2017年7月3日 更新
【PR】

永久脱毛とは!?自宅脱毛のメリット&脱毛器の選び方

永久脱毛 自宅「永久脱毛ってよく耳にするけれど、本当にできるのかな?」「サロンやクリニックでの脱毛は、人に見られてしまうのが気になる…自宅で永久脱毛ってできないの!?」とお悩みではありませんか?

現在ではさまざまな性能を兼ね備えた家庭用脱毛器がたくさん販売されており、自宅でムダ毛処理を行う人が増えてきているようです。
人目を気にせず、自宅で手軽にムダ毛処理できたらうれしいですよね。

今回は、「家庭用脱毛器を使用して自宅で行う減毛=セルフ脱毛(減毛)」と定義し、メリットやデメリット、肌らぶ編集部おすすめの家庭用脱毛器などをご紹介していきます!

全身脱毛に関して知りたい方はこちらをご覧ください。



1.永久脱毛とは

永久脱毛 自宅 自宅で永久脱毛がしたい!と思っている方もいらっしゃるかと思いますが、永久脱毛は自宅やエステサロン、脱毛サロンではできないとされています。

そもそも「脱毛」とは、「ムダ毛の処理」として幅広く使われている単語ですが、正確に言うと、毛の処理(脱毛)には「脱毛」「減毛」「除毛」の3種類があると言われています。

【脱毛の種類】
■脱毛
本来はクリニックでのみ行える「脱毛」のことを指します。

■減毛
一般的に、エステサロンや家庭用脱毛器などで行う、肌に生えているムダ毛を抜けやすくし、徐々に減らしていく方法を指します。

■除毛
一般的にクリームやシェーバーなどで、皮膚の表面に出てきた毛を、その都度処理することを指します。

つまり、「永久脱毛」とは医療機関(クリニック・美容皮膚科など)のみが行える施術で、自宅だけでなくエステサロンでも永久脱毛を行うことはできないとされているのです。

しかし、医療機関であっても、すべての人を完全な「無毛」の状態にすることは難しいとされているため、「長期間に渡って、毛を目立たなくしていくこと」が目標だと捉えても良いでしょう。

以下の処理は、あくまで「除毛」ですので、「永久脱毛」ではなくその場でできる手軽なお手入れとして行いましょう。

・カミソリ
・ワックス
・毛抜き
・クリーム

2.自宅でのセルフ脱毛(減毛)のメリット・デメリット

永久脱毛 自宅自宅でセルフ脱毛(減毛)を始める前に、まずは以下の点を確認してみてください。

~自宅でのセルフ脱毛(減毛)のメリット~

・自分の好きなときにできる
・予約の必要がない
・人に体を見られずに済む
・スタッフや医師などと会話しなくても良い
・手軽な金額の物が多い

~自宅での脱毛(減毛)のデメリット~

・手間がかかる
・やりにくい箇所もある

家庭用脱毛器を自宅で使用する大きなメリットは、人と接することなく、自分のタイミングで行えるということです。

誰かに見られずに自分のペースでセルフ脱毛(減毛)したい方、過去にクリニックやサロンなどに行ったけれど、担当のスタッフや医師と合わなかったという方は、自宅でのセルフ脱毛(減毛)がおすすめです。

一方で、手間をかけずに脱毛したい!自分でやりにくい部位の脱毛(減毛)をしたい!という方は、クリニックでの医療脱毛やサロンなどでの減毛を検討してみると良いでしょう。

興味のある方は、【5.自宅でのセルフ脱毛(減毛)が難しいと感じたら医療機関で脱毛を】をご覧ください。

自分に合った脱毛(減毛)方法は、毛の状態などによって異なると考えられていますので、じっくり検討すると良いでしょう。

3.自宅でのセルフ脱毛(減毛)|家庭用脱毛器の種類&選び方

永久脱毛 自宅 【2.自宅での脱毛(減毛)のメリット・デメリット】で、自宅でのセルフ脱毛(減毛)が自分に合っていると感じた方は、家庭用脱毛器選びをしていきしょう。

3-1.家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器には、大きく分けて主に3つの種類があります。

①フラッシュ脱毛

エステサロンなどでも多く用いられる脱毛方法です。
脱毛 種類黒い色素に反応するIPLと呼ばれる光をあてて、毛乳頭という毛の先端部分に影響を与えるとされています。

毛乳頭に影響を与えることで、新たな毛が生えるまでの期間を長くし、毛を薄くすると考えられています。

~フラッシュ脱毛器の特徴~
・1回に光をあてられる範囲が広い
・広範囲でも短い時間で処理ができる
・継続して使うには、カートリッジ交換が必要

②サーミコン脱毛

熱エネルギーを利用した減毛方法とされています。熱が毛に伝わり、毛がカットされることで、減毛が期待できます。
脱毛というよりも、カミソリのように毛を焼き切る処理方法と言えるでしょう。
脱毛 種類2
継続することにより毛を目立たなくしていくことが目的ではなく、一時的に毛を処理して目立ちにくくすることを目的としています。

~サーミコン脱毛器の特徴~
・価格が手頃
・一時的にムダ毛を目立たなくすることができる
・毛が焼けるようなニオイがすることがある
・熱エネルギーを利用しているため、熱さを感じることがある

3-2.家庭用脱毛器を選ぶときのポイント

ここでは、家庭用脱毛器を選ぶときのポイントについてお伝えします。

サーミコン脱毛は長期的に見て毛を薄くしていくことが目的のものではないため、今回は「フラッシュ脱毛」ができる家庭用脱毛器に絞ってお伝えします。

①1回に処理できる面積

1回にあてられる範囲が広いほど、光を当てる回数が少なくて済むとされています。その分時間も短くて済むので、処理も比較的楽だと感じる方が多いようです。

②照射レベル

照射レベルが一定の家庭用脱毛器だと、減毛を感じにくかったり、肌が敏感になりやすい方は肌に負担がかかる場合があると言われています。
セルフ脱毛(減毛)初心者の方は、レベル調節できるものが使いやすいかもしれません。

③価格と照射回数

コストを抑えたい方は、まず本体価格に注目しがちですが、価格だけではなく何回照射できるかという点でも比較しましょう。

本体価格が安くても、光を当てられる回数が少なければ、結果的にコストがかかる場合があります。

また、専用のジェルなどが必要な脱毛器もありますので、付属品の必要性なども併せて確認すると良いでしょう。

製品によっては、追加カートリッジの販売がなく使い切りタイプの家庭用脱毛器もありますので、継続して使用したいとお考えの方は、繰り返し使用できるかどうかも確認してみてください。

④自分が脱毛(減毛)したい箇所に使えるか

家庭用脱毛器によって、脱毛(減毛)できない部位があります。
特に、顔やデリケートゾーンには対応していない製品もあるため、自分がやりたい部位に対応しているか事前に確認しましょう。

4.肌らぶ編集部おすすめの家庭用フラッシュ脱毛器

ここで、肌らぶ編集部おすすめの家庭用脱毛器を2つをご紹介します。

今回は、通信販売で購入可能かつ、照射可能回数が10万発以上で出力レベル調整可能な家庭用フラッシュ脱毛器の中から肌らぶ編集部おすすめとして選んでいます。

ケノン

ケノン脱毛の種類:フラッシュ脱毛
価格:69,990円(税込)
照射回数:約20万発(標準装備のラージカートリッジ使用・Lv1時)
1回の面積:横3.5cm×縦2.0cm(標準装備のラージカートリッジ使用時)
パワー:10段階の出力レベル調整可能

日本人の肌のことを考えて作られた、照射面積の広さと照射回数の多さが特徴の家庭用脱毛器です。照射レベルの調整が10段階あるので、顔やアンダーヘアなどさまざまなパーツに合わせて調整しながら使いやすいのもポイントです。

一般的なフラッシュ脱毛器の中でも特に照射面積が広く、約20万発の照射が可能(出力レベル1での回数)なので、「全身の毛を目立たなくしていきたい!」という方におすすめです。

眉毛や口周りなど顔のパーツなど、体のほとんどの部位に対応しています。(粘膜や肌の弱い部分には使用不可。)カートリッジ(9,074円・税抜)を交換して使用できるので、長期的に使いやすそうですね。

また、美顔用カートリッジを使えば、美顔器としても使うことができます。

公式HPはこちら(大)

エピレタ

永久脱毛 自宅 エピレタ脱毛の種類:フラッシュ脱毛
価格:36,851円(税抜) *キャンペーン・セールなどによって異なります
照射回数:約15万発
1回の面積:横3cm×縦0.9cm
パワー:5段階の出力レベル調整可能

家庭用脱毛器の中では比較的購入しやすい価格でありながら、約15万発の照射が可能なのがこのエピレタです。

照射面が肌に密着してはじめて照射するタッチセンサーや、照射に適していない肌色には照射反応しない肌色センサーで、よりスムーズにお手入れを行うことができるでしょう。

毛質や肌の状態に合わせて、5段階で照射レベルを調整することができるのも魅力のひとつです。

脇はおよそ10秒、片脚は15分ほどでお手入れを行うことができるので、忙しい毎日を送る女性にもおすすめしたい一品です。

公式HPはこちら(大)

5.自宅でのセルフ脱毛(減毛)が難しいと感じたら医療機関で脱毛を

永久脱毛 自宅 ここまで読んでみて、「自宅でのセルフ脱毛は面倒かも…」「短期間で脱毛を終わらせたいな…」と感じた方は、医療機関での医療脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

「価格が高い」や「痛そう」というイメージがありがちな医療脱毛ですが、以前に比べて価格がリーズナブルになっていたり、痛みを感じにくい医療脱毛器の導入が進んでいると言われています。

また、専門の医師や看護師に、直接肌悩みや不安に感じている点などを相談することができるのもうれしいポイントです。

ムダ毛処理にはさまざまな選択肢があります。自分に合ったムダ毛処理方法を見つけることが大切ですよ。

*自由診療の場合、保険は適用されません。

~肌らぶ編集部参考 医療脱毛ができる美容クリニック~
【PR】
新宿クレアクリニック
新宿クレアクリニック

美容業界での経験豊富なスタッフが女性のために立ち上げた、女性専用の脱毛クリニックです。プライバシーを配慮した完全個室での施術や、アーユルヴェーダによる脱毛後のアフターケアなど、細部に至る“おもてなし”は、施術の時間を至福のものにしてくれるはず。

さらに、オーダーメイドの全身脱毛プラン『Myセレクト全身脱毛』なら、気になるところだけを選んで脱毛することができます。「過去に一部分だけ脱毛をしたことがあり、必要のないところもある」などという方にぴったり!

その他にもさまざまな脱毛コースがあるので、まずは無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

公式HPはこちら(大)

6.まとめ

永久脱毛 自宅自宅では“永久脱毛”を行うことは難しいとされていますが、ムダ毛処理を家庭用脱毛器で行うことは可能です。
肌を露出する時期に合わせて、自分に合った脱毛を始めてみましょう!

~脱毛関連記事~

照射スピードで選ぶおすすめ脱毛器!自宅で手軽に美ボディゲット
家庭用脱毛器おすすめ完全版!効率性・価格比較
アンダーヘアの処理方法&整え方って?人には聞けない方必見
[PR]【まとめ版】おすすめ医療脱毛!失敗しないクリニックの選び方
[PR]医療レーザー脱毛の効果は?レーザー脱毛おすすめクリニック