メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社T&M

【肌らぶセレクト】パウダーファンデーションおすすめ9選★

パウダーファンデーション おすすめ (2)
「パウダーファンデーションが欲しいけれど、どんなものを選べば良いのかな…」とお悩みではありませんか?

パウダーファンデーションは、ファンデーションの中でも最もメジャーで使いやすくとても人気がある分、種類も豊富なのでどれを選んだら良いのかわからなくなってしまいますよね。

そこで今回は、肌らぶ編集部がおすすめしたいパウダーファンデーション9選と、パウダーファンデーションの塗り方をお伝えします。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.パウダーファンデーションはこんな方におすすめ!

パウダーファンデーションは、ファンデーションの中で、より簡単に手早く仕上げられるアイテムといわれています。

そのためパウダーファンデーションは、ベースメイク初心者やベースメイクに時間をかけたくない方、メイクの際に手を汚したくない方におすすめです。

ふんわりとしたややマットな仕上がりになるものが多いため、マシュマロのようなすべすべの肌がつくれるのも、パウダーファンデーションの魅力ですね。

2.パウダーファンデーションおすすめ9選

ここでは、肌らぶ編集部が選んだ、目的に合わせたパウダーファンデーションをご紹介します。

自分のあてはまるものをチェックしてみましょう。

【崩れにくい仕上がりがお好みの方におすすめ】

POLA(ポーラ)ホワイティシモ パウダーファンデーション
ホワイティシモ パウダーファンデーション
企業:POLA(ポーラ)

【肌らぶ編集部コメント】
皮脂や汗に強く、メイクしたての美しい仕上がりが長続きするパウダーファンデーションです。
ルースパウダーのような軽いつけ心地で、キメを整えます。POLA独自の保湿成分「トリプルブライトカプセル」配合です。(全6色展開)

POLA(ポーラ)公式ホームページはこちら

ALBION(アルビオン)エクシアAL ホワイトプレミアムパウダーファンデーション
EXCIA AL
企業:ALBION(アルビオン)

【肌らぶ編集部コメント】
涼やかな装いを感じさせる肌を演出するパウダーファンデーションです。
なめらかに伸び広がるパウダーを塗ることにより、気になる毛穴や色ムラをカバーして、きめ細かい肌に仕上がります。
「ヒアルロン酸」「リピジュア」等の保湿成分配合です。(全6色展開)

ALBION(アルビオン)公式ホームページはこちら

ESPRIQUE(エスプリーク)カバーするのに素肌感持続 パクト UV
ESPRIQUE
企業:KOSE(コーセー)

【肌らぶ編集部コメント】
化粧膜の「浮き」「動き」をブロックすることに着目してつくられたパウダーファンデーションです。
ひと塗りで毛穴や色ムラをしっかりカバーし、ふんわりとした軽やかなつけ心地が持続します。
保湿成分「ヒアルロン酸」「コラーゲン」「リン脂質」配合です。

KOSE(コーセー)公式ホームページはこちら

【素肌のような仕上がりがお好みの方におすすめ】

資生堂 マキアージュ ドラマティックパウダリーUV
マキアージュパウダー
企業:資生堂

【肌らぶ編集部コメント】
美容液とパウダーをホイップするようにつくられたふわふわのムースを、資生堂独自の「ムースプレス製法」によってパウダーにしたファンデーションです。
肌と一体化するような感触で、心地よい使用感が続きます。(全7色展開)

資生堂 公式ホームページはこちら

RMK エアリーパウダーファンデーション
RMK
企業:RMK

【肌らぶ編集部コメント】
ふんわりエアリーなつけ心地で、つややかな肌を演出するパウダーファンデーションです。
オイルを抱え込んだ粒子が肌に密着し、ツヤのある肌に仕上がります。(全9色展開)

RMK 公式ホームページはこちら

IPSA(イプサ)パウダーファウンデイション
IPSA
企業:IPSA

【肌らぶ編集部コメント】
ふんわりさらりとした素肌のような感覚のパウダーファンデーションです。
肌に密着し、色ムラや凹凸のない、なめらかな肌に整えます。(全6色展開)

IPSA(イプサ)公式ホームページはこちら

【ナチュラルな使用感がお好みの方におすすめ】

24hコスメ プレミアム ミネラルファンデーション
24h

企業:ナチュラピュリファイ研究所

【肌らぶ編集部コメント】
保湿成分「アルガンオイル」「アボカド油」「ツバキ油」「ビワ葉エキス」「ボタンエキス」等が配合されたパウダーファンデーション(ミネラルファンデーション)です。
つややかな陶器のような肌を演出します。石鹸で洗い流すことができます。(全6色展開)

⇒24hコスメ 公式通販サイトはこちら

Tv&Movie 10min ミネラルパウダーファンデ
10min
企業:株式会社T&M

【肌らぶ編集部コメント】
「皮脂を味方にする」というユニークな発想によりつくられた、色も質感も肌になじみやすいパウダーファンデーション(ミネラルファンデーション)です。
「ストロングマヌカハニー」「アルガンオイル」「オリーブ果実油」等の保湿成分を配合しています。石鹸で洗い流すことができます。(全4色展開)

Tv&Movie 公式ホームページはこちら

VINTORTE(ヴァントルテ)ミネラルシルクプレストファンデーション
ヴァントルテミネラルシルクファンデ
企業:株式会社soar

【肌らぶ編集部コメント】気になる色ムラをカバーしながら、ふんわりとした仕上がりにこだわった、パウダーファンデーション(ミネラルファンデーション)です。
「ヒアルロン酸」「ホホバ種子油」等の保湿成分配合です。石鹸で洗い流すことができます。

VINTORTE(ヴァントルテ)公式ホームページはこちら

3.パウダーファンデーションを選ぶポイント

パウダーファンデーションを選ぶ際は、「ファンデーションの色」と「仕上がり」をチェックしましょう。

①自分の肌に合った色を選ぶ

フェイスライン
パウダーファンデーションに限らず、ファンデーション選びで最も大切なのが色選びです。

自分の肌に合った色を選ぶ方法として、少量のファンデーションを顔と首の境目であるフェイスラインに塗ってみましょう。顔にも首にもなじむ色を選ぶようにしましょう。自然に見えておすすめです。

②自分の求める仕上がりのものを選ぶ

ファンデーションの仕上がりは、肌印象に大きな差をつくるため、ファンデーション選びの重要なポイントです。

パウダーファンデーションは、ひと塗りでしっかりと肌の色ムラをカバーできるものから、薄づきで自然にカバーするものまで、商品によって仕上がりが異なります。

自分がファンデーションでどのくらいカバーしたいのか、仕上がりの好みによって考えてみましょう。

4.パウダーファンデーションの塗り方

パウダータイプのファンデーションは、スポンジやブラシを使用して塗ることができます。

ここでは、一般的なパウダーファンデーションに付属されていることも多い「スポンジ」での基本的な塗り方をご紹介します。

スポンジは、ファンデーションを取る量の調節がしやすいのが良いところです。そのため、気になる部分をカバーしてしっかりベースメイクをしたい方にも、素肌を生かしたナチュラルなベースメイクがしたい方にもおすすめです。

[使用量]

1回に取る量はスポンジの3分の1くらいが目安です。
パウダーファンデーション パフ3分の1

[塗り方]

ファンデーション 塗り方 手順

①頬を塗る

ファンデーションをスポンジに取って頬に塗り、もう一方の頬も同様にファンデーションを取って塗ります。

顔の中央から外に向かってスポンジを動かしましょう。力を入れずになでるように塗っていきます。

②額を塗る

額は皮脂量が多いため、少量のファンデーションで塗りましょう。薄づきにした方が、化粧崩れが起こりにくいです。

額の中央から生え際へとファンデーションを広げていきましょう。

③鼻を塗る

鼻も額と同様に皮脂量が多いため、薄くファンデーションを塗りましょう。

ここまでのメイクでスポンジに余ったファンデーションで十分です。

鼻筋から塗り、小鼻は小さな円を描くようにスポンジを動かすとキレイに仕上がります。

④目まわり・口まわりを塗る

目まわり・口まわりは、良く動かすためファンデーションがシワになったりよれやすい部分です。

そのため、ここでもファンデーションは足さずに行いましょう。

スポンジでトントン、とおさえて、優しくなじませます。

⑤フェイスラインをぼかしてなじませる

顔と首に色の違いが出ないよう、フェイスラインをスポンジでなじませて完成です。

5.まとめ

今回は、おすすめのパウダーファンデーション、パウダーファンデーションを選ぶポイント、パウダーファンデーションの基本的な塗り方をご紹介しました。

手軽にベースメイクを仕上げることのできるパウダーファンデーションを使いこなして、忙しい朝でも手を抜かず、美しい肌をつくりましょう!!

※この記事は2016年11月17日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る