたくなったあなたに、パリジェンヌをもっと近くに感じ、“Allure(アリュール)”ある生き方を学ぶためにおすすめのアイテムをご紹介します。

目でも、肌でもパリジェンヌが感じられるような、ギュッと魅力の詰まったアイテムを選びました。

パリジェンヌになれるサプライズBOXサービス

My Little Box
My Little Box販売元:My Little Box 株式会社

2011年にパリでスタートした、パリジェンヌのライフスタイルを感じさせるアイテムが詰まったサプライズBOXが毎月届くサービスです。

毎月テーマとイラストが変わるキュートなBOXには、オリジナルイラスト入りアイテム、オリジナルコスメとマガジン、セレクトしたブランドコスメなどが入っています。

届くまで何が入っているかはお楽しみ、ドキドキわくわく、日常にきらめきを与えてくれます。

My Little Box

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。
パリジェンヌの意味とその魅力を知ると、もっと自分らしく生きてみたいと思えてきませんか?

この記事を参考に、パリジェンヌのような強さと美しさを手に入れましょう。

この記事は2017年3月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。