メニューを開く

パーマの種類とは!?メンズもオシャレにイメチェンしよう☆

パーマ 種類 メンズ「メンズのパーマの種類って何があるんだろう」と思ったことはありますか?

街中で、パーマのかかったオシャレなヘアスタイルの男性がいるたびに、ついつい見入ってしまいますよね。

男性のパーマは、立体感のあるカールがかかったヘアタイルや、くせ毛のようなウェーブ、一見ストレートのように見えて毛先をランダムに遊ばせたヘアスタイルと、様々な種類のパーマがありますよね。

そうなると悩んでしまうのが、パーマの種類ではないでしょうか。
サロンに予約しようにも、パーマの種類が分からなければ、予約しようがありません。

どうせパーマをかけるなら、パーマの種類や特徴を把握したうえで、イメージ通りのパーマをかけたいと思うものでしょう。

そのため今回は、パーマの種類をメンズ編でご紹介します。

パーマの種類を把握して、かっこいいモテヘアを手に入れましょう!



1.メンズのパーマとは

パーマ 種類 メンズパーマとは、パーマ液を使用して髪にカール、あるいはストレートに癖付けをし、保たせる施術方法です。
なりたいヘアスタイルによっては、専用の機械やヘアアイロンを使用してかけるパーマもあります。

パーマの種類は把握しきれないほど数多くありますが、メンズのパーマでよく利用されている種類は、主に「コールドパーマ」「ピンパーマ」「ツイストパーマ」「スパイラルパーマ」「ストレートパーマ」「デジタルパーマ」「エアウェーブ」の7種類です。

それぞれ異なった施術方法のもとで、パーマのかかり具合、ダメージ具合、持続期間が変わってきます。

そのため、理想のヘアスタイルに適したパーマを、選ぶようにしてください。

2.【メンズ編】コールドパーマ

<strong>パーマ 種類 メンズ【特徴】
コールドパーマは、熱を使用しない一般的なパーマです。
美容室などでパーマと表記されているものは、コールドパーマにあたります。
熱を使用しないため、短い髪の男性でも根元からパーマをかけることができます。

髪が濡れているときはカールが強く出て、乾くにつれて緩やかなカールになることが特徴です。
さまざまなヘアスタイルに対応しやすいパーマとされています。

どこの美容室でも必ずと言っていいほどメニューにあるため、パーマを掛けることが初めての方にはおすすめと言えるでしょう。

【持続期間】
パーマの持続期間は、3カ月程度です。

3.【メンズ編】ピンパーマ

パーマ 種類 メンズ【特徴】
ピンパーマとは、コールドパーマの一種です。
コールドパーマは髪を巻く道具としてロッドを使用しますが、ピンパーマはロッドの代わりに指に毛束を巻きつけた後に、指を外して根元でピンを固定させてカール形成させます。

そのため、ロッドで巻くよりも細かいカールを出すことができると言われており、ベリーショートヘアの方など、髪の長さが短い方でもパーマをかけることができます。
またコールドパーマに比べて、ゆるいかかり具合のカールになることも特徴です。

【持続期間】

パーマの持続期間は、3カ月程度です。

4.【メンズ編】ツイストパーマ

パーマ 種類 メンズ【特徴】
ツイストパーマとは、コールドパーマの一種です。
ツイストという名前の通り“ねじる”パーマで、毛束をねじりながら指に巻きつけ、ピンパーマと同様に、指を外して根元でピンを固定させてカール形成させます。

そのため、ピンパーマよりもさらに細かなカールになり、ボリュームのあるヘアスタイルにできることが特徴です。
また、根元からパーマをかけることができるので、髪をねじるだけの長さがあれば、少し短めの長さでもパーマをかけることができます。

【持続期間】

パーマの持続期間は、2~3カ月程度です。

5.【メンズ編】スパイラルパーマ

パーマ 種類 メンズ【特徴】
ツイストパーマとは、コールドパーマの一種です。
スパイラルパーマは、長めのロッドに毛束をらせん状にグルグルと巻きつけた状態でカールを形成させます。

ロッドの角度や、ロッドの直径のサイズによって、ゆるいウェーブやアフロのようなヘアスタイルにもできるのが特徴です。

また、スパイラルパーマを基準として、以下の種類のパーマもあります。

■ツイストスパイラルパーマ

2つの毛束をツイストに巻きつけ、さらにロッドを使用してカールを形成させたパーマです。
チリチリ感とボリューム感のあるヘアスタイルになります。

■針金パーマ

ツイストスパイラルパーマではロッドを使用しましたが、ロッドの代わりに針金にツイスト上にした毛束を巻いて形成させます。
ツイストパーマに比べ、さらに細かいウェーブで、髪の長さが短い方でもボリュームのあるパーマをかけることができます。

【持続期間】
パーマの持続期間は、2~3カ月程度です。

6.【メンズ編】ストレートパーマ

パーマ 種類 メンズ【特徴】
ストレートパーマは、髪をストレートにするパーマです。
もともとはパーマをストレートに戻すために使用されていたため、髪のボリュームやくせ毛を抑えて、自然なストレートにします。

根元からパーマをかけることができるため、根元はストレートパーマをかけてボリュームやくせ毛を抑えて、毛先だけカールにすることも可能です。

【持続期間】

持続期間は、3カ月程度です。

7.【メンズ編】デジタルパーマ

パーマ 種類 メンズ【特徴】
デジタルパーマは専用の機械を使用して、熱でカールを記憶させるパーマです。
濡れた状態ではパーマが伸びて、乾かした時にウェーブが出るのが特徴です。

ヘアアイロンを使用して巻いたような立体的で弾力のあるカールを出すことができるため、他のパーマを使用してすぐにダレてしまった経験がある方など、パーマがかかりにくい方におすすめと言えるでしょう。

熱を使用するため、もともと毛量が少ない方や、毛質が柔らかい方には不向きと言われています。

また、髪にパーマを形成させる際のロッドの温度が高いため、根元から5~7cm程離さないとパーマをかけることができません。
そのため、髪の長さによっては、美容室の方に断られてしまう場合もあるようです。

【持続期間】

パーマの持続期間は、6カ月程度です。
熱を利用する分ダメージは強くなりますが、持ちが良いとされているパーマです。

8.【メンズ編】エアウェーブ

<strong>パーマ 種類 メンズ
【特徴】
エアウェーブはロッドにつないだチューブから空気を送り、低温の熱で水分量を調節しながらカールを記憶させるパーマです。
そのため、デジタルパーマに比べてカールが弱くなりますが、根元からカールをかけることが可能です。

髪が濡れた状態でも、乾いた状態でもカールの出方が変わりにくいので、スタイリングが楽にしやすそうですね。

【持続期間】

パーマの持続期間は、5カ月程度です。

9.【メンズ編】パーマの種類☆まとめ

パーマ 種類 メンズパーマの種類や特徴、持続期間をご紹介しましたがいかがでしたか?

男性は女性とは違い髪が短い方が多いため、パーマを失敗したときにごまかしが利かない場合が多いです。
髪が短ければ髪を結わくこともなかなかできないですし、根元からパーマをかけることが多いため、失敗した部分をカットしてもパーマが残ってしまうなど、ごまかしが利きませんよね。

だからこそ、パーマを詳しく理解したうえで、イメージ通りのパーマをかけましょう。
ぜひ今回ご紹介したことを参考に、美容師の方にきちんとイメージの髪型を伝えるようにしてくださいね。

理想のパーマをかけて、かっこいいモテ髪にイメチェンしましょう!

この記事は2016年12月20日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る