メニューを開く
アスタリフト;

メイクで毛穴レス肌に魅せる!ファンデーション選び・メイク直しのコツ

shutterstock_95276287

ファンデーションで毛穴レスにみえるような肌を作りたいと思いませんか?

毛穴レス肌に仕上げるためのファンデーション選びのポイントとメイク直し方法をご紹介します。

自分の毛穴悩みの種類を知って、肌の状態に適したファンデーションを選べば、毛穴が見えにくくい肌へ近づけますよ♡

ゆで卵のようなつるんとした肌をメイクで作るために、知っておきたい基礎知識をご紹介します。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.ファンデーションを塗る前に|毛穴悩みの種類を知ろう

毛穴レス ファンデーション②

ファンデーションを塗る前に、自分の毛穴悩みの種類を確認しましょう。

どのタイプに該当するかでファンデーション選びが変わってくるので、アイテム選びをする前に把握しておく必要があります。

1-1.詰まり毛穴

詰まり毛穴は、皮脂汚れや古くなった角質が毛穴を塞ぎ、黒ずみ汚れになった状態を指すといわれいています。

洗い流しきれなかった皮脂などが毛穴部分に残ってしまっていて、ザラザラした質感となります。

汚れが蓄積するほどに毛穴が目立ちやすくなり、顔全体が黒ずみでくすんだ印象にもなりがちです。

また、皮脂が酸化すると黒ずみ汚れとなって、毛穴がさらに目立つようになります。

一般的に「いちご鼻」と呼ばれる角栓汚れも詰まり毛穴タイプです。

毛穴をスキンケアで対策する場合は、詰まった汚れをオフすることと、余分な皮脂を出さない生活習慣がポイントとなります。

さらにファンデーションをつけたまま寝てしまう、洗顔が不十分、オイリーがちな肌(脂性肌)の方は、この肌悩みが多いといわれています。

1-2.開き毛穴

開き毛穴はザラザラした質感がそれほど気になるわけではなく、詰まり毛穴とはやや異なるタイプです。

毛穴がもともと大きく開いていることだけではなく、皮脂量が多いオイリーがちな肌で毛穴が押し広げられることによって、さらに毛穴が広がってしまっておきるといわれています。

肌の乾燥もさらに毛穴を開かせてしまう要因で、保湿ケアが不十分だと開き毛穴になりやすいといわれいています。

比較的若いうちからこの毛穴にお悩みの方も多いようです。

毛穴が開いた状態だとほかの肌悩みにつながることもあるため、気をつけましょう。

1-3.たるみ毛穴

加齢によるハリ不足が原因で、一般的に毛穴がたるんだ状態を指します。

20代前半までは毛穴悩みがなかったのに、徐々に気になるようになったなら、このタイプの毛穴かもしれません。

毛穴が縦長の形になるのも特徴的で、雫型に広がって見えます。

たるみ毛穴を感じたら保湿などのスキンケアを見直すタイミングと考え、エイジングケア※にも気を配ってみましょう。
※年齢に応じたうるおいのお手入れのこと。

2.メイクで毛穴レス肌に魅せよう!ファンデーション選びのポイント

毛穴レス ファンデーション③

自分の毛穴タイプが分かったところで、ファンデーション選びのポイントを見ていきます。

2-1.詰まり毛穴

詰まり毛穴タイプの女性には、リキッドファンデーションをおすすめします。

毛穴の入り口部分をリキッドファンデーションで密着してカバーし、毛穴を目立たなくするためです。

またリキッドタイプは油分が多い特徴もあるため、あまり塗りすぎて厚化粧にならないよう、薄付きで使うことをおすすめします。

スポンジを使ってたたきこむように塗っていくと、滑らかな毛穴レス肌を演出できます。

皮脂が多くてベタつきやすい肌質なら、オイリー肌用のメイク下地やルースパウダーをあわせて使うと、化粧もちがよくなります。

また、メイクしたては毛穴レスに見えるのに時間がたつとドロドロになってしまうという方は、油分対策が必要です。

油分をナチュラルにカバーするフェイスパウダーを日々のメイクにプラスして、理想的なメイクの状態を長持ちしやすくしましょう。

2-2.開き毛穴

開き毛穴タイプにもリキッドファンデーションがおすすめですが、もっとしっかりカバーしたい場合はクリームファンデーションも検討しましょう。

クリームファンデーションは、リキッドファンデーションよりこっくりしたテクスチャーで肌表面に密着しやすく、陶器のようになめらかな肌を演出しやすいアイテムです。

肌質にあわせたアイテムを選び、目立ちやすい毛穴をしっかりカバーしていきましょう。

2-3.たるみ毛穴

毛穴レス ファンデーション④

たるみ毛穴タイプには、エイジングケア(年齢に応じたうるおいのお手入れ)を意識したファンデーションをおすすめします。

しっかりと毛穴などをカバーできるのはもちろんのこと、エイジングケア(年齢に応じたうるおいのお手入れ)を意識したブランドの中から選んでみましょう。

また、紫外線対策ができるファンデーションもおすすめです。

日焼けによるシミ・そばかす防ぎながら、サラサラでべたつかない、毛穴の目立ちにくい肌を演出してくれます。

リキッドファンデーションだけでは毛穴がまだ目立つ場合は、パウダーとの併用もいいでしょう。

ただし、日々のクレンジングや洗顔で汚れをしっかり落とすようにすることが重要です。

3.メイクで毛穴レス肌に魅せよう!ファンデーションを塗る際のポイント

1) スキンケアで肌を整える

いきなりファンデーションを塗ってしまうと乾燥しやすく、メイクのノリが悪くなってしまう場合があるため、保湿タイプの化粧水を活用して、肌全体を整えていきます。

肌の油分が気になる方は、乳液やクリームは乾燥している部分にだけ使うのもいいでしょう。

また、スキンケアをした後にべたつくようなら、ティッシュで軽くオフしましょう。

このひと手間でファンデーションの持ちがよくなるので、ぜひ試してみてください。

2) 化粧下地を塗る

メイクで毛穴レス肌をつくるために、肌質にあわせた化粧下地を塗ります。

ベタつきすい詰まり毛穴は皮脂をカバーする下地、乾燥が気になる開き毛穴・たるみ毛穴なら保湿成分が含まれた下地を使いましょう。

毛穴が目立つ部分にたたきこむように塗ると、凹凸をしっかりカバーして、ファンデーションのベースになります。

3) ファンデーションを伸ばす

顔の中心から外側に向かって、ファンデーションを均一に伸ばします。

毛穴が目立つ部分は軽くたたきこむようにしながら、なるべくフラットに伸ばすところがポイントです。

ファンデーションの厚塗りはメイク崩れの原因となるため、薄くなじませましょう。

毛穴レスをメイクでつくるならぜひ守ってほしい、リキッドファンデーションでもパウダーファンデーションでも共通するポイントです。

4) フェイスパウダーで仕上げ

毛穴レス肌を作る仕上げに、フェイスパウダーをのせていきます。

パール感が少しあるパウダーはキラキラと上品に光を拡散しやすく、なめらかな毛穴レス肌に見せてくれます。

パフか、大きめで柔らかい毛足のブラシを使ってパウダーをのせ、肌の上をクルクルとすべらせましょう。

詰まり毛穴が気になる場合はパールのないマットタイプもおすすめですが、厚塗りした印象にならないためには、色味は透明に近いものを選びましょう。

4.化粧崩れに対応!メイク直しのポイント

毛穴レス ファンデーション⑤

汗や皮脂などで化粧崩れを起こしてしまったら、まずは汗や皮脂をオフしましょう。

以下のように対処して、メイクのきれいな状態を取り戻す、メイク直しを行ってみてください。

ファンデーションの汗対策

メイク用のスポンジなどを使って、汗で崩れた部分をふきとります。

強くこすると余計によれてしまうので、浮いてきたファンデーションを吸収するイメージで、丁寧になでるように拭き取りましょう。

ティッシュやハンカチでファンデーションをふきとるときは、乳液を含ませると肌への摩擦を減らすことができます。

ファンデーションの皮脂対策

テカリが気になる部分を中心に、あぶらとり紙やティッシュでふき取ります。

気になってふき取りすぎると、かえって乾燥して皮脂が出てしまうこともあるため、必要なときだけ対策しましょう。

汗をオフするとき同様に、乳液をスポンジなどに含ませてからふき取るのもおすすめです。摩擦による負担を軽減しながら、化粧のヨレた部分を落とすことができます。

つぎは、汗と皮脂をオフした後に乳液や化粧水で保湿して、化粧を落とした部分にのみフェイスパウダーをのせていきます。

リキッドなどのファンデーションを上塗りすると厚塗りになりやすいので、ファンデーションを使いたい場合はパウダータイプで薄づきを意識しましょう。

また、外出先でフェイスパウダーを使う場合は、プレストパウダーを活用すると便利です。

プレストパウダーはファンデーションのような容器に入ったコンパクトタイプのものが多く、持ち運びに便利です。

こちらも、顔全体に塗ると厚塗りになってしまうので、毛穴が目立つ部分にだけオンします。

パウダーはファンデーションに近い色を選ぶと肌なじみがよく、自然な印象に仕上がりやすいです。

5.まとめ

ファンデーションを使ってしっかりメイクをした日には、クレンジングと洗顔でしっかり落とすことを意識しましょう。

メイク汚れが肌に残ってしまうと、毛穴の悩みにつながりやすいので気をつけてください。

メイクでカバーし、毛穴レス肌に見せてくれるファンデーションをうまく使いこなして、なめらかな肌を作りましょう。

この記事は2016年9月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

Pocket
LINEで送る