メニューを開く
アスタリフト;

はげの予防は頭皮ケアと5つの生活習慣のポイントを守る!

はげ 予防
「親がはげているから、今から予防したい」、「はげの予防方法を知りたい!」できれば手遅れになる前に、はげが予防できたら良いですよね。

そこで今回は、はげの予防方法を、頭皮ケアと普段の生活でのポイント、さらには、はげを引き起こす可能性のあるNGな行動もご紹介します。

男女共通でできる予防方法なので、男性も女性も、はげを予防したい方は、今日から意識して実践してみることをおすすめします。



astalift
astalift

1.はげを予防するための頭皮ケア

ここでは、はげを予防するための基本となる、頭皮の正しいケア方法をご紹介します。

1-1.頭皮に優しいシャンプーを選ぶ

毎日使うシャンプーが頭皮に合わないと、はげを引き起こしてしまうことがあるので、はげが気になる方は、洗浄力が優しく、健康な髪の成長をサポートしてくれるようなシャンプーを使うのが理想です。

一般的に、洗浄力が優しいシャンプーは、「アミノ酸系」の洗浄成分を使ったシャンプーと言われています。

アミノ酸系の洗浄成分を使ったシャンプーは、成分表示の覧のはじめの方に、

●●ベタイン
ココイル●●
ココアンホ●●
ラウロイル●●

という記載があります。

中でもおすすめなシャンプーを、2つご紹介します。どちらも、男女兼用です。

《はげの予防におすすめのアミノ酸系シャンプー》
100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru 黒髪スカルプ・プロ】

薄毛予防haru

販売元:株式会社nijito
頭皮にも髪にも刺激の少ない、100%天然由来の成分を使って作られたシャンプーです。
洗浄力は優しいですが、すっきりとした洗いあがりなので、皮脂の多い男性にもおすすめです。
黒髪の育成をサポートしてくれるので、白髪の対策にも良いでしょう。

>>「100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru 黒髪スカルプ・プロ】」の公式HPはこちら

INZEALシャンプー(INZシャンプー)

INZEAL

販売元:株式会社オプティル
頭皮に優しい、自然派の成分を使っています。刺激は少ないながら、皮脂の多い男性にもおすすめできる洗浄力もあります。
髪のハリをアップさせ、まとまりのある髪に仕上げてくれます。

>>「INZEALシャンプー」の公式HPはこちら

1-2.正しく髪を洗う

はげを予防したいとお考えの方は、頭皮への負担を防ぐために、これからご紹介する5つのステップを確認し、普段の洗髪に取り入れてみてくださいね。

ステップ1 髪をくしでとかす
シャンプーをする前に、髪をくしでとかし、髪のからまりをほどき、ほこりなどを落としましょう。

ステップ2 ぬるま湯で頭皮をよくすすぐ
頭皮をぬるま湯でよくぬらし、ある程度の汚れを落としてください。汚れを落とすことで、シャンプーの泡立ちもよくなります。

ステップ3 手でシャンプーを泡立てて頭皮につける
手のひらで泡立ててから、頭につけるようにしましょう。シャンプー液をそのまま頭皮につけると、毛穴のつまりを引き起こすことがあります。

ステップ4 指の腹で頭皮を洗う
頭皮を洗う際は、爪を経てずに、指の腹で洗ってください。頭皮に爪を立てると、頭皮を傷つけてしまうことがあります。

ステップ5 しっかりすすぐ
髪 すすぐ

頭皮にシャンプーの液が残ることがないよう、ぬるま湯でしっかりすすいでください。すすぎ残しも、毛穴をつまらせる元となります。

1-3.すぐに髪を乾かす

髪は濡れたまま放置せずに、早めに乾かしましょう。

ドライヤーを当てる前に、軽くタオルドライをして、頭皮の水分を取っておくと、ドライヤーをかける時間が短縮され、ドライヤーの熱によるダメージを抑えることができます。

髪を濡れたまま放置すると、頭皮に菌が繁殖する原因の1つとなることがありますので、早めに乾かしましょう。

1-4.頭皮のマッサージをする

髪の成長には、血液によって運ばれる栄養が大切なので、頭皮の血行を良くするためにマッサージを行うこともおすすめです。

はげ予防のための頭皮マッサージは、入浴後など比較的血行が良くなっていると言われているタイミングに行うと良いでしょう。

《頭皮マッサージの手順》
①親指から薬指までの指を使って頭皮を押す。5回繰り返します
薄毛 step1薄毛 step2

②指の腹を使い、優しく頭皮をつかみ、前後に揺らし、軽く頭皮を叩きます
ホホバオイル 効果 頭皮ケア

※痛気持ちいい程度の力加減で行ってください
※やりすぎは頭皮に負担をかけることがあるので、5分程度で行いましょう

1-5.育毛剤を使う

育毛剤は、頭皮の環境を理想的な状態に整え、健康な髪が生えてくるサポートをしてくれます。

健康な髪を生やす補助として、取り入れるのがおすすめです。

《おすすめの育毛剤》
チャップアップ(医薬部外品)
チャップアップ
販売元:株式会社ソーシャルテック
鉱物油・香料・着色料・石油系界面活性剤などは使わない、肌に優しい育毛剤です。
グリチルリチン酸(皮脂の過剰分泌の防止)、センブリエキス(保湿作用)、ジフェンヒドラミンHC(血行促進、抗炎症効果)といった育毛有用成分を含んでいます。「日本臨床学発毛協会」の松山医師により、成分の認定も受けています。
使用満足度は97%と、高い数字を誇ります。
※男女兼用の育毛剤です

>>「チャップアップ」の公式HPはこちら

グローイングショット エス(医薬部外品)

販売元:株式会社POLA
男性ホルモンに着目した、頭皮用の薬用育毛育毛剤です。
男性の髪にハリ・コシを与え、健やかな頭皮環境を保ち、脱毛を予防します。
香りはマイルド。ボール入りノズルは塗布しやすく、使いやすさを考慮してつくられています。
「セルフチェックポイント」がボトルに表示されているので、1ヵ月半の使用感を確認しましょう!
※男性向けの育毛剤です

>>「グローイングショット エス」の詳細はこちら

2.遺伝によるはげは予防できない!?

親がはげていて、はげが遺伝するとしても、予防の意味がまったくないとは言えません。

遺伝による影響を受けやすいはげは、生活習慣も大きくかかわっているため、生活習慣や食生活を整えて予防に努めることが大切だと言われています。

確かに親がはげていると子もはげる確率は高いと言われていますが、はげの遺伝子というものはなく、はげやすい体質が遺伝するとともに、生活習慣や食べ物の好みなどが似てしまうというのが、はげと遺伝の関係性のようです。

3.普段の生活でできる5つのはげ予防法

はげを予防するには生活習慣が大切なので、これからご紹介する予防を、普段の生活に取り入れましょう。

3-1.良質な睡眠をとる

おしり ぶつぶつ 睡眠

夜寝ている間は、健康な髪の成長をサポートする、成長ホルモンが活発に分泌されます。

成長ホルモンは、眠りが深くなる、入眠から2時間後くらいから分泌され始めると言われています。

そのため、睡眠は長さではなく、睡眠のリズムを整え、睡眠の質を高めることがおすすめです。

睡眠の質を高める環境作りや、睡眠前に過ごし方などは、こちらの記事でご紹介しています。

3-2.適度に運動する

適度に運動することで、血行が促進され、頭皮へ栄養が運ばれやすくなります。

軽いウォーキングやストレッチなど、簡単なものでも良いので、日頃から運動不足を自覚されている方は、少しずつ取り入れてみると良いでしょう。

適度に体を動かすと、ストレスの解消や、睡眠の質が高まるといった嬉しい要素もあるのでおすすめです。

3-3.バランスの整った食事をする

髪も体と同様に、食べ物からの栄養が必要になります。

髪を作る栄養として、海藻類から摂ることのできるミネラルや、たんぱく質などがありますが、髪を作る栄養素はこれだけではなく、バランスが大切です。

完璧な栄養バランスの食事を毎日食べるのが理想ですが、まずは油っこいものを控えるのを意識することから始めてみてください。

3-4.紫外線を防ぐ

紫外線が頭皮に当たると、健康な髪の成長が妨げられると言われています。紫外線による刺激が、髪を作る「毛母細胞」に影響してしまうことがあるからです。

外出時は、同じ場所に紫外線が当たらないよう髪の分け目を変えたり、日傘や帽子を使ったりして防ぎましょう。

3-5.ストレスをためない

ストレスは、血管を収縮させ、血行を妨げることがあります。血行が悪くなると、栄養が頭皮に運ばれなくなるので、健康な髪が生える妨げとなることがあります。

ストレスがたまらないように、意識してリラックスする時間を持つようにしましょう。

4.はげる3つのNG行動

はげを引き起こすNGな行動を3つご紹介します。

4-1.タバコ

タバコ

タバコに含まれるニコチンは、血管を収縮させると言われているため、毛根や髪に必要な栄養を運ぶ妨げとなることがあります。

栄養を摂っていても、血行が妨げられては、毛根に栄養が運ばれるのを妨げられてしまう可能性があります。

タバコをやめるのがおすすめですが、まずは本数を減らすことから始めてみてください。

4-2.過度の飲酒

飲酒自体は問題ありませんが、飲み過ぎははげを引き起こす元となることがあります。

アルコールには、「アセトアルデヒド」という物質が含まれていますが、普段は肝臓を通って通常の物質に変えられます。

過度な飲酒により、肝臓がその範囲を超えたとき、「アセトアルデヒド」が全身に届けられてしまうと言われています。

アセトアルデヒドは、はげの原因と言われる「テヒドロステロン」を増やしてしまうことがあります。

はげが気になる方は、1日のアルコール摂取量を意識し、休肝日を設けると良いでしょう。

1日あたりの適切なお酒の量
ビール:中ビン1本
日本酒:1合、
チューハイ:1缶(350ml)
(参考:「厚生労働省 e‐ヘルスネット 飲酒のガイドライン」)

4-3.カラー・パーマ

はげを予防したいとお考えの方は、カラーやパーマを控えるか、刺激の少ない液剤を使っている美容室を利用することをおすすめします。

ヘアカラーやパーマは、その液剤が頭皮への刺激となることがあるからです。

5.すぐに対策したい場合専門の医師に相談する

人の目が気になる、鏡を見る度に落ち込むなど、精神的なストレスを抱えている方や、すぐに対策をしたいとお考えの方は、毛髪専門のクリニックに相談することをおすすめします。

毛髪専門の医師は、さまざまなはげの症例を見てきているため、複雑と言われているはげの原因を見逃す可能性が低いです。

はじめの相談は無料で、必要のない人に無理に治療を勧められることはありません。

≪毛髪専門クリニック 例≫
親和クリニック新宿・大阪
費用を抑えた薄毛治療を行っています。初回は、専任のカウンセラーが、丁寧に悩みをきいてくれます。

>>「親和クリニック新宿」の公式HPはこちら

東京ビューティークリニック
東京ビューティ

女性専門の髪専用クリニックです。スタッフも患者さんも女性なので、初めてのクリニックという方も気軽に利用でき、おすすめです。
また、提携院が全国にあるため、東京ビューティークリニックと同じ治療を受けられ、地方にお住まいの方にも便利かと思います。

>>東京ビューティークリニックの詳細はこちら

6.まとめ

はげを予防する方法を、頭皮のケア、はげの予防につながる普段の過ごし方に分けてご紹介しました。髪の健康も体の健康と同じで、食事や睡眠、運動などがかかわっています。
ご紹介したことを参考に、今日から意識してみてください。

この記事は2016年1月22日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る