メニューを開く
アスタリフト;

吹き出物があごにできやすい方必見!原因&お手入れ法

吹き出物 あご
「またあごに吹き出物ができちゃった…」「あごの吹き出物、どうしたらいいのかな?」とお悩みではありませんか?

あごの吹き出物は、原因が複数あり、繰り返しできやすいためお手入れにも時間がかかるといわれています。

今回は、吹き出物があごにできる原因とお手入れ方法、吹き出物の予防方法をお伝えします。

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

【医薬部外品※敏感肌用メーク落とし・コンディショニングウォッシュ以外】dプログラム アクネケア セット WR
d プログラム アクネケア セット WR
販売会社:資生堂ジャパン株式会社

ニキビや吹き出ものができやすいデリケートな大人の肌に着目して作られた、スキンケアブランド「dプログラム」のトライアルセットです。
2回分のメイク落としと1週間分の洗顔料、化粧水、乳液がまとまったお得なセットでまずは試してみてください。

【医薬部外品※敏感肌用メーク落とし・コンディショニングウォッシュ以外】dプログラム アクネケア セット WR


1.吹き出物があごにできる原因

吹き出物があごにできてしまう原因は複数あり、これらが絡み合って吹き出物を誘発させるといわれています。

①過剰な皮脂

皮脂腺 分布 出典:資生堂 ビノラボ
あごは、顔の中でも額や鼻に次いで皮脂腺の多い部分です。

そのため、もともと肌のテカリが気になる方やべたつきやすい肌の方は、分泌される皮脂の量が多く、あごに吹き出物ができやすいといわれています。

また、あごのニキビは、生理周期などの影響によるホルモンバランスの乱れによっても発生しやすくなるといわれています。

②古い角質の蓄積

肌の生まれ変わるリズムが乱れてしまうと、剥がれ落ちるはずの古い角質が肌表面に残って蓄積され、皮膚が厚く硬くなります。

こうして汚れが排出されにくい状態となってしまうと、毛穴が詰まりやすくなり、吹き出物ができやすくなってしまいます。

肌の生まれ変わるリズムは、生活習慣や加齢の影響などで乱れやすくなるといわれています。

③肌の乾燥

間違ったスキンケアや、外部の影響(空気の乾燥・紫外線等)などで肌に必要な潤い(水分・油分)が不足して乾燥すると、肌はごわついて硬くなります。

これにより肌は柔軟性を失うため、毛穴が詰まりやすくなってしまい吹き出物ができやすくなるのです。

あごの周りはスキンケアやメイクのときに見落としやすい部分であり、保湿が足りなかったり日焼け止めを塗り忘れて紫外線の影響を受けてしまうことも多く、乾燥して吹き出物ができやすくなります。

④ホルモンバランスの影響

女性は、生理前になると女性ホルモンの影響を受けて皮脂分泌が活発になるため、吹き出物ができやすくなります。
また、日々の生活でストレスを感じると、皮脂を増やしてしまうホルモンが分泌されるため、皮脂が過剰な状態となって毛穴に詰まり、吹き出物ができてしまうこともあります。

ホルモンバランスは自分で調節することは難しいですが、生活習慣を見直すことでホルモンバランスを整えることが大切です。

2.あごの吹き出物ができやすい方へ!2つのお手入れ方法

あごの吹き出物をお手入れするために、「スキンケア」と「生活習慣の見直し」を行いましょう。

2-1.スキンケア

あごの吹き出物ができやすい方は肌に潤いを与えて柔軟性を保つことがポイントです。

保湿化粧品を積極的に使用し、スキンケアを行いましょう。

【おすすめスキンケア】

ノブ ACアクティブトライアルセット※すべて医薬部外品

NOV

トライアルセット:「クレンジング・洗顔料・化粧水・乳液」
価格: 1500円(税抜)

保湿成分:セラミド・ヒアルロン酸・リピジュア等

特徴:繰り返す吹き出物の予防を行う保湿化粧品です。

肌にうるおいを与え、なめらかな肌にしてくれます。

>>>NOV公式HPはこちら

オルビス クリアミニセット ※すべて医薬部外品

オルビスクリア

トライアルセット:「洗顔料・化粧水・保湿液」
価格:1200円(税抜)
(30日以内は返品・交換可)

保湿成分:コラーゲン、ヨクイニンエキス等

特徴:オルビスが「大人ニキビ」予防に着目して誕生したシリーズです。

洗顔料ですっきりと洗い上げ、余分な皮脂を落としてくれます。

化粧水・保湿液でしっかり角質層までうるおいを届けてくれます。

>>>オルビス公式HPはこちら

アクポレス※すべて医薬部外品

アクポレスシリーズ

トライアルセット:「アクネソープ、クリアローション、モイストバランスミルク、アクネスポッツクリア、ディープモイスチュアローション」
価格:1400円(税抜)
保湿成分:ライスパワーNo.11エキス、ライスパワーNO.1エキス

特徴:
保湿化粧品「ライスフォース」から出ている、ニキビ予防対策としておすすめのシリーズです。

洗顔料は不要なものをすっきりと洗い上げてその後のお手入れの土台を整えてくれます。

大切な「保湿」としてローションで肌に水分を与え、肌を健やかに保ってくれます。

>>>アクポレス公式HPはこちら

2-2.生活習慣の見直し

吹き出物の予防には、生活習慣を見直すことも大切です。

自分のできることから生活習慣を変えていき、吹き出物のできにくい肌を目指していきましょう。

■質の良い睡眠を6時間以上とる

睡眠のリズム
美容と健康のためにも、睡眠時間の理想は6時間以上といわれています。

また、睡眠時間だけではなく「質の良い睡眠」を取ることを意識するようにしましょう。

そのためにも、就寝前は、脳を活発にはたらかせないよう、スマートフォンやパソコンは控えたり、カフェインの入った飲み物を避けて、スムーズに眠りにつけるように意識しましょう。

■必要な栄養素を摂取できる食事をとる

野菜

食生活を見直して必要な栄養素を摂取し、内側から吹き出物の原因をなくしていきましょう。

吹き出物ができやすい方ににおすすめのビタミンは、ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンEなどです。

【ビタミンを多く含む食品】

ビタミンA…にんじん、かぼちゃ、小松菜、ほうれん草、トマト 等 ビタミンB群…レバー、うなぎ、牛乳、豚肉、納豆 等
ビタミンC…レモン、イチゴ、赤ピーマン、じゃがいも、カリフラワー 等
ビタミンE…ナッツ類、うなぎ、いくら、たらこ、青魚 等

3.あごの吹き出物の予防方法

あごの吹き出物を防ぐには、肌を常に清潔に保つことが重要です。
これらは吹き出物の悪化を防ぐためにも大切なことなので、意識していきましょう。

■クレンジング・洗顔を丁寧に行う

洗顔

清潔な肌を保つ基本である洗顔・クレンジングは丁寧に、洗い残しがないように行います。

あごは洗顔料などのすすぎ残しが多い部分でもあるため、よく洗い流すようにしましょう。

■肌に触れるものを清潔に保つ

タオル

タオルなどの顔に触れるものや、メイクブラシやスポンジ、パフなどのメイク用のアイテムを洗わずに使い続けていると、
目には見えない雑菌が繁殖してしまうため、吹き出物を誘発させる原因となる可能性があります。

タオルは使用の都度交換し、メイクブラシは週1回程度、スポンジやパフは週2~3回は洗うようにしましょう。

■必要以上に肌を触らない

112223

肘をつく癖があると、無意識のうちにあごに手が触れてしまいますが、手には雑菌が付着しているため、手を洗わずに触ることで吹き出物を誘発させることがあります。
気づくと顔を触っているような癖がある方も、意識して直しましょう。

4.まとめ

あごの吹き出物は原因が複数あり、正しいお手入れ方法を行い予防をしていくことが大切です。

生活習慣の見直しと正しいスキンケアを継続して、あごの吹き出物ができにくい、すこやかな肌をキープしましょう。

※この記事は2016年8月29日時点(最終更新日)での情報になります。

また、記事内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る