2017年5月8日 更新

毛穴レスに見せたい!ファンデーションの選び方&メイク直し

毛穴レス ファンデーション

毛穴レスに見える肌をファンデーションで演出できたら嬉しいと思いませんか?

今回は毛穴レスに見える肌に仕上げるための、ファンデーション選びのポイントとメイク直し方法をご紹介します。

憧れのつるんとした肌をメイクで演出するために、ぜひ参考にしてみてくださいね!


1.ファンデーションを塗る前に!毛穴悩みの種類

毛穴レス ファンデーション

ファンデーションを塗る前に、自分の毛穴悩みの種類を確認してみましょう。

1-1.毛穴が詰まっている

皮脂汚れや古くなった角質が毛穴をに詰まってしまっていることがあります。

洗い流しきれなかった皮脂などが毛穴部分に残ってしまっていて、ザラザラした質感になっている方もいるでしょう。

また、毛穴に詰まった皮脂が酸化すると黒ずみ汚れとなって、毛穴がさらに目立つようになることも考えられます。

一般的に「いちご鼻」と呼ばれる状態です。

1-2.毛穴が開いている

毛穴が開いているのが気になる、目立つ、というお悩みもあるでしょう。

毛穴がもともと大きく開いていることだけではなく、皮脂によって毛穴が押し広げられることによって、さらに毛穴が広がってしまっているとも言われています。

皮脂量が多い方の肌悩みとしてあげられることが、少なくないでしょう。

2.毛穴レスに見せたい!リキッドファンデーションがおすすめ

毛穴レス ファンデーション

ここでは、おすすめしたいファンデーションの種類をご紹介します。

毛穴をカバーしたい方におすすめなのは、リキッドファンデーションです。

リキッドファンデーションは肌に密着しやすいため、厚塗りせずとも薄く伸び広げて、肌をキレイにカバーしやすいでしょう。

スポンジを使って、軽くたたきこむように塗っていくと、滑らかな毛穴レス肌を演出しやすいです。

もっとしっかりカバーしたい場合はクリームファンデーションを検討しても良いでしょう。

クリームファンデーションは、リキッドファンデーションよりこっくりしたテクスチャーで肌表面に密着しやすく、陶器のようになめらかな肌を演出します。

また、メイク前にスキンケアで肌を整えること、化粧下地を塗りすぎないこと、最後にフェイスパウダーを塗ることも、忘れずに行うようにしてください。

3.メイクで毛穴レス肌に見せたい!ファンデーションを塗る際のポイント

毛穴レス ファンデーション

ここでは、ファンデーションを塗る際に意識してほしいポイントをご紹介します。

1) スキンケアで肌を整える

ベースメイクを行う前に、必ず丁寧にスキンケアを行い、肌を整えましょう。

スキンケアをせずにベースメイクを行うと肌が乾燥しやすく、ファンデーションが崩れる原因となることが考えられます。

また、スキンケアをした後に肌がべたつくようなら、ティッシュで肌をおさえて油分をオフすることをおすすめします。

2) 化粧下地を薄く塗る

化粧下地を薄く塗るようにしましょう。

毛穴が気になると化粧下地をたっぷり塗ってしまいがちですが、それもファンデーションが崩れる原因となることが考えられるためです。

また、毛穴が気になる方はシリコン系の化粧下地を使用するのも良いでしょう。

シリコン系の化粧下地は「ポアプライマー」と呼ばれることも多く、肌にヴェールをかけたような、なめらかに整った肌を演出します。

3) ファンデーションを伸ばす

顔の中心から外側に向かって、ファンデーションを均一に伸ばします。

毛穴が目立つ部分は軽くたたきこむようにしながら、なるべくフラットに伸ばすところがポイントです。

ファンデーションの厚塗りはメイク崩れの原因となるため、薄くなじませることを心掛けましょう。

4) フェイスパウダーで仕上げ

最後に、フェイスパウダーを肌にのせていきます。

リキッドファンデーションやクリームファンデーションのツヤ感を活かしたい方も、皮脂量が多いとされるTゾーンだけはパウダーを塗るようにしましょう。

パール感が少しあるパウダーはキラキラと上品に光を拡散しやすく、なめらかな毛穴レス肌を演出しやすいと言われています。

ナチュラルな印象に見せたい方は、色味が透明に近いパウダーを選ぶのもおすすめです。

4.メイク直しの方法

毛穴レス ファンデーション

ここでは、メイク直しの方法についてご紹介します。

【用意するもの】

・ティッシュ
・スポンジ
・フェイスパウダー
・クリームファンデーション

ティッシュで皮脂をとる

クリームファンデーション 化粧直し

まずは、余分な皮脂をティッシュで押さえましょう。

それだけでも、だいぶキレイな肌の印象になります。

スポンジで浮いたファンデーションを密着させる

2クリームファンデーション 化粧直し

ティッシュオフをしたら、キレイなスポンジで力を入れずに、ファンデーションを塗るように伸ばします。

浮いてしまっていた部分のファンデーションを、平らにならすイメージです。

フェイスパウダーを塗る

3クリームファンデーション 化粧直し

最後に、化粧直しを行いたい部分にポンポン、とフェイスパウダーをのせます。

◆ファンデーションが剥げてしまったら

ファンデーションがとれてしまい、素肌が見えてしまうこともありますよね。

そんな時は、少量のファンデーションを使って化粧直しを行いましょう。

リキッドファンデーション、またはクリームファンデーション指の腹に薄くつけて、トントンとメイクが落ちた部分に馴染ませていきます。

最後にフェイスパウダーで仕上げれば、キレイに化粧直しができるでしょう。

5.まとめ

いかがでしたか?

ファンデーションを使ってしっかりメイクをした日には、クレンジングと洗顔でしっかり落とすことも意識してくださいね。

ファンデーションを上手に使いこなして、毛穴レスでなめらかな肌を演出しましょう。

この記事は2017年5月8日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。